ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

途中のシーンで、ドイツの軍人が収容所内の規律をドイツ語(多分)で言うシーンがあるのですが、あれは実際何と言っていたのでしょうか?
他、多々あるドイツ語も訳していただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんな感じ。



伍長 : 全員よく聞け。一度しか話さんから。
グイド :ゲームを始める。全員が参加者だ。
伍長 : 諸君がここへ連れてこられたのは、ただ1つの目的のためだ。
グイド :1000点が1等賞で、賞品は本物の戦車だ。
伍長 : 労働せよ。
グイド :素敵だ。
伍長 : 労働妨害は死刑だ。前の中庭で銃殺される。
グイド :得点はあそこの拡声器で知らせる。最低得点のものは背中に「バカ」と貼る。
伍長 : 諸君は、偉大なるドイツ帝国建設のために働くという特権を持っているのだ。
グイド :我々は悪人の役だから怒鳴る。怖がると減点!
伍長 : 大事な規則は3つだ。1つ、収容所から逃げようとするな。2つ、すべての命令に文句を言わずに従え。3つ、反乱を計画するものは死刑である。分かったか?
グイド :減点になるのは、まず泣き出す者、ママに会いたがる者、おやつをほしがる者、分かったか!
伍長 : ここで働くことを幸せと思わねばならない。規則に従っていれば悪いことは何も起きない。
グイド :腹ぺこは減点されやすい。私も40点減点された。ジャム付きパンがほしかった。
伍長 : 服従せよ!
グイド :杏ジャムだ。
伍長 : もう一ついっておく。
グイド :彼はイチゴ。
伍長 : 警笛を聞いたときは、全員直ちに営舎から出よ。
グイド :飴は、全部我々が食べる。
伍長 : 全員2列に並ぶ。
グイド :昨日は20個食べた。
伍長 : しゃべってはいけない!
グイド :腹をこわした。
伍長 : 毎朝……。
グイド :うまかった。
伍長 : 点呼がある。
グイド :本当だ。
伍長 : 労働地区はあそこだ。いずれにせよ、収容所の中がどうなっているかはすぐに覚えられるだろう。
グイド :今日はかくれんぼをするのでこれで終わる。

出展
http://www.racas.jp/cinemaracas/cinemaracas-027. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ライフ・イズ・ビューティフル」での軍医は・・

あの映画で、なぞなぞ好きな軍医がいましたよね?
結局、彼はグイド(主人公)達を助けようとは思ってなくて、自分がなぞなぞが解けなくて困ってたからああいう行動をした、ってことでいいんですよね?自分の事しか考えてなかったってことですよね?
(ちなみに今見終わったばかりです・・。)

Aベストアンサー

joelさんの解釈で間違っていないと思います(^^)

グイドは軍医と知り合いでしたから、彼の言う「大事な話」=「自分たちを収容所から逃がしてくれる」とグイドは思ったんですよね。

ところが、軍医の言う大事な話とは、単なるなぞなぞ。

不可能に近い状況で何とかして家族を救い出そうとしているグイドと、なぞなぞに没頭している軍医を皮肉って表現しているんだと思います。

Q「ライフイズビューティフル」はユダヤがわかってないと・・

洋画「ライフ・イズ・ビューティフル」についてわからないとこあるので詳しい方教えてください。 けっこう以前の作品ですが・・・
最近はじめてビデオで見ました。

(1)ユダヤがかかわってますが、このユダヤの終戦っていつですか?
(2)なぜ戦争したのですか?
(3)どこの国とどこの国が争ったのですか?
(4)なぜ主人公は連行されたのですか?
(5)なぜ主人公の妻は最初連行されない予定だったのですか?(無理に旦那に付いていきましたが・・・)
(6)あのなぞなぞが好きな医者?は連行されていたのですか? ユダヤの仲間?
(7)子供はなぜ殺されていなかったのですか?(みんなで食事してた気が・・・)←しゃべると殺される? だから父は止めた?

以上よろしくお願いします。 この映画は「ユダヤ」がわかってないと難しいなと思いました。 でも親子愛に大感動でした。

Aベストアンサー

第2次世界大戦中が舞台の物語ですよね。「ユダヤ」が誰か「と」戦っていたわけではないのです。単に世界中のユダヤ人たちが、一方的に迫害されていただけなのです。

簡単に言っちゃうと、当時のドイツの指導者ヒトラーが「ユダヤ人は我々の生活をおびやかすし、血もけがれている」とかなんとか言いだして、ユダヤ人をいじめだし、それがエスカレートして、ユダヤ人の血が流れている人は、世界のどこにいようと抹殺しよう、という動きがドイツで盛んになったのです。

なぜそうなったかというと、当時のドイツの経済状態があまりよくなくて、もともと金儲けが上手でインテリも多いユダヤ人がうとましく思われた、などの理由があります。

でも、「ライフ・イズ・ビューティフル」の頃には、そんな理由は、もうどうでもよくなっていて、とにかく「ユダヤはイヤだ。同じ町に住んでいるだけでムシズが走るから、みんな収容所にぶち込んで殺してしまえ」みたいな風潮になりつつあったのだと思います。また、そう思っていない人も、ユダヤ人を見つけたら通報しないと、「あいつは、ユダヤをかくまいやがって」と、自分が危ない目にあうような世の中になっていたのです。

で、そんなドイツは、けしからんと言って、イギリスやアメリカがドイツと戦争するようになったり(ほんとはドイツの領土や金が欲しかっただけかも)、ドイツだってかわいそうだから味方してあげようと考えたイタリヤや日本が戦争に加わったりして(ほんとは、ドイツの領土や金が欲しかっただけかも)、5ヶ国以上が敵味方に分かれて戦った「第2次世界大戦」へと膨れ上がっていったのです。

「ライフ・イズ・ビューティフル」の主人公は、ユダヤ人を祖先に持つイタリア人ですから、ドイツの味方であるイタリアでは、暮らしにくかったわけですよね。

お風呂のシーンはうろ覚えなのですが、当時は、収容所のシャワー室に行くと殺されるというウワサが流れていたのは有名な話です。実際、収容所に送られたユダヤ人たちのうち、労働力になりそうもない人たちは片っ端から殺されていました。「シャワーを浴びなさい」と言われて裸でシャワー室に集団で入ると、シャワーから水ではなく毒ガスが出てきて、効率よく殺せた、というわけです。それを何らかの形で避けたのではありませんでしたっけ。

ついでに言うと、ユダヤ人と呼ばれる人々は、何千年も前から常に迫害されてきたと言われていて、ユダヤ人独自の国を持ったことがほとんどありません。ドイツに迫害されていたユダヤ人たちは、確かに1943年に収容所から解放されました。しかし今も、ユダヤ人たちは、イスラエルという国を一応作ってもらいはしたのですが、パレスチナ人が「その国のある土地は、もともと我々のものだ」と言い出して、戦争状態っぽい感じです。

ひとごとではありません。日本でも、誰かが特定な人種に対して「あの人種はイヤだなあ」なんて言い出すと、そのうち悪いウワサに尾ひれが付いて、その人種がすごい悪者にされたり、迫害されたりしかねません。実際に、日本で特定な人種が大勢殺されたことがあります。それに、大戦中はアメリカで暮らす日系人だって、敵国分子と言われて、収容所に閉じ込められていたのです。

それが偏見や戦争というものなのです。でも、そんな逆境の中でも笑いや小さな幸せを見いだす素晴らしさを、この映画は描いているのだと思います。

第2次世界大戦中が舞台の物語ですよね。「ユダヤ」が誰か「と」戦っていたわけではないのです。単に世界中のユダヤ人たちが、一方的に迫害されていただけなのです。

簡単に言っちゃうと、当時のドイツの指導者ヒトラーが「ユダヤ人は我々の生活をおびやかすし、血もけがれている」とかなんとか言いだして、ユダヤ人をいじめだし、それがエスカレートして、ユダヤ人の血が流れている人は、世界のどこにいようと抹殺しよう、という動きがドイツで盛んになったのです。

なぜそうなったかというと、当時のドイ...続きを読む

Qライフイズビューティフル

シーン「収容所で主人公が給仕に扮する。
    息子がドイツの子供たちとお菓子を食べる。」
眠った息子を抱いて帰るとき、
霧の向こうに何かを見て、主人公が驚きの表情をするのですが
何を見たのですか?
画面では良く見えなかったもので・・

Aベストアンサー

山積みされた死体の山(それもかなり)を見た。
(確認したわけではないので自信はまったくナシですが(^^;)
でも、そんなシーンがあって、父親が驚いた表情をしたのを覚えているので
たぶん、合っている…はずです(苦笑)

Qライフ・イズ・ビューティフル(なぞなぞの解釈)

『ライフ・イズ・ビューティフル』は,私の中でベスト・オブ・ムービーなんですが,どうしても分からないところがあります。
それは,最後の方で軍医が耳打ちする場面で,逃がしてくれるのではなく,なぞなぞが説けなくて困っていると言っていた場面の解釈です。
「小ガモだろ?だが,違うんだ。」って感じの所です。
あそこのなぞなぞは,映画の中でどのような解釈ができるのでしょうか。
受け取り方がいろいろあるんじゃないかと思うのですが,ご意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

あれは「ユダヤ人」のことを指しています。

ユダヤ人を侮蔑するなぞなぞです。
「お尻を振りながらクソをまき散らしながらあるく」とかでしたよね。
つまりあのセリフは「私の周りは完全にユダヤ差別主義ばかりで君の力にはなれない」と言うことです。

ドイツ人は民族統一主義でドイツ人(アーリア人)こそ最高の人種であり、それ以外の人類は粛正(全て処分すると言うこと)しようとします。これがナチズムです。
だから他の人種のことは差別し、侮蔑します。

スマートで筋肉質で強く美しく理知的なドイツ人に対して「デブで、醜くて、どこもかしこも黄色。でグワァグワァ何を言ってるかわからないわめき方をし、しかも歩きながら、ウンチする。」

ユダヤ人のことを家畜程度に見ているドイツ軍人の中に囲まれて軍医一人だけが裏切って主人公一家を守ることは出来ない。裏切ることは出来ない、君と私では違うのだ。と言う軍医のメッセージです。


人気Q&Aランキング