十数年前、小学校の先生に勧められて見た映画です。テレビで放映されたものを見たので、映画そのものはもっと古いものかも知れません。

アジアの戦争(ベトナム?)の取材をするジャーナリストである白人男性と、現地のガイド兼通訳のアジア人男性の友情の物語だったと記憶しています。
戦争が終結しようとするころ、二人は事件に巻き込まれ、ジャーナリストは母国へ帰国します。通訳の男性は、テロリスト集団に捕らえられ、テロリスト集団が運営する村で強制的に労働させられます。その後男性はその村から命からがら逃げ出し、数年後かつて仕事仲間だったジャーナリストに再会した。という内容だったと思います。
村での強制労働のシーンが印象的で、女子供が鞭打たれながら労働させられていたと記憶しています。

もう一度見たいので、ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私もキリング・フィールドだと思います。


確認の為に象徴的なシーンをいくつか

1.車のエンブレム
カンボジア人ブランが少年にエンブレムをあげる。
後にこの少年がキーマンとなる。

2.証明写真
拘束されたジャーナリストたちはカンボジア脱出の為にパスポートの偽造を企てる。
その際、証明写真を作るのだが定着液がない。
苦肉の策である液体を使って定着させようとする。

これらのシーンがあればビンゴです。

映画はベトナム戦争の影響で始まったクメール・ルージュ(ポル=ポト派)によるカンボジア革命の実話です。
アメリカ人ジャーナリストであるシドニーはこの報道でピューリッツァ章を受賞しています。
また、ブラン役のハイン=S.ニョールは革命時に強制労働の体験者だそうです。
彼は1996年2月25日にロサンゼルスの自宅前で銃弾に倒れました(ポル=ポト派の暗殺説あり)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
エンブレムのことは全く憶えてないのですが、何かを細工しようとして、それがうまくいかずに脱出出来なかった部分は、ぼんやりと記憶があります。
映画関係のWebサイトでストーリーを確認しましたが、間違いないようです。

お礼日時:2001/04/24 01:50

確かに皆さんご指摘の「キリング・フィールド」だと思います。


ポルポト派による強制移住、労働、虐殺については、ほとんどあの映画の通りの事があったようで、貨幣も廃止し、更には家族制度も否定されました。(親の世代は資本主義に毒されているので、いまだ真っ白な子供と切り離して教育する)
なお、質問の中にある女子供が鞭打たれるとの記憶ですが、前述した通り毒されているのは大人(特に知的職業の人)であり、子供は革命を担う若い力として大事にされました。映画の中でも大人を鞭打つのは子供の方で、子供達がオンカー(ポルポト派指導部)の手先となって虐殺を手伝っています。本当にゾッとします。
最後に、この映画のラストでJ.レノンの「イマジン」が流れる中、二人の会話(ネタバレするので省略)涙ものですね・・・・。本当にいい映画だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
質問内容にありました「女子供の強制労働のシーン」は間違いでした。
皆様のご回答と、自分で改めてストーリーを確認してからやっとはっきりと思い出しました。
まだ無知で他の思想に感化されていない子供達を大切にし、また子供は自分の親を密告するシーンなどが確かにありました。
タイトルを教えてくださった方々、本当にありがとうございました。
また当時見るように勧めてくださった先生にも感謝したいと思います。

お礼日時:2001/04/24 01:57

キリング・フィールド(The Killing Fields)ではないでしょうか?


カンボジアが舞台の実話を元にした映画ですネ。
ローランド・ジョフィ監督
1984年のイギリス映画です。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。こんなに早く教えていただけるとは思っていませんでした。有名な映画だったのですね。
ネットで検索したところ、「The Killing Fields」ですぐヒットしました。間違いないようです。
当時はあまり問題意識を持たずに見たのですが、実話と知ってますます見たくなりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/24 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめ戦争映画

私は戦争映画が好きです。みなさんのおすすめの戦争映画を教えて下さい。

Aベストアンサー

 戦争物はどうしても時代が第二次大戦にかたよってしまいます。申し訳ありませんが、その中で私が秀作と感じる作品を挙げさせてもらいます。


「史上最大の作戦」
The Longest Day が原題です。
ノルマンジー上陸作戦を描いた映画です。豪華キャスト競演で見ごたえたっぷり。

「バルジ大作戦」
ノルマンジー後のドイツ軍による起死回生の反撃。

「ナバロンの要塞」
ドイツ軍の砲台破壊を任務とする連合軍兵士たち、
小気味良いテンポでスリル満点。

「カサブランカ」
イングリッド・バーグマン主演、反ナチ抵抗組織に属する彼女の悲恋。

「愛の嵐」
ナチ物。これはちょっと特殊です・・・。舞台はむしろ戦後になります。

「シンドラーのリスト」
これも重いテーマですがラストが考えさせられます。

「トラ!トラ!トラ!」
黒沢明監督の日米合作。真珠湾奇襲攻撃。スカッとします。

「七人の侍」
時代はずうっと前です。黒沢作品の代表格。村人が盗賊対策に雇った七人が繰り広げるクライマックスは圧巻。

 「大脱走」、「ライフイズビューティフル」など他にもありますが、前の回答者さんたちとダブるのでこの辺にしておきます。

 戦争物はどうしても時代が第二次大戦にかたよってしまいます。申し訳ありませんが、その中で私が秀作と感じる作品を挙げさせてもらいます。


「史上最大の作戦」
The Longest Day が原題です。
ノルマンジー上陸作戦を描いた映画です。豪華キャスト競演で見ごたえたっぷり。

「バルジ大作戦」
ノルマンジー後のドイツ軍による起死回生の反撃。

「ナバロンの要塞」
ドイツ軍の砲台破壊を任務とする連合軍兵士たち、
小気味良いテンポでスリル満点。

「カサブランカ」
イング...続きを読む

Q戦争を”正しい戦争”と描いたアメリカ映画

アメリカ映画は、ベトナム戦争は反戦的な内容が多いが、
WW2は「正しい戦争」として描いた映画が多いと聞きました。
どのようなものがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

>パールハーバーは真珠湾の悲劇だと思ってたんですが、賛美している面もあるんですね。

#1ですがお礼を拝見しました。真珠湾攻撃は、当時の日本軍にとっては賛美すべき功績、アメリカ軍にとっては大打撃であり悲劇、人類にとっては悲しむべきことです。映画『パール・ハーバー』は「真珠湾攻撃という、(日本軍の)卑劣な行為にも負けずに戦う連合国側の人々を賛美した物語」といっていいでしょう。しかし、日本人ならびに日系視聴者に対する配慮を込めてか、日本軍の爆撃兵が、爆撃を前に、民間人に逃げるよう促すシーンが含まれています。

そもそもWW2は、アメリカにとっては、「ナチや皇軍というファシストたちに立ち向かうという大義名分のもと繰り広げられた戦争」で、日本にとっては「西欧諸国の脅威からアジアを守るためという大義名分のもと繰り広げられた戦争」です。どちらも、もともとは“正しい戦争”だと思って、みんな、戦っていたのですが。もちろん、どちらも真意は、そんなきれいなものではありませんでした。ベトナム戦争では、メディアが発達していたおかげで、そうした醜い真意があばかれましたが、WW2では、そういうことは隠されていたのです。正しい戦争だと思い込んでいたほうが、士気が高まるし、自分たちの非と向き合わずに済みますから。

『戦場にかける橋』(厳密にはアメリカとイギリスの合作)も、もちろん反戦映画なのですが、「悲惨な戦争を繰り返すまい。あんなに悲惨な戦争で戦ってくれた人たちは偉い。よくやった」という物語りなわけです。反面、ベトナム戦争を描いたアメリカ映画の大半は「悲惨な戦争だった。戦った者は犬死だし、何も残らない」という主題のものが多いのです。

余談ですが、どちらの描き方が正しいかといったことは一概には言えません。戦争はベトナム戦争のように虚しく、本当はなんにもならないものです。しかし、多くを犠牲にし、苦しい思いをして戦わされた人々が他人から「あんたたちは酷いことをした。なんにもならなかったね」と言われるのも、つらいだろうと思います。どのみち、娯楽である限り、はっきりと「皆さん、戦争はやめましょうね」と、視聴者に向かって明言しているようなクサイ映画など滅多にありません。反戦は感じ取るものです。戦争をすべきか否か、判断するのは観客です。

なお、近年ではWW2もののハリウッド映画の中にも、かの戦争の正義を根本から否定しているものも結構あります。『シン・レッド・ライン』や『太陽の帝国』などは、その一例です。

>パールハーバーは真珠湾の悲劇だと思ってたんですが、賛美している面もあるんですね。

#1ですがお礼を拝見しました。真珠湾攻撃は、当時の日本軍にとっては賛美すべき功績、アメリカ軍にとっては大打撃であり悲劇、人類にとっては悲しむべきことです。映画『パール・ハーバー』は「真珠湾攻撃という、(日本軍の)卑劣な行為にも負けずに戦う連合国側の人々を賛美した物語」といっていいでしょう。しかし、日本人ならびに日系視聴者に対する配慮を込めてか、日本軍の爆撃兵が、爆撃を前に、民間人に逃げる...続きを読む

Q戦争映画(古いの)を知りたいです。

はじめまして、戦争映画で、「トラトラトラ」や「バルジ 大作戦」「眼下の敵」などのような物がいいです。できれば、ロバートミチャムが出ている戦争映画を探しております。

Aベストアンサー

ミッチャムの戦争映画は『眼下の敵』がベストではないでしょうか?

モノクロ作品で忘れられないのが以下の作品です。
『突撃隊』(米、ドン・シーゲル)
『最前線』(米、アンソニー・マン)
『攻撃』(米、ロバート・アルドリッチ)
『壮絶!敵中突破』(ソ連)
『地下水道』(ポーランド)

私は大作より小粒でぴりっとした作品が好きです。
『ならずもの部隊』『大侵略』『燃える戦場』『戦艦シュペー号の最後』『ビスマルク号を撃沈せよ!』『鷲は舞いおりた』『コレヒドール戦記』

第1次大戦関係で思いつくのは、
『ブルーマックス』『レッドバロン』の二本。

番外編として『ヨーク軍曹』(ハワード・ホークス)

Q重武装したテロリストや犯罪者が出てくるアクション映画

重武装したテロリストや犯罪者が出てくるアクション映画でいいのありますか?これまでにダイハード、ハードネス、ソードフィッシュ、ターミネーター、ヒート、デッドライン、ドーベルマン、スズメバチ、TAXI、新香港国際警察を見ました。

Aベストアンサー

最近だと
「シューテム・アップ」
まぁ、銃器メーカーの社長と息子が敵役だしな。
謎の主人公の無敵っぷりに酔いしれる映画だろう

「スモーキン・エース」
武装といっても色々な人がいるけど、バレット使って超遠距離射撃
って人もいたな

古いところで
「ブラックサンデー」
上記の人たちより、ある意味上、テロリストは、なんせ大量殺戮兵器を一から手作り(爆弾ではない)して、大統領暗殺まで狙いますからね。
映画的にも傑作

ちょっと前の
「ビッグヒット」
すごく軽い映画です。
殺し屋が主役ですが。

Q邦画の戦争映画でカラーで古いものは

邦画の戦争映画のカラーで古いものを探しています。
カラー撮影が始まってまもなくの頃の戦争映画を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1957年(昭和32年)
の新東宝の「明治天皇と日露大戦争」からですね。カラーの戦争邦画は。
新東宝は、明治ものだけでなく、
「戦争と皇室とわが民族」「太平洋戦争と姫ゆり部隊」
など太平洋戦争もカラー化している。

 円谷英二の東宝では、1960年(昭和35年)の「太平洋の嵐」
が最初。戦闘シーンがアメリカ建国200周年記念映画「ミッドウェー」
に流用され、実際に戦場で撮影したものと思っている人も多い\(^^;)...

Qおたくはロケットマンだと言ってテロリストを倒す洋画

洋画を探しています
1998年前後にレンタルビデオで見た記憶があります
ほとんど覚えてないのですが2つだけ

ひとつは「おたくは(あんたは?)ロケットマンだ」と主人公が言って
ミサイルを直接テロリストに発射しビルから突き落とし倒すシーン
落ちた時テロリストは下の尖った何かに刺さって死んでた気がします

もうひとつはジョジョのパープルヘイズのようなビンに入った毒薬を
テロリストのボスに食べさせ倒すラストシーンです
この皮膚を腐らせる毒薬をテロリストはミサイルに積んで発射しようとしてたかもしれません
1つのビンだったら一人が死ぬだけだみたいな掛け合いも伏線として事前にあったと思います

おそらくパープルヘイズの元ネタで語りぐさになってそうですし
ロケットマンだという決め台詞も頭にあるのにググったら
別のものばかりがヒットして探しだすことができませんでした

分かる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

ニコラス・ケイジとショーン・コネリーの「ザ・ロック」です。

Q戦争映画

自分はドイツ軍主役の戦争映画が好きでいままでみて気に入った映画はサムペキンパーの(戦争のはらわた)最悪の邦題です?あと将軍たちの夜・鷲は舞い降りた・古いものでは愛する時と死する時なんかもよかったです。
最近戦争映画少ないですがお勧めあれば教えてください。ドイツ軍主役ではないですがジュウドロウ主役のスターリングラドもよかったです

Aベストアンサー

まだ出ていない作品だと「魔王」なんてどうでしょう?
ナチの元でヒットラーユーゲントに入隊させるべく利発なお美少年?たちを拐かす男の話です。派手は戦闘場面はありませんが、見応えのあるドラマです。
http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E7%8E%8B-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81/dp/B000063KVP/ref=sr_1_1/249-6013850-1616315?ie=UTF8&s=dvd&qid=1192805676&sr=1-1


すでに出てますけど敗戦国である西ドイツの戦後初の戦争映画「橋」はいいですよ。敗戦が色濃くなった中で出兵した少年兵たちの実話です。
http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%8B-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/dp/B000066AGN/ref=sr_1_3/249-6013850-1616315?ie=UTF8&s=dvd&qid=1192805908&sr=1-3

有名どころだと(たぶん見ているでしょうけど)「バルジ大作戦」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B8%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E6%88%A6-%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%89%88-%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%83%B3/dp/B00005HCWR/ref=sr_1_1/249-6013850-1616315?ie=UTF8&s=video&qid=1192806422&sr=1-1
あれ、DVDになっていない……
おなじく「アルデンヌの戦い」といきたいところが、これもDVDになってませんでした…


ソ連ものもいくつか。
「鬼戦車T-34」
http://www.amazon.co.jp/%E9%AC%BC%E6%88%A6%E8%BB%8AT-34-%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%95/dp/B000066AGM/ref=cm_lmf_tit_4_rdssss1/249-6013850-1616315
「女狙撃兵マリュートカ」
http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E7%8B%99%E6%92%83%E5%85%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB-%E3%82%A4%E3%82%BE%E3%83%AA%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%A4/dp/B0000ABBY1/ref=sr_1_1/249-6013850-1616315?ie=UTF8&s=dvd&qid=1192806089&sr=1-1
「誓いの休暇」
http://www.amazon.co.jp/%E8%AA%93%E3%81%84%E3%81%AE%E4%BC%91%E6%9A%87%E3%80%90%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%AE%8C%E5%85%A8%E5%BE%A9%E5%85%83%E7%9B%A4%E3%80%91-%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%95/dp/B0006GB0XY/ref=sr_1_1/249-6013850-1616315?ie=UTF8&s=dvd&qid=1192806162&sr=1-1

まだ出ていない作品だと「魔王」なんてどうでしょう?
ナチの元でヒットラーユーゲントに入隊させるべく利発なお美少年?たちを拐かす男の話です。派手は戦闘場面はありませんが、見応えのあるドラマです。
http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E7%8E%8B-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81/dp/B000063KVP/ref=sr_1_1/249-6013850-1616315?ie=UTF8&s=dvd&qid=1192805676&sr=1-1


すでに出てますけど敗戦国である西ドイツの戦後初の戦争映画「橋」...続きを読む

Q1980年代の洋画だったと思います。(アメリカ?)  お父さんだったか

1980年代の洋画だったと思います。(アメリカ?)  お父さんだったか、お母さんだったかの所へやってきたその家族‐子供たちとその親―しかしその家には、ライオンが沢山居て、ドタバタと逃げ惑う。でも、そのライオンは人を襲わず、人に飼われているライオンで、最後は笑いで終わる。みたいな内容です。基本、ドタバタコメディみたいな映画です。今考えると、よくなれたライオンだったなあと・・・。映画のタイトル、どなたかご存じの方、宜しくお願いします。(..)

Aベストアンサー

おそらく「ロアーズ」(1981)だと思います。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD9854/story.html

Qドンパチが激しい戦争映画

ドンパチが激しい戦争映画

おすすめの戦争映画なんて記事は既出してますが、おすすめの中でもドンパチが特に激しい、そういうシーンが多いものを教えて下さい。

Aベストアンサー

撃ち合いをしているのがリアルに感じるものに、

ウィンター・ウォー

があります。ソ連が1939年にフィンランドへ攻め込んだ第一次ソ・フィン戦争の映画です。

銃器の描写が非常に丁寧で、スオミ短機関銃(サブ・マシンガン)を撃つシーンの接写など、排莢口から火花を散らして空薬莢が飛び、エジェクターがガシャガシャと動くすさまじさです。すぐ身近で撃ち合いをしている感じがよくでています。
戦車登場シーンなど、必死で37ミリ対戦車砲引っ張ってきて、

「弾はっ?」
「3発しか貸してくれなかった!」

ヘルシンキに行ったとき、このシーンで使われたボフォース社の37ミリ対戦車砲の本物をみて、触ってきました。よく戦記物では「ドア・ノッカー」などと言われている砲ですが、現物は非常に存在感があり、映画のなかでも印象的なシーンとなっていました。
兵隊さんはボルト・アクション・ライフルで戦争するんだな、と実感させてくれる映画でもあります。

Qスター来日記者会見での通訳の方について

私はよく、CSN1などでスタ-来日記者会見を見るのですが
通訳されている方(戸田さんがほとんどですが)って
一体どうやって、スターが言った事を記憶されているのですか?
短いコメントならいいですが、長いと凄く大変ですよね?
紙に書き留めているのでしょうか?
(戸田さんはいつも何かメモみたいなのをご覧になっているようなので)
もしそうだとしたら、速記が必要ですよね?どうやっていらっしゃるのでしょうか?
このへんがいつも凄く気になるのでわかる方教えて下さい!!!

Aベストアンサー

昔、学校で通訳の勉強をしたことがあります。(それほど本格的ではないですが・・・)

通訳の勉強では必ずやることだと思うのですが、話し手の内容のポイントを素早くメモする勉強をしました。
しゃべり言葉を全部メモできるわけではありませんので、話の要点を素早くメモする訓練をするわけです。
それでも長いとメモを解読するのも大変になるわけなので話し手はできるだけ短く区切るようにするわけです。
(自分が区切らずに長く話したせいで、あまり正確でない通訳がなされるのは本意ではないですもんね)

ただ、メモもかなり短い時間でとるので記号化してしまい本人以外はわからないものになっていると思います。(笑)
もちろん速記ができる方もいらっしゃることと思います。それぞれ、自分のやりやすいスタイルでやっているのではないでしょうか。

参考URLに通訳をしている方のコラムなどがありますので、よろしかったら見てみてください。

参考URL:http://www.alc.co.jp/hontsu/


人気Q&Aランキング