「一過性の恐怖あるいは精神的苦痛」(注)に対する慰謝料請求は、時効は何年でしょうか。

(注)一例ですが、「リフトやロープウェイが故障して、何時間も宙吊りになった」というような
状況です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

不法行為(民法709条)による損害賠償請求権は


被害者(または法定代理人)が損害及び加害者を
知ったときから3年で時効消滅します(民法724条前段)

ちなみに時効の起算点である
「被害者が損害及び加害者を知ったとき」
というのは
 
 「加害者に対する賠償請求が事実上可能な状況の
 もとに,その可能な程度にこれを知ったときを意
 味し,被害者が不法行為当時,加害者の住所氏名
 を的確に知らず,しかも当時の状況においてこれ
 に対する賠償請求権を行使する事が事実上不可能
 な場合には,その状況がやみ,被害者が加害者の
 住所氏名を確認した時,初めて加害者を知った時
 にあたる」(最高裁判例 S48.11.16 
 民集27巻10号1374頁)

とされています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
「加害者を知る」という点は、事例によってはむずかしいかもしれません。
 リフトの例で言えば、その管理運営にいくつもの法人・個人がかかわっていた場合、「だれに請求すべきか分からない」ことがありそうです。
「だれに請求すべきか」を調べる/考える/迷っているうちに時効になるのを避けるには、「ともかく全員を対象(被告)にして請求する」のがベターなようですね。

お礼日時:2003/10/06 10:32

恐怖などに対して、ではなくて、


それに伴った時間の損失に関しては1年という例があるようです。

精神的苦痛に関しての時効は、
もし他の「精神的苦痛」と同じような扱いになれば、
3年ではないでしょうか。

的確な例がないかとは思いますが、
下記URLも参考までにごらんください。

http://www.annie.ne.jp/~schim/ultima_ratio/joubu …

参考URL:http://www009.upp.so-net.ne.jp/hideki-yokoo/jiko …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。参考URLもためになりました。
 そのURLの中にこんな一節があります。

>●債務の承認の具体例としては、「債務の存在を認めたとき」、〈中略〉「支払猶予を求めてきたとき」が挙げられます。

 これは、相当具体的な話でないとだめなんでしょうね。たとえば、

“加害者”が“被害者”に対して「ご迷惑をかけて申し訳ありません。追って、きちんと補償させていただきます」と発言したものの、その後進展(具体化)することなく時が経過……

という場合、「発言の時点で時効中断」ということにはならないんでしょうね。

お礼日時:2003/10/06 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神的苦痛で訴訟は

お世話になります。

よく、「見知らぬ人から、デブなどと言われて名誉を傷つけられた」と言う内容を聞くのですが、こういったことをどのように訴訟に持っていくのでしょうか。人権の損害、といった内容のことは、どこかに訴えてもいいんですか。それとも相談所なのでしょうか。

よくテレビでも、「名誉を傷つけられた」とかそういったちょっとしたことで訴えると言って、少ないながら慰謝料をもらったりしてますが、そういうのはどこに相談したらいいのでしょうか。家庭内のもめごとというなら、どこに行けばいいのか、など全くわかりません。

たとえば、母親の恋人から、多大なる精神的苦痛を受けて、その結果重い精神疾患にかかってしまった時、訴えることは可能なのでしょうか。まずはどこかに相談に行けばいいのでしょうか

ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

民事裁判で、相手に対する損害賠償の支払いを訴えることになると思います。
相手が住む裁判所に民事裁判の訴えを起こしましょう。
ただ、裁判となると更なる精神的負担がかかること、基本的に当事者に立証責任がある(裁判所は調べない)ので、素人ではなかなか難しいと思います。家族間のもめ事であれば、家裁での調停も可能です。
とりあえずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

損害賠償というのは、財産上の損害と精神上の損害に分けられます。
前者は、例えば実際に被った被害額などがそうです。代表的なものは、相手の行為によって怪我をさせられたときの治療費や休業した場合の損害、つまり仕事が出来なかったことで得られなかった報酬などです。これらは、いずれも客観的に損害額を立証すればいいのです。
一方、後者はいわゆる慰謝料です。精神的苦痛を受けたということ=精神面での損害、と考えられているのです。
これら二つをあわせて、相手に責任を負わせることを損害賠償というのです。

損害賠償責任は、民法で規定されています。いくつかありますが質問者様の場合、民法709条に当てはまるのではないでしょうか。

【民法709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

つまり、相手の行為が不法行為と認定され、その行為によって、あなたの主張する損害が発生したと認定されれば、相手に損害賠償の責任が生じます。

裁判では、つまりこの点が争われることになり、あなたが(1)相手の行為が不法行為である(2)その行為によって損害が生じた、という2点を立証して裁判所に認定して貰うことが必要となります。
今回のケースでは、その母親の恋人の行為が不法行為であること、それにより病気になってしまったこと、不法行為または(不法行為が原因でなった)病気のせいで損害が生じたこと、を立証することになります。

また、通常、裁判では損害賠償というのは金銭での支払いによる方法で行われますから、単に「謝れ」とか「二度とするな」というような訴えは出来ないと思います(但し、結果的にそういう責任を負わせることも出来ます)。
但し、その不法行為があなたの名誉を毀損するようなものであれば、金銭の支払い以外による方法も認められています。

【民法723条】
他人の名誉を毀損した者に対しては、裁判所は、被害者の請求により、損害賠償に代えて、又は損害賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。

一般的なものとしては謝罪広告の掲載などがあります。

民事裁判で、相手に対する損害賠償の支払いを訴えることになると思います。
相手が住む裁判所に民事裁判の訴えを起こしましょう。
ただ、裁判となると更なる精神的負担がかかること、基本的に当事者に立証責任がある(裁判所は調べない)ので、素人ではなかなか難しいと思います。家族間のもめ事であれば、家裁での調停も可能です。
とりあえずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

損害賠償というのは、財産上の損害と精神上の損害に分けられます。
前者は、例えば実際に被った被害額な...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q精神的苦痛でなぜ訴えられるんですか?

精神的苦痛で慰謝料請求ってよくあるじゃないですか。
でも精神的苦痛だけでは法律違反じゃないですよね?
なのになんで民事裁判が可能なのですか?
裁判って法律違反してなくても訴えられるんですか?
だったら嫌がらせで訴えられそうですね。

Aベストアンサー

>でも精神的苦痛だけでは法律違反じゃないですよね?
>なのになんで民事裁判が可能なのですか?

 精神的苦痛を与える方法が違反だと
裁判所が判断したからでしょ?

 例えば「無言電話」「つきまとい」等

>裁判って法律違反してなくても訴えられるんですか?

 訴訟は可能だけど 裁判になるかどうかは
内容によります。

 具体的にどんな「精神的苦痛で訴えられたの?」

>だったら嫌がらせで訴えられそうですね。

 そういうのもありますよ>嫌がらせ
例えば「架空請求での訴訟」

Q債務不履行で発生する「精神的苦痛」

よろしくお願いします。

(1)債務不履行により発生する「精神的苦痛」については、相手に「慰謝料」を請求することはできますか?
(2)もしできるとしたら公訴時効はどれくらいですか?

Aベストアンサー

(1)について
 債務不履行(民法415)に基づく損害賠償請求については、いわゆる慰謝料に関する規定はありません。
しかし、判例・学説ともに民法710条(非財産的損害の賠償)を類推して、債務不履行についても慰謝料請求を認めています。
ただし、慰謝料請求が認められるのは、実際上、生命・身体、自由、名誉等の人格的利益が侵害された場合に限られます。(以上、「債権総論」奥田昌道、P209)。

(2)について
 債務不履行に基づく損害賠償請求権は本来の債権が転換したものと考えれられています。
 したがって、消滅時効の期間は原則10年で、起算点は本来の債務の履行を請求できる時点です。ただし、本来の債権が短期消滅時効にかかる場合(商事債務の場合は5年等)、特約がある場合は、この限りではありません。

Q精神的苦痛による傷害罪で告訴する方法

14階建ての古いマンションの、14階に住んでいる者です。

現在、足音の騒音問題で、階下の住人(仮にAとします)と大揉めに揉めています。
Aはなんと集音機まで買ってうちの足音を録っているそうです(仲裁に入った警官から聞きました)。

どうにも解決の糸口が見つからないので、区の無料法律相談に行ったところ、
「生活音なので具体的行動(例えば襲いにくるとか)がない限り無視していればいい」
と言われたので、その通り無視していました。

ところが、エレベーターホールなどですれ違う時に罵倒が始まりました。
例えば、「うわぁ気持ち悪!おえぇぇぇっ」という感じです。
警察は証人を見つけろといいますが、いつも周りに誰かいるとは限りません。
それに、証拠を積み重ねる前に私がまいってしまいそうです。

実は私は躁うつ病を患っているので、状況を説明すれば診断書は書いてもらえると思います。
その診断書をもとに、精神的苦痛で傷害罪に問うことはできますか?
捕まえてほしい、というのではなく、法的圧力がほしいのです。

ただ、Aは睡眠不足で心筋梗塞になったという診断書を会社に提出していると
主張しているのが気になりますが…

どうかご回答のほど、よろしくお願い致します。

14階建ての古いマンションの、14階に住んでいる者です。

現在、足音の騒音問題で、階下の住人(仮にAとします)と大揉めに揉めています。
Aはなんと集音機まで買ってうちの足音を録っているそうです(仲裁に入った警官から聞きました)。

どうにも解決の糸口が見つからないので、区の無料法律相談に行ったところ、
「生活音なので具体的行動(例えば襲いにくるとか)がない限り無視していればいい」
と言われたので、その通り無視していました。

ところが、エレベーターホールなどですれ違う時に罵倒が始ま...続きを読む

Aベストアンサー

”その診断書をもとに、精神的苦痛で傷害罪に問うことはできますか?”
    ↑
病気にさせるのは傷害罪になりますが、
おそらくですが、警察は動いてくれないと
思います。

診断書は確かに、躁鬱病であることは証明できます。
しかし、Aの行為によって病気になった、という
証明はできますか?

警察が動いて、警察が証明してくれれば良いのですが
警察はそこまでやらないと思います。


”捕まえてほしい、というのではなく、法的圧力がほしいのです”
    ↑
民事の損害賠償というのが考えられますが、やはり
Aの行為との因果関係の立証、という壁が
あります。
それさえ何とかなれば、可能性が出てきます。

一度、弁護士などの専門家に相談したらどうでしょう。
法律相談だけなら、30分 0~5千円ぐらいで
やっていますし、役所ならただの法律相談が
受けられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報