以下のように記事が出ていますが、たった5ミリシーベルト(しかも累計)で実際に死亡者が出るんでしょうか?
1回の緊急作業なら10ミリシーベルトまで認められているというし、胃のX線撮影1回分の線量でも4ミリシーベルトだというのにそんな事があるんでしょうか?
これが本当なら大変な事になりますが・・・・
本当?


http://www.47news.jp/CN/201104/CN201104280100003 …

35年間で10人労災認定 原発労働者のがん
厚生労働省は27日、がんになった原子力発電所の労働者のうち、過去35年で10人が累積被ばく線量などに基づき労災認定されていたことを明らかにした。福島第1原発の事故を受け、初めて労災の認定状況を公表した。
1976年度以降、労災認定された10人のうち白血病が6人。累積被ばく線量は129・8~5・2ミリシーベルトだった。このほか多発性骨髄腫が2人で、それぞれ70・0、65・0ミリシーベルト。悪性リンパ腫も2人で、それぞれ99・8、78・9ミリシーベルトだった。
厚労省によると、がんに対する100ミリシーベルト以下の低線量被ばくの影響は科学的に証明されていないが、線量が増えれば比例して発がん可能性も増すとの仮説があり、同省は「100ミリシーベルト以下での労災認定もあり得る」としている。

2011/04/28 13:09 【共同通信】

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

その記事からわかることは、「5.2mSVの被曝者で、白血病になって、労災認定された人がいる」ということであって、死亡者が出ているかどうかはわかりません。



被曝による発がんは確率的なものですから、低線量であっても発症しないことは保証できません。
(1Svあたり5%のリスク上昇と言われていますから、5mSvなら0.025%の確率でがんになることになります。

事実上、それ以外の要因によってがんになる可能性の方が高いわけですが、
5.2mSvが発がん要因ではないという証明は困難ですし、
「がんになったのは事実であり、放射線によってがんになる可能性があるのも事実」ですので、
労災認定した、ということなのでしょう。

労災認定を受けた人がいるというのも重要な話ですが、
「同程度の被曝はしたけどがんになってない人」がどれくらいいるのか、
という情報がないと、ちょっと評価しにくい記事だと思います。

この回答への補足

皆さんありがとうございました。
結局のところ、労災認定基準がどうなっているのかよくわかりませんでしたが、この記事で行くと疑わしいものは認定するという姿勢なのかなと思います。

しかし、そういう基準を今回の福島原発の周辺の住民の方にも適用するとなるとどうなるんでしょう。
これくらいの放射線濃度でも認定するとなると、ひょっとすると、周辺住民に止まらず関東一円の住民すべてが対象になる可能性も無きにしも非ず。
日本国民の3分の1が癌で死ぬというのですから対象者はどれだけになるか?
そしてその補償額は?
「可能性がある」ということで認定なら大変な事になりそうですね。

補足日時:2011/05/11 16:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mtaka2さん
回答ありがとうございます。

>死亡者が出ているかどうかはわかりません。

確かにその通りです。早とちりで書いて申し訳ありませんでした。

しかし、
>5.2mSvが発がん要因ではないという証明は困難ですし、
「がんになったのは事実であり、放射線によってがんになる可能性があるのも事実」ですので、
労災認定した、ということなのでしょう。

>それ以外の要因によってがんになる可能性の方が高い

ここが問題ですよね?

日本人の3人に一人は癌で死ぬということですから、この考え方で行けば、原発作業員の3分の一は労災認定を受けることが出来る。
しかもこれくらい低い放射線量で認定されるなら、(そんな事はありえないでしょうが)一生涯で1日だけ原発で働いておけば癌になったらすべて労災認定が受けられて治療費はタダになる?
そんな馬鹿なことは無いですよね?

お礼日時:2011/04/28 16:52

この5ミリシーベルトというのは、放射線作業従事者の放射線管理上の数字なので「外部被ばく」に相当します。

これは、線量計を携帯していてそこに記録された線量を累積することで計算されています。

しかし、実際の人体に大きな影響を与えるのは外部被ばくよりも「内部被ばく」すなわち、放射性物質を肺に吸い込んだり、飲み物や食べ物から体内にとりいれたりした為に、体内に放射性物質が蓄積し、そこから受ける放射線による被ばくの方です。

このため、管理上の数字はたとえ5ミリシーベルトでも、癌の種類によっては内部被ばくにより生じた可能性が高いと判断された場合は、外部被ばく量が少なくてもそういう放射線のある場所で作業して何らかの放射性物質を摂取する機会があったという証拠としては十分であり、その後に内部被ばくによって生じた疑いが高い癌になったとすれば、ある程度の合理性をもって原発作業と癌の因果関係が認めるのが妥当と考えるので、認定されるにいたったと思われます。

5ミリシーベルトの外部被ばくだけで癌になる確率は、計算上は約0.025%上昇すると考えられますが、それだけではそれが原因で癌になったことを立証するのは難しいと思います。
    • good
    • 0

>教えて頂いた厚生労働省の「多発性骨髄腫と放射線被ばくとの因果関係について」をよむと


>(4 ) 日本の原子力発電施設等の作業者を対象とした疫学調査
>・・・・・多発性骨髄腫に対する傾向分析の結果、潜伏期間を考慮しない場合は、・・・・・で線量と多発性骨髄腫の発生との間には統計的に有意な関係が認められる。しかし、潜伏期間を10年と仮定すると、・・・・・で統計的に有意な関係は認められない。
>とあります。
>つまり、多分、結局のところよくわからない?

そこだけ読みますか・・・

そこの最後に結論が書いてあります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++
III .結論
 現在までに報告されている疫学調査の結果から、多発性骨髄腫と放射線被ばくとの間には以下の関係があると考えることが妥当である。
(1)  原子力施設の作業者を対象にした疫学調査では、internal analysisにおいて、有意な線量反応関係が認められており、50mSv以上の被ばく群での死亡がこの関係に特に寄与している。
(2)  40-45歳以上の年齢における放射線被ばくが多発性骨髄腫の発生により大きく寄与している。
(3)  多発性骨髄腫の発症年齢は被ばく時年齢が高齢になるにしたがって高くなる。
++++++++++++++++++++++++++++++++++
とあるので関係ありで良いのではないかと思います。
日本の原発の作業者の疫学調査のひとつの解析結果で有意差が見つけられないだけで、他の疫学データから総合的に判断したのが結論だと思います。
なぜ統計的に有意な結果が出ないかと言うと

II .疫学調査のまとめ
++++++++++++++++++++++++++++++++++
各疫学調査の結果は一致しておらず、放射線被ばくとの関係を認めているものと、有意な関係が認められないものとがある。これは、多発性骨髄腫が、稀ながんであり、比較的大きな集団を長期間にわたって追跡している調査研究でさえも、死亡数、発生数が少ないことが関係している。
++++++++++++++++++++++++++++++++++

(4 ) 日本の原子力発電施設等の作業者を対象とした疫学調査  最後に
++++++++++++++++++++++++++++++++++
いずれにしても、多発性骨髄腫の事例は8例で、6例が集積線量10mSv以下で、50-100mSv、100mSv以上でそれぞれ1例である。
++++++++++++++++++++++++++++++++++

統計的に判断するには珍しいガンなので症例が少ないといことでしょう。




>どっちにせよ、これらの調査での結論は「統計的に分析して」ということで、今回のように「過去35年で10人が累積被ばく線量などに基づき労災認定されていた」というのがどう判断されたかが非常に不思議です。
>特に「累積被ばく線量」がとんでもない莫大な量であれば納得してしまうところなのですが、「X線CTによる撮像1回分の線量」の7~20ミリシーベルトにも満たないか、その何倍かで「認定」されたというのですから。

>何とも理解できないですよね?

私も詳しくないので完璧な説明はできないですが
厚生労働省の

労働基準法施行規則別表第1 の2 が改正されました
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyo …
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
七がん原性物質若しくはがん原性因子又はがん原性工程における業務による次に掲げる疾病
1 ベンジジンにさらされる業務による尿路系腫瘍
2 ベーターナフチルアミンにさらされる業務による尿路系腫瘍
3 四―アミノジフェニルにさらされる業務による尿路系腫瘍
4 四―ニトロジフェニルにさらされる業務による尿路系腫瘍
5 ビス(クロロメチル)エーテルにさらされる業務による肺がん
6 ベンゾトリクロライドにさらされる業務による肺がん
7 石綿にさらされる業務による肺がん又は中皮腫
8 ベンゼンにさらされる業務による白血病
9 塩化ビニルにさらされる業務による肝血管肉腫又は肝細胞がん
10 電離放射線にさらされる業務による白血病、肺がん、皮膚がん、骨肉腫、甲状腺がん、多発性骨髄腫又は非ホジキンリンパ腫
11 オーラミンを製造する工程における業務による尿路系腫瘍
12 マゼンタを製造する工程における業務による尿路系腫瘍
13 コークス又は発生炉ガスを製造する工程における業務による肺がん
14 クロム酸塩又は重クロム酸塩を製造する工程における業務による肺がん又は上気道のがん
15 ニッケルの製錬又は精錬を行う工程における業務による肺がん又は上気道のがん
16 砒素を含有する鉱石を原料として金属の製錬若しくは精錬を行う工程又は無機砒素化合物を製造する工程における業務による肺がん又は皮膚がん
17 すす、鉱物油、タール、ピッチ、アスファルト又はパラフィンにさらされる業務による皮膚がん
18 1から17までに掲げるもののほか、これらの疾病に付随する疾病その他がん原性物質若しくはがん原性因子にさらされる業務又はがん原性工程における
業務に起因することの明らかな疾病
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
10にあります。
法律の規定にあるのでそれなりの要因として認められているとは思います。

一般的な100msvとありますが先のリンク先には多発性骨髄腫は50msvから危険とあります。
医療用CTの被曝がある意味危険なことだとう言う認識も可能だと思います。私の友人が何かの腫瘍の検査でCTとかの放射線の暴露にあう検査があったそうですが何日が間を置かないと許されないと言っていました。
一応安全ですがリスクゼロではないということでしょう。

医療ではCTの被曝よる将来のガンリスクより目の前の病気の危険があるから許されていて、作業上避けられない原発の被曝はもし後年ガン化していたら労災とすると思います。

数字に関してはソースが見つからないのでなんともいえませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

moto21さん

何度もすみません。
ひどいナナメ読みで申し訳ありませんでした。

指摘頂いた「労働基準法施行規則別表第1 の2」の
>10 電離放射線にさらされる業務による白血病、肺がん、皮膚がん、骨肉腫、甲状腺がん、多発性骨髄腫又は非ホジキンリンパ腫

これに該当するという事で認定されるということですよね。

つまり、個々の労働者で被曝により発病したという「直接的な因果関係が証明された」わけではなく、疾病になる可能性が高い業務に従事していたということから「その蓋然性が高いと思われる」ということ。

しかし、その「蓋然性が高い」基準をこんなに被曝量の低い所に置いて、それで(全てのガンで)作業員の10人しか認められていない事が不思議です。
ひょっとすると申請すればもっと多くの人が認められていたということでしょうか?
ガンの場合、すぐに発病するわけではないし、これくらい基準が緩ければ、今からでも申し立てすれば認められるのかもしれませんね。

お礼日時:2011/04/30 09:22

医学の知識はそれほどないのですが気になったことがあったので



質問にあるリンク先の文章は
***************************
1976年度以降、労災認定された10人のうち白血病が6人。累積被ばく線量は129・8~5・2ミリシーベルトだった。このほか多発性骨髄腫が2人で、それぞれ70・0、65・0ミリシーベルト。悪性リンパ腫も2人で、それぞれ99・8、78・9ミリシーベルトだった。

 厚労省によると、がんに対する100ミリシーベルト以下の低線量被ばくの影響は科学的に証明されていないが、線量が増えれば比例して発がん可能性も増すとの仮説があり、同省は「100ミリシーベルト以下での労災認定もあり得る」としている。
***************************
とあります。

認められたガンは白血病や多発性骨髄腫や悪性リンパ腫で身の回りであまり聞かないものなのが気になりました。

多発性骨髄腫
http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec14/ch175/ch175c. …
多発性骨髄腫は一般に60歳以降に生じます。原因は不明ですが、近親者に多発することから、遺伝が関係していると考えられています。放射線照射や、ベンゼンなどの有機溶媒も原因になりうるとされています。ヘルペスウイルスの1種であるHHV-8(ヒトヘルペスウイルス8型)も、この病気に関係している可能性があります。

白血病
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%80% …
放射線被曝、ベンゼンなど一部の化学物質などは発症のリスクファクターとなる

とある程度の確率で放射線がリスク要因となっていると思います。

それと現在いろいろなガンの要因が解明されています。
乳がんは女性ホルモンが効いてきます。
胃がんは食塩やヘリコバクターピロリ菌とかの要因がわかってきています。
3月にACのCMでいやというほど見た子宮頸がんはHPVが要因です。
前立腺がんは男性ホルモンが効いています。
肝臓がんは色々な肝炎ウイルスが要因としてわかってきています。

今回の労災に関する見解は良く見られる胃がんや肺がんの人が認定されているわけではなく比較的マイナーなガンなのでそれなりの理由があるのではと思います。
それと5.2msvはタイプミスではないでしょうか?
他の数値は70・0、65・0ミリシーベルト 99・8、78・9ミリシーベルトと近いのに白血病だけ129・8~5・2ミリシーベルトとあまりにもかけ離れています。


厚生労働省
多発性骨髄腫と放射線被ばくとの因果関係について
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/02/s0206-3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

moto21さん

詳しい説明ありがとうございます。

教えて頂いた厚生労働省の「多発性骨髄腫と放射線被ばくとの因果関係について」をよむと
(4 ) 日本の原子力発電施設等の作業者を対象とした疫学調査
・・・・・多発性骨髄腫に対する傾向分析の結果、潜伏期間を考慮しない場合は、・・・・・で線量と多発性骨髄腫の発生との間には統計的に有意な関係が認められる。しかし、潜伏期間を10年と仮定すると、・・・・・で統計的に有意な関係は認められない。
とあります。
つまり、多分、結局のところよくわからない?

どっちにせよ、これらの調査での結論は「統計的に分析して」ということで、今回のように「過去35年で10人が累積被ばく線量などに基づき労災認定されていた」というのがどう判断されたかが非常に不思議です。
特に「累積被ばく線量」がとんでもない莫大な量であれば納得してしまうところなのですが、「X線CTによる撮像1回分の線量」の7~20ミリシーベルトにも満たないか、その何倍かで「認定」されたというのですから。

何とも理解できないですよね?

お礼日時:2011/04/29 02:17

きっと、因果関係が全くないことを証明することができないし、


問題にされて、ことが大きくなると国策的に面倒だから、認定してしまえーー
と圧力がどこからかかかったか、、、
原発労働者は特定の癌に関して発症したら、労災認定するみたいな
裏取引があったか、、、

この回答への補足

すみません。
質問者ですが数字を間違えていました。

>1回の緊急作業なら10ミリシーベルト

これは「100ミリシーベルト」の間違いでした。

補足日時:2011/04/28 16:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ShowMeHowさん
回答ありがとうございます。

>問題にされて、ことが大きくなると国策的に面倒だから、認定してしまえーー

これは判らないでもありませんが、でもそんな事を認めたら100ミリシーベルト以内なら安全だから作業しろだなんて口が裂けてもいえなくなるはずなんですがねえ。

裏取引するにしても、安全とする基準自身が崩壊するようなことでは、どうにもならないと思いますが。

お礼日時:2011/04/28 16:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病で労災認定。長時間労働等で労災認定された方いますか?うつ病と診断され9月に会社を退職しまし

うつ病で労災認定。
長時間労働等で労災認定された方いますか?
うつ病と診断され9月に会社を退職しました。
今から労災申請しようと思うのですが、可能でしょうか?

Aベストアンサー

1ヶ月残業45時間以上が基準。
ただ自分からではなく 会社のノルマや強制的なものの場合。
これが80時間以上になるとさすがに関連性が認められやすい。
100時間はほぼ確定。

時効はおおよそ2年だから問題ないが 出勤簿やタイムカードや 給料明細などの証拠がないと難しい。
残業時間がそれほどでなければ 鬱病の場合は原因が「確実に会社にある」証拠が難しい。
「自分はこんな被害を」というのが被害妄想なのか正当な被害なのか その判断は素人だと証明できない。
労災申請自体は可能だが 認定されるには会社がすぐに認めてくれるなら良いが そうでなければ弁護士などを通さないとほぼ無理だ。

Q油圧シリンダーの速度計算で質問です。 チューブ径60ミリ、ロッド径16ミリ、ストローク16ミリのシリ

油圧シリンダーの速度計算で質問です。
チューブ径60ミリ、ロッド径16ミリ、ストローク16ミリのシリンダーを0.1秒で作動させたい時の流量なんですが、Q=VAの計算では28L/min程の流量が必要なのですが、実際は加速度とかも関係すると思うのですが、どのくらいの流量が必要でしょうか?
計算式など教えて下さい。

Aベストアンサー

*****この回答はあくまでほかの回答がない場合のみご覧ください。*****

失礼します。
元空気圧機器メーカーにいたものです。

油圧の専門ではありませんが、回路的にはだいたいわかります。
ほかに回答される方がいなかった場合にのみ参考にしていただけたらと思いまして。

空気はバリバリの圧縮性流体なので、電磁弁が開いてもシリンダーに必要な圧力がかかるまでの
タイムラグは当然のことながら生じますが、まあ空気圧シリンダーにそれほどの精度を求める人も
そういらっしゃらないとは思いますし。

油は空気と違って非圧縮性流体(ほぼ)のはずですよね?
油圧シリンダー⇔配管⇔電磁弁
この間が油で満たされていれば、電磁弁が開いた瞬間ほぼ同時にシリンダーに圧力が伝わると思います
ので、加速ってほとんど考慮しなくてもいいよう思うのですが?
で、最終的にはスピードコントローラでの速度調整になるのでは。
(油圧)素人の考えでしょうか?


繰り返します、この回答はあくまでほかの回答がない場合のみご覧ください。

Qうつ病と労災認定

こんにちは、うつ病と労災認定の可能性に関してお伺いしたいです。
上司からの度重なる言動によりうつ病になりました。
私生活は何事も問題ない一児の父親です。

◎上司の言動を大まかに言いますと
・死んじゃえばいいのにと言われる(数え切れない) 常態化
・貧乏人と言われる(数え切れない) 常態化
・作成書類を上司の趣向により出来ていないと判断され嫌味を毎回言われる。
・会議で助言を与えてくれない、逆に不利に働くようにわざと突っ込む
・挨拶を無視
・事あるごとに馬鹿と言われる
・仕事の指示を与えない
・帰宅する際に暇人はいいねと毎回言う
など等

◎会社の環境
・その上司以外とは非常に仲がいい。
・その上司は私ともう一人しか部下がいない。もう一人の部下もいじめられている

◎証拠関係
・パワハラや極度のいじめに関して証言してくれる他の責任者がいる。
・いじめやパワハラがあるごとに大きな出来事はメモとして日付入りで残している
・会社が上司との間に入り、仲裁する面談をする時、その上司は言動の殆どを認めた。それは録音されている(相手その事を知らない)謝罪はなし

◎今現在の状況
・就労不可能だと医者に言われている
・何故だか、部署異動を強要されている(他の責任者も、、肩たたき?)自宅待機中。会社は東証一部上場でつぶれる心配なし
・その上司と会社に対して弁護士を通じて損害賠償や部署異動の違法性をやり取り中。
◎病気の既往歴
・5年位前に、うつ病まではいかないが、うつ症状で3回くらい通院したことがある。その際は今のような状況まででなく、結婚問題でもめていた為落ち込んでいた程度
・入社したのが今年の1月、うつ症状を感じて病院に行ったのが4月上旬
・7月にうつ病と診断された

以上の状況ですが
労災との因果関係の証明、労災認定の可能性を知りたいです。
よろしくお願いします。

こんにちは、うつ病と労災認定の可能性に関してお伺いしたいです。
上司からの度重なる言動によりうつ病になりました。
私生活は何事も問題ない一児の父親です。

◎上司の言動を大まかに言いますと
・死んじゃえばいいのにと言われる(数え切れない) 常態化
・貧乏人と言われる(数え切れない) 常態化
・作成書類を上司の趣向により出来ていないと判断され嫌味を毎回言われる。
・会議で助言を与えてくれない、逆に不利に働くようにわざと突っ込む
・挨拶を無視
・事あるごとに馬鹿と言われる
・仕...続きを読む

Aベストアンサー

医者から、うつ病で休業不能と言われているなら、頭を休めて
病欠で休業してしてください。 有給休暇は復帰のために残しましょう
交渉は、体を元気にしてからにしましょう。(120日間は有給)
現在の職場が、業務的に無理と考えるなら、配置転換は有るかも
知れません。会社は辞めずに、会社にしがみつきましょう。
昇給は無いけど、給料は出ますので。
今回の場合は、ストレスやイジメでの病気は、労災にはならないですね。交渉は、組合や弁護士に任せて休みましょうね。
ストレスが暴発して、病気が悪化していきます。

私もストレス抱えてるけど、会社は休んではいません。
代わりの人が居ないからね。 長期で休んだら商品が出来ないから。
現在、弟子を育成中です。

Q毎時シーベルトは単位面積当たりの被爆強度ですか?

毎時シーベルト (Sv per hour, Sv/h) は、1時間あたりの生体への被曝の大きさの単位だそうですが、「生体」って、どう定義されているのですか?
標準体重(体積)とか、標準面積など決められているのですか?
Svなら、体の部位に関わらず吸収線量の合計値で分かるのですが、
Sv/hは、何に対する被爆の大きさなのでしょうか? 単位面積(m2)当たりとか?

Aベストアンサー

『毎時シーベルト (Sv per hour, Sv/h) は、1時間あたりの生体への被曝の大きさの単位』は、もう少し正確に言えば、「1時間あたりの被曝による生体ダメージの程度の単位」です。
『標準体重(体積)とか、標準面積など決められているのですか?』うーむ。まあそれに近いか。というか、別に体重とか面積とかではなくて、成人と子供、ということです。
発表されているのは成人の値ですね。
と言っても判らないかと思うので、もうちょっと書くと、
No.2様のいうグレーが単位体重あたりの被曝の量ですが、これが同じであったとしても、成人と幼小児とでは被曝に対する感受性が違います。幼小児のほうがダメージが大です。体格とは関係なく、成人が超小柄であっても超小柄であっても、総被曝線量は違うけど、単位体重あたりあるいは単位体積あたりは同じ、感受性は同じ、シーベルト値も同じ。
更に言えば、同じ被曝をくらっても臓器毎に感受性が違います。ちょっとした被曝でやられる臓器とそうでない臓器と。
全身に同程度の被曝をくらったとき、臓器毎に重み付け加算をして全身的なダメージの程度(どこかに異常が発生するリスクの程度)を求めたのがシーベルト値です。

『Svなら、体の部位に関わらず吸収線量の合計値で分かるのですが』は、だから上記のように間違いです。

『Sv/hは、何に対する被爆の大きさなのでしょうか? 単位面積(m2)当たりとか?』は、従って「一時間あたりの人間一人あたりの被曝ダメージの程度」です。

『毎時シーベルト (Sv per hour, Sv/h) は、1時間あたりの生体への被曝の大きさの単位』は、もう少し正確に言えば、「1時間あたりの被曝による生体ダメージの程度の単位」です。
『標準体重(体積)とか、標準面積など決められているのですか?』うーむ。まあそれに近いか。というか、別に体重とか面積とかではなくて、成人と子供、ということです。
発表されているのは成人の値ですね。
と言っても判らないかと思うので、もうちょっと書くと、
No.2様のいうグレーが単位体重あたりの被曝の量ですが、これが同じで...続きを読む

Q躁うつ病の労災認定について

漠然とした質問で申し訳ありません。

躁うつ病は、労働災害として認定されるものでしょうか?

労災保険を貰っているうつ病の知人から教えられましたが、
躁うつ病でも認定されるのでしょうか。

また、労災保険や傷病手当金、自立支援医療、失業給付など、何を貰えば一番良いのか分かりません。

父(66歳)は、躁うつ(双極性障害I型)を発病し2ヶ月になり、現在通院中です。
仕事は、3月まで正社員で働いており、その後パート扱いで働いていましたが、病気が原因で6月に退職しました。

Aベストアンサー

> 労災保険を貰っているうつ病の知人から教えられましたが、
> 躁うつ病でも認定されるのでしょうか。


労災を申請するには、
病気を発症するに至った経緯が大事です。


例えば、過重労働が続いて病気を発症したのなら、
タイムカードや出勤簿の写しが必要ですし、
パワーハラスメントが原因であれば、
詳細なメモや録音テープなどが必要です。




> また、労災保険や傷病手当金、
> 自立支援医療、失業給付など、
> 何を貰えば一番良いのか分かりません。

少なくとも自立支援医療制度は「貰う」ものではありません。
医療費負担を軽減する制度です。

傷病手当金ですけど、
在職中の請求を退職後にすることは構いませんが、
退職してしまってから、新規に申請はできません。

失業保険は、働ける人が受け取れます。
っが、今回の相談対象はお父様でしょうか?
お父様の場合、65歳を超えていらっしゃいますので、
失業保険の対象にはならないそうです。
そもそも、年金を受け取れるのではないでしょうか?

労災は、認められなければ貰えません。
しっかり証拠を集めて労働基準監督署に相談してください。
退職してしまうと、かなり難しいようです。

> 労災保険を貰っているうつ病の知人から教えられましたが、
> 躁うつ病でも認定されるのでしょうか。


労災を申請するには、
病気を発症するに至った経緯が大事です。


例えば、過重労働が続いて病気を発症したのなら、
タイムカードや出勤簿の写しが必要ですし、
パワーハラスメントが原因であれば、
詳細なメモや録音テープなどが必要です。




> また、労災保険や傷病手当金、
> 自立支援医療、失業給付など、
> 何を貰えば一番良いのか分かりません。

少なくとも自立支援医療制...続きを読む

Qシーベルトとは

毎日のようにニュースで報道されているシーベルトですが、その正確な意味がよくわかりません。

これはある一瞬の放射線の強さのことですか、あるいはある時間の累積ですか。

つまり電力で言えば、KW なのか KWH なのかどちらでしょう。

例えば、X線 CT では~シーベルト被爆するとか、2号原子炉で午後2時に~シーベルトが検出されたとか言っていますが、その言い方はその定義から言ってた正しい言い方なのでしょうか。前者は累積、後者はある瞬間の強さのように聞こえますが。

Aベストアンサー

#3です。
ちょっと数値に誤りがありましたので、訂正します。

「先の作業員があびた放射線が10[MeV]の中性子線だとすれば、この中性子線の線質係数は10なので、線量当量60[Sv]以上の被ばくをしたものと推定されます。」

60[Sv]→6[Sv]

ですね。

ついでに、

線量当量率 [Sv/h]
は、[kW]=[kJ/s]で、[Sv/h]とは[h]と[s]の違いはありますが、[kW]にあたることになります。
が、
[kW]の場合は、瞬間の値のイメージでよいと思いますが、[mSv/h]は、瞬間の値というより、1時間の積算値に換算した値とするイメージが強いのではないかと思います。一定の線源から出る放射線に被曝されるのではなく、大気中に放出されて変動する線源からの被ばくなので、瞬間の値は大幅に変動してしまうからです。(医療検診も含めて)日本人が1年間に受ける平均の放射線量は、4.4 [mSv]とされますが、X線撮影では瞬間的に大きく、この4.4[mSv/y]ということで、これを瞬間の値とは言いにくいのと同様でしょう。

線量当量 [Sv]=[J/kg]×係数
は、[kWh]=[kJ/s]×3600[s]=3600[kJ]で、[Sv]は[kWh]にあたるでしょう。

#3です。
ちょっと数値に誤りがありましたので、訂正します。

「先の作業員があびた放射線が10[MeV]の中性子線だとすれば、この中性子線の線質係数は10なので、線量当量60[Sv]以上の被ばくをしたものと推定されます。」

60[Sv]→6[Sv]

ですね。

ついでに、

線量当量率 [Sv/h]
は、[kW]=[kJ/s]で、[Sv/h]とは[h]と[s]の違いはありますが、[kW]にあたることになります。
が、
[kW]の場合は、瞬間の値のイメージでよいと思いますが、[mSv/h]は、瞬間の値というより、1時間の積算値に換算した値とするイメージが...続きを読む

Qうつ病労災認定請求裁判訴状請求額の計算方法

休業補償額を訴状に書きたいです。すでに退職しています。計算方法を教えていただきたくよろしくお願いします。300万円ぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

休業補償は、休業しているための賃金を補填するための金額です。
通常は、年月日から年月日までの合計と、年月日から復帰まで毎月○○万円、となります。
例えば「被告は原告に対し、100万円及び年月日から毎月20万円の支払いをせよ」と言う請求の趣旨です。
なお、一般的には、毎月の給与の60%ほどです。
ですから、上記の例では、今日現在で5ヶ月で、毎月は32万円ほどの給与の例です。
失礼、最早、退職しているのですね。
それならば、上記「及び」以下は請求できないです。

Qシーベルトという単位について

ラジウム鉱石を購入しようと思っています。
鉱石にはだいたい「線量」が表示されていますが、発売元によって
数値が桁違いなので、困惑しております。
μSv/hrとは一時間当たりの線量を示す単位だと思うのですが、
最後の”r”はいったい何を意味しているんでしょうか?

Aベストアンサー

英和辞典を引いてみました。
hourをhと略すのもhrと略すのも載っています。ただkm/hであればすぐに分かりますが他の所であればh単独よりもhrの方がわかりやすいという印象です。hoursの意味ではhrsしかないようです。
私たちにとっては記号でしかありませんが向こうの人にとっては言葉ですから連想しやすいものという意味もあるのでしょう。
秒をsと略す場合もsecと略す場合もありますね。
SI単位では統一されているのかもしれませんが。

Q現在、長時間労働(月平均200時間の残業)でうつ病を発症し、

現在、長時間労働(月平均200時間の残業)でうつ病を発症し、
労災認定され現在自宅療養中です。

労災補償の残り、賞与等の経済的損失、慰謝料等の請求を検討中なのですが
現在会社に支払能力がなさそうです。
この場合、社長に対して個人的に請求をすることは可能でしょうか?
会社に支払能力がない場合は泣き寝入りしかないのでしょうか

Aベストアンサー

会社に支払い能力が無ければ、仮に損害賠償請求訴訟で勝訴しても何も取れません。弁護士費用/裁判費用だけが相談者様の持ち出しになってしまいます。

法人(会社)だけが、損害賠償請求の対象になります。代表者個人には関係の無い話しですので、社長個人に請求することは不可能です。

労災年金+障害厚生年金で生活設計をしてください。

Q国はなぜシーベルトからベクレルに変えたのですか?

食品に含まれる放射性物質の単位を100/kgベクレルと決めましたがなぜわざわざベクレルを使用しているのでしょうか?人体における影響が重要なのですからシーベルトを用いないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

食品の放射線評価は、評価しなければならないサンプルがたくさんあるので、
比較的短い時間(30分とか)で測定できなければなりませんし、
ひとつの自治体が測定装置を複数持っていないと実際問題、サンプルがさばけません。

この場合、1台うん十万円くらいの装置を買うこととなります。

このくらいの低価格の検出器だと、放射線が出てきたかどうかは測定できても
放射線のエネルギーまでは測定できません。

つまり、ベクレル(1秒間に放出される放射線数)は測定できても、
エネルギーが分からないのでシーベルトには換算できません。

余談ですが、最近、数万円の検出器やスマホでもシーベルトが測れるとして売っていますが、
あれは放射線のエネルギーを測定していません。137Csからの放射線だと仮定した場合の値で
あくまでも目安に過ぎません。

食品だと放射性カリウムなんかもあるし。

エネルギーが測れる測定器は1千万円くらいしますが、1つの試料を測定するのに半日かかります。
それじゃ食品試料はさばけません。 装置を数十個買えばいいかもしれませんが、数億円です。

一方、国がこういう基準で測定しなさいと決めてしまうと、例外なく日本全国どこでもやらなければなりませんが、山奥の村で数億円かけて放射線検出器が買えるとは思えません。

つまり、国は現実的に実施できるかを考えて、ベクレルで指定しているわけです。

(つまり、こういう基準でいくと決めてしまえば、日本全国全ての町村で
 その方法で計測が義務付けられ、測定設備がない町村からは食品を売ることができなくことまで
 考慮しているのだと思います。)

食品の放射線評価は、評価しなければならないサンプルがたくさんあるので、
比較的短い時間(30分とか)で測定できなければなりませんし、
ひとつの自治体が測定装置を複数持っていないと実際問題、サンプルがさばけません。

この場合、1台うん十万円くらいの装置を買うこととなります。

このくらいの低価格の検出器だと、放射線が出てきたかどうかは測定できても
放射線のエネルギーまでは測定できません。

つまり、ベクレル(1秒間に放出される放射線数)は測定できても、
エネルギーが分からないのでシー...続きを読む


人気Q&Aランキング