この度新築一戸建てを購入し、手続きも滞りなく進み、
先日物件の引き渡しを得まして後は引っ越すのみです。
貧乏ではありますが親の金を当てにもせず(できず)、
これからの支払いにめまいがしていたのですが、
ここに至って妻の両親が300万円程度加勢しようかと言ってくれました。
有り難い話ですが妻も両親も贈与税などを気にしていて、せっかくの援助がなかなか出来ないでいます。

質問は当然、なるべく税金(出費)を少ない形で受け取る方法はないか、と言うことです。

物件は新築一戸建て、名義は私のみ。
私は会社員、妻は専業主婦(パートを少し)。子供は共に小学生。

親から借金する形にしてはどうか、等との助言もあり、
ネットで多少調べまして、贈与税に関してだけなら素直に贈与税を払った方がすっきりしそうなのですが、
妻の心配はここに止まらず、その金は妻に贈与されるわけですから、そうなるとそれは妻の収入となり、来年の所得税や扶養控除にも影響が出るのではないかと心配しています。
問題がこう大きくなるともうお手上げで、
何とかお知恵を拝借したく、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 5分5乗方式による住宅取得資金贈与の特例制度は、平成13年1月1日以降の贈与から、基礎控除額が110万円に引き上げられたため、非課税額が550万円になっています。


 しかし、ご質問の場合は、事実上、あなたが全額を負担して建築し、既に引渡しと登記がなされています。 この制度は「住宅を取得するための贈与」に関するものであり、「住宅を取得した後の贈与」には適用されません。
 ただ、そうは言っても、あなたが税務署に対し「妻が親から住宅取得目的の贈与として住宅取得前、既に300万円を貰っていたが、誤って登記名義を夫単有にしてしまったので、その登記名義を適正に直し、特例の申告をする。」とおっしゃれば、税務署はその事実を把握することが難しいので、殆どの場合、申告のとおり適用を受けることができると思われます。
 又、登記名義を変更するには、方法として2種類あります。
 一つは「錯誤に基づく所有権の更正登記」です。これは、誤って登記したので、単有となっている所有権を共有とし、その共有者の持分を登記する方法です。登録免許税は申請する不動産一つにつき1000円なので安く手続きできますが、その登記をするためには、一旦、設定されている抵当権などの登記を抹消しておく必要がありますので、金融機関はOKを出さないでしょう。 もしOKを出したとしても、名義変更後、再度抵当権などの設定をしなければなりませんから、その債権額又は極度額の1000分の1又は1000分の4の登録免許税がかかります。
 もう一つは、「真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記」です。 これは担保などがついたまま名義変更ができるので、金融機関の承諾などは不要ですが、登録免許税が、移転する持分の課税価格の1000分の25かかります。
 いずれにしても、これらの方法は、ばれない嘘をついて更に費用がかかるということから、やらないほうが無難でしょう。
 私は、年間110万円ずつ親から妻へ贈与し、妻はそのお金を貯金するなり、家具や生活費などに使うというのが、一番妥当ではないかと思います。
 この贈与については、申告は不要ですし、扶養控除や所得税の方にも全く影響はありませんので、安心して使うことができます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理論的な解説から現実的な対応まで、簡潔にまとまったご回答、有り難うございます。
是非とも参考にさせていただきます。
妻は「30pointあげたい!」と喜んでおりました。
又私が何か質問したときはよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/24 21:28

 大変申し訳ありませんでした。


 寝ぼけまなこで、今年の法令のつもりで昨年の法令を写しておりました。
 皆様に多大なるご迷惑をお掛け致しました。深くお詫びいたします。
    • good
    • 0

No.5のsinglemaltさんが回答されている通り、住宅取得の資金贈与は控除額が変わっているので550万です。

おそらく奥様のご両親も何らかの知識があって昨年までの300万という数字を言われているのだと思います。
手続きや税制の話しは、既に詳しく回答されているので、その援助されたお金の使い道についてアドバイスするなら、住宅ローンの繰り上げ返済に充ててみてはいかがでしょうか?
確かにローン控除があるので、住宅ローンを組むことで税金の還付分も期待できますが、これはその方の年収と住宅ローンの残高によるものです。
しかし住宅ローンは元利均等で、購入してからの数年はほとんど元金が減らないことに気付きます。元金が減らなければ、残高に対しずっと金利が発生し続けるので元金を繰り上げ返済すれば、総支払い額はかなり減ります。
繰り上げ返済の方法は、返済回数を減らす方法と、月々の支払いを減らす方法がありますが、総支払い額でみるとおそらく回数を減らす方がお徳だと思います。
どっちが徳かは、ローンの金額や支払い方法によって違いますので、一概には言えませんが、シュミレーションしてみると金利の大きさが実感できると思います。
1つの選択肢として参考までに考えてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
ご回答を見て「もしや」と思い聞いてみましたら、
やはり妻の両親は300万までしか用意できないからそうする、とのこと。
知恵もなければ金もないのでありました。
ま、そうであればこそせっかくの気持ちを大切にしたくて質問したのですが。
ローンの支払い35年。払い終わると74才です。
支払期間を縮めるには宝くじしかないようです。

お礼日時:2001/04/24 21:34

租税特別措置法70条の3および同法施行令40条の5より



 住宅取得資金の贈与を受けた場合の贈与税額の計算の特例があり、300万円までの住宅取得資金の贈与については贈与税はかかりません。
 ただし、次の要件を全て満たすことが必要です。

(1) 贈与を受けた人は、日本国内に住所を有すること
(2) 父母または祖父母からの金銭の贈与であること。
  (配偶者の父母からの金銭の贈与は対象になりません)
(3) 贈与を受けた歳の翌年3月15日までに、その資金の全部を
  居住用家屋の新築又は取得に充てること
(4) その家屋は床面積(登記簿上の面積)が50m2以上であること
(5) 贈与を受けた歳の翌年3月15日までに、その家屋に居住しているか、
  または居住することが確実であると見込まれること。(分譲住宅、
  分譲マンションの場合は、贈与を受けた年の翌年3月15日までに引渡しを
  受けているものに限る)
(6) 贈与前5年以内において、自己又は配偶者が所有する住宅用の家屋に
  居住していないこと
(7) その年分の合計所得金額が1200万円以下であること。
  (給与所得のみの方は、年収がおおむね1440万円以下の場合です)
(8) 既にこの特例を受けたことが無いこと
(9) 家屋の床面積の2分の1以上を自己の居住用として利用すること
(10) 特例の対象となるのは、A新築住宅、B中古住宅(耐火建築物の場合は、
  その取得の日以前25年以内に建築されたもの。耐火建築物以外の家屋である
  場合は、その取得の日以前20年以内に建築されたもの)

 上記(2)の要件からもお分かりの通り、奥様が奥様のご両親から贈与を受ける分においては贈与税がかからないことになります。
 ですから、ご主人お一人の名義にするのではなく、ご夫婦の出資額に見合った割合で共有名義になされば、上記の特例を適用することが出来ます。

 その他にも、様々な特例制度が設けられており、一度税務署でお尋ねになられれば宜しいかと思います。もちろん、勉強熱心な不動産屋さんや建築業者さんならば当然知っているはずですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
残念ながら名義は私一人にしており、
ローンの手続きは殆ど終わっているため、
お勧めの特例は適用できないのですが、
大変参考になりました。

お礼日時:2001/04/24 21:38

方法は2つ有ります。



1.「住宅取得資金贈与の特例」によって、親からの住宅取得資金の贈与は300万円まで贈与税がかかりません。
そこで、奥様が親から贈与してもらい、今度購入した建物部分を、あなたと奥様で共有名義で登記すればよいのです。
共有名義にしないと、奥様からあなたへの贈与となります。
共有名義の持ち分は、総額のうち300万円部分とそれ以外の部分に按分します。
土地については、全部あなたの名義でかまいません。

2.今年の税制改正で、贈与税の非課税限度が  年間110万円となります。
それで、今後3年間にわたり、110万円、110万円、80万円と、あなたが贈与を受ければ、贈与税がかかりません。
この方法だと、奥様の収入には全く関係ありません。

もう一つ、借り入れの方式を取るやり方も有りますが、金額から考えて、2の方法が楽だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawa教授からのご回答、痛み入ります。
残念ながら名義は僕一人の物で、しかもローンの手続きは殆ど終わっており、
ご推薦の特例は適用できそうにありませんが、
2番目の110万円もらう手は使えます。
参考にさせていただきます。

しかし、僕も物知りでならしたことがありますが、
kyaezawa教授の知識の多さには全く脱帽です。
又、何かの時はお知恵を拝借しますので、
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/24 21:47

ご新築おめでとうございます。


住宅がご主人のみの持分ですと、奥様のご両親の好意も無駄になり、贈与税の対象になります。
しかし、借入金の体裁を整えても、返した事績が無ければ税務署は贈与とみなします。
そこで、奥様の収入にもよりますが、金銭贈与は60万円以下は非課税ですので、毎年60万円ずつ贈与していただいたら(振込みなどの事績を残すことに注意)如何でしょうか。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4502.HTM
    • good
    • 0

300万だったら確か住宅取得の特例で贈与税かからないはずです。


贈与税のかからない年間60万円の枠を前倒しで5年分使ったという
扱いに成っていたはずです。(年間60万なら所得税も扶養控除も影響
ないはず...)

但し、そのぶん奥様持ち分を登記しておかないと奥様からあなたへの
贈与と言う事になるかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfacebookで誕生日のメッセージ

facebookの友だちからその友だちの誕生日に『いつもありがとう』とダイレクトメッセージが
届きました。僕はメッセージも何も送っていなかったので『えっ?何かしましたっけ?今日誕生日ですよね!おめでとう!!』と送りました。その後『誕生日のメッセージの事ですよ』っと返信がありました。
その友だちはfacebookでは誕生日をプロフィールに表示していません。
私はたまたま誕生日を知っていましたが、facebookが勝手に誕生日のメッセージを送ってしまう
事はあるのでしょうか?
その友だちのウォールには特に私の名前での投稿はありませんでした。

Aベストアンサー

ddeanaです。お礼を拝見いたしました。
Greeting card以外にYouLike、Badoo、Friends Photosなどのアプリもご質問者様にないとなると可能性として考えられるのは、お友達が知らずにスパムアプリを入れている場合でしょうか。スパムであれば友人の名前をかたるのは常套手段ですから。お友達に、使っていないアプリなどを削除したかどうか確かめてみるのもいいかもしれません。

Facebookが勝手にメッセージを送ることはありません。特にあなたのイベントカレンダーにお友達の誕生日が記載されていなければなおさらです。

Q妻の退職金で住宅ローンの繰上げ償還をすると贈与税がかかる?

結婚して13年目の夫婦ですが、7年前に私(夫)の名義で一戸建て住宅をローンで購入しました。当時から現在まで共働きでしたが、先月末、妻が会社都合で退職しました。ローンも私(夫)が債務者になっているのですが、妻の退職に伴って家計としての収入が減るので、この際、妻の退職金700万円と私(夫)の財形貯蓄300万円を併せてローンの約半分にあたる1000万円を繰上げ償還してしまおうと思います。この場合、私名義の不動産のローンに対して妻の退職金から700万円をあてがうことは、私(夫)に対する贈与とみなされ課税対象にされてしまうのでしょうか?私としては、同一家計内での収入が贈与税の対象になるとは、考えにくいのですが...もし、それでも贈与とみなされるなら、仮に私(夫)が、妻から退職金を借りたという形にして贈与税を免れることは可能でしょうか?税法に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

貴方名義のローンを、奥様の資金を使って返済すると、贈与税の対象になってしまいます。

これを防ぐには、一つは、建物か土地のうち、時価で700万円に相当する部分を、貴方から奥様に売却して、奥様名義で登記します。
そして、貴方が受け取った売却代金で、ローンを返済すれば、贈与税については何の問題もありません。
ただ、時価の判定が難しいことと、登記などの費用が発生することが難点です。

もう一つの方法は、ご質問に有るように、奥様からの借入金として、それをローンの返済に充てれば、贈与税の問題はありません。
この場合、夫婦間の借金は贈与税のがれのためと見られる危険がありますから、次のように慎重に処理する必要があります。
1.正式な金銭消費貸借の契約書を作ります。(用紙は文具店などに売っています)もちろん収入印紙も貼ります。
2.契約書には、返済方法、返済期限、利率などを定めて記載します(利率は銀行ローン程度の利率とする)。
3.契約に従って、毎月の返済は確実に行なう。
この場合、返済の事実を証明するために、銀行振り込みにする。
4.利息も約定通りに支払うのが原則です。
支払わない場合は、これは奥様から貴方への贈与となります。
ただ、利息が年間110万円以内なら、贈与税の非課税範囲なので、贈与税は課税されませんから、利息は支払わなくても問題ありません。
ただし、契約書ではリ利率は決めておきます。

こんな方法で、処理されたら問題ありません。

貴方名義のローンを、奥様の資金を使って返済すると、贈与税の対象になってしまいます。

これを防ぐには、一つは、建物か土地のうち、時価で700万円に相当する部分を、貴方から奥様に売却して、奥様名義で登記します。
そして、貴方が受け取った売却代金で、ローンを返済すれば、贈与税については何の問題もありません。
ただ、時価の判定が難しいことと、登記などの費用が発生することが難点です。

もう一つの方法は、ご質問に有るように、奥様からの借入金として、それをローンの返済に充てれば、贈与税...続きを読む

Q誕生日に贈る英語のメッセージ

「誕生日に贈る英語のメッセージ」というと、いまいち、『Happy Birthday!』や『I wish your happiness.』みたいなありきたりな言葉しか思いつきません(^^;)
誕生日などに使える、素敵な英語のメッセージを教えてもらいたいです。

Aベストアンサー

"Happy birthday"の後にちょっとした言葉をつけるのでいかがでしょう。たとえば、、、
I hope you have a fabulous day!
I hope your birthday is filled with love

友情をアピールするというのはどうでしょう?(笑)
I can't imagine how life would be without your friendship.
I count myself lucky to be your friend.

私はこんな感じも書いたりします。
Much love to you on this happy, happy birthday!

ご参考になれば。

Q夫の稼ぎから貯蓄する場合妻の口座にうつした場合の贈与税は?

夫の稼ぎで生活費などを差し引いて、残った分を貯蓄する予定です。
その場合、夫のもの、妻のものとして分けて口座を別々にして半分ずつ貯蓄する予定ですがその場合妻の口座に移したお金に関して年間110万円を超えた場合贈与税はかかるのでしょうか。

又、年間110万円を超えたとしても贈与税がかからない場合は?
(ためた資産は分配してあるものの住宅資金や教育費などにあてる予定です。)

又、夫の口座にのみ貯蓄していった場合ですが、たとえば離婚することになった時その貯蓄はきちんと半々で分けられるのでしょうか。
(要するに、結婚後の夫の稼ぎの半分はたとえ夫名義の口座に入っていたとしても妻にも権利があるのか、ということなのですが。)

(妻は主婦です)

Aベストアンサー

>年間夫の口座から妻の口座に住宅用として100万ためて、それを10年後1000万にして、2000万の家を購入したとします。
その場合夫の口座から1000万、妻の口座から1000万。
それで名義を半々にすることは可能ですか?
それぐらいの額になるとやはり贈与税がかかるんでしょうか。

その場合、たしかに毎年100万を贈与したという証拠を残すことですね。
ちゃんと、旦那様の通帳から奥様の通帳に振り込むとか、
そのつど贈与契約書を作っておくとか。。。

ただし、計画された連年贈与は一括贈与とみなされる場合もあります。

一人が1年間に110万円以内の贈与を受けても贈与税はかからないので、これで安心と思われている場合が多いようです。

このように毎年毎年贈与を続けていくことを連年贈与といいます。計画的に贈与を行いたいと考えた贈与開始の時から10年とか15年といった長期の贈与の取り決めをしますと、定期の給付を目的とした「定期金の贈与」とみなされ、一括して贈与税がかかってきますので注意が必要です。このようにならないためには、贈与契約は毎年行われなければなりません。

従って、贈与税の申告が必要ない110万円以下の連年贈与をすんなりと税務署に認めてもらうのは困難なことと心得ておく方が良いでしょう。少し税額を払って申告をしておくか、もらう側がその事実を認識し、印鑑や通帳を本人が保管しておくことも大切な要件です。
また、贈与契約書をきちんと取り交わし、公証人役場で確定日付を取っておくことも一つの方法です
            ↑

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-future/1_57.html

>あと、すでに妻が主婦ではなくなっていて夫の2/3くらいは稼ぐようになっていたとした場合はどうなんでしょうか?妻の口座からの1000万は妻のものともみなされませんか?

もちろん実際に稼いでいるなら、問題なしです。

>年間夫の口座から妻の口座に住宅用として100万ためて、それを10年後1000万にして、2000万の家を購入したとします。
その場合夫の口座から1000万、妻の口座から1000万。
それで名義を半々にすることは可能ですか?
それぐらいの額になるとやはり贈与税がかかるんでしょうか。

その場合、たしかに毎年100万を贈与したという証拠を残すことですね。
ちゃんと、旦那様の通帳から奥様の通帳に振り込むとか、
そのつど贈与契約書を作っておくとか。。。

ただし、計画された連年贈与は一括贈与とみなされる場...続きを読む

Q教えてください。 私の学校では、誕生日を迎えるにあたって クラスメート全員からメッセージカードを書い

教えてください。
私の学校では、誕生日を迎えるにあたって
クラスメート全員からメッセージカードを書いて、
誕生日当日にプレゼントします。
この間、私の誕生日で
メッセージカードを貰いました。
私には気になる相手がいて、
彼のメッセージカードを見ると
最後に”忘れないでね”と言うことが
書いてありました。
これは、どのような心理(心情)なんでしょうか?
本人に直接聞いてもいいのですが、
私の誕生日は冬休みでとっくに
終わっているので聞きづらいです。
なので、教えてもらいたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

彼と仲良くなりたいんでしょう?
だったら、正々堂々、正面から彼にバレンタインにチョコを贈りましょう。
言い訳は、メッセージの意味は、チョコのことだと思ったと言えばいいんです。
そうやって連絡先とか交換して、メッセージの意味も含めて話す機会増やせば、仲良くなれると思います。
チャンスは逃しちゃダメだよ。(^_−)−☆

Q相続に伴なう金銭贈与には贈与税が課税されますか。

相続に伴なう金銭贈与には贈与税が課税されますか。
亡父の宅地が名義を相続人へ移転しないまま残っています。
実子4名(母は死去)
実子全員の遺産分割協議で、三男が相続することに決めつ予定になっています。
三男は宅地を売却処分900万円して現金化の予定です。
そのあとで、売却金を他の兄弟に200万円づつプレゼントを考えています。
プレゼントすれば、110万円を越した90万円に贈与税の加算があると聞きましたが本当ですか。
わたしは10年ほど前に、知人から相続で母が相続した預金から500万円をもらったと聞いたことがあり、そのときは贈与税がなかったと聞いたことがある。
贈与税には、加算対象になる贈与とノーマークに済まされる贈与があるのですか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問のケースの場合、「相続」、「贈与」、「不動産の譲渡」という3つの法律行為に分けて考えるべきです。そしてそのいずれもに税金の納付義務が生じてきます。

「相続」ーーーー相続税
「贈与」ーーーー贈与税  (注)「贈与税」という名称から「贈与」した方の人にかかる税金のような誤解がされる場合がありますが、そうではなく貰った方にかかる税金です。
「不動産の譲渡」ーーーー所得税(分離課税の譲渡所得)  

ご質問者が書かれています「110万円」といいますのは贈与税の基礎控除額のことで、これは年間「110万円」と言う意味です。従って2年間なら220万円まで控除してもらえるということです。件の場合、今年は100万円、来年100万円というように2回に分ければ課税されることはありません。これは脱税ではなく節税です。堂々とできることです。

NO1さんへの補足に書かれていることにつきましては次のようになります。
(1)おっしゃる通り誰に贈与するか全く自由です。贈与を受けた方は贈与税の申告をする義務があります。
(2)相続した方は相続税の申告の義務があります。贈与税という名称から贈与した方が納税する義務があるような誤解がありますが、そうではなく贈与を受けた方に納税の義務があります。言い換えれば贈与した方は何もしなくていいわけです。
(3)計上する必要がありません。毎年の確定申告は所得税の申告です。相続税の申告とは全く関係ありません。ただし先に書きましたように、「不動産の譲渡」により譲渡所得が発生しますのでこれは毎年の確定申告(2/16~3/15)に確定申告しなければなりません(分離課税20%)

ご質問のケースの場合、「相続」、「贈与」、「不動産の譲渡」という3つの法律行為に分けて考えるべきです。そしてそのいずれもに税金の納付義務が生じてきます。

「相続」ーーーー相続税
「贈与」ーーーー贈与税  (注)「贈与税」という名称から「贈与」した方の人にかかる税金のような誤解がされる場合がありますが、そうではなく貰った方にかかる税金です。
「不動産の譲渡」ーーーー所得税(分離課税の譲渡所得)  

ご質問者が書かれています「110万円」といいますのは贈与税の基礎控除額のことで、これ...続きを読む

Qこの誕生日メッセージを英語で教えてください。①親愛なる【名前】へ、誕生日おめでとう!②愛する【

この誕生日メッセージを英語で教えてください。

①親愛なる【名前】へ、誕生日おめでとう!
②愛する【名前】へ、誕生日おめでとう!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

①親愛なる【名前】へ、誕生日おめでとう!
Dear 「名前」. Happy Birthday!

②愛する【名前】へ、誕生日おめでとう!
My dear「名前」. Happy Birthday!
なのですが、必要ならば最愛の人という意味でMy dearest 「名前」としてもOK

Q贈与税の対象期限5年と、親子間の贈与か盗みか

18年1月に親を銀行に同行して裏額させて、親の通帳から預金全額の数千万円を払出て持去った兄弟がいます。将来の相続問題もからめて贈与税のこともあり、親の生活費の問題もあって困っています。
当時、検察にも相談したのですが家庭問題とし関与されませんでした。
それが贈与税対象の時効1週間前になってしまいました。
何もしないまま、5年間を経過すれば、悔しい思いをすることにならないかと考えて、本欄を利用させて頂きました。
贈与か盗みか・・・、親は預けてきたとしかいいません。その兄弟とは話合いが持てない間柄になっているため困っています。

このような問題は、税務署へ届けて調査依頼をする方法があるものですか。事実を税務署に相談して不都合は起きませんか。相談していませんが公認会計士などは詳しいのですか。
贈与税の時効1週間前の非常手段、対処方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

親の認識している内容をおやの自書で残しておくことです。
併せて遺言書等も書いておいて貰えばいいと思います。

簡単にいうと、あげたお金お金なら相続の際にそのあげた
お金は相続の先渡し(特別受益)として計算されます。
預けたお金なら、その債権を相続できますから相続後相続
分で返済請求できます。

尚、この際の事は税務署(贈与税)を入れてもあなたや親
の得になることは無いと思います。

Q彼に誕生日メッセージを英語で送ろうと考えているのですが、

彼に誕生日メッセージを英語で送ろうと考えているのですが、

Happy Birthday to someone special.

で「わたしの特別な人へ、誕生日おめでとう」という意味になりますかね?
それともto person special.?

英語はどうも苦手なので…。
あと、ついでに他にも素敵なメッセージがありましたら教えて下さると嬉しいです(o^_^o)

Aベストアンサー

 Happy Birthday to someone special.

で「わたしの特別な人へ、誕生日おめでとう」という意味になります.


それともto person special.?

と言うなら Happy birthday to a person special あるいは Happy birthday to a special personでいいと思います。a が要りそうな気がするんですが。

 素敵なメッセージは人が考えたのでなくて、質問者さんのが最高だと思います。

Q【贈与税について!】住宅取得資金の贈与につき非課税を適用したい!

700万円程の中古マンションの購入を検討しています。
下記のことで1日中調べましたが、わからないことが多く、詳しい方関係者の方、ご教示ください!!

不動産購入時には税務省から「お尋ね」なるものがくる場合があると知りました。
そこで3点質問があります。

【1】購入時少し前に住宅取得資金の贈与で400万円もらうとします。 (500万までは非課税対象にできると認識しています。)
 住宅取得資金の贈与の申告は 翌年 の2月1日から3月15日までの間とありますので、「お尋ね」が来た段階ではまだ申告していないと思うのですが、
 この場合は、「お尋ね」の書類に「申告予定」の様な内容を書けば、大丈夫なのでしょうか。

【2】購入資金は以下のように考えていますが、お尋ねの書類にはこれで大丈夫でしょうか。
 ○中古マンション額:750万円
 ○親からの贈与(住宅取得資金の贈与を適用予定):450万
 ○OL時代の貯金:300万
 ↑ちなみに貯金通帳の履歴なども提出または調査されるのでしょうか?

【3】住宅取得資金の贈与となる出所は、親が私名義で定期貯金してくれていたものを渡してくれるそうです。
 私名義であってもそれまで親が管理していれば贈与税の対象となってしまうんですよね?
 贈与の発生は、私が「受け取った」と認識した日、通帳のハンコを受け取った日で合ってますよね?(通帳の日付は3年程前になっていましたが…)
 それにしても、もし「受け取った」と認識した日が起算日だとしたら、そんな証拠も何もないものどうやって調べるんでしょうか…。
 ○年にもらいました!って言えばそれだけなのでしょうか…。

 色々質問致しましたが、不安でなりませんのでどなたか教えてください!宜しくお願いします!

700万円程の中古マンションの購入を検討しています。
下記のことで1日中調べましたが、わからないことが多く、詳しい方関係者の方、ご教示ください!!

不動産購入時には税務省から「お尋ね」なるものがくる場合があると知りました。
そこで3点質問があります。

【1】購入時少し前に住宅取得資金の贈与で400万円もらうとします。 (500万までは非課税対象にできると認識しています。)
 住宅取得資金の贈与の申告は 翌年 の2月1日から3月15日までの間とありますので、「お尋ね」が来た段階ではま...続きを読む

Aベストアンサー

>「お尋ね」の書類に「申告予定」の様な内容を書けば、大丈夫なのでしょうか…

おたずねは、資金の出所と支払状況だけです。
申告書の事前審査ではありません。

>ちなみに貯金通帳の履歴なども提出または調査されるの…

通常はありません。
申告内容に不審な点があると、見せろと言われることもないわけではありません。

>私名義であってもそれまで親が管理していれば…

親の財産だということです。

>もし「受け取った」と認識した日が起算日だとしたら、そんな証拠も何もないものどうやって調べるん…

調べたりしません。
自己申告です。
一国の総理が親からウン億円をもらっていながら、
「もらっていたなど知らなかった」
と強弁して、ほぼそれで通ったでしょう (国税庁の最終見解はまだ明らかにされていませんけど)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報