>遺伝的および催奇形障害(奇形の発生)も、直接の被害を受けた3国にとどまらずヨーロッパ諸国でも著しく増加した。
>バイエルン州だけでも、チェルノブイリ後になって先天的奇形が1000から3000人増加したことが見出された。
>恐らく、ヨーロッパで1万人以上の重篤な奇形が放射能によって起こされた可能性がある。
>チェルノブイリ事故の結果として西ヨーロッパで10万から20万件の流産があったとIAEAが結論づけているが、
>報告に上らない症例の推定数はさらに多い。

■IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog …

これを読むと、凄まじく広範囲で障害が出ているようですが、日本は国土も狭いので、九州や北海道も放射能の影響が出るのでしょうか?
寿命が縮んだりするのでしょうか?
政府は安全といっていますが、福島に入るときにどうして完全防護服で行くのでしょうか?
やはり、日本全国どこでも危険なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>政府は安全といっていますが、福島に入るときにどうして完全防護服で行くのでしょうか?


某官房長官の姿かな? だとすると散々安全と言っていたのに自分が行く時は完全防備で超短時間で終了? って感じですが・・・

どこまで影響があるかと言えば地球全体に影響はあると思いますが、問題はその量で 添付したマップを参考に自己判断で対応するしかないと思います。

ただ、福島の事故があってxxシーベルとからxxベクレルという単位の数値が気になると思いますが・・・最初の原爆実験を行った時から放射性物質の拡散は始まっているし、人類が出現する以前から自然の放射線や放射性物質は存在したのですが、それを殆どの人が気にしなかっただけなので気にし過ぎることは無意味と思います。

ただ SPEEDIのマップでもそうですが、政府が意図的に隠していた可能性があるので政府の発表と言えども無条件で信用することは危険と思います。 大戦中の大本営という悪しき前例があるので ^ ^;

SPEEDIによる放射能マップ
http://gebweb.net/japan-radiation-map/jp/
    • good
    • 0

> 放射能の影響は日本全国で出るのですか?


現状では心配はありません。
濃度や量を考慮せずに騒いでも意味がありません。放射性物質が拡散しても、遠い地域では濃度が低くなるので影響は出ません。

> 参考URL
IAEAなり外国政府なりの信頼できるデータがなければ、無責任なデマと見るべきで、騒ぐ必要はまったくありません。

> 政府は安全といっていますが、福島に入るときにどうして完全防護服で行くのでしょうか?
福島県内でも安全だと言っている地域へは防護服を着ないで行っていますよ。少なくとも南相馬市までは防護服を着ていません。防護服で入っているのは危険だとしている地域だけです。

日刊APFニュース:福島第一原発から20km圏内での行方不明者捜索現場を視察する枝野官房長官
http://www.apfnews.com/whatsnew/2011/04/apf_news …
    • good
    • 0

風向きにより、このまま何ら解決に進展無く東電福島第一原発事故による放射性物質が撒き散らされ続けると、被害地は広がりますので、皆さんが言っているように、貴方は心配なら日本を脱出する事が一番ですね。

地震や原子力発電所が少ないアフリカが良いんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

> 日本は国土も狭いので、九州や北海道も放射能の影響が出るのでしょうか?


> 寿命が縮んだりするのでしょうか?

放射性物質は、粉塵であり、拡散しながら飛散しますので、日本どころか世界中に影響が出ます。
チェルノブイリ原発で飛散した放射性物質は、世界中で観測されています。

ただ、その影響は、距離の二乗に反比例の関係で減少します。
100kmよりは200kmの方が4倍安全と言うコトです。
チェルノブイリでも300~400km程度離れた場合、人体への影響は確認されていません。
福島原発の影響で、西日本の健康や寿命に影響する可能性は皆無でしょう。

むしろ少量の放射線は、身体に好影響を与えます。(ホルミシス効果と言います。)
実際に人間は、ラドン温泉,ラジウム温泉などの放射線影響を好んで受けています。


> 政府は安全といっていますが、福島に入るときにどうして完全防護服で行くのでしょうか?

レントゲン(X線)でも判ると思いますが、放射線は人体などを簡単に通過します。
防護服は放射線を防ぐモノではありません。
放射線の前には、防護服を来てもスッポンポンで居ても、全く同じです。

防護服と言うのは、放射性粉塵が身体に付着したり、体内に取り込むことを防いでいるに過ぎません。
体内に摂取しなければ、粉塵は水洗い程度である程度は除去出来ます。


> やはり、日本全国どこでも危険なんでしょうか?

福島原発から2~300km離れたら、それほど危険ではないです。
4~500km離れたら、ほぼ危険性は無視出来ます
それ以上離れたら、殆ど無関係と思って良いです。

もしご心配なら、アフリカ,オーストラリアにでも避難なされば良いですね。
    • good
    • 0

 ここにあげられたような数字はあんまりみたことないなあ。


 この元ネタってバリバリの原発反対派のピース・フィロソフィー・センターじゃないですか。中身を見ているとIAEAやWHOまででたらめ発表だ!!って言ってるし。
 日本政府を疑うのはわかるんですが、さすがにIAEAやWHOも十把一絡げにインチキ呼ばわりするようなところは見たことがないですね。こんなところの言うことは信用できるんかいな。
 しかもこの代表者さんはアノ「9条の会」の一員ですね。個人的にはこの発表の数値の根拠がよくわからないですし、代表者のバックボーンがアレですので、少し引いて見るのが適当なんじゃないかな。

>福島に入るときにどうして完全防護服で行くのでしょうか?
 いや、福島にはいるときじゃなくて、高濃度汚染区域に入る時に防護服を着るんです。高濃度汚染区域以外は大丈夫だろう、ってのがわかってきたから、諸外国も自国民に対する日本への渡航自粛勧告や要請を撤回したんじゃないの?
    • good
    • 0

風などによって自然に運ばれる分と、食品の流通などによって人為的に運ばれる分、の両方が考えられます。

どちらも、距離と比例関係にあるわけではないので、遠隔地でも、放射能に汚染される可能性は出てきます。

食品に関しては、東北関東の土壌の汚染がひどいので、できるだけ日本全国に流通させて薄めている方策を採っているとも、考えようによっては捉えることができます。

未だに、土壌の汚染マップが公表されず、なぜ政府が隠蔽したままでいるのか、それを考えると恐ろしいですね。
    • good
    • 0

放射能と放射線は 違うんじゃないの?



防護服は 放射線を防護するためかな???

詳しい方どうぞ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング