先日、電池の寿命について「んんん?」と思ったことがありました。
例えばこんなことです。
乾電池1個で豆電球を光らせる場合、その明るさを1とします。
乾電池2個を並列につないで豆電球を1個光らせる場合、明るさは1で乾電池の寿命は個数におよそ比例するので約2倍になります。
ここまでは当然のように理解できるのですが、次からちょっと「んんん?」な気分になりました。
乾電池2個を直列につないで豆電球を1個光らせる場合、明るさは2で乾電池の寿命はおよそ半分になる。
ん~なんで???
電圧が2倍になり、電流も2倍になり、明るさも2倍になるのは分かりますがどうして寿命がおよそ半分になるのでしょうか?
流れる電流の強さが2倍になるから乾電池の寿命は半分になるといえばそりゃそうだと思えますが、でも、乾電池は2個使っているんですよね。並列の場合と同じ2個の乾電池を使っているのに、どうして並列の場合の4分の1の寿命になるのでしょうか。明るさは2倍でしかないのに・・・
例えば、1個の乾電池で通常の2倍の電圧を持つ乾電池があったとして、これ1個と豆電球1個をつなぐと明るさは2になると思いますが、寿命は通常の乾電池2個を直列につないだ場合と比べどうなるのでしょうか。
たいしたことではないのですが、気になってしまったので、どのたか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

明るさが2倍って、本当にそうでしょうか?


電球の消費電力を計算してみるとわかることですが、消費電力(電圧×電流)は4倍になっていますよね。従って2個並列の時の1/4の寿命で計算が合うのではありませんか?

実際には同じ電球に2倍の電圧を掛けても電流は2倍にはならないし、4倍の電力でも4倍の明るさにはなりませんが、そういう事を無視して、計算上だけの話でしたら上記のような結果になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
明るさが2倍っていうのは厳密には違います。
豆電球を使用しているので、発熱量とか考えると違うのですが単純な例で話をしたかったのでそのように設定しました。
そうか!消費電力は確かに4倍になっていますね。
電力ということをすっかり忘れていました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/23 12:55

電池の仕組みは知っているようですね?



乾電池の寿命は、外側の亜鉛ケース次第だと思ってます。使えなく
なった乾電池をばらしてみると、亜鉛のケースはぼろぼろですが、
炭素棒は変わらない(ように見える)です。

電池を直列につなぐ場合、電流が二倍流れるので、亜鉛ケースから
イオンとなって溶出する亜鉛の量も二倍になります。

なので、いくつ乾電池を使っているか、にはかかわらず、電池が
早く駄目になる、ということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
電池の仕組みは知っています。
そうですよね。イオンの話をすれば納得できます。
すっきりしました。

お礼日時:2001/04/23 12:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

寿命」に関するQ&A: 液晶テレビの寿命

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンの寿命を縮める行為

パソコンの寿命を縮める行為というのはどのような行為をいうのでしょうか。
自分でもいくつか思い当たることがありますのでとりあえず例示してみます。
1、メンテナンス(デフラグなど)を長期間しない。
2、原因不明のフリーズ
3、フリーズなどを原因とする強制終了
4、たくさんの無駄なファイルをずっと保管する。

他にもありましたら教えてください。
寿命を縮める原因も良ければ教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

はじめまして。
1の項目は人それぞれ考え方が分かれているのでどちらともなんとも言えませんね。
・デフラグをするとデータを整理整頓する時に普通以上にデータの移動をしますので、たしかに寿命は減ると思います。
・デフラグを長期間しないと断片化が生じますよね。断片化があるデータを無理に読もうとすると無理に読もうとするので寿命が減ると思います。
・断片化が起きそうなデータを違うパーテーションに隔離すると、他の部分は断片化が生じませんし、その部分だけデフラグをかければいいですよね。しかし、同じ部分を何度も何度もデフラグをかけるとそこの部分だけ寿命が減り、結局はクラッシュに繋がります。
これらの考えは人それぞれなのでどれを選ぶかは人それぞれでいいと思います。

あと、HDDにあまり熱を持たせないようにしましょう。これをするだけで新品から使うと1年前後長持ちするとかしないとか…
それと、パソコンに無理をさせないようにしましょう。動作条件ぎりぎりのスペックはパソコンには負担がかかり、パソコンが激しく発熱します。HDDの寿命を縮める行為になってしまいます

はじめまして。
1の項目は人それぞれ考え方が分かれているのでどちらともなんとも言えませんね。
・デフラグをするとデータを整理整頓する時に普通以上にデータの移動をしますので、たしかに寿命は減ると思います。
・デフラグを長期間しないと断片化が生じますよね。断片化があるデータを無理に読もうとすると無理に読もうとするので寿命が減ると思います。
・断片化が起きそうなデータを違うパーテーションに隔離すると、他の部分は断片化が生じませんし、その部分だけデフラグをかければいいですよね。しか...続きを読む

Q並列接続、豆電球の明るさ 

乾電池を並列接続したとき、豆電球の明るさは変化するのでしょうか?

Aベストアンサー

これが小学生か中学理科の問題なら「変化しません」が正解で高校の物理または工業高校の電気、電子などの問題なら「並列接続すると少し明るくなる」が正解です。

小中ではウソを平然と教えますからね。

Qオンラインゲームの寿命を縮める?

えっと自分オンラインゲーム初心者なんですけど。

まあ初心者といってもそれなりにレベルがあるんですよ。
それでいらないアイテムが増えてきたので、初心者達に上げようと思いまして、それでみんないらないアイテムがあるなら初心者に上げようみたいな事を言ったら
「そういうのはゲームの寿命を縮めるから止めたほうがいい」
って言われたんですね。
どうして寿命を縮めることになるんでしょう?

良ければ教えてください<(_ _)>

えっと…こういうの書いた方がいいのか分かりませんが書いときますね。
月額無料でアイテム課金のゲームです^^;

Aベストアンサー

アイテム=強さですよね?(そう単純じゃないけど、分かりやすく(^_^)v

弱い人はがんばってアイテムを集めて強くなろうとする

皆が皆アイテム持ってて誰もが強かったら

面白くないでしょ?


 怪獣?と戦ってもすぐ勝つ、敵と戦ってもすぐ勝つ

何やっても勝つんだから、面白くなくなって、ゲームをしなくなる
人が集まらなくなれば、ゲームを運営できなくなるので、それでゲームは終了しちゃう、と。

Q直列回路と並列回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのですか。

直列回路と並列回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのですか。

Aベストアンサー

電池を直列にすると、2個の場合は電圧が2倍になるので、電流が増えて明るくなります。
電池を並列にすると、電圧は変わらないので明るさは変わりませんが、点灯時間は伸びます。

豆電球を直列にすると、豆電球1個当たりの電圧が低下するので暗くなります。
豆電球を並列にすると、明るさは変わりませんが、点灯時間が短くなります。

ご参考に。

Qデフラグやると寿命を縮める?!

何かのサイトで、デフラグをすると、ハードディスクの寿命を縮めるって書いてあったのですが、これって本当ですか?また、デフラグの概念が、お分かりでしたら、それもお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

本当です。

旧世代のHDDはパフォーマンスが低かったためにデフラグという処理によってそれをカバーしてやる必要がありました。デフラグはファイルのディスク上でのデータ配列を並べ替えているだけの単純な処理です。根本的な整理ではありませんしそれによって得られる効果は現状ではほとんどありません。現在のHDDは非常に高性能化してしまったためにそれをすることによってアクセス能力に差が生じることはありません。嘘だと思うのならデフラグをかけた状態とそうでない状態で比較してみれば良いでしょう。明確な差を示せる人はいないはずです。

加えて問題点となるのは現在のHDDの大容量化です。旧世代のHDDにおいてデフラグをかけることはさして問題ではありませんでした。ディスクの全容量が小さかったために全体にデフラグをかけても数分で処理は終了しました。ところが現在同じ事をしようとすれば1時間以上かかってしまいます。一般のデスクトップPCを平均的ユーザーが使用する場合に1時間以上の連続HDDアクセスがあることはあまりありません。それは非常に負荷の大きい処理になります。HDDは性能とともに信頼性も向上させていますからそれ自体ですぐ故障につながるということはありませんが、使った分だけ寿命を縮めるのは事実です。しても意味のない処理でHDD駆動時間が加算されていくのは無駄ということです。

デフラグをかけないとHDDのアクセス効率が落ちる分だけ負荷がかかるという説が出ていますが、それでどれだけHDDの実使用時間がのびているかが問題です。「週に一回ほどすればいい」という見解がありますが、では一週間使ったらデフラグの処理時間に相当する1時間以上の時間をPC実行時にロスしているのか?という問題が出てきます。それほどの差は生じないということは確信をもって言えます。

本当です。

旧世代のHDDはパフォーマンスが低かったためにデフラグという処理によってそれをカバーしてやる必要がありました。デフラグはファイルのディスク上でのデータ配列を並べ替えているだけの単純な処理です。根本的な整理ではありませんしそれによって得られる効果は現状ではほとんどありません。現在のHDDは非常に高性能化してしまったためにそれをすることによってアクセス能力に差が生じることはありません。嘘だと思うのならデフラグをかけた状態とそうでない状態で比較してみれば良いでしょ...続きを読む

Q並列つなぎで乾電池を逆向きにつなぐと、豆電球がつかない理由を教えてください。

乾電池2個を並列でつかい、豆電球につなぎます。並列の乾電池のうち、一つを反対向きにします。このとき、豆電球がつかない理由を教えてください。

Aベストアンサー

No.4です。
小学生ですと4~5年生ですかね?
なかなか電圧の理解は難しいですからこんなふうに教えたらどうでしょう。

先に説明した「回路」を細い道にたとえます。
電気はなんとおすもうさんですw
この細い道におすもうさんがギュウギュウ隙間なく並んでいます。
そして電球の部分が土俵です。

おすもうさんが支度部屋(電池の出口)から押し出されてきます。
道にはびっちりおすもうさんが並んでいますから
後ろから押されたおすもうさんは仕方なく進むしかありません。
しかもその先には土俵がありますので、
おすもうさんの本能でつい相撲を取って汗をいっぱいかいてしまいます。
この汗が電球の光ですww
そして取組みを終え、クタクタになったおすもうさんは、
後ろからどんどん来る新しいおすもうさん達がまた汗をかくために
再びビッチリならんで退場していきます。
そう、退場先は再び支度部屋(今度は電池の入り口)に帰っていくのです。
コレが電気の流れ(電流)ですwww

電池が並列ならば、二つの小道から出てきたおすもうさんは
合流してなかよく土俵に向かって進んでいくのですから
どんどん相撲を取ってずっと汗をかきっぱなしで問題ありません。

しかし、一つの電池が逆向きになってしまうと
支度部屋の出口と入り口が道でつながってしまい、近道になります。

おすもうさんは遠くに歩いていくのが苦手なので
遠い土俵のほうに行かずに近くの入り口にどんどん入ってしまいます。
そうすると土俵のほうの小道に並んだおすもうさんは
後ろから押されることが無いのでボーーっと立ったままです。
よって、土俵では新しい取り組みが行われないので電球も光りません。

しかも困ったことに、相撲も取らずに支度部屋から支度部屋に
ぐるぐるまわされたおすもうさんはやがて…
ストレスが限界に達し大暴れするので大変危険なのですwwww

こんな感じでいかがでしょうかw

No.4です。
小学生ですと4~5年生ですかね?
なかなか電圧の理解は難しいですからこんなふうに教えたらどうでしょう。

先に説明した「回路」を細い道にたとえます。
電気はなんとおすもうさんですw
この細い道におすもうさんがギュウギュウ隙間なく並んでいます。
そして電球の部分が土俵です。

おすもうさんが支度部屋(電池の出口)から押し出されてきます。
道にはびっちりおすもうさんが並んでいますから
後ろから押されたおすもうさんは仕方なく進むしかありません。
しかもその先には土俵があ...続きを読む

QパソコンでのDVD視聴は、パソコンの寿命を縮める?

パソコンでのDVD視聴は、パソコンの寿命を縮めるのでしょうか?

それとも、DVDドライブの寿命が縮むだけで、
パソコン自体の寿命には影響がないのでしょうか?

そういった噂を聞いたことがあるのですが・・・。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かに電気製品を長時間使用すれば寿命がきますが、それはDVDの視聴に限ったことでは無く全般的に言えることです。

特にDVDの視聴を行ったからと言ってパソコンの寿命が短くなることはないと思います。

DVDドライブの寿命は確かに短くなるでしょうが、それとて書き込みを沢山行うよりはずっと長持ちするはずです。DVDドライブの寿命は、書き込みのレーザーヘッドの寿命で大体決まっているようです。

従って、DVDの視聴の行っているだけではかなりの寿命があるので、そう簡単にはパソコンの寿命より先に尽きることはないでしょう。

Q豆電球の明るさ

中学入試の問題について教えてください。

(乾電池1個、豆電球1個)のときの豆電球の明るさに対して、
(乾電池2個、豆電球1個、豆電球2個の並列)の豆電球の明るさは、それぞれどうなるでしょう。
小学生向けなので、難しいことばが使えず、説明に困っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ア)電池1個で豆電球1個(ア)を点灯
イ)電池2個を直列にして,豆電球2個を直列(イ)にして点灯
ウ)電池2個を直列にして,豆電球2個の並列(B,C)と豆電球1個(A)の直列を点灯。

出題として,AとB=Cの明るさの比較ではなく,
アとAあるいは,アとB=Cの明るさの比較を求めていますね。

アの明るさとイの明るさは同じ。なぜなら豆電球1個にかかる電圧は,電池1個分の電圧だから。
Aはアより明るい。B=Cはアより暗い。なぜなら,Aには電池1個の電圧より大きな電圧がかかり,BとCには電池1個の電圧より小さな電圧がかかるから。

小学生に分かってもらえるかは,自信がありません。

QHDDの寿命を縮める行為や動作って何ですか?

HDDの寿命を縮める行為や動作って何ですか?
私が少し聞いたところですと、デフラグがあまり良くないと聞いたのですが本当でしょうか?
エラーチェックとかも良くないのでしょうか?
その他、考えられる行為や動作、使い方があったら教えてください。
TV録画とかも良くないのかな?

Aベストアンサー

HDDは、消耗品です。

1番大切な事は、外部メディアにバックアップして置く事です。

>エラーチェックとかも良くないのでしょうか?
>私が少し聞いたところですと、デフラグがあまり良くないと聞いたのですが本当でしょうか?

この両方は、頻繁にやり過ぎると良くないとの事です。
パソコンに不具合が有る時は、エラーチェックで直る場合が多いです。

デフラグは、行いますと、それなりきに効果は有ります。

1番いけないことは、HDDのランプが付いている(アクセツしている)時に、電源を強制的に切る事と、HDDに物理的に振動を与える事です。

それ以外の、通常使用は、全く問題は有りません。

Q豆電球の明るさの決め手

豆電球のフィラメントの抵抗は温度上昇によって変化しますよね
その場合豆電球の明るさがどうなるかはどのように判断するのでしょうか?

大学受験の問題で

電球のフィラメントに電流が流れて、フィラメントの温度が次第に上昇する。
これに伴い、電流計の指示は(小さく)なる。
この理由はフィラメントの抵抗が、温度の上昇につれて(大きく)なるという性質を持っているためである。
他方、このような電流の変化に伴い、電圧計の指示は(大きく)なる。
また電球の明るさは(明るく)なる。
(()の部分が問題です)

というものがあったのですが
電球の明るさは電力によって決まると思っていたのですがそれがまず間違いでしょうか?
もしそうだとすると

電流→小さくなる
電圧→大きくなる
抵抗→大きくなる

だけで、電力の増減が分かるものなのでしょうか?

ちなみに回答には
「フィラメントの温度が高くなるので、電球は明るくなる」
と説明されていました

どなたかこんな私に詳しい説明をお願いします

Aベストアンサー

 No.1さんのおっしゃるように、これだけでは不完全な問題ですね。
 おそらく、直流抵抗と電球が直列に接続され、これに定電圧電源が接続されている回路を指しているものと思います。
 その場合には、

  電球フィラメントの温度上昇で抵抗値が増加する
 →回路全体(直流抵抗+電球)の抵抗が増加し、電流が減少する。
 →電流は減少するが、電球フィラメントの抵抗が増加しているため、電球の電圧は増加する(直流抵抗の電圧は電流減少に比例して低下し、定電圧電源の残りの電圧が電球にかかる)

ということかと思います。

 ただ、これに「また電球の明るさは(明るく)なる。」が単純に付加されているのは疑問です。
 この文章全体の構成を分析してみましょう。

 質問者さんの書かれた文章だと、
  (A)電球のフィラメントに電流が流れて、フィラメントの温度が次第に上昇する。
 →(B)これに伴い、電流計の指示は(小さく)なる。
 →(C)他方、このような電流の変化に伴い、電圧計の指示は(大きく)なる。
 →(D)また、電球の明るさは(明るく)なる。
ということです。
 (A)→(B)→(C)が論理的につながっていることは問題なさそうです。((C)の「他方、このような電流の変化に伴い」は、明らかに(B)を受けている)

(解釈1)
 次に、(D)については、文章がだらだらと続いているので、(A)→(B)→(C)→(D)と単純に解釈してしまいそうです。この場合、質問者さんのように、「電流減少→電圧増加→」からどうして「明るさ」に結びつくのか釈然としませんね。

(解釈2)
 (D)については、「他方」と「また」の読み方によって、(D)の「また」は(C)と並列の記載と読めます。この場合には、論理的には
  (A)電球のフィラメントに電流が流れて、フィラメントの温度が次第に上昇する。
 →(B)これに伴い、電流計の指示は(小さく)なる。
 →(D)このような電流の変化に伴い、電球の明るさは(明るく)なる。
と解釈できます。この場合も、「電流が小さくなると明るくなる?」と混乱してしまいます。

(解釈3)
 しかし、「他方」と「また」の読み方によっては、(D)は(C)ではなく、(B)と並列というようにも読めます。つまり、
  (A)電球のフィラメントに電流が流れて、フィラメントの温度が次第に上昇する。
 →(D)これに伴い、電球の明るさは(明るく)なる。
   (この論理の中に(B)(C)は仲介しない)
ということです。これだと、「電流」「電圧」との関係は何も述べずに、単に「フィラメントの温度上昇で明るくなる」ということになります。

 正確な出題文を見ないと何とも言えないのですが、おそらく出題者の意図は、「解釈3」だったのではないかと思います。
 ご質問の中にも

>ちなみに回答には
>「フィラメントの温度が高くなるので、電球は明るくなる」
>と説明されていました

とあるように。

 質問者さんが「解釈1」のように解釈したことが混乱の原因だと思いますが、そう誤解させる問題文だったとしたら、問題文が悪いということでしょうね。文章のつなぎの「これに伴い」「他方」「また」というのが、何を受けて、どうつなげるものなのか、極めて曖昧です。
(物理の問題と言うよりは、現代国語の問題でした・・・)


(以下余談)
 ちなみに、電球の明るさはフィラメントの温度に依存しますが、フィラメントの温度はフィラメントで消費される「電力」に依存します。
 この場合、消費電力Wは、フィラメントの電圧V、電流をI、抵抗をRとして、

   W = I × V = I^2 × R

となります。温度が上がるとRは大きくなるが、それに伴いIが小さくなり、二乗の効果で効くので電力Wは一定のところで整定する、ということです。
 これが、「温度が上がると抵抗Rが小さくなる」特性だと、

  温度が上がる → Rが小さくなる → Iが増加する → Iの二乗の効果で電力Wが増加する → さらに温度が上がる → さらにRが小さくなる →・・・

を繰り返して「熱暴走」が起こり、フィラメントが焼き切れてしまいます。
 「負のフィードバック」ならどこかで安定しますが(自己制御性)、「正のフィードバック」では暴走や発振を起こします。
 ボーイング787のバッテリーでも、そんなことが起こっていたのでしょうか。

 No.1さんのおっしゃるように、これだけでは不完全な問題ですね。
 おそらく、直流抵抗と電球が直列に接続され、これに定電圧電源が接続されている回路を指しているものと思います。
 その場合には、

  電球フィラメントの温度上昇で抵抗値が増加する
 →回路全体(直流抵抗+電球)の抵抗が増加し、電流が減少する。
 →電流は減少するが、電球フィラメントの抵抗が増加しているため、電球の電圧は増加する(直流抵抗の電圧は電流減少に比例して低下し、定電圧電源の残りの電圧が電球にかかる)

というこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報