私は、性同一性障害のFTM(女→男)で、現在、社会的に男性として生活しております。
これまでの治療履歴は、胸部切除を行い、男性ホルモンを投与中で、約3年になります。
私は、男性ホルモンを投与する前から、血液検査をすると男性ホルモン値が平均より高めでした。
性格も幼少期から、元気な方で、人と話すことや、休日は友人と遊んだり、外出することなどが好きでした。
女性との出会いも、積極的な方でした。
男性ホルモンを投与してから、さらに以前の性格に拍車がかかったようになり、毎日が楽しいくらいでした。
今年で26歳になるのですが、24歳の頃にある女性と出会い、一度は強く思うようになるのですが、すごく嫌な思いをすることがあり、それを境に、一気に性格が変わっていきました。
まず、外出することが億劫になり、友人から誘われても、断ることが多くなり、喜怒哀楽を強く感じることがなくなり、何かに興味を持っても、それが持続せず、音楽を聴くことが大好きだったのに、ほとんど聴かなくなり、性欲もほとんどなくなり、女性に興味を持てなくなりました。
これが、日常生活だけならまだ良いのですが、仕事も身が入らず、頭の回転が悪くなった様に感じ、ミスも頻繁に起こるようになり、上司からの信頼もなくなり、職場の人の態度も冷たくなり、かなり悪循環な状態に陥りました。
それでも、信頼を回復しようと、自分なりにやってはきましたが、まさに空回りの状態です。
以前の元気な頃(以前の職場)だと、周りの信頼も厚く、日常生活も充実していました。
そして、半年に一回の血液検査の際に、男性ホルモン値が低下していました。
こうなると、一度はうつ病を疑ったのですが、食欲は正常だし、落ち込みますが、涙が出ることはなく
、イライラも以前よりはむしろ減っています。
こうなると、ただの怠け者になってしまったのかと、色々考えてしまいます。
やはり、以前の方が、自分に自信があって、毎日が充実していたので、どうにか以前の自分を取り戻したいのですが、どうも気持ちがついていきません。
このような状態になってから1年半程になります。
男性ホルモン値の低下の原因には、やはりストレスも関係しているのでしょうか?
詳しい方からのご回答お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も全く同じ症状で困っています。


ホルモン投与年数も同じくらいです。

性欲はありますが、無気力や無関心、仕事への意欲低下など、以前より毎日が鬱々としている感じがします。

特に女性関係がうまくいかない、家族関係がうまくいかないときは無気力感が強いです。

今年の2月にホルモン値を検査しましたが、年々下がってきています。

原因はわからない状態で、ホルモン量を増やしてもイマイチ良い結果は出ていません。

医師は内摘をするまでは安定しないと言っていますが…。

内摘をしても、更年期の症状が出るそうで、結局は安定しないみたいですね。

体より精神症状が強いのが辛いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当事者の方で、似たような症状があるということで、少し安心しました。
しかし、この無気力感は、どうしても以前の自分と比べてしまい、情けなくなる時があります。
内摘をしても、安定しないということで、これからも副作用と戦い続けると思うと、気が遠くなるような思いがありますが、男性で生きれていることに感謝しつつ、うまく副作用と向き合っていきたいと思います。
お互い頑張りましょう。
貴重な体験談をご回答いただき、誠にありがとうございました。

お礼日時:2011/05/01 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング