『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

日ペン表ソフト速攻型の男ですが、今グリップのことで悩んでいます。
今の自分のグリップは本などでよくある標準的な持ち方だと思っているのですが、(ただ、教科書的には指の側面をつけるであろう裏面の三本の指を、指の腹をつけるようにしていますが)フォアハンドの時にどうしても手首が下がってしまい、高い打球点を保てません。
そこで少し持ち方を工夫してみようかと思いますが、どういった持ち方であればフォアハンドの時に手首が下がらないようになるでしょうか。アイデアや知恵をお貸しくださると助かります。(あるいは中ペンに変えようかとも考えています。)
皆様ご回答よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今日、練習がてらに手首を上げ下げして打点を確認してみました。


そこで改めて気付いたのですが、手首が下がっていると打球面が内側を向きます。
すると、ボールを呼び込んでおかないとコースが選択できません。(フォアクロスにしか行かない)
必然的に打点は下がってしまいます。
逆に、手首が上がっていると面が開くので流し打ちがしやすく、フォアクロスに打つには打点を早める必要がありました。
田崎選手のあのフォーム及びグリップは、早い打点を追求した結果なのかもしれません。

自分はと言えば、普段はニュートラルグリップで、打点やコース、打法によって知らず知らずに手首を上げ下げしているようです。
裏面の3指は軽く曲がった状態です。馬琳選手のに似ているかも。

流し打ちを多く練習すると、し易いグリップになって打点が早まるかもしれません。
偉関選手は台上の練習を多くやっているうちに、やり易いグリップへと変化していき、いつの間にか裏面3指が丸まっていたそうです。
    • good
    • 1

手首というか、ラケットヘッドが下がっているとドライブ打法がしやすくなります。


ドライブは下から上へ振るので、ボールが上から下へ来ている時(つまり頂点過ぎの下降ライン)の方が迎えやすいので、自然と打点が下がります。
無意識のうちにバックスイングが下がり気味になっていないでしょうか?
意識してバックスイングを高くとると、打点も早く出来るのではないかと思います。
    • good
    • 0

裏3本を伸ばして指の腹を付けていると手首が下がり易い。


丸めて側面を付けると下がり難い。

中ペンに変えても、今の握りのままなら手首は下がったままだと思う。
中国の劉国梁監督も、裏面の指は伸びていて手首の下がった変なフォームだったが、ペン表ソフト速攻型としてオリンピックと世界選手権を取ったんだ。
打球点が低いのは他にも要因があるんじゃないか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

球足が短い球を無理してフォアで行き過ぎるのかもしれない、と思えてきました。もっと色々考えてみます。ご回答ありがとうございます!!

お礼日時:2011/05/08 01:37

持ち方を自分で色々試してみた?



大まかに握り方は二種類ある。
親指が深く入るのと人差し指が深く入るもの。

指の腹が付く・・・思うに親指が深い握りなんじゃないか?
この握りは、昔からある日本伝統の「ドライブ握り」なんだ。
面が寝易い代わりに手首は下がる。

反対に人差し指が深い握りは、面が立ち気味になり表ソフトに代表されるような「ミート打ち」がし易い。
この握りの代表は田崎俊雄だ、元日本代表の。

彼の持ち方なり振り方なりを見て、もう一度研究してみなよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やってみます!
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペンハンド、がっつり削りますか?

数年テニスをして膝の半月板損傷でテニスを断念、一昨年から水泳、1年半前から卓球をしています。
最近、上級者たちから指導を受け、ひとりひとり言うこと、指導法が違いますが、どの上級者からもフォア、バック、ドライブのラケット面を水平にするよう言われます。僕は今まで「テニス打ち」でラケット面が垂直に近く、初級・中級者相手だと別に困りませんでしたが、上級者相手だと強烈なドライブでアウトするし、自分が当てるドライブではなく、グリンと擦るドライブを打つ時も水平に近い角度が必要です。
今までペンのラケットでしたが、「テニス打ち」でラケット面が垂直に近い時はペンのグリップ角をちょっと落とすだけで、全然支障ありませんでした。でも、上級者何人かから 「もっと削れ。そうでないと初心者は水平な角度にしずらい。私は削ってないラケットでもそれに応じた握り方をできるが、初心者は削らないと難しい」と言われ、人によってはガッツリ削ってます。でも、ある上級者は買ったままでまるっきり削らず、「削らないで試してみたら、何も困らなかったので削っていない。別にそのままで良いんでない」と言ってます。
上級者でもいろいろ教え方が全然 違い、がっつり削る指導と、全然削らなくても良いという指導があっても驚きはしませんが、みなさん、どうしてますか?

* ただ、上級者たちはシェークも使え、シェークの方が握ったままの角度を使えるから楽というので、シェークにしてみたら、フォアもバックも楽に水平な角度にでき、シェークにしちゃいました。

数年テニスをして膝の半月板損傷でテニスを断念、一昨年から水泳、1年半前から卓球をしています。
最近、上級者たちから指導を受け、ひとりひとり言うこと、指導法が違いますが、どの上級者からもフォア、バック、ドライブのラケット面を水平にするよう言われます。僕は今まで「テニス打ち」でラケット面が垂直に近く、初級・中級者相手だと別に困りませんでしたが、上級者相手だと強烈なドライブでアウトするし、自分が当てるドライブではなく、グリンと擦るドライブを打つ時も水平に近い角度が必要です。
今ま...続きを読む

Aベストアンサー

>みなさん、どうしてますか?

学生時代に後輩の指導をした時は、
最初から余り削りすぎるなという風に言っていました。
自分もそんなにがっつり削るようなことはしていません。

初心者のうちは握り方やラケットの角度等に
神経がいきわたりませんし、打ち方も固まっていませんから、
最初から角度をつけすぎるのは好ましくないわけです。

特に初心者は手打ちになりやすいですし、
小中学校で卓球をやっていたという子は
そこそこうまくても手打ちでその先伸び悩むことが
分かりきったような子も多かったですから、
まずは身体の軸を使った打ち方に矯正するほうが
大変なわけです。

ペンを削るのはある程度打ち方が綺麗に固まってから、
どうしても、手に当たって痛い部分だけを少しずつ
削らしていきます。削りすぎたら元に戻せませんからね。

Q日ペンドライブのラバーについて

趣味で卓球を10数年程前から続けているものです。日ペンで前・中陣ドライブでプレーしていますが、現状よりもさらにドライブがかかりやすく、扱いもそれほど難しくないラバーを求めています。

現在、ラケットはコクタクの単板角ペンを使用しており、ラバーは「スレイバーEL 中」です。個人的に「スレイバー EL」はとても安定しているように感じるので、このまま厚か特厚を選ぶべきなのかなとも思っていますが、回転がかかりやすいという「テナジー・05」が気になっています。「スレイバー EL」と比べると「テナジー・05」の難易度はかなり高いのでしょうか。

また、それ以外のラバーでもおススメいただける候補がある場合にはお教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは、私も日ペンです、
スレイバー系は安定はありますがスピードが弱いと思います
ラウンデルを使ったことがおありなら飛び、スピンの数値を比べてみてください
同じメーカですので大体分かると思いますがテナジーの05は今まで使ったラバーの中で
一番回転が掛かります、「相手の回転も強く受けるのは当然です」がペンドラなら
細かいコントロールはシェークより楽ですから(私はシェークもやります、最近は裏ペンもやります)

 心配ないと思いますテナジー05はラウンデルより、かなり重いので05FXを
使って見ましたが回転もスピードも05の方が良いです、友人も中厚を使っていますが威力がありまよ、
今はバタフライ製品は割引率が少ないのが残念ですが(^_^)  

それ以外ではヤサカのラクザ7か、ラクザ7のソフトが扱いやすいです
価格も手ごろで現在使用中です中ペンと日ペンで私は特厚を使っていますが  

Q卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

Aベストアンサー

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打球する、そんな戦型の人もいない訳ではありません。

前置きが長くなりましたが、要するに、ラバーを両面に貼っていれば、ペンかシェークかにかかわらず、どちらの面でも打球出来ます。
ラケットの持ち方にルールは無いので、ペンホルダーグリップで裏面(3本指側)で打球してもかまいません。

ペンの代表的な選手は、中国の王皓選手と馬琳選手です。
特に王皓選手。
バックハンドの打球はツッツキ以外は裏面打法です。


★一つだけ注意
日ペンの場合、裏に半円コルクがありますが、それに重ねてラバーを貼ると違反です。
コルクを剥がして貼ってください。

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打...続きを読む

Q卓球.日ペンラケットの持ち方について

卓球.日ペンラケットの持ち方について
ラリー中に一時的にシェーク持ちのような握りで打球することは公式試合でも禁止事項にはあたりませんか?
(それによるリスクはご心配なさらぬよう...)

Aベストアンサー

ルール上、ラケットの持ち方に制限はありません。
ラバー面で打球さえすれば、ラバー部分をつまんでいてもOKです。
両手持ちもOK。
市民大会程度ならサービスの時だけペン持ちにするシェークの人も見かけますし、先日の全日本選手権男子シングルス決勝でも、ロビングをシェーク持ちでスライスサーブのように打球して得点した一本がありました。

Q反転ペンの裏面に貼るおすすめの粒高ラバー

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦り上げられずにボールの質が表ソフトラバーの角度打ちのような感じになってしまっています。(回転は一応それなりにかかっているのですが、上がらないと言った感じです)

このままではマズいと思い、とりあえずアンチラバーに飽きてきたこともあり、裏面のアンチラバーを粒高に換えて(1枚ラバーか超極薄など)、ラケットの軽量化を図りたいと思っています。しかし、あまり粒高ラバーの経験が無いため、どのラバーが自分の希望に合っているかわかりません。そこで、皆さんからお勧めの粒高ラバーを教えて頂きたく、質問致しました。

自分の希望としては以下の通りです;

1. なるべく弾まない粒高ラバー(使用ラケットがバイオリンの為、結構弾む)

2. アンチとまではいかなくても、ツッツキ時あまり回転のかからないラバー(回転のメリハリでミスを誘いたい)

3. 粒高ということである程度の変化、及びナックルボールが出しやすいもの


自分としてはカールP-1R(特薄)かフェイントロング2(超極薄もしくはOX)で悩んでいるのですが、どう思われますか?

皆様の知恵を分けて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
 

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦...続きを読む

Aベストアンサー

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1.粒が細くて軟い方が弾まない。スポンジも柔い方が弾まない。アンチのなんかフニョフニョだろ?カールシリーズは硬いから、叩くと割とスピードが出る。でも所詮粒高、裏や表ほどにはどうしても、ね。

2.大抵の粒高は掛からないよ。アンチと違うのは、頑張れば掛かるってこと。それでも表ソフトの方がよっぽど掛かる。この、自分の意思で回転量が変えられるってところが、アンチが廃れても粒高は残っている理由だ。もちろん、アンチより扱いは難しくなるけどね。当たり具合で摩擦性能が変わらないアンチの方が扱い易くはある。

3.粒が曲がり易い方がナックルになり易い。たぶん。要するに回転を跳ね返さなけりゃナックルになる。氷みたいに滑る訳じゃないし。


まぁ、取り合えずカールP1Rじゃないかなぁ。
後は好みだし。
個人的にはフェイントSOFTかファントム008だけど。


P.S.
ニッタクの性能表見るとバイオリンはミッドスローなんだけど、そんなに弾むと感じてる?
ま、これも個人の打ち方とかで変わるしね。

角型が重く感じるのは長いからであって、ラバーの面積は角丸の方が広いか変わらない程度。
なので、グリップエンドに重りを付けると軽く感じられる。
試しに一円玉でも貼り付けてみればいい。

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1....続きを読む

Qフォア打ち、ドライブで肘はあけない?

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考えないけど、自然とあきます

僕の打ち方に近いので、僕はコーチ A の教え方の方がピント来ます

ただ、コーチ A は打つ瞬間に手に力を入れるよう、肘、手首を使って威力を増すよう教えるのですが、僕は力を入れないのが好きなので、打つ瞬間もラケットを握る手はプラーンとしたままだし、肘、手首は自然と曲がるのにまかせてます

という具合に人によって打ち方違うとは思うのですが、

みなさん、フォア、ドライブで肘をしめますか? あけますか? ← 質問

(カットでも肘をしめるよう教える人がいるのでカットも同様なのかもしれません)

コーチ B、F はフォア打ち、ドライブで肘はあけないと教えます

コーチ B によると、脇を絞めた方が強いボールを打てると言ってます

コーチ F は肘は閉めて、顔・目の近くでボールを打つと安定する
回転をかけたい時は肘を曲げる
(手首も使ってもっと回転をかける人もいる)

それに対し、コーチ A は脇をあけて肘も伸ばした方が威力のあるボールを打てると教えます

僕がボールを打つ時、考えてるのは、右足を蹴って左足に体重を移すことで、体の回転に自然と腕が振らさる感じです。脇をあけるとか絞める考え...続きを読む

Aベストアンサー

脇はある程度開けないと威力のあるドライブは打てないと思います。
脇が締まりすぎていては腕全体をしならせるのが難しいと思います。
コンパクトな前腕の動きをメインにしたドライブになるでしょう。
前陣での連打に適していると思います。
また、スイングの力の入れどころですが脱力した状態から振り始めるのは良いと思いますが、ラケットが最も速く動く瞬間はスイングを止めた瞬間なので、あくまでインパクトではギュッと力を込めてラケットを急停止させるのが大事です。
そうすることによりフォロースルーが無駄に長くなることなく、振り終わりがニュートラルに近い構えになるので連打もしやすくなります。
スイングの最初から最後まで同じ力加減ではボールに効率よく力を伝えるのが難しくなります。
参考になれば幸いです。

Q卓球ラケット。 単板 or カーボン

自分は趣味で卓球を始めて半年の大学生です。
中学・高校はまったく違うスポーツをしていたので
卓球の知識があまりなく、利用させてもらいました。

自分はペンホルダードライブ主戦型なのですが、
今ほどドライブがうまくない時期に現在のラケットを
選んだため、自分は速攻しか無理と思いこみ
速攻用のカーボンラケットを購入しました。
(バタフライのレピア-R〈角丸〉です。)

現在のラケットにも慣れていて使いやすいのですが、
ペンドラは単板で角ブレードの方がやはり良いと聞きました。
自分的にもカーボンは少し球離れが良すぎるし、
戦型の違うラケットをつかうのは少し気になります。

そこで質問なのですが矢張りペンドラの選手は
ドライブ用の角ブレード、カーボンより単板、のほうが
よいのでしょうか?

・・ラケット選びを何度も間違えて、4本もラケットを
購入してしまった私なので、〈見ていると腹が立つので
すべて知人にゆずりました(汗)〉このまま使うか
今度のを最後にしたいと考えています。アドバイスよろしく
お願いします。

自分は趣味で卓球を始めて半年の大学生です。
中学・高校はまったく違うスポーツをしていたので
卓球の知識があまりなく、利用させてもらいました。

自分はペンホルダードライブ主戦型なのですが、
今ほどドライブがうまくない時期に現在のラケットを
選んだため、自分は速攻しか無理と思いこみ
速攻用のカーボンラケットを購入しました。
(バタフライのレピア-R〈角丸〉です。)

現在のラケットにも慣れていて使いやすいのですが、
ペンドラは単板で角ブレードの方がやはり良いと聞きました。
自...続きを読む

Aベストアンサー

自分、ペンドラです。
エクストール(アリレートカーボン)と閃光スーパー95S(単板)を使ったことがあります。単板の打球感は独特で、打ち方次第で強烈な回転のドライブを打つことも球離れよくはじく感じで打つことも出来る感じです。確かにエクストールは回転をかけきる前に球が離れてしまう感じでした。ですがエクストールを使っている人で全国国公立の大会で男子シングルベスト8になったという話も聞きます。要は使い方だと思います。あえて気にするなら、バリバリのドライブ主戦型で行くならラケットの重心等を考慮するとやはり角形の方がいいかも知れません。
ラバーについては粘着系は一切使ったことが無いので何も言えません。ですが似たような経験があります。エクリプスとスレイバーはデータ上では硬度・スピードが同じでエクリプスの方がスピンが上回っています。実際の使用感は、打球のスピード・破壊力共にスレイバーが圧倒的に上、エクリプスはループドライブをがっつりかけるときには威力を発揮するといった感じで破壊力はスレイバーには及びませんでした。また打球感をどう感じるかは人によってだいぶ違うので自分で使ってみるのが一番だと思います。特にラバーは消耗品なので色々と試してみたらいいと思います。

自分、ペンドラです。
エクストール(アリレートカーボン)と閃光スーパー95S(単板)を使ったことがあります。単板の打球感は独特で、打ち方次第で強烈な回転のドライブを打つことも球離れよくはじく感じで打つことも出来る感じです。確かにエクストールは回転をかけきる前に球が離れてしまう感じでした。ですがエクストールを使っている人で全国国公立の大会で男子シングルベスト8になったという話も聞きます。要は使い方だと思います。あえて気にするなら、バリバリのドライブ主戦型で行くならラケットの重...続きを読む

Q日本式ペンラケットの握り方について

中国式ペンラケットに比べて数は少ないですが両面ラバーを貼れるタイプが日本式ペンラケットでもありますよね?両面貼りは裏打法のためだと理解しておりますが、握り方は従来通りの握り方でよいのでしょうか?中国式ペンラケットはわしづかみにするという説明はよく拝見するのですが日本式はよくわかりません。従来通りの握り方で裏打法は難しいと思いましたので…詳しい方、よろしくお願いします。後、裏面に貼るラバーは粒高のものを貼るのが一般的なのでしょうか?オススメのものがあれば教えてください。質問ばかりですいません。

Aベストアンサー

確かに日本式でやるのと中国式でやるのは違いがあります。
日本式はひっかけて持つのに対して中国式はわしづかみにします。
そのため裏面にラバーを貼ると中国式のほうが打球時にすべる感じがします。日本式はあまりすべらないけど、先端が重く感じます。そのあたりは自分の感覚です。
グリップの話をすると、従来どうりに打つのと裏面用の持ち方があります。裏面用の持ち方は、指を伸ばして第一関節をラバーにくっつけます。この二つに分かれる理由はバックをショートか裏面で打つかの割合で決めるのがよいです。
後、裏面はたいてい裏ソフトで粒高は重さの調節が多いです。

Q【卓球】反転式ペンに張るラバー

【卓球】反転式ペンに張るラバー

自分は卓球暦4年です。
今自分は反転式のペンを使っています。両面張るだけなら中ペンでもよかったのですが、角ペンが好きなので使ってます。
そこで質問なのですが、ドライブ主戦型にピッタリのラバーの組み合わせを教えて欲しいです。
使っているラケットの重さなどは考慮しない事を条件でお願いします。

Aベストアンサー

中高6年、ペンドラだったものです。市販されているもので、一番スピードが出てスピンがかかるラバーは“テナジー25”です。ただ高いです・・・ドライブ型にとっては間違いなく最高のラバーです。高いと仰るなら、タキファイアなどどうですか・・・なかなか良いラバーだと思います。組み合わせとなると、もう一方のラバーは粒高になるのでしょうが、今はやりの王皓選手の様なプレースタイルもありだと思いますが。

Qラバーの厚さについて

今、F面厚、B面厚でやっています。
あまり筋力がある方ではないので厚にしていますが、何かと球のスピードが出ません。
先輩に貸してもらって特厚で打ってみたのですが確かにスピードは出やすかったです。
ラバーによって差はあると思いますが重くなるのでしょうか。
また、中はやはり軽いのでしょうか。そして、スピードが出ないのでしょうか。
そのへんがよくわからないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラバーは厚いほどスピードもスピンも増します。一方で厚いほど重くなります。
ただ、ラバーによってスポンジの硬さに違いがあります。そして硬いほど重いのです。そうすると、スポンジが硬い(=重い)ほど厚さによる重さの差が大きくなるのです。
今使っているラバーがどういうタイプかカタログで確認しましょう。
スポンジの硬度を数字で表している場合は、数字が小さいほど柔らかくて軽いです。
柔らかくて軽いラバーであれば、次に貼り替える時は両面特厚にしてもよいかもしれません。不安であればまずはフォア面だけ特厚、次に替える時は両面というふうにすれば急に重くなって対応できないという可能性が小さくなります。
もしとても硬くて重いラバーならラバーを軽いものに替えるという選択肢も考えてください。硬くて重いラバーはやはり筋力がある上級者向けと考えてもらっていいと思います。
柔らかさを強調したラバーであれば特厚で問題ないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング