NHK教育で坂口安吾さんの「桜の森の満開の下」が
朗読されてるのを聴いて深い感銘を受けました。
他にもこのような素晴らしい物があれば是非読んでみたいので、
何か良い物を御存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
なるべく悲恋物語が良いです。宜しくお願いします。
※小説、詩、歌など何でも結構です(ジャンル不問です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

美麗な文章…でわたしが連想したのは森茉莉です(名前がすでに美文)。


有名なところでは『甘い蜜の部屋』『恋人たちの森』などが耽美的な小説で文章も美麗です(旧かなで読むともっと雰囲気出ます)。
でも、わたしが一番すきなのは、エッセイの『記憶の絵』。森鴎外の娘である著者の子ども時代からの想い出をつづったものなんですが、美しい文章で書かれた明治大正の贅沢に酔っていると、いきなり鴎外の変な好みの話が出てきて驚いたりする、というオマケつきです(笑)。わたしの持っているのは新潮社の全集に入ってるものなんですが、たしかどこかの文庫でも出ていたと思います(講談社文芸文庫か、ちくま文庫だったような…)。

あと詩で、どうやったら入手できるか謎の瀧口修造。昔図書館で借りて読んだきりなので記憶が怪しいんですが、言葉が喚起するイメージがすごく美しかったのを覚えています。たしか『妖精の距離』という詩集でしたが、これはたぶん絶版です。全集みたいなものも出ているようですが、なにしろ高くて手が出ませんでした(参考になりませんね…。すみません)。
瀧口修造は前衛的なので(なかなか手に入らないと思うし)、詩でもっとロマンティックな美文ということなら、やっぱり北原白秋でしょうか。大正浪漫、って感じの、メランコリックで綺麗な詩が多いです。

あと、古典の原文も美しいものが多くていいと思いますよ。とくに、平家物語を声にだして読むと、文章の美しさだけでなくリズムも心地よくて感動します(永井路子さんの『平家物語の女性たち』で手軽に平家の名文が読めます)。
田辺聖子さんの『文車日記』などで、お好きな古典作品をさがしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

美しい言葉と聞かれたら、尾崎紅葉!泉鏡花!!


明治時代に書かれた「金色夜叉」は有名すぎるストーリーですが、実際に読むと非常に面白いです。
ただ、やはり文体が古いので、慣れないと読みにくいかも。
そしてその紅葉先生のお弟子さんの泉鏡花は、師匠にも勝る美しい文体の書き手です。
一番のオススメは「婦系図」<おんなけいず>なのですが、ちょっと手に入りにくいかも。
まぁ鏡花はどの作品も綺麗で色気のある幻想的な話で、ちょっと切ない感じがするのでオススメです。「高野聖」「天主物語」「外科室」などが最初としてはスタンダードです。
    • good
    • 0

坂口安吾を読んだのが昔なので、どんな文体だったか忘れてしまい、同じ傾向のものが思いつかないのですが…


下記のアドレスは、Eテクストで、色々な作家のもの(作家の許諾を取ったか、著作権が切れてフリーになったもの)を公開しているHPです。意外と、本で探そうとしても無い作家のものもありますし、そこで色々見てみて、好きな作家を見つけてみるのはいかがでしょう。大手拓次、読んで見てください。この人の作品は、ひらがなの悩ましさを最大限生かしているので、「見て」味わうことを推奨します。日記も凄いのですが、今は入手しにくいかな。
小説では、中公文庫・田辺聖子「隼別王子の叛乱」メリメ「カルメン」(新潮文庫の堀口訳と、岩波の杉訳がまだ手に入るでしょう)をお勧めします。
また、これも入手しにくい(自分も入手できてないんです(T_T)でも、欲しがる人が増えたら、もっと手に入りやすい版が出ないかという思惑でお勧めするんですが、)ので申し訳ないのですが、村山槐多の詩。雑誌(芸術新潮とか、ユリイカとか)の特集号などでぽつぽつと手に入るのですが、まとまったのは手に入りにくい(知らないだけだったらすみません)んです。
一番素晴らしい(と勝手に思っている)「青色廃園」が手許になくて、万一間違って覚えてたらいけませんので、ここに引用できないのですが(T_T)今の季節では、「にぎやかな夕ぐれ」という詩があります。一部だけ引用しますと、
「にぎやかな夕ぐれやおへんか/ほんまににぎやかやおへんか」/何がにぎやか、何がにぎやか/薄青い濃い夕ぐれ
美しい空が東山に/紫の珠が雨みたいに東山に/星が血のりめいて酒びたりの春の空に/紫に薄くれなゐに

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0

同じく坂口安吾ですが、「夜長姫と耳男」はご存知でしょうか。


講談社文芸文庫の「桜の森の満開の下」には、一緒に収録されています。
この際、ぜひ、ご購入をお勧めします。

余談ですが、野田秀樹の「贋作・桜の森の満開の下」という「桜の森・・・」と「夜長姫」をベースにした芝居があります。
遊民社の時と、その再演もみましたが、私は好きでした。(特にラスト、桜の降りしきるシーンは感動ものです)
6月にまた上演されますが、チケット入手は気合をいれないと、いい席はとれないです(劇団優先予約、撃沈しました)  
おや、なんだか、芝居の話の方が長くなってしまいました。
申し訳ないです。(^^ゞ

参考URL:http://www.nodamap.com/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2つのナルニア国物語の朗読CDの違い

 お世話になっています。どのカテゴリーで質問すればいいか分からなかったのでここで質問させていただきます。ナルニア国物語の朗読のCDを購入しようと思っているのですが、アマゾンで見たところ2種類あるみたいなのですが、朗読をしている人が違うという以外の違いが分かりません。内容が少し違ったりするのでしょうか?回答よろしくお願いします。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0694524751/qid=1127443447/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-0693061-7820358

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0060793260/qid=1127443447/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/249-0693061-7820358

Aベストアンサー

両者ともUnabridgedとなっています。
つまり削って縮めたりはしていないということなので、物語の内容的に違うことは心配しなくていいんじゃないでしょうか。

でも、レビューを見ると新しい方は「各巻の最初のCDは,PCに入れるとちょっとしたおまけがついています」と書いてありますね。
何なのか気になりますね(^^)

Q女性が主人公の本(ジャンル指定無)

「レディガンナーシリーズ」茅田砂胡
「日帰りクエストシリーズ」神坂一

ここで紹介されていた上記の本を手にとってみたらば、予想以上に面白く気に入ってしまいました。上記の作品をご存知の方、似た雰囲気の書籍に心当たりがあれば、ぜひとも紹介していただけませんか?


[特徴]
・女性が主人公。(複数の主人公のうちの一人でも構いません)

・上のシリーズのように、主人公がかっこよく、その台詞にちゃんと「説得力」がある。

・わがまま、自己主張が激しい、影がある、作品内で哀れな境遇を強調されている、と言った主人公は、いくら見せ場でかっこよく活躍しても、ここぞというときだけ「普段はああだけど本当は優しい子」という片鱗を残していても、読んでいてすこぶる納得いかないので遠慮したいです。(例:9sの由宇、ダブルブリッドの優希、例が見つからないのですが平気で周りを振り回すキャラ、など)

・上記のシリーズのように、強いけど、強すぎではない、ちゃんと誰かの助けを必要とする(要は脇役の存在価値がちゃんとある)ものがいいです。


主人公一人に対して条件が多くてすみません。
上の条件全てに当てはまる必要はまったくありませんので、ちょっとでも思いついたら教えていただけますと嬉しいです。
とりあえず上で記した作品の主人公の子にとても好感を持っているのです。

「レディガンナーシリーズ」茅田砂胡
「日帰りクエストシリーズ」神坂一

ここで紹介されていた上記の本を手にとってみたらば、予想以上に面白く気に入ってしまいました。上記の作品をご存知の方、似た雰囲気の書籍に心当たりがあれば、ぜひとも紹介していただけませんか?


[特徴]
・女性が主人公。(複数の主人公のうちの一人でも構いません)

・上のシリーズのように、主人公がかっこよく、その台詞にちゃんと「説得力」がある。

・わがまま、自己主張が激しい、影がある、作品内で哀れな境遇を...続きを読む

Aベストアンサー

#7のmshr1962です。
>また「月光界シリーズ」も、他の視点から見たものがある?
新書館から出てる「天界樹夢語り」「逢魔が時の聖地」
こちらはユミカのシリーズの直接の過去ですね。
反魂のできる妖魔「ショッキング・ピンク」(残念ながら男)がメインの主人公です。
途中まで一緒に旅する「スフィンクス」(地球生まれ)というのも男ですし...
「天界樹夢語り」の時は同じ舞台設定の過去ということが分るだけですが「逢魔が時の聖地」と続くにつれ、月光界でもでてきた登場人物の若い頃が出てきます。
「月光界秘譚」の方は真牙(ユキミミの子孫)が主人公で
「逢魔が時の聖地」ともリンクします。
こちらの3作品は「月光界シリーズ」を読み終えた後なら、種明かし的要素が満載で面白いですが...

角川から出てる「月下秘抄」の方は同じ舞台設定というだけでユミカとのつながりはなかったと思います。
「月光界」全体通してだと「ユキミミ」がキーパーソンのようですね。

同じ作者の作品で「地獄使い」全3巻というのも少女が主人公です。
主人公・栖軽桃子は事故で生死の境をさまよいますが
そこで騙されて脱衣婆のキモを取るのに利用されます。
組成した桃子は懸衣翁と共に、地獄から逃げ出した亡者を地獄に戻すことを協力することになって...

>一部だけ、となっていますが、これは元々が続きものなんでしょうか。
全6部、7巻のものですね。
第1巻 ガルディスが主人公、パラディアは顔見せのみ
第2巻 レアーヴェノスが主人公、パラディアは顔見せのみ、マハが登場
第3巻 マハが主人公、パラディアは顔見せのみ
第4巻 パラディアが主人公、マハは顔見せのみ
※第3,4巻は同時進行の話になります。
第5巻 ガルディスが主人公、ラーズ・クリーフ登場
第6,7巻 全員(男4人,女3人)で真の敵と戦う
下記のURLから日本語のページで既刊検索すればあらすじが分ります。
http://www.seishinsha-online.co.jp/

後、この作者の別作品「いつもあなたがそばにいる 女剣闘士ルシア」全1巻というのもあります。
女剣闘士と領主の息子の恋を絡めた話です。

追加
ロビン・マッキンリイ「ダマール王国物語」全2巻?
アメリカの開拓時代と中世の魔法世界がくっついたような話です。
砦で働く兄の元に身を寄せることになった主人公が誘拐されるところから始まります。

星野亮「ザ・サード」WOWOWでアニメ公開中
http://www.wowow.co.jp/anime/third/

伊藤麻紀「宝剣物語」全4巻
海難事故で両親と兄と生き別れになった少女の元に訪ねてきた人物が少女を誘拐します。
連れ去られた先で次々と明かされる真実に驚きながらもたくましく生きていく少女の話です。
大陸書房版は絶版ですがトクマ・ノベルズから再発行されてます。

榊涼介「疾風の剣 セント・クレイモア」全4巻
両親を殺した相手に殺人者として育てられた少女レトの話
※第1巻だけタイトルが違いますので注意

三田誠「スプラッシュ」全3巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4829115092/qid=1148867174/sr=1-14/ref=sr_1_2_14/250-4543781-1417833

#7のmshr1962です。
>また「月光界シリーズ」も、他の視点から見たものがある?
新書館から出てる「天界樹夢語り」「逢魔が時の聖地」
こちらはユミカのシリーズの直接の過去ですね。
反魂のできる妖魔「ショッキング・ピンク」(残念ながら男)がメインの主人公です。
途中まで一緒に旅する「スフィンクス」(地球生まれ)というのも男ですし...
「天界樹夢語り」の時は同じ舞台設定の過去ということが分るだけですが「逢魔が時の聖地」と続くにつれ、月光界でもでてきた登場人物の若い頃が出てきます。...続きを読む

Q豊田市中央図書館の利用について(ジャンルが分かりませんでした)

豊田市中央図書館の資料の返却を不注意で延滞してしまい、3回目の催促状がきて、すぐに返却したのですが、その状況では、利用カードは停止されているでしょうか
お願いします

Aベストアンサー

図書館の規則とか調べられれば良かったのですが、HPにのっていないようです。

返却の時なにも言われなかったのなら問題ないんじゃないでしょうか?
普通に考えて、2,3回返却が遅延しても、ちゃんと返却したのであれば利用停止には
ならないとおもいます。

利用者カード有効期限確認のページがありました。こちらで調べてみるのもいいかも知れませんね。

参考URL:http://www.library.toyota.aichi.jp/card/index.jsp

Q戦争物のお勧め作品を!

戦争物(国内)の作品を探しています。


悲惨なだけでない、日常なども描かれた女性にも読みやすい作品はありませんか?


最近は「永遠の0」を読み感動いたしました。

Aベストアンサー

「永遠の0」を読まれたのでしたら、是非ともどうぞ。
本物の特攻隊員が遺した遺書です
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106037522

合わせてネット上でも、「特攻隊 遺書」で検索すると次のようなサイトや動画が沢山見つかります。
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/isyo/isyo.html
http://www.youtube.com/watch?v=nQ0AN524pF4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=LCdzGDaJKpg&feature=related

Q恋愛物の本を探してます。

久々に恋愛物を読みたいと思ったのですが、
なかなか希望にあう物がないので質問させていただきます。

読みたいのは恋愛小説なんですが、
普通の『出会いから始まる』物ではなくて、
『今つきあってる若しくは結婚してる人との恋愛』を読みたいんです。

つまり、
『順風満帆な現在』からの未来の不安等を書いた恋愛物が読みたいんです。


ちょっと難しい設定かもしれませんが、
なるべくたくさん読みたいので教えて下さい。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

江國香織さんの「きらきらひかる」はいかがでしょう?妻も夫もある問題を抱えており、設定は少し奇抜ですが、純粋な恋愛小説です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報