介護レセプトの作成問題をやっていますが、給付費明細欄のサービスコードと様式第八は分かりますが わからない所があります。介護レセプトに詳しい方教えて下さい。
平成20年3月20日 指定介護療養型医療施設から指定介護老人福祉施設の多床室に初回入所。以降引き続き多床室に入所。
平成21年10月5日  外泊許可を受けて、自宅。
平成21年10月8日  施設に戻り、多床室に入所。
平成21年10月31日 現在入所中。

*入所中全日食事提供

※ 常勤医師配置加算基準適合・栄養マネジメント加算基準適合・サービス提供体制強化加算(II)基準適合

わからないのは 請求額集計欄で (保険分)(公費分)がありますが公費分の記入はいりますか?
いるとすればどのような計算でしょうか?

それと 特定入所者介護サービス費の欄ですが
福祉施設食費 と 福祉施設多床室 は必要ですか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No1のかたがおおむね回答されているので、大まかなところは割愛しますが、



公費分は生活保護等の公費負担があるものの記載が文面からないので、記入なしでいいのですが、特定入所者介護サービス費についても、この記載の中からは負担段階(利用者負担限度額認定証)があるのかどうなのかわかりません。もし利用者負担限度額認定証がないのであれば、特定入所者介護サービス費の欄も空欄ということになります。

この回答への補足

こんばんは。
ご指摘ありがとうございました。

利用者の状況や事業所概要を
よく読んだら 「利用者負担段階」の記入はありませんでした。
利用者負担限度額認定証が 有るか 無いかも チェックしないといけない事がわかり
大変助かりました。
本当にありがとうございます。

補足日時:2011/05/07 21:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きありがとうございました。
もっと勉強しないとだめですね。
文章だけでは理解しにくい所が多くて
難しいですががんばっていきます。
本当にありがとうございました。

又わからない時は質問するかもしれませんが(^^ゞ
宜しくおねがいします。

お礼日時:2011/05/08 00:11

まず用語についてきちんと理解されておいた方がいいでしょう。



ここで言う「公費」とは、生活保護法など公費負担が生じる場合に記載されるもので、文面を拝見する限りではそのような記載がりませんので、「保険分」のみで請求額と利用者負担額を合わせて100%になっていればOKです。

特定入所者介護サービス費ですが、福祉施設食費「595111」と福祉施設多床室「595211」でコード表に記載されている金額か各施設で定めた金額の低い方の額を記載することとされていますので、きちんと記載してください。

ちなみに、この欄は食費と居住費が保険の外に出された際に新たに設けられた箇所ですので、初期の頃に覚えた人に聞いても解らないかもしれませんね。
もっとも、通常は特養において手書きでレセプトを作成しているところはないでしょうから、必要な情報を請求ソフト上で初期設定しておけば記載されていますが。

以上を踏まえて、

給付費明細欄には
  「福祉施設II1」(要介護1の場合)×29日
  「福祉施設外泊時費用」×2日
  「常勤医配置加算」×29日
  「福祉施設栄養マネジメント加算」×29日
  「福祉施設サービス提供体制加算II」×29日
を記載。

請求額集計欄には「保険分」に全てを記載。

特定入所者介護サービス費には
  「福祉施設食費」×29日
  「福祉施設多床室」×29日
を各々の単価を添えて記載。

以上で問題ないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答を

ありがとうございました。

これからはもっと用語の勉強をしっかりしていきます。

お礼日時:2011/05/06 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平成24年度介護報酬改定、処遇改善加算について

処遇改善手当が加算されても、ヘルパーの給与は減ってしまうかもと聞きました。
なぜ、そのようなことが起こるのでしょう。

また、もし本当に減ってしまうとしたならば、厚生労働省はなぜこの改定で処遇が改善されると考えたのでしょう。

Aベストアンサー

こんばんは。
介護職です。

介護職員処遇改善加算は、元々国からいただいていたものを今回の改定で、利用者からも負担していただく事になっただけです。
介護報酬は下がっていますので、施設の収入も下がっています。
それを「どのようにやりくりするか」と考えた結果、質問者さんの施設は人件費を減らす方法になったのではないでしょうか。

Q入所を嫌がる老人の施設入所について

本人は嫌がったけど、家族が強引に老人福祉施設など(グループホームや特養やケアハウスなどなど)に入所させた、というパターンを耳にすることがありますが、
どうやって施設に連れていくんですか?(誰がどのように説得して?)

ケアマネさんが連れて行ってくれたりするんですか?

Aベストアンサー

再び失礼します。
かなり大変な状況のようで心が痛みます。

おそらくそのような状況だと神経内科などよりも精神科の受診の方が良いかと思われます。
精神科というと若い世代がうつなどで行くように感じられるかもそれませんが、結構高齢者の受診も多いそうで、いわゆるアルツハイマー症などにカテゴリーされなかったけれども日常生活家族の負担が大きい場合の受診もあります。
受診実績を作って有料老人ホームをあたりませんか。
認知症でなくとも入所できる施設はあります。


我が家の場合強行に拒否していた義父は結局早期アルツハイマー症だったのですが、とにかく不自然なまでの受診拒否、介入拒否であったためやりとりを録音してそれを本人に聞かせいかにおかしいか認識させおとなしくなったところで受診を納得させました。

本当にこの時期が一番辛かったですし、夫と私自身の関係も険悪になって子供たちも精神的に落ち着かなくなって、家族がぎくしゃくして苦しかったです。
今も本人は正直自分がそのような告知を受けたこと自体忘れてしまい、いかにも自分が正しいように振る舞いますがなんらか診断を受ける、医師にそういう状況だと認めて頂いただけでも家族は病気のせいにすることができて納得できるようになりました。
要介護2が下りましたのでそういう状況だ、と説明もしやすくなりました。
実際には更に病名を納得できない本人なので、介護サービスの利用には至りませんが。

一番には家族が何か変だ、おかしい、と思った時点で既に何かが進行しているのではないかと思います。
質問者さまご家族が少しでも負担が減ることを祈ってます。

再び失礼します。
かなり大変な状況のようで心が痛みます。

おそらくそのような状況だと神経内科などよりも精神科の受診の方が良いかと思われます。
精神科というと若い世代がうつなどで行くように感じられるかもそれませんが、結構高齢者の受診も多いそうで、いわゆるアルツハイマー症などにカテゴリーされなかったけれども日常生活家族の負担が大きい場合の受診もあります。
受診実績を作って有料老人ホームをあたりませんか。
認知症でなくとも入所できる施設はあります。


我が家の場合強行に拒否していた義...続きを読む

Q施設介護を行う際に、介護者(介護士)が個々の介護行為(おむつを交換する

施設介護を行う際に、介護者(介護士)が個々の介護行為(おむつを交換するなど)を行う時感じる負担感について質問があります。もし、得られたデータから介護行為それぞれの負担度の変動が特定の要因(高齢者の状態など)によってどの程度変動するか特定できた場合、現在の介護報酬の算定について何かアプローチできることはあるのでしょうか?また、逆に介護報酬の算定について施設介護士の個々の介護行為の負担感という観点からアプローチをするとした場合、負担度の変動をこの要因で見るべきであるという変数があれば教えていただきたいです。
介護報酬の算定基準とあわせて詳しく教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

仮に、「困難なオムツ介助というようなものがこの世に存在するとして」
それに対して、段階的に点数で重みをつけたとすれば、

介護を受ける側にとって、オムツ介助の困難さによって、
一部負担金が増えたりしますよね。

一般人から見て、そういった発想は、あまり、好ましくないと感じます。
介護の困難さは、介護認定に反映されているという認識です。

Q母はケアハウスに入所しております。 入所しているケアハウスは要介護にな

母はケアハウスに入所しております。 入所しているケアハウスは要介護になったら契約が解除になります。母は要支援なのですが、入所後直ぐから状態が悪くなってきており、日によっては殆ど歩く事が出来ない時があります。要介護認定は本人若しくは家族が申請するものですが、状態が悪くなっている事でケアハウスやケアマネージャーから要介護に申請するようにいわれる事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在、要支援ということで、(要支援1or2)要支援の期間も定められていると思いますので、更新の時期が近くなったら(2ヶ月前から更新可能)更新していく、というのが一般的ですが、状態が著しく変化していて、明らかに状態が違えば、現在受けている認定と違う状態の訳ですから、変更申請することが大まかな流れだと思います。

 何が原因で(病的疾患なのか、一時的なものなのかなど)ほとんど歩くことが出来なくなったかが不明なので、何とも言えませんが、このままだと、近い将来(更新の時期に更新手続きをしようが、現時点で変更申請をしようが、遅かれ早かれ)は必ず、要介護状態になってくるのではないでしょうか?

ということは、ケアハウスの退所が現実としてあり得ることなので、”他者から申請するように言われる、言われない”ではなく、今から、今後の方向についてどうしていくか、という部分を考えていかなければないないと思われますよ。

Q短期入所介護の施設基準について

介護事務を勉強し始めたばかりの者です。短期入所生活介護の施設基準の、以下の文意がよくわからず困っています。

ロ 併設型短期入所介護費を算定すべき指定短期入所介護の施設基準

(2)当該指定短期入所生活介護事業所が、併設事業所(指定居宅サービス基準第百二十一条第五項に規定する併設事業所をいう。以下同じ。)である場合にあっては、併設本体施設(指定居宅サービス基準第百二十四条第四項に規定する併設本体施設をいう。以下同じ。)として必要とされる数の介護職員又は看護職員(併設本体施設が一部ユニット型特別養護老人ホームである場合にあっては、当該併設本体施設として必要とされる数の介護職員又は看護職員(当該特別養護老人ホームのユニット部分以外の部分として必要とされる数の介護職員又は看護職員を含む。))に加えて、常勤換算方法で、利用者の数が三又はその端数を増すごとに一人以上の介護職員又は看護職員を確保していること。

・一部ユニット型特別養護老人ホームだけに、特に言及する理由は何なのでしょうか?

・(当該特別養護老人ホームのユニット部分以外の部分として必要とされる数の介護職員又は看護職員を含む)と言う部分の意味もはっきり 分かりません。

留意事項通知も目を通しましたが、留意事項通知での説明と上記が、私の中で上手く結びつきません。初歩的な事柄なのですが、どうかよろしくお願いします。

介護事務を勉強し始めたばかりの者です。短期入所生活介護の施設基準の、以下の文意がよくわからず困っています。

ロ 併設型短期入所介護費を算定すべき指定短期入所介護の施設基準

(2)当該指定短期入所生活介護事業所が、併設事業所(指定居宅サービス基準第百二十一条第五項に規定する併設事業所をいう。以下同じ。)である場合にあっては、併設本体施設(指定居宅サービス基準第百二十四条第四項に規定する併設本体施設をいう。以下同じ。)として必要とされる数の介護職員又は看護職員(併設本体施設...続きを読む

Aベストアンサー

施設基準をご理解頂けるレベルまで説明するのは困難ですね。

ヒントを申し上げると
特養の基準をもう少し理解してください。
・既存型特養
・一部ユニット型特養
・ユニット型特養(準ユニット型)
の職員配置を理解しないと意味が分かりにくいでしょう。

基準を読む場合は面倒でも準用する個所まで含めて理解する必要があります。
もう少し頑張って読み込んでください。

●本当に勉強されるのであれば、介護保険法の介護老人福祉施設を理解した後で老人福祉法の特別養護老人ホームの規定まで学ぶ必要があります。
●ただ、お一人で理解するには相当な時間と努力が必要です。
独学は無理とは申しませんが、施設・事業所の管理業務を行っている方へ相談してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報