MACのiDVDで、プロジェクト情報にて処理能力を優先すると
容量が足りなくなるので設定を高品質にしてエンコードし
DVDを作成したのですが一時間またせたあげく
『ビルド中にエラーが起こりました。ディスクは未使用のままで、
後で使用可能です。』
などと表示して中止しやがりました。
意味が分かりません。何なんですかこれ。どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

情報 Mac」に関するQ&A: MACアドレスとBIOS情報

A 回答 (3件)

単にHDDの空き領域が足りないから「イメージファイル」が作れないと言うオチでしょうね。


iDVDに限らずDVDを焼く場合は、DVDの仮想ディスクをHDD上に作ってからDVD-R等に焼きますので、必ず「DVDの容量分プラスアルファ」(片面一層だと4.7GB+アルファと言ったように)のHDD空き容量が必要です。
プラスアルファに関しては正直余力がないと困るので最低限焼くDVDの容量の2倍は必要。

つまり片面一層4.7GBのDVDを焼くなら4.7GB×2で5.4GBは必要になります。

間違ってはいけないのは「焼くデータの容量」じゃないですよ、焼こうとする「DVDメディアの容量」です。
仮に100MB程度のデータを焼く場合でも、片面一層4.7GBのDVDに焼くなら4.7GB×2で5.4GBは必要なのです。
    • good
    • 0

>プロジェクト情報にて処理能力を優先すると容量が足りなくなるので設定を高品質にしてエンコードしDVDを作成したのですが


残念ながら処理能力優先でも高画質でもその他の設定でも必要になるハードディスクの空き容量は変わりません
あなたがやらなければいけないことはハードディスクの空き容量確保することです
前回の回答を読んで作業してください
設定変えても今の状態では何も出来ません
まぁマニュアル読めば書いてあることなんだけど日本語理解出来ないようですね

この回答への補足

怪盗ありがとうございます。試してみます。マニュアルに書いてあるのは専門用語ばかりなのでそういう意味じゃ確かに日本語理解出来てないっすね。

補足日時:2011/04/28 11:44
    • good
    • 0

あなたの質問に付いた回答は、ちゃんとぜんぶ読みましょうよ。



> MACのiDVDで、プロジェクト情報にて処理能力を優先すると
> 容量が足りなくなるので設定を高品質にしてエンコードし

一般常識的な感覚で行くなら、高品質にしたほうが、「容量」は増えるはず。増えるということは、なにかが不足する事態につながるはず。

> などと表示して中止しやがりました。

安全を確保するために、やるべき処理として、中止をしました。きわめて妥当な結果です。無茶なことをいうのは、やめましょう。

この回答への補足

はぁ……(´・ω・`)分かりましたすんません。

補足日時:2011/04/28 11:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報