英語を勉強している者です。
分からない所があるので教えて下さい。

It's not a contest to see who can stay in the longest.
誰が一番長くつかっているかのコンテストではない

という訳です。温泉に入っている最中のシーンでの会話の1つです。
まず It を使っての不定詞は名詞的用法 ~こと と書いてあったサイトを見たので
この場合は名詞的用法なのでしょうか?
contest という名詞を修飾しての形容詞的用法で ~するための や ~すべき でも
意味が通じそうな気がしますが・・・

あと see と who の間にはthat 接続詞が入るのでしょうか?
でないと文としておかしい気が・・・
口語特有のthat省きであっていますか?

解説よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

to see について。



It's not a contest to see who can stay in the longest.
これは It が主語、is(not) が動詞、a contest が補語で
to 以下は、名詞 a contest を説明する、
不定詞の形容詞的用法です。(質問者さまの推測どおり)

It is ... to ~ が出てきたら、たしかに
「It が仮主語、to ~ は名詞的用法で=本物の主語」
を疑わなければいけませんが、
そういうケースでは、It is の後ろが形容詞になっているはず。
It is difficult to speak good English. みたいに。
(英語を上手に話すことは難しい)
本当の意味は To speak good English is difficult. だけど
そうすると頭でっかちになって理解しにくいから
まず仮主語として It で It is difficult として、
そのあとで改めて It の内容を不定詞で説明・・・ということ。
これが、質問者さまがサイトで見たような例です。

who について。

これは間接疑問文の文法を使った表現で
「だれが~するのかということ」という名詞節を形成します。
おっしゃるように、接続詞 that も似たような働きをして
「○○が~すること」という名詞節を形成しますが、
that の代わりに疑問詞を置くと、
when she will come back
(いつ彼女が帰ってくるのか、ということ)
how she come back
(どのように彼女が帰ってくるのか、ということ)
など、幅の広い表現ができます。
っていうのが間接疑問文ですよね。
ここの意味は「誰が一番長く入っていられるか、ということ」
だから、who の間接疑問文を使用しています。

以上、長くなりましたが・・・
お役に立てれば幸いです☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
詳細な例と不定詞用法の使い方の違い、大変勉強になりました。
who以下は間接疑問文だったのですね。
関係代名詞やらthatやら色々考えてはいましたが、それは全く思い浮かばなかったです。

お礼日時:2011/05/02 02:05

前半については通常名詞的用法で解釈すると思いますが, 言われる通り形容詞的用法とも解釈できます. 主語の it が形式主語ならば前者, そうでなければ後者.



後半については, この who は疑問詞で that は不要.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
なるほど。ともに解釈が可能ということですね。

お礼日時:2011/05/02 02:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報