いつもお世話になります。

皆さん質問されているのですが、
今回の契約がどれに当てはまるのかよく分からないので
質問します。

私のいる会社はプログラム開発をしています。
今回お客様の要望により、
ソフトを作り、それに伴うハードも一緒に納入しました。
ここまでは、普通の売上です。
今後は納入したソフト等で困ったことがあれば、
お客様のところにサポートに行くことになります。
そこで、月額4万円で保守契約を結ぶことになりました。
印紙税についてネットでいろいろ調べてみたのですが、
1万円未満は非課税ですよね。
今回の場合は200円の収入印紙が要るのでしょうか?
あと、不課税という言葉もありましたがどんな時ですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

保守契約の内容が「月額4万円」のように契約書に1ヶ月当たりの保守料のみを記載してある場合は、7号文書に該当し、4000円の印紙が必要です。



又、これに「契約期間1年」と加えた場合、「4万円×12ヶ月」により契約金額が確定するため、2号文書に該当することになり、印紙税は200円で済みます。

参考URL:http://www.keiyakusho.net/t-inshi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

保守契約の内容を再度読み返したところ、
1年と期限を切っていて、
その後自動更新として
1年づつ延長することになっていました。
ということは、200円でいいということですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/03 17:39

kya-kya-さんの会社で行う保守契約とはどのようなものでしょうか?


保守契約の内容が「使用方法についての問い合わせ対応」・「ソフトウェアの不具合対応」であるならば印紙税額は200円ではなく、おそらくは不課税ではないかと思われます。

理由は以下のとおりです。

まず念のためですが(kya-kya-さんはご理解されているかと思いますが)、印紙税は契約という行為に課税される税金ではなく、契約書という文書に課税される税金です。

次に印紙税の税額は文書が印紙税法で定められた課税物件表のうちどの文書に該当するかで決まります。どの文書にも該当しなければ不課税ということになります。(該当していても印紙が不要なものが非課税です)
文書が印紙税法で定められた課税物件表の各号のうち、ひとつにだけ該当すればその定めによります。二つ以上に該当するならどの号に該当するかをはっきりさせた上、複数の号に該当する場合の印紙税法上の定めに従い最終的にいずれかひとつの号に該当するものとして扱い、税額を決定します。

したがって今回の場合、保守契約の契約書がまずどの号に該当するかはっきりさせなければなりません。保守契約が請負契約ならは第2号文書(請負に関する契約書)と第7号文書(継続的取引の基本となる契約書)の二つが該当する可能性があります。しかし保守契約が委任契約ならば第7号文書について場合により該当する可能性があるだけです。
請負契約とは一般に仕事の完成と報酬の支払いとが対価関係にあることが必要とされています。仕事の完成の有無にかかわらず報酬が支払われるものは、一般的に委任契約とされるようです。前述の例で言えば、「使用方法についての問い合わせ対応」や「ソフトウェアの不具合対応」は、なにも問題が発生しなければそれだけで契約を履行していることになるので、請負契約とはいえないと思います。同じ保守契約でも例えば「エレベータの点検保守」などは請負契約ですので、そのような要素があれば請負かもしれませんが・・・

保守契約が請負契約なら前述のとおり複数の号に該当する場合となります。この場合どちらの文書に該当するかは契約金額の記載があるか否かで異なります。1ヶ月4万円で期間を定めないなら契約金額の記載がないものになり第7号文書、1ヶ月4万円で1年と期限を区切っているなら契約金額の記載があるものになり第2号文書に該当します。第2号文書の場合、#1kyaezawaさん・#2seawayさんのおっしゃるとおり印紙税額は200円です。

保守契約が委任契約なら第7号文書に該当する場合は4000円、該当しない場合は不課税文書です。不課税文書ならば印紙の貼付消印は不要です。第7号文書は金融機関が契約するもの(印紙税法施行令第26条第3号文書以下)を除けば特約店契約書等(印紙税法施行令第26条第1号文書)代理店契約書等(印紙税法施行令第26条第2号文書)であり、具体的に委任契約である保守契約に含まれる可能性のあるのは「売買の委託」など保守契約としては特殊なものを含む場合だけです。したがっておそらく該当しません。

もちろん契約内容が分からないので「請負」かもしれません。(#1kyaezawaさん・#2seawayさんの回答を否定するつもりはありません。以上の回答はあくまで一般人のものであり(=どこか間違っていたらどうかご指摘ください)、また私はいつもkyaezawaさんの回答をみて「まめだな~」と感心し、seawayさんの回答をみてひそかに尊敬しております)

というわけで、平凡ながら私のお勧めは契約書を税務署の印紙税担当に見せて「この契約内容は委任契約だと思うので印紙は必要ないのではないか」と確認することです。
(200円の印紙なら貼付消印しても惜しくないかもしれませんが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりすいません。

契約書ですが、社内で再度確認したところ請負契約に該当するようでした。
1ヶ月4万円の1年契約、その後1年毎の自動更新ということになるので200円の印紙になるようです。
いろいろな角度からご回答くださりありがとうございました。

またよろしくお願いします。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/06 14:44

                                             文書自体に金額の記載はなくとも、文書に記載されている単価、数量、契約期間等により、契約者間において取引金額などが計算できる場合は、それを記載金額として取り扱いますので、今回の場合、4万円(月額)×12カ月(契約期間)=48万円となり、第2号文書として、200円の印紙税額となります。




> あと、不課税という言葉もありましたがどんな時ですか?

「第2号文書の中で」という意味であれば、記載された契約金額が1万円未満のものが、非課税文書になります。

「印紙税法全体の中で」という意味であれば、賃貸借契約書(土地の賃貸借は除きます)や物品売買契約書、使用貸借契約書、税理士や医師が業務の際に発行する領収書等が非課税文書となります。(他にも沢山ありますが…)
                           

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7100.htm,http://ww …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

印紙ですが、アドバイスの通り
4万円(月額)×12ヶ月(契約期間)で200円の印紙でいいみたいです。

お礼が遅くなりましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/06 14:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印紙税 (消費貸借の領収書)

金銭消費貸借の領収書の印紙税なのですが、受取金額が\4,000,000-でも、内訳が元金\4,000,000-、利息\0-、損害金\0-の場合、印紙は\200-でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

金銭消費貸借契約書自体は1号文書ですが(この場合2千円)、その受取書ですので、17号2文書
つまり、ご質問の場合200円でよろしいかと。

Q4万円の領収書に収入印紙が不要と言われました。

先月末にお世話になっている現場の親睦会がありました。

親睦会の会費は、ボーリング・焼肉・飲み屋代と全部含めて1人1万円でした。
当社からは4人参加したので、4万円支払いました。
今日、参加した人から領収書をもらったのですが収入印紙が張ってありませんでした。
幹事をした会社の方に聞いたら「営業目的ではないので、収入印紙は不要です。」と言われました。
不要なら、このままでいいのですが税務署がチェックに来た時に何か言われたりしないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「営業目的ではないので、収入印紙は不要です。」

個人でのお金の受領でしょうから印紙は不要でしょう

http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7125.htm

(5) 個人の場合、・・・事業を離れた私的日常生活に関するものは営業になりません。

・貴方が自分が所有している車を友人に売り200万円貰った...
・貴方が住んでいたマンションを売り、1億円を貰った...

この場合でも印紙は不要でしょうね

個人で3万円以上の領収書に印紙税が課税されるのは,その領収書が「営業に関する」ものに限られていると思って構いません

>税務署がチェックに来た時に何か言われたりしないでしょうか?

領収証の発行者が個人名で、明細に「親睦会会費」とでも書いていれば何も聞かれません

Q消費税と収入印紙

基本的なことをお聞きします。
消費税込30,000円の場合収入印紙は貼付しなければいけませんか?
但し書きに税抜き金額を表示すれば貼らなくていいというようなことを聞いた覚えがあるのですが。お願いします。

Aベストアンサー

> -----Original Message-----
但し書きに税抜き金額を表示すれば貼らなくていい
> -----Original Message-----
これは、聞いたことがありませんが、
これでも大丈夫なような気がします。

ここは、無難に
28,572円(消費税1,428円)・・収入印紙不要
としたほうが良いかと思います


30,000円(税込み)・・・収入印紙必要

Q金額4万円の飲食代(会議費扱い)領収証に印紙がない

社員が会議費扱いで得意先を含めた飲食を行い4万円の領収証をもらってきました。

ところがお店では収入印紙を貼ってきていません。

このような領収証は認められるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

収入印紙は税金です。
納税義務は、今回の場合お店にあります。
あなたの会社に納税義務が課せられているわけではありませんので、そのまま通常の領収証として処理してもあなたの会社は問題ありません。
ただし、のちのちめんどくさいことにならないように、社員に戻し、収入印紙を貼って貰うように依頼したほうが、無難ですね。

収入印紙を貼らなかったら?
“本来貼るべき収入印紙を貼ってない”、または“金額が不足している”ことが、何らかの調査で発覚した場合、印紙税法第4章第20条の規定により、【本来の印紙税額+その2倍に相当する金額】が追徴税として課せられます。つまり、本来の3倍の税金を払わなければなりません。
ただし、これに気が付き、自己申告した場合は、【本来の印紙税額+その10%の金額】の追徴課税で済みます。

Q収入印紙に消費税??

切手をコンビニで購入した場合課税対象となると思うのですが、
収入印紙をコンビニで購入した場合も、課税されるのでしょうか?
仕訳としては
租税公課/現金
仮払消費税/現金  でいいのでしょうか?

それと郵便局で支払う手数料(為替手数料等)は全て非課税になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、切手・印紙に関して規定している消費税法基本通達を掲げます。

(郵便切手類の譲渡)
6-4-1 法別表第一第4号イ《郵便切手類等の譲渡》の規定により非課税とされる郵便切手類又は印紙の譲渡は、日本郵政公社が行う譲渡及び郵政窓口事務の委託に関する法律第7条第1項に規定する委託事務を行う施設又は郵便切手類販売所若しくは印紙売りさばき所等一定の場所における譲渡に限られるから、これら以外の場所における郵便切手類又は印紙の譲渡については、同号の規定が適用されないのであるから留意する。(平15課消1-31により改正)


上記の通り、切手・印紙共に、郵便局や郵便切手類販売所若しくは印紙売りさばき所等一定の場所で販売される場合には非課税となりますが、それ以外の場所で販売される場合は課税取引となります、もちろん印紙もです。

ただ、コンビニの場合は、ほとんどが郵便切手類販売所に該当するものと思いますので、非課税になるものと思います。
(レシートに非課税である旨の記載があるものと思います)
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/sayopee/post/sell.html

郵便局で支払う為替手数料等については、国内のものであれば課税取引となります。
(銀行等と競合しますよね)

まず、切手・印紙に関して規定している消費税法基本通達を掲げます。

(郵便切手類の譲渡)
6-4-1 法別表第一第4号イ《郵便切手類等の譲渡》の規定により非課税とされる郵便切手類又は印紙の譲渡は、日本郵政公社が行う譲渡及び郵政窓口事務の委託に関する法律第7条第1項に規定する委託事務を行う施設又は郵便切手類販売所若しくは印紙売りさばき所等一定の場所における譲渡に限られるから、これら以外の場所における郵便切手類又は印紙の譲渡については、同号の規定が適用されないのであるから留意す...続きを読む

Q非課税法人と課税法人の契約書の印紙の有無

非課税法人(第5条関係(別表第2)に該当する法人と、一般の課税法人が、売買契約や請負契約、リース契約等する際に、双方の保管する契約書両方に印紙を貼るのか、非課税法人の保管する契約書には印紙を貼り、課税法人の保管する契約書には印紙を貼らない、あるいはその逆。というパターンがありますが、いずれが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

非課税法人と非課税法人以外の法人が共同して作成した文書については、非課税法人が保存するものは、非課税法人以外の者が作成したものとみなし、非課税法人以外が保存するものは非課税法人が作成したものとみなす(法4(5))という規定があります。双務契約の一方に印紙を貼り保存は前記のとおり。

Q印紙・消費税について

印紙・消費税について

先日、上司とケンカしました。
理由は収入印紙の取り扱いについて。

私の勤める会社は、いろいろなものを仲介して手数料をいただいているのですが
(詳しくは書けません。ごめんなさい。)
その中に収入印紙代が含まれていました。
普段は、メーカーは当社に非課税で請求し、当社はお客様から非課税で代金をいただきます。
当然手数料も発生しません。
ところが、その時上司が売価をつけた伝票の中に
非課税分が含まれているにもかかわらず仕入れも売り上げも課税扱いで、
手数料まで計上していることに気が付きました。

そこで上司に、収入印紙は非課税扱いで他の商品とは別に計算しなければならないことを説明したのですが

「何で?別にウチでいくらで売ろうとウチの勝手でしょう?
 もうお客さんに請求書出しちゃってるんだし、今更変えたら迷惑でしょ。
 次回からはそうするから今回はこれで通してよ。」

と言われました。
私と先輩は「それはダメでしょ…」と粘って粘ってようやく直してもらえたのですが…

印紙は非課税、売買に当たって当事者が勝手に金額を変えたり手数料を徴収してはいけない。

と言うのは我が社の独自方針ではなく、一般論ですよね…?

で、その時は私自身正当な理由がわからずダメの一点張りしか出来なかったので
上司が納得できるように説明したいです。

何か法律などがあると思うのですが、教えて欲しいです。
長文でわかりにくいと思いますが、よろしくお願いします。

印紙・消費税について

先日、上司とケンカしました。
理由は収入印紙の取り扱いについて。

私の勤める会社は、いろいろなものを仲介して手数料をいただいているのですが
(詳しくは書けません。ごめんなさい。)
その中に収入印紙代が含まれていました。
普段は、メーカーは当社に非課税で請求し、当社はお客様から非課税で代金をいただきます。
当然手数料も発生しません。
ところが、その時上司が売価をつけた伝票の中に
非課税分が含まれているにもかかわらず仕入れも売り上げも課税扱いで、
手数料まで計上...続きを読む

Aベストアンサー

>(詳しくは書けません。ごめんなさい。)…

何度読んでも前後関係が分かりません。
的を射ない回答かも知れません。

>そこで上司に、収入印紙は非課税扱いで他の商品とは別に計算しなければならないことを説明したのですが…

それはあなたのほうが違うでしょう。
印紙が消費税非課税というのは、印紙そのものを売り買いする場合です。
印紙代が商品価格に組み込まれてしまっている場合は、商品価格全体として課税か非課税かを判断します。

例えば、銀行等の振込手数料ですが、ネット銀行は別にして市中銀行のほとんどが、3万円以上になると 210円アップします。
これは 収入印紙代 200円に消費税 10円が付いているのです。
あなたの論理だと、200円アップでよいことになります。

>「何で?別にウチでいくらで売ろうとウチの勝手でしょう…

それが正論。

>と言うのは我が社の独自方針ではなく、一般論ですよね…

いやいや、あなたの会社が間違っています。

Q印紙税過誤納付返還を受けたときは、非課税処理ですか?不課税処理ですか?

印紙税過誤納付返還を受けたときは、非課税処理ですか?不課税処理ですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

不課税です。

印紙という有価証券に類するものが郵便局の窓口で販売される場合は非課税ですね。これが非課税なので還付の場合も非課税がありうるのではとの疑問からのご質問ではないかと思います。

まず、消費税の課税の対象は次の4条件すべてを満たす場合です。
(1)国内において行われる取引
(2)事業者が事業として行う取引
(3)対価を得て行う取引
(4)資産の譲渡、貸付又は役務の提供
しかし、印紙税の還付は上記(4)の要件を満たしていないので、不課税となります。

また、印紙税は収入印紙という媒体を用いて納付されることが多いのですが、印紙税という租税自体は課税対象ではありません。この場合の還付はその不課税である租税の戻りに過ぎず、当然不課税です。

Q収入印紙(消費税について)

おしえてください。
収入印紙は購入時非課税ですよね?
しかし使い道によっては課税になったりするのですか?
たとえば資格試験受験時の受験料を収入印紙で支払う場合などは課税ですか?
お願いします。

Aベストアンサー

収入印紙を購入した時点では、非課税です。そして、領収書や契約書に添付するなどして使用した場合は、租税となりますから、非課税のままですが、仮に、その受験料が課税仕入れに該当するものだと、その使用時に課税仕入れとして処理します。
ただし、現実には、税理士試験などの手数料は、非課税になります。課税仕入れになるものを、印紙で支払うケースは少ないと思います。具体的には、消基通6-5-1と同6-5-2によります。

参考URL:http://www.cpainoue.com/mailmag/back_number/d_mag20040405.html

Q消費税額0円表記課税、非課税の判断

仕入先より原稿制作代として5,000円の請求書が来ました。
請求書の内容は

原稿制作代 5,000円
消費税       0円
合計 5,000円

上記の様な場合、会計処理(仕訳)は課税取引と判断すべきでしょうか?
それとも非課税又は対象外取引と判断すべきでしょうか?
消費税0円の理由を自分なりに考えてみてると

(1)先方の請求書の発行ミス
(2)先方が消費税免税業者

の2点に絞られてくるのですが、どちらだか判断がつきません
上司に聞いても 「消費税を計上しない分けにはいかないでしょ」 と根拠のない解答をするばかりです。

詳しい方、ご教授願います。

Aベストアンサー

通常内税として処理する場合が多いです(免税事業者でも)。
で支払いに際しての添え書きに「当社は免税事業者に対する支払いについては内税で処理させて頂いております」と記載すれば済む話です。
これを明記しないと仮受消費税を過大に納税する必要が出ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報