貸借対照表と損益計算書の意味を教えてほしいのと、貸借対照表と損益計算書の科目はどやって区別されているのか?

また完成工事原価とは何か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

貸借対照表は財産と負債の一覧表です。


資産の部に財産、これは現金預金/売掛金等の債権/建物等の固定資産/差し入れた
敷金等です。
負債の部には借金、これは文字通り借入金だったり工事未払金や事業を行う上での
経費の未払などの「やがては支払うべきもの」
差し引きが純資産、これは資本金+事業活動によって生じた利益(損失)の積み上げです。

対して損益計算書は1年の事業の成績表です。
1年でどれだけ儲かったか
完成工事高から完成工事原価を引いて経費を引いて税金を引いて
どれだけ残ったかの記録です。

完成工事原価とは「工事の完成に要した原価」です。
例えばゼネコンがビルを10億で建ててと言われて請け負えば
それに応じて外注費や職人の労務費や材料費が発生します。
このようなものを完成工事原価と呼びます。

間違っても自社がビル建設をした時にかかった費用ではありません。
建設仮勘定等全く関係無いですよ。
    • good
    • 0

A損益計算書とは。


売上=売上高。仕入=仕入高。役員報酬。給与手当。旅費交通費。通信費。他50~60程の費用勘定科目を理解しなければならない。

B貸借対照表とは。
資産勘定科目を40科目以上負債勘定科目を15科目以上資本勘定科目を5科目程。AB合わせた勘定科目を理解しなければいけますぇん。

A群の勘定科目によって仕訳伝票(帳票)に計上された分の当期の損益をはじき出します。これが損益計算書と言います。

B群の勘定科目によって仕訳伝票(帳票)に計上された〔借方〕資産の部。現金・預金。他。対〔貸方〕負債の部。買掛金・未払費用。他。+〔資本の部〕資本金・準備金・剰余金(括弧の中ここにAの損益が加算され)B群貸借対照表の合計がバラスがとれたとき,貸借対照表が作成されます。その期の決算報告書が出来たのです。

最後の質問ですが,例えば建物の建設以来をし,契約代金を,手付金として払う場合があります。この時の借方勘定科目は建設仮勘定です。
(例)(借方)建設仮勘定0000000/当座預金0000000

この物件が完成した時。
(例)建物10000000/建設仮勘定0000000
              当座預金 XXXXXXX
このように仕訳をします。
完成工事原価とは。完成に至るまでに掛かった諸費用です。

建設業は材料だの付属部品だのと普通の簿記では出てこない品名があると思いますが,基本は同じですので,私の大雑把に書いたものを勘案してみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売価還元低価法の計算式を教えてください

小売業の粗利率の計算式を教えてください。
A期首原価 450  B期首売価 680  C仕入原価 1260  D仕入売価 1950  E値下げ 90  F値上げ 20  H期間売上高 1770  J在庫売価 730  Kロス 60の場合のG売上原価、I在庫原価、L原価率、M粗利率の計算式を教えてください。

A期首原価は計算しないと出ないのでしょうか?
また、M粗利率=1-L原価率にならないのでしょうか?
素人なので質問の仕方がおかしいかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。


>質問が1つあります。低価法で在庫原価率の分母に値下げも入れるのでしょうか?//

済みません。勘違いしていました。おっしゃる通りです。再度、回答します。

原価率の計算:
 分子:A期首原価450+C仕入原価1,260=1,710
 分母:B期首売価680+D仕入売価1,950F値上げ20=2,650
 期末在庫計算のための原価率=1,710/2,560≒64.5%

 期末在庫原価:730x64.5%≒471・・・これがIの答え
 売上原価:1,710-471=1,239・・・これがGの答え
 原価率:1,239/1,770=70.0%
 粗利率:1-上記原価率=30.0%・・・これがMの答え
Lで問われている原価率が、期末在庫計算のためのもの(64.5%)か、売上総利益/売上高を指す(70.0%)を指すのか、問題文ではちょっと読み取れません。もし問題の答えが前者(64.5%)を指すのであれば、

>M粗利率=1-L原価率にならないのでしょうか?//

の答えは、「否」ということになります。なぜならば売価還元低価法で用いる原価率(低価法原価率)を算出する際に用いる分母は商品売価の値下額を含めない故に、本来の原価率(原価法原価率)よりは小さな数字になり、結果それが期末在庫の原価を低下させる結果となります。これは原価法原価率を用いて算出した期末在庫の額より売価値下額を考慮しない分だけ低下したことになり、それは商品評価損を意味することになります。
低価法原価率を用いたが故に、在庫原価を低下させた分、逆に粗利率に対置する原価率(本問で言う70.0%)を押し上げることになります。これがご質問に対する回答です。

#1です。


>質問が1つあります。低価法で在庫原価率の分母に値下げも入れるのでしょうか?//

済みません。勘違いしていました。おっしゃる通りです。再度、回答します。

原価率の計算:
 分子:A期首原価450+C仕入原価1,260=1,710
 分母:B期首売価680+D仕入売価1,950F値上げ20=2,650
 期末在庫計算のための原価率=1,710/2,560≒64.5%

 期末在庫原価:730x64.5%≒471・・・これがIの答え
 売上原価:1,710-471=1,239・・・これがGの答え
 原価率:1,239/1,770=70.0%
 粗利率:1-上記原価率=30.0%・...続きを読む

Q貸借対照表と損益計算書の勘定科目の記入順

ただ今、簿記検定試験へ向けて勉強中なのですがわからないところがあります。
それは貸借対照表と損益計算書の勘定科目の記入順なのですが、個別問題でそれそれ記入に関して順番などはあるのでしょうか?それとも自由に記入しても良いので
しょうか?どうかよろしくご指導お願いします。

Aベストアンサー

#1の追加です。

失礼しました。
簿記検定試験の場合は、kazahakaseさんの書かれたように、特に順番を意識する必要は有りません。
やりやすい方法で記載して問題ありません。

Qエクセルの計算式に関してです

私はエクセルの計算式にある程度の自信をもっていましたが、どうしても解けません。
ご教授をお願いします。

原価が800円で売価が1000円だとしたら、利益率(%)は20です。

利益率(%)20=(1000-800)/1000*100

と、ここまでは解るのですが・・・・


では、原価が800円で利益率(%)が20だとしたときの売価1000円を導き出す計算式はどうなるのでしょうか??

売価1000円=???????


最終的には、A1:800(原価) A2:(利益率)としたときのA3(売価)の計算式を知りたいのです。

以上です。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売値1000=(800/(100-20))*100

ではないでしょうか。

Q貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書の作り方

 仕事で貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書を作らなくてはいけなくなったんですが・・・作り方がさっぱりわかりません。

 初心者が作るにはどうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

初心者とは?
経理の担当なら、先輩に聞く。
複式簿記を知らなければ、まず複式簿記を学ぶことが必要。
いくら初心者でも限度はある。

Q初歩的ですが計算問題の計算式を教えてください

初歩的ですが計算問題の計算式を教えてください

原価800円、原価値入率40%の商品を2割引で
販売した時の売価値入率は%になるか。

Aベストアンサー

原価値入率とは、値入/原価のことですから、
値入をAとすると、
40=A/800*100
ですから、A=320となります。

当初の売価は当然、320+800です。
これを2割引で売ったのですから、最終的な売価は、
0.8*(320+800)=896ですね。

売価値入率とは、値入/売価のことですが、
原価が変わった訳ではないので、896円の内訳は、
96+800となりますよね。
というわけで、
96/896*100=10.7…
約11%が答えかな?

Q貸借対照表や損益計算書といった会計関係の表を読みこなせるようになるには?

現在21歳の大学二年生です。ベストセラーとなった
「金持ち父さん 貧乏父さん」(著者ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター)
の本を読みました。貸借対照表や損益計算書といった会計関係の表を読みこなせるようにならないと金持ちになれない、また「損益計算書」と「貸借対照表」との関係が一番重要と書いてありましたのでお尋ねします。
これらを独学で学びたいのですが、こういったことは日商簿記検定の試験内容と一致するのでしょうか?僕は、簿記検定自体あまりよく知らないので自信がありません。もし違うならどういう本で学べますか?

Aベストアンサー

ANo.2様がおっしゃられているように、まずは「日商簿記3級」の勉強を一通りされる事をオススメしますね。(理由もANo.2様が明快に書かれてますね)

ただ、簿記が何となくわかったから決算書が読みこなせるようになるわけではありません。(簿記○級とか持っていても、決算書が読めない人は山ほどいます)

じゃ何の為に勉強するの?という事になるのですが、決算書を読む時に出てくる基本的な用語の意味を理解する為だと考えてもらえればいいと思いますね。(映画を見る前に、主な登場人物を事前に知っておいたら内容を理解し易くなる…という感じかな?)

会計的なものの考え方を身に付ける為には、簿記を勉強するだけでは不十分で、それに関連した本を読む方が良いと思います。

1冊オススメの本がありますのでよろしければ読んでみて下さい。この著者は、ほとんど簿記の勉強をしていませんが、決算書の読みこなし術を身に付けています。(立ち読みもできます)↓
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-47068-5

例として、勉強をしている時に、最初の内は理解し難いと思われる論点をあげておきますね。

 「会計上の利益」 = 「現金」 じゃない (利益が出ていても、現金自体があるのでは無い)
 「会社に利益が出ていても倒産する時がある」 (黒字倒産と言います)

です。詳細は本を読んで頂くと分かってきます。(本の宣伝してるみたいだ…)

あとは一応「簿記とは?」について説明されているURLも付けておきます。参考にしてね。↓
http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/menu.htm

頑張って下さい。

参考URL:http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-47068-5,http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/menu.htm

ANo.2様がおっしゃられているように、まずは「日商簿記3級」の勉強を一通りされる事をオススメしますね。(理由もANo.2様が明快に書かれてますね)

ただ、簿記が何となくわかったから決算書が読みこなせるようになるわけではありません。(簿記○級とか持っていても、決算書が読めない人は山ほどいます)

じゃ何の為に勉強するの?という事になるのですが、決算書を読む時に出てくる基本的な用語の意味を理解する為だと考えてもらえればいいと思いますね。(映画を見る前に、主な登場人物を事前に知っておい...続きを読む

Q建設業の利益率算出などの計算式を教えて下さい

建設業において、以下の1)~5)の内容を電卓で計算したいのですが、式がわかりません。
計算式を教えて下さい。
もしくは、このような事が、分かりやすく書いてある本やHPなどを教えて下さい。

1)原価と利益率から、見積提示金額を算出する。
2)見積提示金額と原価から利益率を算出する。
3)見積提示金額と値引き後の受注金額から値引率を算出する。
4)見積提示金額と値引率から受注金額を算出する。
5)受注金額と利益率から原価を算出する。

*原価とは、諸経費も含めた金額です。
*受注金額とは、値引き後の金額です。

Aベストアンサー

1)原価/(100%-利益率)*100
 原価を原価率(100%-利益率)で割り戻すだけ
2)(見積-原価)/見積
 利益(見積-原価)を見積で割って%を求めるだけ
3)(見積-値引後額)/見積
 値引額(見積-値引後額)を見積で割って%を求めるだけ
4)見積*(100-値引率) 又は 見積-見積*値引率
 見積に値引後率(100-値引率)を掛けるか、見積から値引額(見積*値引率)を引くだけ
5)受注*(100-利益率) 又は 受注-受注*利益率
 受注に原価率(100-利益率)を掛けるか、受注から利益額(受注*利益率)を引くだけ

注:通常「原価」とは材料原価を指しますので、諸経費は含まないのが主です。

Q損益計算書と貸借対照表の順番は?

損益計算書と貸借対照表の具体例として、

収益7000円
費用4000円
当期純利益3000円

資産10000円
負債2000円
資本金5000円
当期純利益3000円

とありました。
値の確定順は、費用が4000円かかって、収益が7000円あがり、結果として当期純利益が3000円。
その当期純利益3000円と資本金5000円、負債2000円の合計で資産が10000円あることがわかる。
という思考過程でよいのでしょうか?
簿記の学びはじめで、費用収益当期純利益負債資本金資産の関係がいまいちわかりません。

Aベストアンサー

それ、財務諸表の基本を勉強するために、項目を単純化した事例やね。損益計算書は、ある期間の成績を表したものや。貸借対照表は、ある時点の状態を表したものや。期間と時点いうのがポイントのひとつやで。

思考過程はおおきくふたとおりあって、損益計算書から出発するものと、貸借対照表から出発するものとがあるんよ。

損益計算書から出発するときは、さらにふたつのアプローチができて、「費用が4000円かかって、収益が7000円あがり」でもええし、「収益が7000円あがって、それに対応した費用が4000円かかり」でもええ。その結果、ある時点の資産が10,000、負債が2,000、資本金が5,000、当期純利益(利益剰余金)が3,000になった、いうことや。

損益計算書の説明では、収益から出発することが大半やね。ただ、費用から出発するアプローチも経営では重要になるもの、両方あるて知ってて損はないで。

「当期純利益3000円と資本金5000円、負債2000円の合計で資産が10000円ある」は、思考過程としてはマチガイ。ある時点でそれぞれがそれだけ存在する、いう見方をせな。合計が資産と一致するんは、貸借対照表がそゆ風につくられているからや。

貸借対照表から出発するときは、前回の貸借対照表との差額で見る。前回から資産、負債、純資産がこれだけ動いて、その結果、これだけの収益と費用が生まれた、いう思考過程になる。

日本の簿記は、伝統的に損益計算書から出発する考え方をしとるもの、損益計算書から考えてええよ。ただ、貸借対照表から出発する考え方も最近は幅を利かせとるもの、そゆものもあるて頭に置いておくとなおええ。

まそんなとこ。

あと、売上原価とか惜しいとか言うとるんは、怪答者として有名なお人やもの、スルー推奨や。(苦笑)

それ、財務諸表の基本を勉強するために、項目を単純化した事例やね。損益計算書は、ある期間の成績を表したものや。貸借対照表は、ある時点の状態を表したものや。期間と時点いうのがポイントのひとつやで。

思考過程はおおきくふたとおりあって、損益計算書から出発するものと、貸借対照表から出発するものとがあるんよ。

損益計算書から出発するときは、さらにふたつのアプローチができて、「費用が4000円かかって、収益が7000円あがり」でもええし、「収益が7000円あがって、それに対応した費用が4000円かか...続きを読む

Qピボットを使ったシートに計算式を入れたい

エクセルで、売上、原価、利益率などのデータをピボットを使って、商品別や得意先別に集計しました。
しかし、利益率までもが合計されて、正しい利益率が表示されません。

正しい利益率を出すためには、ピボット後のシートに計算式を入れなくてはならないけど、関数を入れることができません。

どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel/HP051994821041.aspx
ここの『集計フィールドを追加する』を参考にしてください。
利益率をデータフィールドに含めず、集計結果の「原価/売上」を計算させます。
ピボットテーブル右クリック[数式]-[集計フィールド]から設定します。

Excelのバージョンとアップデート状況によっては、
バグも報告されてますから確認しておいたほうが良いでしょう。
http://support.microsoft.com/kb/293297/ja
http://support.microsoft.com/kb/417064/ja

Qキャッシュ・フローと損益計算書と貸借対照表

(1)キャッシュ・フロー計算書に示される金額は、損益計算書あるいは貸借対照表に示されるどの項目かの金額と一致するのでしょうか。

(2)キャッシュ・フロー計算書に示される金額は、損益計算書あるいは貸借対照表に示されるどの項目かの金額と密接に関連しているのでしょうか。もしそうであるなら、どの項目とどのように関連しているのでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっとややこしいのですが、キャッシュフロー計算書(C/F)の金額は、会計諸則に従って作成した場合には、直接法を採用すれば貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)のいずれの項目とも基本的に一致せず、間接法を採用すればC/Fの上方にある調整項目のうち一部がP/Lの一部項目に一致します。
具体的には、間接法のC/Fの「営業活動によるキャッシュフロー」区分のうち、「小計」より上にある項目はいずれも調整項目です。このうち「減価償却費」「支払利息」などは、P/Lのそれと基本的に一致します。

また、C/Fの下方にある「~期首残高」「~期末残高」については、これも会計諸則に従えばいずれも「現金及び現金同等物」ですが、これはB/Sの「現金及び預金」とは必ずしも一致しません。
例えば、3ヶ月を超えて満期が到来する定期預金は、B/Sの「現金及び預金」には含まれますが、C/Fの「現金及び現金同等物」には含まれません。
したがって、No.1の方には申し訳ないのですが、それらの増減額も一致するとは限らないといえます。

B/SとP/Lとが別の役割を持つためB/Sの各項目とP/Lの各項目とで基本的に一致するものが無いのと同様に、C/Fもそれらとは別の役割があるためC/Fの各項目もB/SやP/Lの各項目とは基本的に一致しないんです。

ちょっとややこしいのですが、キャッシュフロー計算書(C/F)の金額は、会計諸則に従って作成した場合には、直接法を採用すれば貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)のいずれの項目とも基本的に一致せず、間接法を採用すればC/Fの上方にある調整項目のうち一部がP/Lの一部項目に一致します。
具体的には、間接法のC/Fの「営業活動によるキャッシュフロー」区分のうち、「小計」より上にある項目はいずれも調整項目です。このうち「減価償却費」「支払利息」などは、P/Lのそれと基本的に一...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報