同じような質問をしてる方がいたらごめんなさい。
私は現在 正社員で働いていて10/31に退職します。
平成15年度に、今の会社から頂いた給与は200万を超えるのですが、
11月からは主人の扶養内でパートの仕事に付きたいと思っております。

そこで、御質問なのですが、
(1)来年度130万円以内の収入の予定にすれば
11/1から主人の社会保険・厚生年金に加入する事が出来るのでしょうか?
それとも今年度の所得が高い為、駄目でしょうか?

(2)所得税がかからないのは103万円までと言う事ですが、
 パートとして働く場合「103万円以内で働く」のと、
 「130万以内で働く」のとでは、
  どちらが特でしょうか?ただ、103万までの所得にしてしまうと、
  月々 手元に入るお金が少なくなってしまうのが寂しいです。
  「130万-103万=27万」この”27万” 所得税などの事を考えると
  どうするのが一番良い働き方なのか教えて下さい。
 
 御存知の方、宜しくお願い致します。
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>主人の保険証を確認した所「国民保険組合」と表示されています。


>ですが、給与明細を見ると保険料の金額は国民保険の金額よりも安いのです。

特定の業種が集まって「国民健康保険組合」というものを作っています。
基本的には国民健康保険なのですが、国民健康保険の代行組合という考え方です。
保険料はその健康保険組合により、それぞれ金額が異なっているものの、一般的な市区町村の国民健康保険よりも安く設定されています。

>給与明細には年金は『”厚生”年金料』として引かれています。
>たしか、国保と国民年金ってセットのような気がしたので疑問です。

基本的には、市区町村の国民健康保険に加入した場合は、国民年金にも加入します。しかし、国民健康保険である場合、特殊な事例も存在します。
「法人の事業所」および「常時5人以上の従業員を雇用するもの」は健康保険法第13条厚生年金保険法第6条の規定により、健康保険(政管健保)と厚生年金への加入が義務付けられています。しかし、事業所が社会保険事務所に健康保険摘要除外申請をすれば引き続き国民健康保険組合への加入が認められる事になっていますが、厚生年金については、強制適用となります。
このため、厚生年金には加入されているのではないでしょうか。
あくまでも憶測なのですが・・・。

あと、国民健康保険組合の場合、その扶養となる者の収入は問わない組合が多いようです。
ただ、政府管掌の健康保険(社会保険)と異なり、扶養一人につき○○円と、保険料が高くなりますが。

なお、だんなさんが厚生年金に加入していれば、あなたの収入により国民年金第3号被保険者となることも可能だと思いますよ。

また、検索サイトで、あなたのだんなさんの健康保険組合を検索してみてください。
HPを持っていれば、そこから扶養にはいる際の保険料や基準などが掲載されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわnaosan^^
またまたお礼が遅くなってしまいました。

本当に解り易いご説明を有難う御座いました。
感謝いたします☆

お礼日時:2003/10/08 21:14

(1)


社会保険については、1月1日~12月31日の年収ではなく、その日から向こう1年間の見込み収入で考えます。
だから、収入の累計を始める時期は、来年度(1月1日)を待たなくても、11月1日からでOKです。
厚生年金については、ご主人の扶養に入るわけではありません。あなたは、国民年金の第3号という種別に変更になります。これは、厚生年金(や共済)に加入している人の配偶者という種別です。

今年度の所得が高いことは、関係ありません。

(2)
どれが一番良い働き方なのかは、分かりません。
まず、今年いっぱいは、10月末で退職の時点ですでに、配偶者控除を(ご主人が)受けられない状態のようですので、向こう1年間の収入が130万円以内になるような収入でも、あまり変わらないと思います。

1月以降の話ですけど、極端な話、103万円~130万円になるような働き方をしていたつもりでも、祝日が入って仕事をしなかった・自己都合の欠勤があった、などでパート代が思ってるほどでなくなる可能性だってあります。(おや、103万円以内に納まってしまった、なんてことも無いとは言い切れません)
また、103万円を超えるとご主人は配偶者控除を使えませんが、自分の方は何かの控除(医療費控除、生保の控除など)で税負担が軽減できるかもしれません。

医療費控除は、かかった医療費から、「10万円」「所得の5%」のどちらか安い方を差し引いた金額が、控除金額です。
103万円~130万円の収入にともなう所得の5%を超える医療費があれば、医療費控除をすると、あなたの税負担額はかなり安くなります(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答頂きまして、ありがとうございます。
お礼が遅れてしまいまして申し訳ありません。

11月から主人の保険に入れると解りホッとしています。
ただ2番の方のお礼にも書かせていただいたのですが、
主人の保険証を確認した所「国民保険組合」と表示されています。
ですが、給与明細を見ると保険料の金額は国民保険の金額よりも安いのです。
給与明細には年金は『”厚生”年金料』として引かれています。
たしか、国保と国民年金ってセットのような気がしたので疑問です。

ただ現職の前はパート(103万以内)で、主人の保険に入っていたから
今回も入れるのかなぁ?…と思っています。

一度確認してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/05 22:04

103~130万円の中で幾らまでであれば得なのかということについて簡単に言います。



「得」という意味が、収入が増えたにもかかわらず、最終的な手取りが逆に少なくなったら「損」、そうでなければ「得」と考えます。
その場合、ひとつの壁は130万円です。今後12ヶ月の収入見込みが130万円を超えるように働くと社会保険の扶養に入れず、自分で加入することになるから高額な保険料を支払わないといけないためです。

もうひとつの壁はご主人の会社の「家族手当の支給基準」です。
大抵家族手当とか配偶者手当等には所得制限を設けています。
この制限に引っかかると、手当てがなくなる分、逆に損になります。
夫の会社の制度ではどうなっているのかを確認してください。その壁が第2の壁です。

税金の場合は、「配偶者」にたいしてはなだらかな課税となっていますので(夫の年収が約1200万円以上もあるのでなければ)、収入UP=手取りUPになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答頂きまして、ありがとうございます。
お礼が遅れてしまいまして申し訳ありません。

やはり自分で保険料を払うのは、手取りが減って
厳しいので、調整しつつ
130万円以内で働こうと思いました。
家族手当に関しては、主人に確認してもらいます。
たいした金額では無いですが、やっぱりもらえると嬉しいです。

税金について「配偶者に対しては なだらかな課税」
       「収入UP=手取りUP」
解り易い御回答に感謝します。
残念ながら1200万なんて数字は、全く手が届きません(笑)ので
調整しながら頑張って働きます^^
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/05 22:03

健康保険についてお答えいたします。



健康保険の扶養認定基準としては、退職後の収入を見ます。
つまり、退職後のパート収入が、年間収入130万円未満(月額108,333円未満)であれば扶養として認められます。

しかしながら、これはだんなさんの保険証が社会保険事務局の保険証(保険証に○○社会保険事務局と記載されています。)の場合であり、保険証が健康保険組合の保険証(保険証に○○健康保険組合と記載されています。)の場合は、その健康保険組合によって扶養認定基準が異なっています。この場合はその健康保険組合に、直接お問い合わせされたほうがよろしいかと思います。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/20030605 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答頂きまして、ありがとうございます。
お礼が遅れてしまいまして申し訳ありません。

ただ、疑問なのですが
主人の保険証を確認した所「国民保険組合」と表示されています。
…が、給与明細を見ると保険料の金額は国民保険の金額よりも
安いのです。(国民保険は現在13300でしたでしょうか?あれ?これは年金??)
そして、給与明細には『”厚生”年金料』が引かれています。
たしか、国保と国民年金ってセットのような気がしたので謎です。

でも、現職の前はパート(103万以内)で、主人の保険に入っていたから
今回も入れるのかなぁ?…と思っています。

naosan1229さんが おっしゃる通り、一度確認してみようと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2003/10/05 22:02

1.社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養は、過去の収入は関係なく、今後12ケ月間の収入見込額が130万円以下であれば扶養になれます。


(失業休を受けると、これも収入と見なされ、日額3612円以上だと、受給中は扶養になれません)
従って、11からの給与の月額が108千円以下であれば、12ケ月間の収入見込額が130万円以下ですから、11月から扶養になれます。

ただし、パート先での一週間の繁務時間と出勤日数が正社員の4分の3以上の場合は、勤務先で社会保険に加入することになります。
この場合は、ご主人の扶養になる必要が有りません。

2.所得税の扶養は、1月から12月までの年収が103万円以下の場合に扶養になれますから、今年は扶養にはなれません。
103万円から130万円の間については、いろいろと条件によって違いますから、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mae-sr/part-zeikin.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答頂きまして、ありがとうございます。
お礼が遅れてしまいまして申し訳ありません。

今後1年間の収入で、保険加入が出来る事が解り
ホッとしています。ただ、次に働く所の社員の4分の3以上に
ならないように働かなくちゃ…
(保険料を自分で負担するのはツライので^^;)
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/05 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険料の控除

20日締め翌月10日支払の場合に、21日に社会保険・雇用保険加入した方の給与から雇用保険料は控除すべきなんでしょうか?

10日に支払われる給与はあるものとして、社会保険料は月末時点で発生しているので
控除するというのは分かりますが、雇用保険料はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険料は、健康保険料とは違って、月ごとでなく給与を支払うごとに支払わなければなりません。
雇用保険の被保険者に該当するときは、給与が発生すれば支払ごとに控除しなければなりません。
逆に育児休業中等、給与の支払いがないときは、被保険者期間であっても支払額がないので、雇用保険料も発生しません。

Q独身パート 損しないのは130万以内?103万以内?

現在独身無職の女です。

※以下、社会保険や健康保険等の専門用語、言葉が間違っているかもしれないのでご了承ください…

去年の冬に会社を退職し、同棲をしていて結婚を控えているので正社員にはならずパートでやっていこうと思っています。
今は親の扶養に入れてもらっていて健康保険証?(病院に行く時に見せる青いカード)を持っています。
今後わたしが働く上で、このカードのままで尚且つ国民年金(今は免除申請をしていて停止してます)のみ自分で払っていこうと思ってます。
去年まで正社員でフルで働いていたのでいま無職ですが住民税がきてしまってとても苦しいです。調べたらこれは必ず払わないもいけないものみたいで…
今後パートで働く上で健康保険は親の扶養のまま、年金のみ自分で払う、住民税がこないようにする には103万以内、または130万以内どちらでしょうか?

恥ずかしいことにすべていままで会社がしてくれていたため無知なものでして…
損はしたくないですしどなたかアドバイスをいただけないでしょうか。。

Aベストアンサー

同棲しているんですよね。
ご主人になる人は勤めているんですか?
また、社会保険に加入しているんですか?
その前提なら、結婚前でもご主人の
社会保険に扶養家族として加入すれば
いいんです。
健康保険料だけでなく、
●国民年金保険料も払わなくて済みます。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-03.html

この条件は親御さんの社会保険の
扶養条件と同じで、月108,333円
(交通費込)が以下の見込みである
ことが条件です。
月額108,333×12ヶ月≒約130万
となるわけです。

繰り返しになりますが、
ご主人になる人が社会保険に
加入していることが前提条件であり、
端的にいえば、ご主人が生計の主体
となっていることが前提です。

ご主人が税金の控除(配偶者控除)
を受けるためには、こちらは、
実際の婚姻が必要です。
さらに条件はあなたの収入が
103万以下となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto301.htm

住民税が非課税とするには、
地域により条件が変わります。
給与収入でいくと、93万以下
あるいは100万以下の条件の
所が多いです。
給与所得控除65万を引いた
給与所得(総所得)がいくらかが
条件となります。

東京の例
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#kju_4

いかがでしょうか?

同棲しているんですよね。
ご主人になる人は勤めているんですか?
また、社会保険に加入しているんですか?
その前提なら、結婚前でもご主人の
社会保険に扶養家族として加入すれば
いいんです。
健康保険料だけでなく、
●国民年金保険料も払わなくて済みます。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-03.html

この条件は親御さんの社会保険の
扶養条件と同じで、月108,333円
(交通費込)が以下の見込みである
ことが条件です。
月額108,333×12ヶ月≒約130万
となるわけです...続きを読む

Q賞与からの雇用保険料控除について

先月からNPO法人の会計業務をしています。

12月に賞与がでたのですが、
控除されているのが健康保険料・介護保険料・厚生年金だけで
雇用保険料の控除がありませんでした。
過去のデータを調べてみると6月の賞与でも控除されておらず、
私より以前より勤務している人に聞いてみると
5年前くらいから賞与は支給されているが
一度も雇用保険料を控除されたことはない、とのことでした。
私なりにいろいろ調べてみたのですが
「賞与から雇用保険料を控除しなくてもよい」という
特例のようなものは見つからなかったのですが、
NPO法人だから控除しなくてもよい、という特例が存在するのでしょうか?

私はNPO法人の特例というのは法人税関係だけだと
思っていましたので、どこかわかりやすくまとめてある
サイトなどご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、賞与からも雇用保険料は控除すべきです。

ただ、NPO法人については、私自身は良くわかりませんが、下記サイトで見る限りは、一般の法人と取り扱いは同じのようですので、やはり賞与から雇用保険料は控除すべきものと思います。

http://www.geocities.jp/michito_kimu/framepage8.html
(この中の「NPO法人の労務」の所)

賞与から控除する雇用保険料については、給与と同様に率で計算して金額を求める事となります。
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-3shouyo-koyou.htm

雇用保険料については、労働保険の申告として、賃金の年間分の総額を計算して、申告・納付する事となっており、もちろんこの中には賞与も含めるべき事となっていますので、それに含めていたのに、従業員からもらっていないのであれば、従業員分を会社が負担してしまっていた事になりますし、もし含めていなかったのであれば、逆に労働保険料について過少申告していた事になってしまうと思います。
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/daijin/hoken/980916_6.htm

「確定保険料算定基礎賃金集計表」の控えを見られて、一番下の方の賞与の欄に金額の記載があるかどうかを見れば、どういう申告をしているかは、確認できるとは思います。

基本的に、賞与からも雇用保険料は控除すべきです。

ただ、NPO法人については、私自身は良くわかりませんが、下記サイトで見る限りは、一般の法人と取り扱いは同じのようですので、やはり賞与から雇用保険料は控除すべきものと思います。

http://www.geocities.jp/michito_kimu/framepage8.html
(この中の「NPO法人の労務」の所)

賞与から控除する雇用保険料については、給与と同様に率で計算して金額を求める事となります。
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-3shouyo-koyou.htm

雇用保険料につ...続きを読む

Q年収103万以内で働くパート主婦の別収入について

年収103万の扶養範囲内で働いています。

FXの操作ミスで、売却したくない通貨を売却してしまい80万ほどの利益を得ました。

7月8月でアルバイトで15万程入り、9月からパートとして月5~6万程の収入があります。


昔、FXの収入は雑所得だと聞いたことがあるのですが、103万超えとして会社へ通知(FX会社→税務署→会社)が行ってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>103万超えとして会社へ通知(FX会社→税務署→会社)が行ってしまうのでしょうか?
ご主人が会社に貴方を税金上の扶養からはずす申告をしないと、ご主人の会社を通し扶養をはずすよう連絡が行きます。
なので、ご主人がすでに会社に出してある「平成26年分」の「扶養控除等申告書」を会社からもらい、そこの控除対象配偶者欄に記入してある貴方の氏名を抹消し提出し直します。
なお、貴方の会社には連絡は行きません。

また、給与を1か所からもらっていて、他の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要とされています。
なので、貴方は確定申告する必要があります。

Q雇用保険料の本人負担分の控除について。4月に雇用保険料の本人負担分は4

雇用保険料の本人負担分の控除について。4月に雇用保険料の本人負担分は4/1000から6/1000になったとのこと。これって、22年度の概算保険料についてですよね。
去年会社は本人負担分を立て替え金として会社負担分と合わせて前納しています。
で、今度6月に年度更新するわけですけど、4月・5月分について本人負担分として控除するのは今まで通り4/1000のままでいいですよね。
本人負担分を6/1000として控除するのは6月の年度更新が終わった以降ということでいいですよね。
そんな理解をしていますけど、確信が持てないので質問させていただきました。

併せて、年度更新は6月1日から7月10日までですけど、6月の給与の後に年度更新手続きをした場合との違いが発生しそうなんですけど、そこら辺りも教えていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、社会保険労務士の資格者です。

> 4月に雇用保険料の本人負担分は4/1000から6/1000になったとのこと。
> これって、22年度の概算保険料についてですよね。
その通りです。

> 今度6月に年度更新するわけですけど、4月・5月分について本人負担分として控除するのは
> 今まで通り4/1000のままでいいですよね。
ダメです。
労働保険[労災+雇用]は4月から翌年3月の1年間を対象としますので、4月支払分(例外あり)以降は6/1000です。
【例外】
4月支払分であっても、平成22年3月に支払額が確定している場合には、平成21年度須仮定保険料を算出するための賃金総額に含めます。平成21年度の雇用保険料率は4/1000なので、この場合は4/1000が正しく、6/1000は間違い。

Q被扶養者の所得税免除所得は103万円まで。それでは住民税免除所得は?

みなさん、いつもご丁寧な回答を本当にありがとうございます。

 妻と二人暮しの家庭で、私が妻を扶養しているとします。

 たとえば、私の年間所得(控除前)が300万円だとすると、妻はパート所得が103万円を超えると所得税がかかると聞きました。

 そこで、住民税も同様に、103万円を超えると妻自身にもかかってくるのでしょうか。それとも、所得税と住民税の課税所得金額のラインは違うのでしょうか。

 お教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>妻はパート所得が103万円を超えると所得税がかかると聞きました。
「所得」ではなく「収入」です。
「所得」は「収入」から「給与所得控除」を引いた金額です。
また、生命保険料や雇用保険料の控除があれば、かからないこともあります。

収入から65万円(給与所得控除)を引き、そこから基礎控除(38円)を引き、他の控除があればそれも引き、残った額(1000円未満は切り捨て)がなければ所得税がかかりません。
他の控除がない場合は103万円-65万円-38万円で0円で、103万円を超えると所得税がかかる、ということになります。
なお、この65万円(給与所得控除)は、収入が1625000円までで、それ以上になると控除額は増えます。

>住民税も同様に、103万円を超えると妻自身にもかかってくるのでしょうか。それとも、所得税と住民税の課税所得金額のラインは違うのでしょうか。
違います。
住民税には所得割と均等割の2つの課税があります。
所得割は、生命保険料の控除などがない場合、所得税と違い給与収入が100万円を超えるとかかります。

均等割(定額4000円、市町村によってはこれより数百円高いこともあります)は、控除があるないにかかわらず93万円~100万円(市町村によって違います)を超えるとかかります。

>妻はパート所得が103万円を超えると所得税がかかると聞きました。
「所得」ではなく「収入」です。
「所得」は「収入」から「給与所得控除」を引いた金額です。
また、生命保険料や雇用保険料の控除があれば、かからないこともあります。

収入から65万円(給与所得控除)を引き、そこから基礎控除(38円)を引き、他の控除があればそれも引き、残った額(1000円未満は切り捨て)がなければ所得税がかかりません。
他の控除がない場合は103万円-65万円-38万円で0円で、103万円を...続きを読む

Q確定申告と雇用保険料

社会保険控除の中に、(給与から差し引かれた)雇用保険料を入れていいのでしょうか。

手引きには、「入るもの」として雇用保険料は記載されていませんが、「など」で文章が終わっているので、入るかどうかがわかりません。

Aベストアンサー

>社会保険控除の中に、(給与から差し引かれた)雇用保険料を入れていいのでしょうか

直接的な答えは、雇用保険料をいれていい、ということになります。


しかし、給与から差し引かれた雇用保険料は、源泉徴収票に記載された「社会保険料等の金額」に含まれているのが普通です。

したがって、源泉徴収票を添付して確定申告するのであれば、源泉徴収票の「社会保険料等の金額」に、給与から差し引かれた雇用保険料をさらにプラスして記入するのではないことに注意してください。

Q妻のパートの給料が103万円を超えた時の所得税は?

夫の給料が年間360万円で、妻がパートで稼いだ給料が106万円だった場合、所得税の計算はどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

>夫の給料が年間360万円で…

それだけでは分かりません。
「課税所得」はいくらになりますか。
まあ、「195万円超~330万円以下」には間違いないでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【夫の所得税】
「配偶者控除」38万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
が、「配偶者特別控除」36万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
に代わります。
その差 2万円に税率 10% を掛けて、2,000円の増税です。

【妻の所得税】
「基礎控除」と「給与所得控除」以外の『所得控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
に該当するものがなければ、「基礎控除」と「給与所得控除」の合計額を上回る部分 3万円に税率 5% を掛けて、1,500円の納税です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>夫の給料が年間360万円で…

それだけでは分かりません。
「課税所得」はいくらになりますか。
まあ、「195万円超~330万円以下」には間違いないでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【夫の所得税】
「配偶者控除」38万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
が、「配偶者特別控除」36万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
に代わります。
その差 2万円に税率 10% を掛けて、2,000円の増税です。

【妻の所得税】
「基礎控除」と「...続きを読む

Q雇用保険料の間違いについて

回答お願いします。 28年4月1日から雇用保険料率が引き下がったことを知らず、従業員の給与・4月の雇用保険料を182円多く、5月は213円多く徴収してしまいました。 この場合6月給与時に精算すればよいと思うのですが給与明細の控除額欄の雇用保険料(6月分)から差し引けばよいのでしょか? 別に項目をつくるのでしょうか? 従業員にも分かりやすいようにするにはどうすればよいでしょうか。

Aベストアンサー

> 精算書とはどういった時にどのように記入するものでしょうか?
書式は任意です。

例えば、題名を『雇用保険料清算書』とし、以下のような事柄を書く。
 4月 仮控除額 910円-正式額728円=182円
 5月 仮控除額1,065円-正式額852円=213円
                  合計 395円[6月の給料にて還付]

> 従業員には雇用保険料率が引き下がったため
> 4月分5月分の雇用保険料を返金?還付?いたしますで
> よいでしょうか? 
それで宜しいのではないでしょうか。
なお、「還付」ではなく「返金」ですね。


> 所得税にも誤りがでてきますが年末調整で精算できるので大丈夫でしょうか?
余程嫌らしい税務官が見つけない限り、「問題なし」と考えます。

Qパート103万か130万か

教えて下さい。
パートで働いています。
103万か130万以内で働きたいのですが、どのくらい違うのでしょうか?

・主人の年収は720万くらいです。
・主人の会社の家族手当は子どものみに出ます。(妻には出ません)

103万以内で働いた場合
・私が扶養から外れるのは住民税のみですか?
・100万を超えると住民税は扶養でなくなり、月にいくらくらい払うことになるのでしょうか?またそれは主人の給料明細から引かれている分以外に私が来年から支払うようになるのでしょうか?

130万以内で働いた場合
・私の所得税は収入が例えば125万働いたら 125-103=22 22万×5%?=11000円/年?
私が年末調整で払うのでしょうか?
・主人の所得税はいくらくらい増えるのでしょうか?
・配偶者特別控除は主人の所得税がいくら増えるかということなのでしょうか?

わかっていないことがあり、いまいち計算できないでいて困っています。
教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

>103万以内で働いた場合
・私が扶養から外れるのは住民税のみですか?
いいえ。
所得税と住民税です。

>100万を超えると住民税は扶養でなくなり、月にいくらくらい払うことになるのでしょうか?
いいえ。
扶養でなくなるのは、100万円ではなく103万円です。
扶養であっても、貴方の年収が100万円を超えると、貴方自身が住民税を払わなくてはいけなくなるということです。
貴方の税金(年収103万円で雇用保険料を0円、生命保険料の控除がないとした場合)
・住民税
 均等割 5000円
 所得割 5000円
 合計10000円

なお、年収103万円以下なら貴方に所得税はかかりませんし、税金上の扶養でいられるのでご主人の税金にも影響しません。

>130万以内で働いた場合
・私の所得税は収入が例えば125万働いたら 125-103=22 22万×5%?=11000円/年?
 私が年末調整で払うのでしょうか?
いいえ。
通常、毎月の給料から少しずつ天引きされます。
また、給料から引かれる所得税は多めに引かれるしくみなので、年末調整で精算され通常は還付されます。
なお、雇用保険料払っている(給料天引き)はずなので、その分は控除され、税額はもう少し安くなりますね。

>・主人の所得税はいくらくらい増えるのでしょうか?
お子さんの年齢やその数によって所得税の税率かわりますが、お子さんが16歳未満とした場合
220000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×20%(税率)=44000円
なお、住民税も増えます。
170000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(税率)=17000円

>・配偶者特別控除は主人の所得税がいくら増えるかということなのでしょうか?
??
よく意味がわかりません。

税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。
ただ、通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万以内で働いた場合
・私が扶養から外れるのは住民税のみですか?
いいえ。
所得税と住民税です。

>100万を超えると住民税は扶養でなくなり、月にいくらくらい払うことになるのでしょうか?
いいえ。
扶養でなくなるのは、100万円ではなく103万円です。
扶養であっても、貴方の年収が100万円を超えると、貴方自身が住民税を払わなくてはいけなくなるということです。
貴方の税金(年収103万円で雇用保険料を0円、生命保険料の控除がないとした場合)
・住民税
 均等割 5000円
 所得割...続きを読む


人気Q&Aランキング