親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

8年程前にアメリカに滞在していた時にバージニアのバンカメでチェッキングアカウントを開き、その後日本に帰国する際にまた渡米する時に口座がある方が便利だと思い、口座を閉じずに帰国しました。

ここ4~5年アメリカに行く事もなく、夏にハワイに旅行に行くのでその時に口座を閉じようと思っていましたが、久々にオンラインバンキングで残高を見たところ、数カ月前から口座維持手数料が毎月$14引き落とされている事を知りました。

今まで口座維持手数料がかからない一定金額を口座に入れていたのでなぜ急に引き落とされるようになったのかもよくわからないのですが、このままだと夏まででもけっこうな額が引き落とされてしまうので、できるなら早めに解約したいと思ってます。

日本にいながら口座を解約する事はできるのでしょうか?
手紙やメールなどで解約したい旨を伝え解約し、残金を小切手などで送ってもらうことが可能であれば、以前、日本の銀行に問い合わせをした時、海外小切手も手数料はかかるが日本円に換算し、自分の口座に入金する事は可能だと言われたのでできればそうしたいと思ってます。

長くなってしまいましたが、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて頂けると助かります。

A 回答 (2件)

BoA にチェッキングアカウントを持っている者です。



>数カ月前から口座維持手数料が毎月$14引き落とされている
>今まで口座維持手数料がかからない一定金額を口座に入れていたのでなぜ急に引き落とされるようになったのか

BoA は、その一定金額の額を最近引き上げました( regular checking の必要な minimum/average daily balance は$1500です )。それで、口座維持手数料が引かれているのだと思います。(我が家もそれに気付かず、手数料を引かれてしまいました。結局気付いた時に waive してもらいましたが)

カスタマーサービスに、日本からの解約の仕方を教えてほしいとメールしてみてはいかがですか?

直接の回答でなく、すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですねー。納得できました。完全に$1500以下だったので引き落としされていたんですね。。。

これ以上引き落とされるのは困るので早めに問い合わせしてみようと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/05/06 18:55

イルカです。


大変残念ですが、ハワイにはバンカメの支店は有りません。
また、口座維持手数料は、最近どの銀行も値上げしていますので、注意して下さい。

口座を開設した支店へ、日本からメールか電話で問い合わせてみるしか無いと思います。
原則的に、口座解約にはIDが必要ですので、・・・・・・
下記にバンカメの日本(東京支店)の住所を記載しますが、個人口座は取り扱って無いので、出来ないとおもいますが、念の為!

バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ東京支店
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー15階
電話:03-3508-5800
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカ人の知人にハワイにも支店があると教えられていたのでてっきりあると信じ込んでいて、この質問を投稿した後に自分で確かめてみてビックリしていたところです。。。

やはり問い合わせするしかなさそうですね。
英語に自信がないので少し心配ですが、このまま残高が減り続けるのは嫌なので問い合わせしてみようと思います!

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/05/06 18:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBank of Americaに残っているお金について。

はじめまして。

私は、留学中、Bank of Americaに口座を作りました。留学も終わり、現在は日本に帰国しましたが、口座とお金はそのまま残しておきました。

この口座に残っているお金を、日本で引き出したいと思うのですが、Bank of Americaは、日本に支店はないのでしょうか?

もし支店がないとしたら、どうしたらいいのでしょう?

簡単なことかもしれないのですが、わからないので、どなたか教えて頂けますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実は、私はこの事でBank of America のシアトルにある支店に電話した事があります。電話して言われたのは、インターネットを使用できるようにし、そこから他の銀行に振り込む事ができますとの事。多分下のURLでパスワードを発行する。
https://onlinebanking-nw.bankofamerica.com/Verify.jsp
私の場合…送られたパスワードでログインできず…諦めて
アメリカにE-Trade証券がありましたので、E-TradeのWEBページでバンク・オブ・アメリカからE-tradeに全て移しました。
ですから、これ以上答える事はできません。E-tradeが出来るなら日本のCity Bankとかからでもできるかも…

参考URL:https://onlinebanking-nw.bankofamerica.com/Verify.jsp

Qアメリカで発行した小切手を日本で換金できるか?

アメリカから日本にお金を送金してもらいたいのですが、アメリカの銀行の小切手を送る事くらいしかやってもらえそうにありません。

アメリカの銀行の発行の小切手を、日本の銀行で換金することは可能でしょうか?

もし駄目であれば何かいい方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数料)や所要時間は、その銀行によって異なりますので必ずお確かめください。費用は送金されてくる資金から通常差し引きされます。
(アメリカの銀行が発行した小切手ならば、手数料は2~3千円、換金の所要期間は2週間程度でしょうか)
 しかし、ここで注意する点が2つあります。
 ひとつは、その小切手の額面金額が少額ならば手数料の方が多くかかってしまい、逆にアメリカの銀行から差額を請求されてしまうことです。この場合は、換金はあきらめるか、もしくは小切手を振出人へ郵送し、あらためて海外からあなたの日本の受け皿口座へ直接振り込んでもらうよう、振出人と交渉してみるのが得策でしょう。
 もうひとつの注意点は、その小切手が振り出されてからどれくらいの時間が経過しているか、です。銀行によって違いますが、一定期間経過していれば取立てができなくなる場合があります。(通常は6ヶ月程度です)
 スムーズに換金できればよろしいですね。

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数...続きを読む

Qアメリカから日本への送金

アメリカに在住です。
日本の家族にお金を送金したいのですが何か方法はありますでしょうか。
お金は米ドルです。

Aベストアンサー

送金される金額が分からないのですが、1回 $700 までなら郵便局(USPS) で International Money Order($3.45)を購入して、日本に郵送すれば安上がりかと思います。例えば$2,100を送金するなら3枚の Money Orderを一つの封筒に入れて EMSなどで郵送すれば銀行送金より安いと思います。

Money Orderには受け取り人が記入されていて、日本の家族が身分証明証をもって行けば日本の郵便局で日本円で受け取れます。

これを知る前にはトラベラーズ・チェック(AAAのメンバーだと手数料なし)に相手の名前を記して送り、日本の外貨を扱う銀行で入金してもらったことも有ります。 日本ではT/Cの為替手数料が一番低いと思います。

銀行送金は手数料が高いです。 他に Western Union も海外送金を取り扱っていますが、状況は分かりません。

参考URL:http://www.usps.com/money/sendingmoney/sendmoneyinternationally.htm

Qアメリカから日本に電話する時の国番号は?

アメリカから日本へ電話をかける時、日本の番号は何番でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No1です。
国番号は81ですが、国際電話識別番号011を忘れていました。

011-81-3-1234-5678
という具合です。

Qアメリカの銀行口座を残すかどうか迷っています。

アメリカからカナダに留学先を変更することになりました。ほぼ全財産がアメリカのBank of Americaに入っていますが、この口座をどうしたらいいか全く分からず困っております。

アメリカの場合、新規に銀行口座を開くにはビザが必要なので、一度閉じてしまうと次に開けるチャンスがあるかどうかは分かりません。かと言って、直接店舗に行かれないのに口座を残しておくことには若干の不安もあります。

かなりの額が入金してあることから、BofAの定期預金口座に移し変えた方がいいと勧められたこともあるのですが(利率が良いので)、たしか定期預金口座はネット上では操作ができず、お金が必要な時は店舗まで出向かないといけなかったかと思うので、残して行くのには不安もあります。

ちなみにごく少額しか入れていませんが、ウェルズ・ファーゴにも口座があります。これについても悩みの種です。

何かアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 UBOC に口座を持っていました。同行では Checking account に
1000 ドル以上の残高があれば、在住国に関わらず維持手数料は
かかりませんでした。私の知る限り、BoA でも一緒のはずです。

 手続きですが、日本に戻ったあとで銀行に住所が変わった旨を
郵送で送りました。これでステートメントが日本に送られてくる
ようになり、#2さんが書かれている W-8BEN も銀行のほうから
送ってきたので、記入して返送しました。

 この手続きをしておけば、ATMカードも切り替え時に新しい
のを送ってくれます。アクティベートはたしか電話でもできたと
思いますが、私は米国旅行に行ったときに残高照会する( どの
銀行のATMでもOK )という方法でアクティベートしていました。

 ATMカードがあると、米国旅行中にスーパーのレジで現金を
出してもらうこともできるので、便利だと思いますよ。ウェルズ
ファーゴのほうは全額を引き出し、解約するなり放っておくなり
すればいいでしょう。残高ゼロなら維持手数料はかかりません。

 UBOC に口座を持っていました。同行では Checking account に
1000 ドル以上の残高があれば、在住国に関わらず維持手数料は
かかりませんでした。私の知る限り、BoA でも一緒のはずです。

 手続きですが、日本に戻ったあとで銀行に住所が変わった旨を
郵送で送りました。これでステートメントが日本に送られてくる
ようになり、#2さんが書かれている W-8BEN も銀行のほうから
送ってきたので、記入して返送しました。

 この手続きをしておけば、ATMカードも切り替え時に新しい
のを送っ...続きを読む

Q海外銀行の口座のお金を日本で引き出したい

海外の銀行(Bank of America)の口座を持っているのですが、今後数年間は米国に行けそうにないため、日本でその口座のお金を引き出したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

今までに試みた事を挙げます。

1.UFJ銀行にあったATMからBank of Americaのキャッシュカードを使って引き出そうとしたが何やらメッセージが出て駄目だった。
2.郵便局のATMでも引き出そうとしたが駄目だった。
3.Bank of AmericaのHPでオンラインサービスのアカウントを作成し、日本にある口座(UFJ銀行)へ送金を試みたが、送金先は米国内の銀行のみらしく、UFJの米国支店のみしか駄目だった。
4.Bank of AmericaのHPでChecking Accountを作ろうとした。(現在の口座はSaving Accountなので、Checking Accountなら日本のATMで引き出せるかもしれないと考えたため)しかし、Social Security Numberを入力する必要があるため駄目だった。(Social Security Numberは持っていない)

他に良い方法があれば教えてください。

海外の銀行(Bank of America)の口座を持っているのですが、今後数年間は米国に行けそうにないため、日本でその口座のお金を引き出したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

今までに試みた事を挙げます。

1.UFJ銀行にあったATMからBank of Americaのキャッシュカードを使って引き出そうとしたが何やらメッセージが出て駄目だった。
2.郵便局のATMでも引き出そうとしたが駄目だった。
3.Bank of AmericaのHPでオンラインサービスのアカウントを作成し、日本にある口座(UFJ銀行)へ送金を試み...続きを読む

Aベストアンサー

 残念ながら、Saving Account の預金を日本で引き出すことはできません。
ご想像通り、Checking Account なら可能です。ただし邦銀のATMでは
下ろせず、郵便局のATM、シティバンクなど外銀のATM、およびクレ
ジットカード会社のキャッシング機でのみ引き出しが可能です。

 なお、東京スター銀行が日本の銀行では始めてシーラスに加盟したそう
なので、もしかしたら同行のATMなら下ろせるかもしれません。

 ただ、ちょっと不思議なのですが、よくSSNなしで、Saving Account
が作れましたね。普通は Checking Account しか開設できないはずですが。
もしやものすごく前に作ったとか? 少なくとも私が Checking Account を
開設した 1998 年には、必ずSSNが必要でした。

 あとは、誰か信用できる人が米国に行くときに、PINを教えて引き
出してもらうことでしょうか。ただし、一定の残高がないと、口座維持
手数料を取られてしまうのはご存知ですよね? 残高が足りなくなると
口座が凍結され、なにかとメンドウなことになりますよ。

 残念ながら、Saving Account の預金を日本で引き出すことはできません。
ご想像通り、Checking Account なら可能です。ただし邦銀のATMでは
下ろせず、郵便局のATM、シティバンクなど外銀のATM、およびクレ
ジットカード会社のキャッシング機でのみ引き出しが可能です。

 なお、東京スター銀行が日本の銀行では始めてシーラスに加盟したそう
なので、もしかしたら同行のATMなら下ろせるかもしれません。

 ただ、ちょっと不思議なのですが、よくSSNなしで、Saving Account
が作れま...続きを読む

Q額面がドルの小切手を換金するには

今、額面がドルの小切手が手元にある訳ですが、小切手というものを初めて手にして戸惑っている次第です。しかも額面はドルだし・・・(^_^;
そこで教えていただきたいのですが、
(1)どこに行けば円に換金できるのか?
(2)手数料はかかるのか?かかるとしたら、どのくらいが相場なのか?
(3)どのように換金したほうがお得なのか
以上、お勧めの方法を教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

私も1年程前にドルの小切手($150)を円に戻しました。

私はその時、他の回答者様方のような知識がなかったので、銀行で変えました。
銀行で帰る際の気付いた問題点をいくつか書かせていただきます。

まず、その小切手に期限があると思いますが、その期限内に交換する必要がると思います。ですので、良いレートの相場を待つ、現地に行く機会を待つ等のことが難しいと思います。

基本的に、銀行に持っていった場合、日本の銀行から海外の銀行へ送るそうです。ですので、2週間掛かると言われました。

手数料ですが、私はみずほ銀行で変えましたが、色々手数料(為替手数料、手数料、支店間の振込み料)などで5000円近く取られました。(最終的に引かれた金額なので、手数料自体はもう少し安いかもしれません。)

ここで気をつけなければならないのが、支店間の手数料です。みずほだけかもしれませんが、私の場合、口座を作った場所が実家の近くの支店(神戸)で、その小切手を持っていった銀行は東京の支店だったのですが、

東京支店→アメリカの銀行→東京支店→神戸支店

という順序になり、最後の東京支店から神戸支店の口座に振り込まれる際、同じ銀行なのに、手数料が取られてしまうということです。
額は700円ぐらいでしたが、個人的には払わなくて良い手数料を払ったような気分になり、すごく嫌でした。

私の場合は期限が2週間に迫っていたこともあり、職場近くの銀行で変えました。

質問者様は、お時間があるようでしたら、その他の選択肢を選ばれる方がいいと思います。

ご参考までに。

私も1年程前にドルの小切手($150)を円に戻しました。

私はその時、他の回答者様方のような知識がなかったので、銀行で変えました。
銀行で帰る際の気付いた問題点をいくつか書かせていただきます。

まず、その小切手に期限があると思いますが、その期限内に交換する必要がると思います。ですので、良いレートの相場を待つ、現地に行く機会を待つ等のことが難しいと思います。

基本的に、銀行に持っていった場合、日本の銀行から海外の銀行へ送るそうです。ですので、2週間掛かると言われました。

...続きを読む

Qアメリカ大使館でのビザ面接の際の服装について

F-1ビザ取得のための面接が近付いてきて、緊張しています。以前、ビザのことをいろいろ検索して調べた時に、「面接の時はスーツを着て行け」といったことが書かれているのを見たことがあります。

私自身の外見的な問題もあるのでしょうけれども、スーツを着ると学校の話をする雰囲気にならないというか、学生としてふさわしくない雰囲気をかもし出してしまいそうで、かえって逆効果(?)なのではと心配しています。かと言って、いつも通りのジーンズスタイルで行く勇気もないですし・・・

F-1ビザの面接を受けたことのある方、どんな服装で行きましたか? 男女問わず、いろいろな感想、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。

私も一発で通らないと渡米できないという状況だったので気持ち物凄くわかります。笑

写真はVISAの写真のことですよね?私の場合、肩ぐらいまでしかうつらなかったので普通にコートみたいのを着ていた気がします。本当に街中でジロジロみられるような格好をしていない限り、外見に関しては心配しなくても平気ですよ^^ただ背景に関してはものすごい厳しいそうなので絶対白背景で取ることを忘れないでくださいね。

コインロッカーがあるかどうかはわからないのですが、持っていって問題になるということはありませんから必要なら大丈夫ですよ。ただ預けたり返してもらったりいろいろ面倒くさいので必要が無ければ持っていかないほうが良いというだけです。きちんと荷物検査のときに申告すれば平気です。

飲み物と食べ物は禁止でしたね。しかしそのような事情があるなら、警備員さんに言えばなんとかしてくれるはずです。大使館の中に水飲み機などあるかもしれません(確認はしていないのですが)

きちんとチェックリストと照らし合わせて全て揃っていることを確認し、隅々まできちんと空欄を埋めてあるかなどを確認すれば平気だと思いますよ^^バタバタしていた人は、きっと必要な書類を忘れたりしたんだと思います。私の場合、時間が無かったのでビザの書類だけはエージェントに頼んでいたのでその点は心配なかったんですが…^^;

私も行った時に窓口でやったので驚きました。銀行の窓口みたいな感じですよ笑。呼ばれて行って簡単な質問に答えたり指紋を取ったりするだけです。受付の人は日本人の場合とアメリカ人の場合があります。私の場合不運にもアメリカ人の人で英語で面接でした…;でも本当に面接自体は5分もかからず終わりましたよ。1年前とそんなに変わってないといいのですが…;

#2です。

私も一発で通らないと渡米できないという状況だったので気持ち物凄くわかります。笑

写真はVISAの写真のことですよね?私の場合、肩ぐらいまでしかうつらなかったので普通にコートみたいのを着ていた気がします。本当に街中でジロジロみられるような格好をしていない限り、外見に関しては心配しなくても平気ですよ^^ただ背景に関してはものすごい厳しいそうなので絶対白背景で取ることを忘れないでくださいね。

コインロッカーがあるかどうかはわからないのですが、持っていって問題になる...続きを読む

Q300万円をアメリカに一番安く送金するには?(多少,日数かかっても可)

ニューヨークへの留学予定者(5年間くらい)です。
400万円位を送りたく思っています。
郵貯のワールドキャッシュに申し込みましたが海外送金は送金額の3%が取られるとの事でした。あと、円建てのクレジットカードなら持っています。

とりあえず、$9500(トラベラーズチェック)+$500(現金)は持込で
残り(300万円相当)は渡米後に何らかの方法で送ろうか模索中です(両親は高齢な為,代理送金を頼みづらいです,無理に頼めば承諾してくれるかもしれませんが)。
8月頭に入国してから入学日まで3週間くらいあり所持金で過ごせますので送金完了まで多少待てます。
入国後,直ぐに現地でBank of AmericaかCiti Bankで口座を開こうと考えております。
それで一番安く送金する方法は何がありますでしょうか?

郵便局の通常為替(為替手数料込み)が一番安いとの事でしたが一件の上限額があるので結局,300万円分送るとなると5回位に分けての総手数料は
1万円位(2000円×5回)+国際書留料
でした。
Citi Bankの日本支店で口座開設して300万円を預金して,渡米後に現地のCiti Bankでも口座開設すればCiti Bank間なので無料で送金してその後、日本の口座はさっさと解約しようかと思いました(最低預金額を下回ると毎月\2000位がペナルティで徴収されるそうなので)が日本のCiti Bankに問い合わせしましたら2つ口座を持てるかどうかは不明でしかも短期での口座開設&口座閉鎖行為はお断りしておりますとの事でした。

あと、「留学生向け海外送金サービス「JCB送金名人」サービス」は当面,新規加入不可でした。
一番倹約的な送金方法をお教え下さい。

ニューヨークへの留学予定者(5年間くらい)です。
400万円位を送りたく思っています。
郵貯のワールドキャッシュに申し込みましたが海外送金は送金額の3%が取られるとの事でした。あと、円建てのクレジットカードなら持っています。

とりあえず、$9500(トラベラーズチェック)+$500(現金)は持込で
残り(300万円相当)は渡米後に何らかの方法で送ろうか模索中です(両親は高齢な為,代理送金を頼みづらいです,無理に頼めば承諾してくれるかもしれませんが)。
8月頭に入国してから入学日まで3週間くらいあり所持金...続きを読む

Aベストアンサー

 送金や両替ではレートや手数料が複雑に絡み合って、どれが有利なのかの見きわめはなかなか難しいですよね。とりあえず、私の知見の範囲で解きほぐしてみたいと思います。

 最初にいくつか為替用語の説明をさせてください。既にご存じのこととの重複がありましたらご容赦のほど。
・銀行間レート その名の通り外国為替市場において銀行間の取引に使われるレートです。新聞やテレビなどで「午前の東京外国為替市場は1ドル=123円20銭から25銭で取り引きされています」などと報じられているレートは、特に断りのない限り銀行間レートです。
・公示仲値(TTM) 銀行間レートは株価などと同じく常時変動しており、金融機関でこれを取引の基準に使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートに代えて「公示仲値」というものを定めて一日を通して適用します。シティバンク銀行のように一日に数回見直す金融機関もあります。レートは各金融機関が独自に決めますから多少のばらつきはありますが、米ドルであればせいぜい0.1%以内の違いです。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨の現物のやり取りを伴わない外貨取引に適用されるレートで、具体的には海外送金やトラベラーズチェック発行などの際に使われます。一定のマージンをTTMに加算することで機械的に計算されます。このマージンを「為替手数料」などと呼んでおり、米ドルの場合はほとんどの銀行が1ドル当たり1円に設定しています。

(1)邦銀からの送金
 日本の銀行の海外送金手数料は多くの場合1回4,000円です。このほかに中継銀行や受取銀行が手数料を差し引くことがあり、その金額は典型的には1,000円~5,000円です。ただし中継銀行や受取銀行の手数料は事前に分からないことが多く、窓口で質問しても「送金してみないと分かりません」と返事されてしまいます。
 送金に適用されるレートは対顧客電信売レートです。米ドルのTTSはTTMに1ドル当たり1円加算ですので、例えばTTMが1ドル=123円00銭のときに2万ドルを送金するとすると、TTSは1ドル=124円00銭ですから124.00×20,000+4,000で2,484,000円を支払うことになります(送金手数料の4,000円含む)。

(2)シティバンク銀行からの送金
 シティバンク銀行も、海外送金手数料は1回4,000円・送金レートはTTMに1ドル当たり1円加算で他の邦銀と同じです[1]。ただし月間平均総預り残高が100万円以上あると海外送金手数料は1回2,500円に割引かれます。またインターネットバンキング(シティバンク オンライン)から送金すると500円割引かれて、1回3,500円(残高100万円未満)/2,000円(残高100万円以上)になります。
 一方で「シティバンク銀行の口座同士なら海外送金手数料無料」というのは、私自身シティバンク銀行に口座を設けて9年になりますが初耳です(*1)。確かにシティバンク銀行在日支店の口座間の国内送金であればATMやテレフォンバンキング(シティホン バンキング)、シティバンク オンラインを使う限り無料[1]ですが、海外への送金はその対象ではないはずです。そもそもNo. 1で指摘がありますように、同じシティバンクの商号を使っていても日本のシティバンクとアメリカのシティバンクは別法人(*2)で、送金手数料免除は考えにくいです。ただしシティバンク銀行在日支店からシティバンク銀行在米支店への送金であれば、中継銀行や受取銀行で手数料を差し引かれる確率が下がりますから、その点でのメリットはあります。

 シティバンク銀行を利用する場合の難点は質問文中にも記しておいでのように、月間平均総預り残高が一定基準を下回ると月あたり2,100円の「口座維持手数料」を徴収される点です[1]。従って送金1回だけの付き合いでしたらシティバンク銀行に口座を作ることは全くお勧めできません。
 一方で海外に住んだりあるいは海外渡航が頻繁にあったりする場合、シティバンク銀行は付き合って悪くない銀行です。例えば口座を持っているとトラベラーズチェック(以下TC)の発行を無手数料で受けることができます[1]。他行でのTC発行手数料は通常1%ですから、9,500ドルのTCを他行で作ったとすると現在のレートで11,800円ほどのTC発行手数料を払うことになります。それがシティバンク銀行だと全くの無料なのですから悪くない話です(*3)。
 また後ほど詳しく触れますが、シティバンク銀行の「外貨キャッシュカード」を使って米ドルを少しずつ引出す方法も、シティバンク銀行のうまい使い方の一つです。

[1] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/index.html

(3)ロイズTSB銀行 "Goロイズ"
 No. 3で紹介のある送金サービスです。通貨によっては為替手数料が高めのこともあるのですが、米ドルですと為替手数料は1ドルあたり1円ですので、(1)の邦銀からの送金と同じ送金レートということになります。手数料についてもNo. 3の回答にある通りで、(1)の4,000円よりは多少安く上げることができます。

(4)Western Union [2]
 No. 1の回答にある送金サービスです。利用法についての詳しい説明は[3]をご覧下さい。相手が口座を持っていなくても送金することができ、しかも着金が非常に早いのがセールスポイントです(早ければ30分程度で着金)。ただしその分レートは落ちると聞きます。また扱っているのが日本ではスルガ銀行[4]しかありません。
 今回は銀行口座は開設予定で、送金を急ぐ必要も特になく、一方で金額は大きいのでWestern Unionは適さないと考えます。

[2] https://wumt.westernunion.com/info/homePage.asp?country=JP
[3] http://d.hatena.ne.jp/yamaz/20070508
[4] http://www.surugabank.co.jp/surugabank/01/05/11/0105110200.html

(5)PayPal [5]
 PayPalは小規模の送金には適した方法ですが高額の送金には向きません。送金レートが銀行間レート+2.5%とやや高めの設定になっているためです[6]。為替手数料の高い通貨ならまだメリットはありますが、米ドルの為替手数料は1ドル当たり1円(0.8%)なので割高につきます。

[5] https://www.paypal.com/j1/cgi-bin/webscr?cmd=_home
[6] http://3crescent.blog28.fc2.com/?tag=%A5%DA%A5%A4%A5%D1%A5%EB%B0%D9%C2%D8%A5%EC%A1%BC%A5%C8

(6)シティバンク銀行・バンキングカード
 シティバンク銀行のキャッシュカード(同行での呼称は「バンキングカード」、[7])は、海外のATMで現地通貨をそのまま引き出せて便利ですが、レート自体はお世辞にも良いとは言えません。米ドルをATMで引出した場合、日本円預金口座からの引落し額は「米ドルの額を対顧客電信売レートで円換算し、手数料3%を加算」です[7]。
 シティバンク銀行の米ドルTTSは公示仲値に1円加算です。公示仲値が1ドル=123円00銭の時に1,000ドルを引出したとすると、(123.00+1.00)×1,000×1.03=127,720円が引き落とされることになります。公示仲値からの上乗せ分は4円72銭(3.8%)で、これはかなり高い方です。
 またアメリカのATMは所有者が利用手数料を徴収することが多く、細かな単位で何回も引出していると割高につきます。その場合の手数料は1回1~2ドルくらいです。これは(7)(8)(10)についても当てはまります。
 このほか1日あたりの引出し額にも制限があります。さすがに300万円を一度に使うのではないと思いますが、授業料などで1万ドルや2万ドルといった資金が一度に必要なのであれば、(6)(7)(8)(10)でなくやはり(1)-(3)などの送金によらざるを得ません。

[7] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/cards/bankingcard.html

(7)郵貯ワールドキャッシュ
 「小額だけ現地通貨が欲しい」というときにはまだよいのですが、300万円ともなると全くお勧めできない方法です。目減りが大きいのです。日本円での引落し額ですが「米ドルの額を対顧客電信売レートで円換算し、手数料3%を加算」までは(6)と同じで、これにさらに引き落とし1回あたり200円の手数料が加算されます。例えば公示仲値が1ドル=123円00銭の時に1,000ドルを一度に引出したとすると引落し額は127,920円で、上乗せ幅は4円92銭(4.0%)にもなります。

(8)シティバンク銀行・外貨キャッシュカード[8]
 同じシティバンク銀行のサービスでもこちらはお勧めです。「外貨キャッシュカード」という名前から(6)のサービスと混同しがちですが、別物です。
 外貨キャッシュカードはシティバンク銀行在日支店の口座にある米ドル普通預金を、海外で直接引出すことができるカードです。もちろんどこの国でも使えるわけでなく、利用はアメリカとそのほかサイパンなどの米ドル圏に限られます。
 一見(6)のサービスと似ているのですが、(6)は3.8%程度の手数料が加算された上で「日本円普通預金口座から」引き落とされるのに対し、「外貨キャッシュカード」では引出した米ドルそのままの額が「米ドル普通預金口座から」引き落とされます。シティバンク銀行の口座内で日本円普通預金を米ドル普通預金に振り替える際のレートは何度も出てきているTTS、すなわちTTMに1円(0.8%)加算です。従って目減りはこの0.8%で済むことになります。日本円普通預金から米ドル普通預金への振替えは、シティバンク オンラインを利用すればいつでもどこからでもできます。
 TC発行のレートも同じくTTSですから、No. 5のようにTCを送付する方法でも手数料(為替手数料)は同じ0.8%ですが送付の手間と送料がかかります。その点「外貨キャッシュカード」であれば誰の手を煩わせることもなく、自分で好きな時に好きなだけ日本円を米ドルに振り替えて引出すことができ便利です。
 なおバンキングカードはシティバンク銀行在日支店に口座を作れば自動的に発行されますが、外貨キャッシュカードの発行は別途依頼する必要があります。発行手数料や年間の利用手数料などは今のところ無料です。

[8] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/cards/gaikacashcard.html

(9)JCB「送金名人」
 おっしゃるように現在は新規受付を停止しています。送金で適用されるレートはJCBが定めるレート(銀行間レートや公示仲値と同一視してよい)に1.60%プラスで、これに1回あたり525円の手数料が加わります。
 小額単位で何回も送金する場合や、銀行送金の為替手数料が比較的高い通貨の場合はメリットがありますが、米ドルは為替手数料が1ドル当たり1円(0.8%)と安いので「送金名人」にはこだわらなくてよいでしょう。

(10)クレジットカードでのキャッシング
 ATMからクレジットカードでキャッシングする方法でも現地通貨を入手できます。適用されるレートはクレジットカード会社が定める通貨間換算レート(銀行間レートや公示仲値と同一視してよい)で、これに利用日から返済日までの利息が加算されます。利率は年利で15~25%で、利用から返済までの期間は25~55日程度です。従って1.0~3.8%程度を利息として払うことになります。
 ただし米ドルは送金にしても両替にしても手数料が安いので、キャッシングの方が多少高くついてしまいます。またクレジットカードのキャッシング枠は月に10万円や20万円といった程度で一般に小さく、300万円を一度に準備したい場合には向きません。それでも手持ちの現金が尽きそうになったなど万一の際には役に立つでしょう。

【まとめ】
 送金法に唯一絶対の解があることは少なく、最終的には上記の情報などをもとにご自身で決断頂くことになります。
 ただ私が同じ状況に置かれたならば、シティバンク銀行在日支店に口座を作ると思います。本文中に述べたように、最初に持参される9,500ドルのトラベラーズチェックの発行手数料が無料になるだけでも1万円以上節約できます。
 その後に送金する300万円についても一度に300万円が必要になるのならともかく、当面の生活資金として少しずつ使うなら(8)の方法は悪くありません。為替手数料の1ドル当たり1円のみで済み、送金手数料は実質的にかからないことになるからです。
 シティバンク銀行の口座維持手数料は「前々月の外貨預金の月間平均総預り残高が20万円相当以上」「前々月の日本円預金・外貨預金合計の月間平均総預り残高が50万円相当以上」のいずれかを満たせば免除されますが、300万円を預けておいて適宜のタイミングで米ドルに振り替えながら、(8)の方法で少しずつ引き出すのであれば当面は免除基準を満たせるでしょう。
 またバンキングカードは親御さんに預けておき、質問者さんは外貨キャッシュカードのみをアメリカに持参されれば、万一資金が不足した時でもバンキングカードを使って適宜の日本円を親御さんに入金して頂くことが可能です。シティバンクか提携金融機関のATMでお金を預けるだけですから操作も難しくありません。これが実質的に送金の役目を果たし、かつ手数料はかからないことはお気付きの通りです。
 シティバンク銀行は確かに、口座を開設して短期で解約というのを嫌いますが、留学期間の5年間活用してからであれば特に何か言われることもないと思います。仮に言われても「留学が終了したから」と応じれば十分でしょう。
 なおご存じかと思いますが持参されるのが1万ドルとなりますと、日本出国時に日本の税関に[9]、アメリカ入国時にアメリカの税関に[10]それぞれ申告が必要です。お忘れなく。

[9] http://www.tokyo-customs.go.jp/zei/kon.htm
[10] http://sapporo.usconsulate.gov/wwwhjcustom.html#10

*1 シティバンク銀行で海外送金手数料が無料になるのは私の知る範囲で、月間平均総預り残高が1,000万円以上ある場合のみです。この場合は送金先がシティバンク銀行の口座でなくても手数料無料です。
*2 別法人ですから逆に、日本のシティバンクとアメリカのシティバンクのそれぞれに口座を設けることに問題があるとは思えないです。
*3 TCの発行レートはシティバンク銀行・他行ともTTSで同じです。

補記: 外国為替証拠金取引(FX)を利用する方法
 これは参考までに記しておきます。為替や送金の仕組みについて理解している中級~上級者に限って適する方法です。
 最近急増しているFX業者ではわずかの為替手数料で日本円を米ドルに振り替えることができます。そのレートは銀行間レートに1ドル当たり5~7銭加算が目安です。振り替えた米ドルはFX業者の口座内の数字として保有しているだけですので、これを適宜の銀行に出金する必要があります。この出金は国内外貨送金扱いとなって一般に数千円程度の手数料がかかりますが、FX業者の「外為どっとコム」[11]では三井住友銀行の口座に1万ドル以上を送金する場合、送金手数料は「外為どっとコム」側が負担してくれます[12]。
 三井住友銀行の口座に米ドルが入金されたら今度はアメリカの口座に海外送金します。送金手数料は(1)で述べたように4,000円ですが、米ドルで資金を持ち込んで米ドル建てで送金する場合、リフティングチャージと呼ばれる手数料が0.05%ほどかかります。またリフティングチャージには最低額があり送金額が少なくても2,500円かかります(三井住友銀行の場合)。
 FX業者で日本円を2万ドルに振り替えてこれを三井住友銀行の口座に国内外貨送金し、さらに海外送金したとすると、FX業者での為替手数料が1,000円、国内外貨送金手数料は業者負担、海外送金手数料が4,000円、リフティングチャージが2,500円で合計7,500円ほどと見積もられます。海外送金の際に中継銀行や受取銀行が手数料を差し引く可能性があるのは(1)と同じです。

[11] http://www.gaitame.com/
[12] http://www.gaitame.com/service/gaika_shousai02.html

参考URL:http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/cards/gaikacashcard.html

 送金や両替ではレートや手数料が複雑に絡み合って、どれが有利なのかの見きわめはなかなか難しいですよね。とりあえず、私の知見の範囲で解きほぐしてみたいと思います。

 最初にいくつか為替用語の説明をさせてください。既にご存じのこととの重複がありましたらご容赦のほど。
・銀行間レート その名の通り外国為替市場において銀行間の取引に使われるレートです。新聞やテレビなどで「午前の東京外国為替市場は1ドル=123円20銭から25銭で取り引きされています」などと報じられているレートは、特に断り...続きを読む

Q銀行口座間の送金方法

Bank of Americaの銀行口座から,新たに開いたクレジットユニオンの口座にお金を移したいのですが,どういう方法が考えられますか。また,手数料のことなど,ご存知の方がいらっしゃいましたら,教えてください。

Aベストアンサー

Bank of Americaのアカウントを持っているのですが、トランスファーは, Bank of America以外のアカウントに行う場合は、有料のようです。他の銀行で知っているところでは、ETradeは、ETradeから行えば、双方向のトランスファーは無料でできます。

それと、銀行間のトランスファーを行う方法として、paypalというのがあって、無料でアカウントを作れるのですが、このアカウントに銀行のアカウントをリンクできて、無料で双方向のトランスファーができます。複数の銀行もリンクできるので、このpaypalのアカウントを通せば、銀行間のトランスファーも無料でできることになります。トランスファーが完了するのに多少時間はかかりますが(一週間程度)、ちょくちょく使っています(今はETradeで同じことができるので頻度が減りましたが)。それと、paypalはアメリカと日本とで別々にアカウントを持つことができるようで、これがすると、アメリカの口座から日本の口座に非常に低料金でお金の転送ができるようです。まだ、試していないのでわかりませんが、技術的には可能のようです。

ご存じだと思いますが、今は、アメリカの金融関連の状況は非常に不安定で、どの銀行が倒れてもおかしくない状況なので、もし使ったことのない銀行で新しく口座を開く場合は、最悪の状況を考えて行ってください。たぶん、Bank of Americaは大丈夫だと思いますが、ETradeは危ないかもしれないという噂も聞きますし。まあ、基本的に、預金は、アメリカ政府によって今は、$250,000まで保証されているので、とりあえず自分は預金は移していないのですが。

Bank of Americaのアカウントを持っているのですが、トランスファーは, Bank of America以外のアカウントに行う場合は、有料のようです。他の銀行で知っているところでは、ETradeは、ETradeから行えば、双方向のトランスファーは無料でできます。

それと、銀行間のトランスファーを行う方法として、paypalというのがあって、無料でアカウントを作れるのですが、このアカウントに銀行のアカウントをリンクできて、無料で双方向のトランスファーができます。複数の銀行もリンクできるので、このpaypalのアカウン...続きを読む


人気Q&Aランキング