Corona charging may be used for both conductive and non-conductive liquids as the droplets are charged by ionic bombardment. Triboelectrification is only effective for insulating liquids. However, conduction and induction charging are restricted to conductive and semi-conductive liquids. In both cases there is a charge flow within the liquid prior to breakup. Conduction and induction charging are often assumed to be synonymous, with the only difference being that in conduction charging the DC power supply contacts the liquid to be sprayed whereas in induction charging the DC power supply is connected to an induction electrode adjacent to the point of droplet breakup. In an ideal (i.e. well isolated from adjacent grounds) twoelectrode geometry, conduction and induction charging have the same electric field distribution except for a polarity difference. However, for a threeelectrode geometry, as commonly used in practice, conduction and induction charging are different in many respects such as the charging mechanism, electric field distribution, energy conversion and the effect of space charge. The aim of this paper is to clarify these differences theoretically and experimentally.

A 回答 (1件)

液滴は、イオン衝撃によるご利用いただけますようにコロナ充電が両方の非導電性導電性液体を用いることができる。

摩擦帯電は、絶縁液体に効果的です。 ただし、伝導と誘導充電は、半導電性導電性液体に制限されています。 どちらの場合でも、液体内の電荷の流れは前に分裂してあります。 伝導は、誘導帯電が多い唯一の違いは、伝導のDC電源に接触誘導のDC電源の誘導に接続されている液滴のポイントに隣接する電極の充電に対し、噴霧する液体を充電することがされて、同義語であると想定される分裂。 理想的には(よく、隣接する敷地から分離されたIE)の幾何学、伝導と誘導は、極性の違いを除いて、同じ電界分布を持っている充電twoelectrode。 しかし、threeelectrodeジオメトリとして一般的に充電機構、電界分布、エネルギー変換、空間電荷の効果など実際には、伝導と誘導充電多くの点で異なっている使用されます。 この論文の目的は、理論的、実験的にこれらの違いを明らかにすることである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても助かりました。

お礼日時:2011/05/02 11:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報