こんにちわ。マレーシアに日本語を学習しているアスミタです。
日本語の(つどい)と(あつまり)の違いを教えていただきたいです。

最近読んだある雑誌の宣伝コラムで。。。
“大切な集いだからこそ、その場所にこだわりたい”
。。。と書かれていますが、なぜ(あつまり)ではなく、(つどい)
と書かれたのですか?

又、(つどい)という言葉の使い方も教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>日本語の(つどい)と(あつまり)の違いを教えていただきたいです。



ありません。同じものです。

ただ、日本語は「相手との距離」「上下関係」を常時考えながら話す言葉ですので、「公的な場所で使う」「相手と距離感がある」場合の用語と、「私的な場所で使う」「相手との関係が深い」場合の用語が違う事が少なくありません。

例えば「父親」についても、公的な場所や文書で残す場合は「父が・・・」というのに対し、私的な場所や話し言葉では、相手が全くの他人である場合以外「父が・・・」とは言いません。男なら「親父が・・・」とか言いますし、女なら「お父さんが・・・」という言い方になります。

ということで、この「集い」「集まり」も、前者が「相手と距離感がある場合」で、後者が「相手と関係が深い場合」の用語です。

例えば、道行く人に対して「被災者慰霊のための(つどい)を行います」と呼びかけ、町内会で「被災者慰霊のための(あつまり)をするので参加して下さい」って感じで使い分けます。

もっとも、「つどい」は公的に人を集める場合にしか使わないために、若い日本人の間では「ほとんど死語」と化しています。ですので、通常は「あつまり」だけでも十分ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

FEX2053さんの詳しい且つ親切な回答頂いて、『集い』と『集まり』の違い、
使い方もよく分かるようになりました。本当に有難うございました。
Goo 教えて を使ったのは今回初めてで、これほど役に立った回答が
いただけるとは思わなかった。本当に有難うございました!!

お礼日時:2011/04/28 14:37

「つどい」と言うと、目的や意思をもって同じ場所にあつまる事だと思います。


「あつまり」は、ただ一つの場所に数が多くあることだと言う意味だと思って使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pink-kiteさん、回答して頂き有難うございました。
わかりました。今後も宜しくお願いします。

お礼日時:2011/04/28 14:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

日本語 学習」に関するQ&A: 取りに参ります?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいただ「け」ますようorいただ「き」ますよう

質問です。ビジネス文書を作成する際に、いままで
「ご参加いただけますよう」と私は書いておりました。先輩は「ご参加いただきますよう」だと直します。一体どちらが正しいのでしょうか?
また、「お伺いいたします」は2重敬語(尊敬語「お」+謙譲語)だと思いますが、口頭ではよく使いますよね。今では「OK」なのでしょうか?(「とんでもないことでございます」→「とんでもございません」のように。)
ご回答、お願いいたします。

Aベストアンサー

私なりの考え方を述べさせていただきます。

まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。

「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。前者の主体は相手ですが後者の主体が自分である事がわかるでしょうか?「○○していただけますか?」というのは「○○してもらえますか?」という意味で相手にそれが可能かどうか尋ねています。一方「○○していただきますか?」というと「○○してもらいましょうか?」ということです。つまり自分に対して「相手にしてもらおうかどうか」を尋ねています。

ここで最初のご質問に目を移しましょう。「していただけますようお願いします」は「(私が)相手に○○していただけること」を「私がお願いする」です。「していただきますようお願いします」は「私が(あなたに)○○していただくこと」を「私がお願いする」ということです。言っている事は同じですし、どちらも間違いとは思いません。

次に「お伺いいたします」ですが、確かに2重敬語です。ただおっしゃる通り現在ではごく普通に使われる表現で、違和感は感じません。私の考えでは正しい日本語としても良いと思います。

ただし「とんでもございません」は不自然です。これは2重敬語でもなんでもなく、明らかに誤った語法です。「とんでもない」という言葉の「ない」は「有る無し」の「無い」とは全く関係無いのでその一部を取って「ございません」とはできません。「あぶない」を「あぶございません」とか、「ゆるせない」を「ゆるせございません」と言えないのと全く同じ理屈で、不自然極まりない表現です。2重敬語の「お伺いいたします」の問題とは全く関連のない引き合いだと思いました。

私なりの考え方を述べさせていただきます。

まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。

「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。前者の主体は相手ですが後者の主体が自分である事がわかるでしょうか?「○○していただけますか?」というのは「○○してもらえますか?」という意味で相手にそれが可能かどうか尋ねています。一方「○○していただきますか?」というと「○○してもらいましょうか?」...続きを読む

Qコラムって?

初めて質問いたします。
私がよく見る趣味のH.Pにテーマを決めたコラム投稿欄があるのですが、一度投稿したいと考えまして、さて書き込もうとしたところ?まてよコラムっていったいなんだろう?
私はコラムといううモノについてなにがわかってるのだろう・・う~ん全然解ってない!
というわけで、コラムの定義だとかこう在るべきだというのをお教えいただければ有難いのですが、是非よろしくお願いいたします。
別に文筆業を志してるわけではないのですが、辞書に書いてる、「短評、囲み記事」だけではイメージできないもので・・・。

Aベストアンサー

コラム(column)とは、
本来は「柱」と言う意味です。
そこから(英語は横書きなので)
一行の語数を少なくし、行数を多くして縦に細長く
「柱」状に書いた記事を指します。
なので日本語訳としては「囲み記事」と言うのが
意味合いとしては適切かと思います。

だから、本来は内容に定義もなにも無いです。
ですが現在では、
「時事問題、社会風俗などを寸評する記事」
と言う事になっていますので、
最近の事をネタにすれば良いんじゃないかと思いますよ。
「牛丼屋が困っている」とか「北朝鮮がどうした」とか。

Qつくば市立北条小学校のみんなあつまれ(15年以上前の)

タイトルはあえて限定的に書いていますが、実際には日本全国の小学校の教科書に載っていたであろう「物語」の事です。ストーリーはこんなかんじです。「主人公の猟師が雁を撃つ機会を待っていたが、結局雁を撃つのをやめてしまった。」大雑把に言うとこうですが、なぜ猟師は雁を撃たなかったのか?だいたい物語のタイトルはなんといって、国語の時間ではその物語から何を教えたかったのか?を必死で思い出しています。もしご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

全然違う地域の、20数年前に小学生だった者ですが…
お探しの話は椋鳩十さんの「大造じいさんとガン」ではないでしょうか。国語の時間に何度も読んだ覚えがありまして…。たしか教科書は光村だったと思います。

よろしければこちらをどうぞ。
http://hansamu-web.hp.infoseek.co.jp/gann/PAGE001.HTM

参考URL:http://hansamu-web.hp.infoseek.co.jp/gann/PAGE001.HTM

Qカラムとコラムの使い分け

カラムとコラムとも英語columnから来たようですが(*1)、Yahoo辞書にはコラムしかなく(*2)、IT用語辞書e-wordsにはカラムがないです(*3)。

みんなどう使い分けてるのでしょうか?

ちなみにgoogleにはカラム355,000件、コラムは3,560,000件で、カラムはあんまり使わないと言うことを意味するでしょうか?



*1 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1365177
*2 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A5%AB%A5%E9%A5%E0&stype=1&dtype=2
*3 http://e-words.jp/?w=%83R%83%89%83%80

Aベストアンサー

goo国語辞典には両方出ています。
「コラム」は新聞雑誌で古くから使われており、
数学、コンピュータなどでは原語に近い「カラム」を使います。

Qエッセイとコラムの違いは?

エッセイという言葉は知っていましたが、コラムという言葉もあるのですね。
エッセイとコラムとでは、書かれている内容について、どのような違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

・エッセイ   随筆の一種
形式にとらわれず,個人的観点から物事を論じた散文。
意の趣くままに感想・見聞 などをまとめた文章。

・コラム
新聞・報道雑誌・ニュースサイトなどに掲載される、ニュース以外の記事。
つまり、個人的な分析・意見が含まれている記事で、
評論やエッセイの他、人生相談コーナーや「オススメ○○」などといったものも含まれる。
コラムの執筆者を、コラムニスト (columnist) という。
円柱状の枠線で、囲んでいること多いのでコラム(円柱)という。

コラムには、エッセイも、そうでないのも、あります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報