山に囲まれた家に住んでいます。
山菜や野菜を手作りするのに有機肥料を作りたいのですが、条件は下記の通りです。
(1)田舎ゆえ庭木の落ち葉、山に生えている木の落ち葉はいっぱいあります。
(2)犬一匹と猫二匹を飼っていますので、その糞や獣毛もあります。
(3)植物性の(菜食が多いので)生ゴミもあります。
(4)上記(1)~(3)をほぼ同じ場所に捨てています。
これらを、大きいビニールシート、生ゴミバケツ数個、大きなバケツなど手元にありますのでそれを使って、腐葉土・堆肥を作るいい方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>山に生えている木の落ち葉はいっぱいあります


とん単位であるとして.答えます。
1.地面に90-120cm間隔で.高さ60cm程度の柱を立てます。
2.柱の横に棒を張ります。
3.棒から地面にかけて.ビニールシートをたらします。注意点として.側面はビニールで覆いますが.下面は覆いません。ビニールは1枚が片一方に垂れ下がるのではなく.棒の両面から下に垂れ下がるようにしてください(内部な空気層ができ.保温の意味がある)。
4.中に落ち葉を入れます。十分な量を集めてください。
5.ホースで水をかけて.均一に混ぜます。乾いた部分があると.未発行になりますので.水を十分に与えてください。
6.人糞を振りかけます。主に尿ですから.水を押し流し.隙間に灰って行きます。
7.表面6-10cmを培養土(無ければ普通の土)で覆います。最後に.保温のため.藁などを10-20cm積み上げます。
発酵補助剤として.米糠・油粕等を入れるひとがいます。
8.3日も経てば.温度が50度以上に上がり.殺虫・殺菌が終わります。
9.1ヶ月たつと.生の堆肥として使える程度に発酵が進みます。一旦崩して.積みなおしてください。生野菜くずは.この上に積み上げておくと簡単でしょう。3ヶ月に1回積みなおします。1年後.培養どとなります。

「生堆肥」は.直接苗に触れないように.畑の下にすき.土を3-6cmかけて.その上に苗を植えます。苗が大きくなって.根が堆肥に届く頃(1-3ヶ月後)には.強い(枯れやすい)堆肥に接しても枯れなくくらいに苗が成長していますので.十分育ちます。が.直接苗に触れるように場合には.1年間発酵させた培養土を使用します。

家畜糞のし様は原則として避けます。といのうは.フィラリアその他寄生虫の殺虫が困難で.寄生虫に野菜が汚染される可能性があるからです。通常.家畜糞は家畜糞だけを集めて.発酵させます。なお「毛」は分解されません。したがって.ゴミとして燃します。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

edogawaranpoさん、私のこのシリーズの質問には幾度と無くお答えいただき、また、この度も懇切丁寧なアドバイスをたまわり、深謝申し上げます。
作る場所はありますので是非挑戦してみたいと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/05 09:28

動物の糞や生ゴミは、水分が多いと腐ってしまいます。


特に、野菜類の生ゴミはある程度水を切る必要があります。
落ち葉とは別に、蓋付きのポリバケツの底を抜き、砂利を敷き、水はけを良くした上に置きます。
始めに、バクテリアの生きた堆肥といっしょに、生ゴミ・糞を入れれば、概ね1ヶ月で分解され堆肥化します。この堆肥と落ち葉をまぜてバケツに入れておけば、落ち葉も一緒に堆肥化されます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

nobugsさん、ありがとうございました。
動物の糞や生ゴミの処理の仕方も教えていただき大変参考になりました。

これも大きなポリバケツを用意して、是非挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2003/10/05 09:17

まずは、腐葉土を作りたい場所を確保します。


その場所に、落ち葉を入れるための四角い枠を作ります。
その枠のサイズ一杯に落ち葉を入れます。(踏み込んでもかまいません。)
水を掛けながら詰め込むと、早く腐敗します。
あとは、土をかけて落ち葉が風に飛ばないようにします。

ネットに、いくつかの作り方がありますが、バケツを使った基本?程度でした。
下記のHPは、作業の参考にしてください。
米ぬかなどを加えると発酵が早く進みます。

参考URL:http://hanasakaoyaji.fc2web.com/adobaisu/adobais …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

hana-hana3さん、ありがとうございました。
非常にわかりやすいサイトもご紹介いただきただただ感謝です。
山の中にくぼみもありますので、材木も用意して挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2003/10/05 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガーデニングの作り方

ガーデニングの簡単な作り方を教えてください。
鉢に限ります。

Aベストアンサー

こちらで

http://www.kenko-journal.com/my-little/back/005.html

Q猫の尿かかった落ち葉で腐葉土作れますか

ケヤキの落ち葉で初めて腐葉土を作ろうと思い、かき集めています。
猫に尿をかけられた落ち葉がありますが、それで腐葉土を作っても大丈夫でしょうか?塩分などで使わないほうがいいでしょうか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

全く問題ありません、専門的にはC.N率といいますが炭素と窒素の割合が35前後がよく発酵すると言われます。そのため炭素率の調整のため米ぬかや化学肥料の硫安を入れて調整します。
尿の成分は尿素で化学肥料の一つですから問題ありません。
塩分は猫のえさには塩分はあまり含まれないしごく微量ですから問題ありません。乳牛の堆肥にはかなりの塩分が含まれますがカリと一緒に吸収されますからハウスのなかに大量に使う時以外は無視しても大丈夫です。

QDIY、設計図、作り方

DIYに目覚めたものです。
ガーデニングのテーブルやイス、バーゴラ、
額縁のようなスタンド等いろいろ作りたいのですが、
寸法、繋ぎ方、板の厚みは?、強度の取り方。
これらを参考に出来るための設計図や作り方のアドバイスを
インターネットで提供していただいているところは
ないものでしょうか?
以前本屋さんに行きましたが作品集が少なく、
何冊も買わないといけないのであきらめました。

Aベストアンサー

こちらのサイトにテーブルの設計図や作り方が掲載されています。

参考URL:http://current-server.com/diy/

Qモッコクの葉で腐葉土は作れますか?

あるサイトで↓こういう記述があり、

>厚く硬い常緑照葉樹の葉は、分解が遅いため使いづらい。
>しかし、じっくり時間をかけて熟成させれば、とても良質の腐葉土を得られる。
>特に、ブナ科の常緑樹であるシイやカシの葉は、腐葉土の材料としては最上級のものである。
>完熟まで一年ほどかかるので、気の長い人は挑戦を。

で、ウマメガシの剪定屑で腐葉土を作り始めました。

そこで教えていただきたいのですが、
モッコクの葉は腐葉土に向いていますか?

我が家では他にサツキ・カエデなどがあるのですが、
サツキは葉が小さすぎてダメだろうと、
カエデは葉がうすいので栄養価なさそう、と捨てています。間違ってますか?

Aベストアンサー

樹木の種類によっては、腐葉土に向いている種類から不向きな種類まであります
が、ここでは不向きな種類と理由を書いた方が理解して貰えるはずですから、今
回は腐葉土向きな種類は省略させて頂こうと思います。

どのサイトや本で調べても、イチョウ、ツバキ、サザンカ、カキ、サクラ、クス
ノキ、モチノキ等は不向きとされています。またスギ、マツ、ヒノキ等の針葉樹
も適さないと記されています。
その理由としは水分が多い、葉に含まれる樹脂分が含まれていると腐りにくい、
葉に含まれている成分が発芽や生長を阻害する成分が含まれている等が理由のよ
うです。また針葉樹の場合は葉先が尖っているため、尖った部分は腐敗しにくい
ので、その尖った部分が新根を刺して痛めるから使えないと言うのが理由とされ
ています。モッコクはツバキ科モッコク属の常緑高木ですから、ツバキやサザン
カと同じ仲間ですから、どちらかと言えば腐葉土には向いていないようです。

あなたは栄養価の事を心配されていますが、もしかして腐葉土を肥料の代わりと
して使用するため、そのために腐葉土を作ろうとされているのでしょうか。
そうであるなら、腐葉土の本当の正体を説明する必要がありますね。

まず腐葉土とは樹木の落葉や剪定葉を腐熟させて作る事は知っていますよね。
また使える物と使えない物の違いや理由は上記に書いた通りですから、その事は
理解して貰えますよね。
腐葉土は広葉樹(一部を除く)の落葉を腐熟させた物で、土の文字が使われてい
ますが土ではなく、腐敗しているから養分がありそうに思えますが、実際は養分
は僅かしか含まれていません。
肥料の三要素は燐酸、窒素、カリですが、これらの要素が僅かながら含んでいる
だけです。僅かな微量要素を含んでいるだけですから、植物に必要とされる量が
含まれていないので、肥料は時期が訪れたら必要な量だけ施す事が必要です。

腐葉土は土や肥料ではなく、土に混ぜて微生物を活性化させて土質を良好にさせ
る事が目的で、土壌改良用土と区分されています。
つまり土ではありませんので、腐葉土だけを鉢に入れて植物を植えても、植物は
育たないと言う事です。腐葉土を庭土や真砂土や花壇の土に混ぜる事で、初めて
本来の威力を発揮させる事が出来るわけです。
他にもバーク堆肥、牛糞堆肥もありますが、肥料の肥の文字が使われているので
すが、腐葉土よりは僅かですが養分は含まれています。しかし植物が要求する程
の量は含まれていませんので、肥料は別に施す必要があります。

どんな樹木の葉を使おうとしても栄養価は微々たる物ですから、肥料の代わりと
して用いるために作ろうとされるなら、それだったら作らない方が良いと思いま
す。葉が薄いのは関係ありません。栄養価を考えるのは間違いですね。

樹木の種類によっては、腐葉土に向いている種類から不向きな種類まであります
が、ここでは不向きな種類と理由を書いた方が理解して貰えるはずですから、今
回は腐葉土向きな種類は省略させて頂こうと思います。

どのサイトや本で調べても、イチョウ、ツバキ、サザンカ、カキ、サクラ、クス
ノキ、モチノキ等は不向きとされています。またスギ、マツ、ヒノキ等の針葉樹
も適さないと記されています。
その理由としは水分が多い、葉に含まれる樹脂分が含まれていると腐りにくい、
葉に含まれている成分が発芽や生...続きを読む

Qマックのナゲット・ソースの作り方

マックのナゲットとナゲットソースが大好き
です。自分で作ってみたいのでお知恵を
貸して下さい。
○ナゲットの作り方
○バーベキュウソースの作り方
○マスタードソースの作り方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

チキンナゲットの作り方は以下です。

<材料>
皮なし鶏むね肉・・・200g
タマネギ・・・1/4個
砂糖・・・大盛り大さじ1
塩・・・大盛り小さじ1
天ぷら粉・・・大さじ2
卵黄・・・1個

<作り方>
1)鶏肉、タマネギを適当な大きさに切り、材料を全部入れ、フードプロセッサーにペースト状になるまでかける。

2)スプーンで形を整え、油に落とし、キツネ色になったらできあがり。

ソースの作り方は知らないのですが、マックで一つ10円で売ってくれるのでたくさん買ってはどうでしょう?2ヶ月くらいは賞味期限がありますよ。

Q山の土(表層土ではない、六甲山系、茶色っぽい土)と腐葉土2割を混ぜて、

山の土(表層土ではない、六甲山系、茶色っぽい土)と腐葉土2割を混ぜて、プランターにトマトを昨日植えました。
今朝は雨が降りました。そうすると、雨がしみ込まないのか、プランターの口の所まで水が来ています。
勿論、底には鉢底石をしいています。プランターに穴も開いています。
なにか基本的な間違いを犯しているのでしょうか?初心者より。

Aベストアンサー

六甲山は花崗岩系ですから、土としてはそれが風化した「マサ土」(真砂土)でしょうね。乾けばコンクリート並みに固くなります。おまけに石英っぽい小石が混ざっていますから、転んだらヒジや膝小僧を擦り剥いて血がにじむという痛い土でもありますね。しかし粘土土かと言えばそうではなく、土のかたまりなどもありますが、それは手で簡単にサラサラと砕ける土でもあります。私らの地域もマサ土ですから大体の事はわかります。
やはり乾けばカチカチに固まるというのが水はけを悪くしているのでしょう。
あくまでもマサ土の中層土にこだわりがあられるならば、腐葉土ではなく「バーク堆肥」というものを使ってみて下さい。樹皮を発酵させ腐葉土と同じく腐植質のもので、いずれは土に返るものです。牛糞も少しばかり混ざっており肥料成分も少しあります。
40L(特大袋)で398円ぐらいで割安です。これを土と半々ぐらいに混ぜるのです。かなりフカフカの土になり、水はけも良くなると思います。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031800/PDF/enngei/17-70.pdf(大体このようなパッケージです)。
元々は土壌改良材ですが、庭木の寒肥を遣る際に肥料と半々に混ぜたり、あるいは株元へのマルチングなどにも使えます。(植物によっては、夏場に土の乾き過ぎを防ぐ為に株元へ厚さ数センチぐらい敷き詰めてやる事)。
更に水はけを良くするならば、「パーライト」や山砂の小粒(霧島ボラ土や日向土などの軽石)を全体の1~2割混ぜ込んでもよろしいでしょう。
まああまりメンドクサク思われるならば、やはり市販の培養土を100%使われる方がよろしいかも知れませんが。

六甲山は花崗岩系ですから、土としてはそれが風化した「マサ土」(真砂土)でしょうね。乾けばコンクリート並みに固くなります。おまけに石英っぽい小石が混ざっていますから、転んだらヒジや膝小僧を擦り剥いて血がにじむという痛い土でもありますね。しかし粘土土かと言えばそうではなく、土のかたまりなどもありますが、それは手で簡単にサラサラと砕ける土でもあります。私らの地域もマサ土ですから大体の事はわかります。
やはり乾けばカチカチに固まるというのが水はけを悪くしているのでしょう。
あくまで...続きを読む

Qすすきのふくろう みみずくの作り方は?

むかしおばあちゃんが作ってくれた「すすきのふくろう」の作り方を知りたくなって、探してみたのですが、作り方を紹介しているページを見つけることが出来ませんでした。

どなたか、すすきのふくろう、あるいはみみずくの作り方を紹介しているページを御存知の方、ページを紹介していただけないでしょうか?
もちろん、作り方そのものを教えていただけるかたも歓迎です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕は小学生のときに作ったことがあったんですが、
作り方は忘れました。
作り方を簡単に紹介しているサイトを見つけたのでお知らせします。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/sakaeya/MIMIZUKU.html

Q生ゴミ堆肥が水分過多です

少し前から生ゴミ堆肥を作っています。
100リットル型の物です。
ですが作っている生ゴミ堆肥が水っぽいというか泥状態です。

藁をたくさん加えたのですが何も変わりませんでした。
そこで質問なのですがどうすればこの泥状態を切り抜けられるでしょうか?
どこだったか、新聞紙や段ボールが水分過多に良いというのを聞きましたが使っていいのでしょうか?インクなどが心配です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生ゴミを発酵させて堆肥化するために、一番重要なのは「水分調整」です。
発酵菌には、好気菌(酸素が多い状態で増える菌)と嫌気菌(無酸素状態で増える菌)があり、堆肥化するためには好気菌の発酵が重要です。

生ゴミに含まれる水分が多いと、生ゴミは空気と十分に触れることができないため、好気菌は活躍することができません。

この状態を解消するためには、まず堆積した生ゴミに含まれる水分の割合を減らすことが必要です。
そのためには、質問中にあるとおり、新聞紙などを小さく(名刺くらいの大きさでOK)ちぎって、生ゴミに混ぜ込むと、効果があります。
確かに新聞にはインクが含まれていますが、混ぜ込む量で考えると、気にするほどの量ではないと思います。

問題なのは、水分が多いままでは嫌気菌が増えてくるということです。嫌気菌発酵が進むと、いわゆるドブ川の臭いがしてきます。こうなうと、堆積した中心部がどんどん腐って悪臭がしてきます。この状態でも、水分量さえ調整できれば、毎日切り返すことにより堆肥化は可能なのですが、切り返しの際にはかなりの悪臭が発生します。

水分量を調整すれば良いのですから、新聞紙以外にも次の方法が考えられます。

・冬の時期に空気が乾燥する地方であれば、コンポストをはずして、天気の良い日に数日間、風に当てて、またできれば毎日切り返しをして、乾燥させる

・おがくず、稲ワラ(10センチ程度に切ったもの)、もみ殻などを混ぜ込む

・ネコのトイレ用に市販されている砂を混ぜ込む

いずれの方法も、表面だけの乾燥ではなく、堆積を切り混ぜることで、内部も均一に乾燥させることが大切です。
水分量さえ適正になれば、発酵は自然と進みます。

生ゴミを発酵させて堆肥化するために、一番重要なのは「水分調整」です。
発酵菌には、好気菌(酸素が多い状態で増える菌)と嫌気菌(無酸素状態で増える菌)があり、堆肥化するためには好気菌の発酵が重要です。

生ゴミに含まれる水分が多いと、生ゴミは空気と十分に触れることができないため、好気菌は活躍することができません。

この状態を解消するためには、まず堆積した生ゴミに含まれる水分の割合を減らすことが必要です。
そのためには、質問中にあるとおり、新聞紙などを小さく(名刺くらいの大...続きを読む

Q醤油豆の作り方

テレビで醤油豆の作り方見たのですが、ソラマメのとる時期や 作り方が
よくわからず 去年はあまりよくできなかったので 本当の作り方を
教えてください

Aベストアンサー

参考URLをはっておきます。
ソラマメのとる時期?というのが良く分からなかったのですが、
醤油豆の作り方が知りたいということで解釈しました。

参考URL:http://www.kbn.ne.jp/kagawa/products/nousann1.htm

Q生ゴミ堆肥 中まで真っ白に

生ゴミ処理機で乾燥させた生ごみに黒土、米糠、市販の腐葉土、細かい竹炭、市販の油かす、水を混ぜて、米袋(ビニール製?)に入れ生ゴミ堆肥を作ろうとしています。
米袋の底の方には10カ所くらい小さな穴をあけました。
入れてから数日後に袋を振って混ぜましたが、その後、表面に白いカビのようなものを確認してからは放置してしまいました。
混ぜてから6カ月経過していたので袋を開けてみたところ表面だけでなく中まで真っ白になっていました。
一見硬そうに思えますが移植ごてで取り出してみるとほろほろと崩れるような感じです。

この状態は堆肥として使用できるものなのでしょうか?
堆肥化の途中なのでしょうか?
堆肥化の途中であれば今後どのようなことをしたら完成になりますか?

色々なサイトで生ごみ堆肥のことを調べてみたのですが、中まで真っ白の状態になっている情報はなく、みなさん普通の土に見えるように堆肥が完成されていました。
ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

放線菌っていうのらしいですね。

参考

http://ghblog.sunnyday.jp/blog/archives/cat50/em/

個人的にはワンコの糞処理にコンポストを使っているのでちゃんとした堆肥作りではありませんが、白い放線菌は出てきます。

個人的なEM堆肥の考え方はミミズさんや土壌の常駐菌が繁殖しやすい様に生ゴミの漬物を作っている。
コンポストから土壌に埋めてやる事にゴミの漬物が2週間程度で分解されます。

とはいえこれから暖かくなるとコンポストにミズアブの幼虫が発生する事の方が多いのですが、不快さを我慢すれば処理能力は遥かに上ですので敢えてそのままにしています。
堆肥としては疑問がありますが糞処理目的+ですので目くじらたてません。

生ゴミ処理を考えずに純粋に堆肥として考えるならば完熟堆肥を購入した方が余程手間も掛からずに結果としては安上がりです。

生ゴミを土に帰してやる程度に考えたほうが個人的には長続きすると思っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング