最近、映画の2010年宇宙の旅を見直しました。

 前から不思議だったのですが、9年ぶりに
見つかったディスかバリー号が硫黄の
粉末で覆われていたことです。

 木星の周囲に大量の硫黄が検出された
事実があるのでしょうか?
 それともイオの火山活動からの拡大
解釈で、硫黄が大量にあるだろうという
ことなんでしょうか?

 硫黄が存在しているなら、その理由も
知りたいので、解説してあるウェッブサイト
などご紹介して頂けると有り難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

イオの火山活動が見つかったのが1979年、2010の公開が1984年なので、タイムリーに見つかった話題をネタにしたんだと思います。



イオの火山の噴出物のほとんどは放物線を描いてイオに落下するようです。

よほどジャストなタイミングでイオに接近して、さらにディスカバリー号の外壁に硫黄を吸着する何らかの作用がないと、薄黄色く汚れたりしないと思えますが。(大気中じゃないから水も無いわけだし)

2010年
http://www.ne.jp/asahi/gensou/kan/eigahyou33/201 …

イオについて
http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/io.html
http://www.bekkoame.ne.jp/~beyond/mission/io/io2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しいHPのご紹介有難う御座いました。

>薄黄色く汚れたりしないと思えますが

 しかも見てすぐにsulfar(硫黄だ)って
叫んでいるあたりも え?って思っちゃいます。
宇宙の外壁ということは、かなり低圧で高温状態
にあったと考えられますから、そんな状態に
長期間あった硫黄を宇宙服につけたまま船内に
入ってらかなり危ないと思うのですが・・・

お礼日時:2003/10/05 19:10

>イオの火山の噴出物のほとんどは放物線を描いてイオに落下するようです。



まあ、それはそうでしょうが、確か木星の周りには
硫黄の帯が出来ていてイオの火山活動が発見されるまでは
なぜそんなものがあるのかが謎だったそうです。

なので、「9年間で」埃のようにたまるかどうかはともかく、
硫黄の存在そのものは事実のようです。

#2001年はかなり精巧な映画のようですが
#2010年は科学的にはどうなんでしょうね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>なぜそんなものがあるのかが謎だったそうです。

 その辺の過去の経緯を詳しく書いた
本などありませんでしょうか?
 何年にどうゆう観測で見つかり、どうゆう
議論があったかなど・・・

お礼日時:2003/10/05 19:13

>前から不思議だったのですが、9年ぶりに


>見つかったディスかバリー号が硫黄の
>粉末で覆われていたことです。

硫黄におおわれたディスカバリー号ってどの
ようなものなのでしょうか? 私の知っている
宇宙船のディスカバリー号とはスペースシャト
ルしか知らないのですが?

この回答への補足

 え? 本当ですか?

 スペースシャトルのディスカバリー号という
命名のもとになった、オリジナルのディスカバリー号
です。スタンリーキューブリック監督の2001年
宇宙の旅をご覧になって下さい。
 因みにスペースシャトルの実験機、エンター
プライズ号のオリジナルは、SFテレビシリーズの
スタートレックです。

補足日時:2003/10/05 18:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング