島崎藤村が小説に書き、長野ではなにかと同和問題がクローズアップされますが、歴史的にみて、なぜ、そんなに差別意識が強いのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 詳しく的確なご回答に付け加える事はありませんで、四方山の話に為ります。


 1. 山窩とかくとどうしてもサンカとして清音でよんでしまいます。先日老舗のすし屋の板さんが、“さんが”と濁音で話してくれました。
   私はやはりサンカだと存じますが、山窩を本当にはどう呼称したかはわかりません。
 2. サンカが被差別の方という“類分け”が妥当かどうかはわかりませんが、そういう“類分け”をする方も多いようです。
   定住しないで遍歴してくれば、中には差別的に見る人もいたろう推測はします。
 3. 旦那場というタームを使って、友人のお父様(物故者:ご存命なら115歳)と会話したことがあります。
   友人のお父様は、木挽きで山々を経めぐっていたそうです。
   友人は大工です。
 4. お江戸、そして東京は新開地です。江戸期もどんどん新開の地域を増殖していました。
   (ちなみに余りに増殖するご府内に困った与力・同心はご府内として自分達の所轄範囲を限定して欲しいという願い出をしています)
   そういう新開地ではあまり過去や経歴を問いませんから、たくさんの遍歴の方やいろんな所属の方もおられたようです。
   子どもの頃、四十八組の一つの組の一番筒先のおじさんの奥さんは鳥追いさんでした。
  (おちんちんだけ残して体中彫り物:刺青は罪人のにいいますからね。風呂は早く来るので、子どもたちとぶつかり、うめると怒る。)
   ○○ちゃん、せんべぇ食いにおいで。いくと長火鉢に座って、日比谷の最初のメーデーに参加した話や哲学やら、三太郎や倉田さんの話をしてくれます。読書家です。未だ中1でした。
   未だに近所にもちょいと先にも竹細工だけのお家もあります。
   サンカの方や遍歴の門付けさんが差別視されたかもしれませんが、いわゆるエタ非人であったということは疑問を持ちます。
   みなさんとても誇りが高い方々です。そしてこどもにはとても優しい方々でした(もう65年も前の付き合いですから。)。
 5. 信州の県民性の一側面は納得できます。それはまた日本人やいろんな国々の心性でもあります。
   しかし確かに信州の方にはよく経験させられます。その個人にも拠るのでしょうが。
   厳しい生活を生き抜いていくことで、そういう極が出る人と、反対の極が出る人とがいるようです。
 6. 信州にはそういう山々を国境なく歩く人や職業の方も多かったでしょうし、多いと存じます。
   言語的にも中部に属すると存じます。
   サンカの方も中部に多いですし。エタ・非人は知りません。かぐや姫の竹とりの翁ってサンカだったかもしれませんね。多分サンカは朝廷と深い関係があるようです。
    • good
    • 6

歴史的には他の方のおっしゃるようなことだろうと思います。


加えて長野の県民性(教育熱心⇒出世志向⇒脱落したインテリ)があります。
出世しなかったインテリ、疑似インテりが信州に多いのです。
彼らの一部は自分の下になる者を作りたがる傾向にあります。
下にあるものを見て喜び安心するケチな根性です。
まあ、そのようなケチな根性の持ち主はどの地方にもありますが、特に長野は多いと思います。
    • good
    • 14

>なぜ、そんなに差別意識が強いのでしょう。



他にも回答がありますが、地形的な問題と神社仏閣の関係ですね。
平安の時代から、神社仏閣には「神社仏閣の所有物である奴隷(下人)」が存在します。
彼らは「物」であって「者」ではありません。
これは何も信州に限った事ではありません。
京都の延暦寺末寺である祇園感神院(現在の八坂神社)でも、多くの奴隷を持っていました。
朝廷から境内となる土地を賜った時に、一緒にそこに住んでいた非人(清水坂非人)を貰っています。
一応、祇園感神院に属しますから非人であっても「犬神人」として名称では区別しています。
祇園祭りでの警備・清掃・山車引きは、犬神人の重要な仕事でした。
(江戸時代になると、犬神人間でも上下関係が出来て犬神人と坂非人に分かれます)

信州の諏訪大社でも同様です。諏訪大社の神官家は、武士としても有名ですよね。
当然、祭祀に欠かせない皮製品とか武具も作る必要があります。
支配者は、武具製造技術が他国に流れる事を避ける為に集団を隔離します。
何も知らない者は、(彼らは、獣を殺す事を生業としますから)穢れた人として差別の対象になります。

また、地域的な問題から「米中心経済体制からはみ出した」地域でもあります。
漆器に用いる木地を得るには、良い木を求めて(藩境を越えて)自由に山間部を渡り歩きます。
明治初期まで、定住しない集団が存在していたのですね。
彼らを「山窩」(サンガ)と呼んでいます。
実は、秀吉も山窩出身だから、全国を自由に行き来できた!との話も残っています。

まぁ、長野県が同和問題で有名か否かは各人の考え方次第です。
(日本最大の同和地区は、京都にあります)
が、公になっている事が大きいですよね。
多くの地域では、同和問題事態を(莫大なカネを支払って)隠しましますから・・・。
大阪府だけでも、毎年40億円ほどの予算を組んでいます。
(大阪府職員採用でも、特別枠を設けて彼らを毎年採用しています(実質無試験)。当然、地方公務員)
このカネ目当てに、「堂々と差別問題を教育しろ!」と要求している部落開放団体もあります。
四国の某県では、義務教育終了時には「誰もが、差別地域名を理解」しています。
保育所・小学校まで一緒に遊んでいたのに、中学卒業頃には遊ばなくなります。^^;
この部落開放団体の要求通りの結果になっています。
「差別問題は、消滅してはならない。子々孫々まで、教育しなければ駄目」なのだそうです。
    • good
    • 7

特に、そういった事は、聞きません。


質問者さんの、単なる思い込みでしょう。
    • good
    • 5

はっきりとは解っていないのですが、善光寺や諏訪社のあたりに非人が多く住んでいたらしいです。


また、松本・松代・上田藩が江戸初期に障害を持った方たち等を城下に移して、頭(かしら、非人頭の様な感じだと思います)を通じて統制していたようです。
それ以外には代官所が新たに作られると移住させられたり、宿宿場や口留め(くちどめ)、番所等の交通の要所に配されてもいたようです。

そのような方たちは、主な仕事は警備役で、そういう方たちが警護する担当地域を旦那場と言ったそうで、
その旦那場の牛馬の死骸処理はしていたようです。
それと旦那場から稲の給付等もあり、役目以外に農業や細工物、医薬業、芸能等の副業(と言っていのか疑問ですが)をして生計を立てていたそうです。
又、藩主や領主から皮革製品の献上を求められた場合は献上していたらしいです。


ただ、1600年中期から1700年初期ごろに、そういう方たちは徐々に「えた」と呼ばれるようになり、このころから5人組や宗門改帳が別になったり、差別戒名が付けらりたりしたそうです。そして取り締まりも強化され差別が強くなったとのことです。

ですが、江戸中後期には、村自体で招聘して警護役にするなどもあったそうです。

ですので、必然的にその方たちの住む場所は指定されていて、そのまま現在に至っているのではないでしょうか。

実際に現地で調べたわけではないので、誤っているところが多々あるかもしれませんのでご了承ください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

すばやく、且つ非常に興味深く、且つ詳しい解説をいただき、ありがとうございました。
おおきな御寺の近くに非人が集められるというのは、特に面白いと感じました。

お礼日時:2011/04/28 16:27

これは想像ですが・・・。



歴史的に日本人は「肉食」を差別する傾向がある民族です。ところが長野県は山がちで、穀物だけでは十分な食料を得られなかっただけでなく、山の中に食用として活用可能な生物がたくさんいたんです。結果として、イノシシやウサギ、それこそ馬まで食用にしていたわけで、おまけにそれらの「皮」は有用な衣料品になったんですね。

ですので、「食肉部族」でかつ、「皮革に関係する集落」が点在していたために、差別問題が大きくなったと思われます。同様な問題は、都市周辺部に「皮革業者」が集まって発生している場合が散見されますね。奈良県などでも結構そういう被差別集落が存在しますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど。とても興味深い御意見をありがとうございました。
卑しめられた職業且つ慣習というわけですね。
素早い御返答に大変助かりました。

お礼日時:2011/04/28 16:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山梨~長野東信・群馬の天気

山梨~群馬・長野東信は休み中いつくらいから天気よくなり景色も見えるようになるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

前半は天気が割るようですので
後半火曜日以降の方が良いとおもいます

Q同和・部落問題についてまとめようとしています。

同和・部落問題についてまとめようとしています。
昔、就職差別や結婚差別があったのはわかっているのですが

今でも差別は続いているのでしょうか?

その土地に移り住んでから何か差別があった、とか5、10年前くらいにはあったと聞いているのですが
今はどうなのでしょうか?

よろしければお願い致します。

Aベストアンサー

関東地方は関西ほど同和問題や地区が多くないようですが、農村部では根強い差別が残ってます。
私の居住地近くにも、幾つかの部落と言われる地区がありますが、就職には差別を受けてませんが、結婚になると周囲の反対を受ける事を多く耳にします。
ただ、実際に部落地区の人達の行動は常識を逸脱してる事があるのも事実なのです。
また、暴力団員になる人達も多いので、関わりたくないと思う人達の気持ちは理解出来ます。
同和地区の人達は差別されてると言いながら、実は利権を得てるので普通の人達が嫌うのは分かる気がします。
日本の暴力団員の構成を調べると、在日韓国人(朝鮮人)と同和地区出身者が多い事に驚きます。
むしろ、可哀想と思うのは同和地区の近くに住む一般人です。

Q新しく「めざましテレビ」のお天気を担当する長野美郷さんは

お天気の先輩である愛ちゃんから怒られたりしてるんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
>お天気の先輩である愛ちゃんから怒られたりしてるんですか?
そんなことはありません。

Q藤村新一さんはどれくらいの数の捏造を行ったのですか? 回答よろしくお願いします!

藤村新一さんはどれくらいの数の捏造を行ったのですか?

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

http://www.pref.miyagi.jp/site/maizou/atukaiitiran.html

Qヒマヤラの天気予報の提供

竹内さんが14座を完登したという記事のなかで、天気予想の話が書いてありました。

竹内さんはダウラギリで「26日アッタクがベストだと思います」とのメールで受け取ったそうです。長野県茅野市在住の猪熊さんが、ヒマヤラの天気予報を提供していた、とのことです。

お教えてもらいたいのは、気象予想をしている熊沢さんは、(1)ヒマヤラへ同行したのですか、(2)あるいは、長野県に居て天気を予想し、はるばる送信したのですか?

Aベストアンサー

日本に居ながら。だそうです。
http://weblog.hochi.co.jp/tajihouronn/2011/12/post-fb17.html

メールを受け取った。。と書いてますね(笑)

Q中学社会科の記述の問題に強くなりたい

中3です。社会はわりと得意だと思って暗記などは頑張っていましたが、模試でいつもだめなところがあります。単純に記憶しただげの知識だからか、基礎的な問題集で単純に答えるものはできるのに、資料をみて答えを書く記述問題が苦手です。何についてどんなことを問われていいるのか いまいちピンとこなくてピンドがずれた回答を書いてしまっているようです。歴史に限らず、公民・地理も含めて何か得意になれる方法はないものでしょうか

Aベストアンサー

歴史について言えば、教科書やそれに類するモノ(参考書・学習漫画など)を読んで、大きな流れを掴むことです。
例えば、ローマ帝国が滅んだのはゲルマン人の大移動と教えられますが、何故大移動が起こったのかという原因があるはずです。
もちろん、その原因は必ず近くに書いてあります。(フン族に押されて)
また、ローマ帝国がゲルマン人に侵入される原因も書いてあるはずです。(ローマ帝国が大きくなりすぎた、皇帝がしばしば変って中央が弱体化していた)
そうした流れを掴むことです。
それを意識しながら教科書を読む。
教科書には必ず原因と結果が書かれてあります。
また、受験歴史は暗記でも構いませんが、生きる上での歴史にはこの読み取る力が生きてきます。
兎に角、流れを掴んでください。

また、公民や地理も原因(理由)と結果があります。
それを意識しながら教科書を読んでみてください。

Q長野県のおすすめ観光スポットを教えて下さい

この週末に長野県に旅行に行きます。長野県はあまり行ったことがない上、とても広くてガイドブックを見ても中々絞りきれません。
お知恵をお貸しください。

1日目 神奈川県東部を早朝に出発。万座を経て渋温泉に宿泊
2日目 鹿教湯温泉に宿泊
3日目 観光しながら帰宅

50代の大人3人で車で移動します。お天気が良ければ自然を愛でるドライブ中心、お天気が悪いようだったら屋内での観光を希望します。
できればお昼ご飯のお勧め処もお願いします。

Aベストアンサー

1日目
白根山
http://www.asobiba.jp/asobiba/contents/asobiba104_shiranesan_yukama.htm

横手山頂ヒュッテ
http://www.yokoteyama.com/information.html
展望がよく、パンがおいしいです。

2日目
善光寺
http://www.zenkoji.jp/
川中島古戦場
http://www.furin-kazan.jp/nagano/shiseki/entry/000607.php
小布施 町並みが素敵です。
http://www.e-obuse.com/ichiran/index.html
http://members.stvnet.home.ne.jp/obuse-tabi/
昼食 蔵部
http://gourmet.yahoo.co.jp/0006711662/M0020000849/

3日目
美ヶ原からビーナスラインへ。
王ケ頭からは抜けにくいので、高原牧場や
高原美術館方面を目指しましょう。
http://www.utsukushigaharakogen.jp/
http://www.venus-line.net/

ドライブインから20分程度で車山に歩いて登れます。
八島湿原を散策してもいいでしょう。
http://shimosuwa.com/sizen/yasima/index.htm

諏訪湖 ここの間欠泉はみものです。
http://kozaru98.fc2web.com/kouen/nagano_ken/suwa_kanketu/suwa.htm
となりに無料の足湯があります。

1日目
白根山
http://www.asobiba.jp/asobiba/contents/asobiba104_shiranesan_yukama.htm

横手山頂ヒュッテ
http://www.yokoteyama.com/information.html
展望がよく、パンがおいしいです。

2日目
善光寺
http://www.zenkoji.jp/
川中島古戦場
http://www.furin-kazan.jp/nagano/shiseki/entry/000607.php
小布施 町並みが素敵です。
http://www.e-obuse.com/ichiran/index.html
http://members.stvnet.home.ne.jp/obuse-tabi/
昼食 蔵部
http://gourmet.yahoo.co.jp/0006711662/M0020000...続きを読む

Q戦国時代の強い武将は本当にその人が強いの?

こんにちわ。ふと、ゲームをやっていて気になったので質問します。
よろしくお願いします。

よく、アニメやゲームなどで、武将が先頭で敵陣に突っ込んでいくシーンを見かけるのですが、実際の戦闘方法というのは本当にあんな感じだったのでしょうか?

日本の戦国時代にしろ、中国の戦国時代にしても強い武将というのは、一人で100人を倒すみたいなイメージがありますが、本当にそのようなことをした場合すぐに死んでしまうと思うのですがどうでしょうか?

大の大人が10人も集まれば一人くらいやっつけられそうなものです。

やはり、ゲーム等にでてくる武力が強い武将というのは本人が強いではなく、その軍団が強いだけなんでしょうか?統率がとれているとかみんなが死ぬ気で戦っているとかそういう意味なのですか?

実際、武将達は一番後方で戦いを指揮して親衛隊に守ってもらっていたからなかなか武将は死なないのではないか?

そう思ったので質問してみました。

誰か戦国時代の戦闘方法を知っている人、ご教授よろしくお願いします。
一騎当千とか絶対嘘だと思うんです。

こんにちわ。ふと、ゲームをやっていて気になったので質問します。
よろしくお願いします。

よく、アニメやゲームなどで、武将が先頭で敵陣に突っ込んでいくシーンを見かけるのですが、実際の戦闘方法というのは本当にあんな感じだったのでしょうか?

日本の戦国時代にしろ、中国の戦国時代にしても強い武将というのは、一人で100人を倒すみたいなイメージがありますが、本当にそのようなことをした場合すぐに死んでしまうと思うのですがどうでしょうか?

大の大人が10人も集まれば一人くらいやっ...続きを読む

Aベストアンサー

これは時代によります。
日本でも戦国時代後期になれば、銃の普及により前線で武将が指揮を取る危険度が大幅に上がり、前線で華々しく戦うのは無理になっていきます。
しかし飛び道具が発達する前は、武将が前線で戦うのは重要な要素でした。
例えば有名な項羽は前線で激しく戦い、最後の戦いとなった垓下の戦いでは一日で漢の指揮官だけで60人あまりと交戦したという、ちょっと信じがたい記録が残っています。
当時の戦闘では雑兵の殆どは雇われ兵で「命をかけて戦う」理由は殆ど無いため、自分たちの指揮官が打ち負かされると、戦意をなくして逃げ出してしまうのが普通でした。
つまり「一騎当千」には誇張はあっても、決して嘘ではありません。
このため少数の兵でも指揮官の武勇次第で状況をひっくり返す事が可能であったために、項羽や呂布と言った剛勇名高い将の軍は強かったのです(ただし個人の武勇で得られるのは、あくまでも戦術的勝利です。彼らが最終的に敗れたのが個人の武勇の限界を示しています)。
ただ上述のように時代が下り、飛び道具が発達するとそのような個人の武勇によって戦場を支配することは困難となり、現代ではそれは遠い昔の話となりました。

これは時代によります。
日本でも戦国時代後期になれば、銃の普及により前線で武将が指揮を取る危険度が大幅に上がり、前線で華々しく戦うのは無理になっていきます。
しかし飛び道具が発達する前は、武将が前線で戦うのは重要な要素でした。
例えば有名な項羽は前線で激しく戦い、最後の戦いとなった垓下の戦いでは一日で漢の指揮官だけで60人あまりと交戦したという、ちょっと信じがたい記録が残っています。
当時の戦闘では雑兵の殆どは雇われ兵で「命をかけて戦う」理由は殆ど無いため、自分たちの指揮官...続きを読む

Q本日長野県で星が見える場所

本日ペルセウス座流星群を見るために長野の阿智村に来ているのですが、生憎の天気で空が今見えない状況です。わざわざ遠くから星を見るためにやってきたので、このまま見れないのは無駄足になってしまいます。そのため、長野(阿智村付近) で夜に星空が見れそうな場所はないでしょうか?

Aベストアンサー

気象庁の気象衛星写真の赤外線像を見れば、雲がかかっている地域がわかります
残念ながら、長野県全域薄曇りです。ムラはあるので、切れ間を期待して待つしかないです

http://www.jma.go.jp/jp/gms/index.html?area=0&element=0&time=201608122000

Q同和利権?

同和利権という言葉をききました。

利権っていうからには、何か胡散臭さを感じてるのですが、、、。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ウィキをご覧下さい。

同和利権・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E5%92%8C%E5%88%A9%E6%A8%A9


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング