現在行政書士の勉強しています。のちのちはダブル、トリプルと資格をとって行こうと考えていますが今司法書士、土地家屋調査士を次に取るか、社労士、FP、DCプランナーを取るか、どちらの方向にするか迷っています。将来的に稼げる資格ってどちらなのでしょうか?参考意見聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は社会保険労務士、中小企業診断士等々を持っていますが、サラリーマンなので「稼げる」に至っていません。

何度か診断士のネームで本書きはしましたが。

知り合いに何人も「士(サムライ)」稼業の者がいますが、人様々です。どの資格を取得すればどれだけ稼げるという目安は実際はあまりないといってよいでしょう。たとえばですが、社労士事務所を開業、何人も人を使っている人もいれば、弁護士資格を取得しても、最初は客がつかないため、有識者の集まりに常々参加しては名刺交換をして顧客の紹介を請う方もいらっしゃいます。

報酬は資格取得後の努力によって随分変わってきます。また資格取得後の開業のしやすさによっても「モノ」になるまでの年月に随分と差が出てきます。難関の資格を取得したってそれを活かし切れなければ更新費用のかかる「勲章」程度にしかなりません。

それに取得した資格を活かすためには、取得後のあなたご自身の立場、支えてくれるであろう周りの状況、マーケティング力、事務所を展開する上での地の利など、「資格取得」だけでは解決できない問題を克服しなければなりません。

まず行政書士をお取りになって、その中で得意分野を広げることを目的として次に取得する資格をお決めになっては如何ですか。有資格者となれば、同じ立場の先輩がたと知り合う機会も多くなります。資格取得後、実際に稼がれている先輩がたからアドバイスを受ける、これが一番だと思いますよ。
    • good
    • 0

稼げるというキーワードで資格をとるなら、司法書士は稼げるのではないですか? 司法書士の事務所に土地などの登記をお願いすると、なんで

そんなに取られるの?ってくらい費用が請求されますから・・・かなり難しい資格なのかなとも思いますが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相性の良い資格、悪い資格。FPと社労士

今、どんな資格を勉強すればいいのか迷っているのですが、
社会保険労務士という資格に興味が湧きました。

でも実はAFP(ファイナンシャルプランナー)という資格にも興味があるのです。
できれば努力して、2つとも勉強したいなと思っているわけなんですが、
友人に話してみると、資格にも相性があると教えてもらいました。

この社会保険労務士と、AFPは相性がいいのでしょうか?
2つの資格の中身を見る限り、なかなかいい組み合わせのような気もするのですが、
なにぶん私は素人なので、どなたか詳しい方がおいでになりましたらアドバイスをお
願いします。

他にも、ビジネス関連の資格で、
この資格とこの資格の組み合わせは強力!などの意見もお願いします。

Aベストアンサー

確かに、社会保険労務士とAFPは愛称がいいです。ファイナンシャルプランナーには下記の業界団体のホームページ上の名簿を見れば分かるように、社会保険労務士を持っている方は多いです。
しかし、これは既に取得した資格で得た経験の結果として複数資格を得ることができたに過ぎないもののはずです。
cat200xさんが関心もたれている社会保険労務士もAFPも二足のわらじをはいたような勉強方法ではうからないと思います。試験はかなり難しいですよ・・。
まずは、勉強しようとする資格を一つにねらいを定め、資格取得してから考えても、遅くないと思います。

それはそれとして、その他にも複数資格をとっている業界とかはありますけど・・・。例えば司法書士と土地家屋調査士とか。これも試験は難しいです。

それでは、資格取得の勉強、がんばってください

参考URL:http://www.calley.co.jp/ogawa/kfpcoop/

Q不動産鑑定士と土地家屋調査士の資格取得

不動産鑑定士と土地家屋調査士の資格に興味を持っています。
(1)一生それなりに安定した収入が見込め、資格の取りやすさも考えるとどちらがおすすめでしょうか?
(2)それぞれの平均的な合格までの総学習時間もご存知でしたらお答えください。

Aベストアンサー

難易度から言うと、不動産鑑定士の方が上です。
初学者であれば、普通は2~3年コースになるのではないでしょうか。

鑑定士のいいところとして開業している先生から聞いた話ですが、
私の県では公共の鑑定の仕事を協会が一括受注し、管轄内の鑑定士に公平配分しているそうです。
ですのでその先生は、人口比率や有資格者数を調べて、密度の少ないところで開業したと。
私も別の国家資格を持っていますが、普通は資格を取って開業しただけでは飯は食えず、
地道な営業活動をしなければなりません。
それが鑑定士に関しては、開業初年度からある程度の仕事が回されてくるので
実務の経験を積みながら糊口を凌ぐこともできる。
これは、私から見れば本当にウラヤマシイ話です。
今から改めて受験したいとまでは考えませんが・・・。

Q社労士の受験資格

教えてください。社会保険労務士試験にチャレンジしてみようと思うのですが、高校→服飾系専門学校(専門課程)2年というのが学歴ですが、これは受験資格はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者

ならOKです。

詳しくは↓

参考URL:http://www.sharosi-siken.or.jp/sikaku.htm

Q社労士資格取得して成功された方いますか?

来年の社労士試験に向けて勉強に励んでいる者ですが、よくせっかく資格取得したのに活かせられないという話をよく耳にします。もちろん実際に資格をとって活かされている方も大勢おられると思いますが生の声をお聞きしたく思いまして質問させて頂きました。やはり総務・人事系の仕事になると思いますが具体的にどういった仕事されてるんでしょうか?ぜひ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、社労士の資格をとって経営コンサルティングをしています。成功しているかどうかの基準がわかりませんが、元いた会社(銀行)の同期よりはたくさん収入がありますので、独立してよかったと思っています。
社労士の件ですが、どんな資格も同じだと思いますが、資格だけでは役にたちません。独立するためには、営業能力や実務能力や企画能力だけではなく熱意・精神力、それから人間関係のネットワークを構築できる力も必要です。
また、転職のための資格取得としての社労士資格はいいと思いますが、人事・総務畑の事務系の資格で、高給料の職種とはいえないかもしれません。それに、それは、単に採用の基準であって、採用後の配属は社労士とは関係のない部署になることもよくあることです。(採用担当者は試験に合格する力があるということだけを評価する)

私見ですが、社労士を受験されようという方は、前職が事務職の方や営業が嫌で転職されたい方が多く、バリバリガンガンと仕事をしようというタイプではなくて、顧客と話すのも苦手なタイプが多いような感じがします。労務事務の専門職では高給をとれないし、自分でお客さんをゲットしようというバイタリティがない方は自営も難しいと思います。また、独立しても、コンサルティングが出来ない労務事務だけではお金にならないと思います。

資格を活かせられない・・とおっしゃっている方はそういったタイプの方じゃないでしょうか?
社労士でも他の資格でも、待ってて仕事がやってくる資格なんて無いのに・・・・。

私は、社労士の資格をとって経営コンサルティングをしています。成功しているかどうかの基準がわかりませんが、元いた会社(銀行)の同期よりはたくさん収入がありますので、独立してよかったと思っています。
社労士の件ですが、どんな資格も同じだと思いますが、資格だけでは役にたちません。独立するためには、営業能力や実務能力や企画能力だけではなく熱意・精神力、それから人間関係のネットワークを構築できる力も必要です。
また、転職のための資格取得としての社労士資格はいいと思いますが、人事・総...続きを読む

Q土地家屋調査士が必要な資格はなんでしょうか??

質問宜しくお願いします。
土地家屋調査士の方がお持ちの資格について
ご存知の方教えてください。

・当然 土地家屋調査士
・測量は測量補を最初持って試験に臨まれる方が多いと思いますが
 測量士をその取得すのでしょうか?
・行政書士 も実務に必要なのでしょうか?

その他どんな資格を持って仕事をなさっているのか
お教え下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

調査士試験の受験生です。
土地家屋調査士で測量士補を持っている人はかなり多いと思います。
というのも、測量士補に合格していると調査士試験の午後試験が免除になり、現に合格者のほとんどは午後試験免除組だからです。
他に、測量士・2級建築士・1級建築士などでも免除になりますが、測量士補の難易度が最も低いので、測量士補を取得する人がダントツで多いと思います。また東京法律経済学院、LECなどの受験予備校も前提として測量士補の取得を推奨しています。ただ、実務には不要です。

兼業でよく見かけるのは、測量会社と司法書士です。
どちらも土地家屋調査士の業務との関連が深いからだと思います。
土地家屋調査士の仕事は不動産の測量と表示の登記です。
測量会社とは機材が共通ですから、開業のリスクは減りますし、
測量会社の経営者が土地家屋調査士というのはよくある話です。
ちなみに測量会社の開業には測量士が一人必要です。
また表示の登記は、司法書士の業務である権利に関する登記の前提として必要な場合があり、併せて受任できるチャンスがあります。
例えば新しく家を建て直した場合だと、従前の建物の滅失→新築→所有権保存→抵当権設定と4件の登記手続きが必要で、滅失と新築は調査士業務、保存と抵当権設定は司法書士業務です。ですから兼業ですと4件とも受任できます。

調査士試験の受験生です。
土地家屋調査士で測量士補を持っている人はかなり多いと思います。
というのも、測量士補に合格していると調査士試験の午後試験が免除になり、現に合格者のほとんどは午後試験免除組だからです。
他に、測量士・2級建築士・1級建築士などでも免除になりますが、測量士補の難易度が最も低いので、測量士補を取得する人がダントツで多いと思います。また東京法律経済学院、LECなどの受験予備校も前提として測量士補の取得を推奨しています。ただ、実務には不要です。

兼業でよく見か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報