『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。実際に読んではいないのですが、最近「進撃の巨人」という漫画が話題になっているようですが、昭和40年代ごろにポピュラーな週刊少年漫画誌に連載されていたもので、「巨人化」した人間?が主人公の漫画あったように記憶しています。まったく自信はありませんが、川崎のぼるさん?の作品だったようにも思います(記憶にある作画からも)。巨人化した主人公は、確か髪の毛が真っ白で、肌が真っ黒になってしまっていたようにも思います。このあたりも含めまったく自信がありません。お心当たりのある方はタイトルをお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

1966~1968年「少年」という月刊雑誌に、川崎のぼるが


『ザ・シャドウマン』というマンガを連載していました。

ある悪の組織を調べていた主人公が、逆に捕まって人体改造の実験台にされるが失敗。
昼は普通の人間だが、夜になると全身黒い肌に白髪になって超人的な力を持つようになる。
悪の組織を抜け出した主人公は、昼は小さな店で働き(ラーメン屋かそば屋だったような…??)
夜は真っ黒なスーツを着て『ザ・シャドウマン』と名乗り組織と戦う…
という内容だったと思います。
連載途中で雑誌が休刊した為、もしかしたら元の身体に戻れるかもしれない…というあたりで
話が終わっていたと思います。

検索をかけてみたのですが、詳しいサイトが見つからず、記憶を頼りに書きました。
巨大化しないので違う作品かもしれません。間違っていたら申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
私の記憶の主人公は、ほとんど「シャドウマン」でした。
おそらく巨大化というウソの記憶が加わってしまったようです。
次の方の指摘のとおり、作者は川崎のぼるではなく、さいとうたかおですが、私自身も質問の文章に当初「川崎のぼるか『さいとうたかお』」と記していました。川崎のぼるのタッチがだんだんとシリアスになって、さいとうたかお寄りになってきた頃のように思います。

お礼日時:2011/05/09 09:13

シャドウマンが一番近いよね。

時期も合うし。ただ巨人化しないから除外してたけど。
昭和40年代は、漫画ばっかり読んでたし、貸本屋には毎日行ってたなぁ。
それでも、「黒い肌」「白髪」「巨人化」のキーワードで思い付くのが無いんだよね。
ハルクは肌が緑色だけど、白黒で描かれた漫画だろうから黒く見えたんじゃ?と思って提案しました。でも、違うんだ…

巨人獣は、時代が新し過ぎるね。ちなみに新し過ぎて初見だ。

いったい何だろうなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
私の記憶の主人公は、ほとんど「シャドウマン」でした。
おそらく巨大化というウソの記憶が加わってしまったようです。

お礼日時:2011/05/09 09:14

石川球人の「巨人獣」ですね。



参考URL:http://g-zone.come-up.to/J/library/76/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
御指摘の作品とは作画のタッチも異なり、私の記憶のものとは違うようです。
おそらく「シャドウマン」に巨大化というウソの記憶が加わってしまったようです。
でも「巨人獣」という作品は面白そうですね。

お礼日時:2011/05/09 09:07

「ザ・シャドウマン」なら川崎氏でなく、さいとうたかを氏の作品です。


全身真っ黒は一致しますが、巨人ではありません。

参考URL:http://seisyun.eek.jp/taro_room/gekiga/saito_tak …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
どうも私の記憶は「シャドウマン」だったように思います。
なぜ巨人化が加わってしまったかは謎ですが……。

お礼日時:2011/05/09 16:38

ムーン



ジョージ秋山
    • good
    • 0

すんません。

No.3です。

矢口高雄さんじゃなかったかなと思うんです。
    • good
    • 0

うん、そうなんですよ。



突然巨人化してしまうのです。

その後、巨人女性も出てきて…。

ラーメン屋の漫画本で去年読んだのよ!

復刻版で単行本で出てんのよ!

ああ~!!思い出せない!!
    • good
    • 0

巨大化する設定だと


手塚治虫「ビッグX」
http://www.mars.dti.ne.jp/~matsumu/yama-027.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に御回答いただき、ありがとうございました。
ビックXも大好きな漫画でしたが、テレビで放映されるほどメジャーな漫画だと思いますが、私の記憶にあるものはもっとマイナーな漫画だったように記憶しています。ただし、メジャーな少年漫画誌に連載(短期?)されていたわけですから、その意味では決してマイナーではありませんよね。
もしかすると昭和50年代の初めまで含まれるかもしれません。

お礼日時:2011/05/06 15:47

超人ハルク?



あの頃、スパイダーマンとかのアメコミを日本人漫画家がリメイクしてたよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に御回答いただき、ありがとうございました。
超人ハルクはテレビドラマ化や映画化もされるほどメジャーな漫画だと思いますが、私の記憶にあるものはもっとマイナーな漫画だったように記憶しています。ただし、メジャーな少年漫画誌に連載(短期?)されていたわけですから、その意味では決してマイナーではありませんよね。
もしかすると昭和50年代の初めまで含まれるかもしれません。

お礼日時:2011/05/06 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和40年代~60年代までのオススメ少女漫画は?

子供のころから漫画をほとんど読まずに育ったので、「名作」と呼ばれる漫画をひとつも読んでいません。
たとえば、萩尾望都とか、1作も読んでません。
「これ知らなきゃ恥ずかしいよ」
「今でも手に入るよ」
という少女漫画がありましたら教えてください。
ちなみに恋愛漫画よりファンタジー系が好きです。長編より、短いものが好きです。

Aベストアンサー

超一流、いま読んでも十二分に面白いもの、絵も気持ちよく、ときには驚きをもって眺められるもの、というと

岩館真理子
大島弓子
坂田靖子
山岸涼子
萩尾望都
三原順
高野文子
くらもちふさこ
紡木たく
伊藤理佐

といった人たちのものでしょう。

今となっては読み返したいとは思わない(当時すでに読みにくいどころか読んでられなかったりもした)けれども個性的な絵によって忘れがたい名前としては

森脇真末味
よしまさこ
奈知未佐子
倉多江美
沖倉利津子
太刀掛秀子
松苗あけみ
星崎真紀
小橋もと子
高橋亮子

あと、何はともあれ読んでおかなきゃっていうと『ガラスの仮面』や『キャンディ・キャンディ』ですかね(後者は古本でしか手に入らないけれど)。『風と木の詩』なんかもかな~。『ベルばら』はこんなヘボいしろものが歴史的人気作となったという、当時に於ける漫画というメディアの特異性もしくは不思議さについて茫然とするための材料にはなる、という程度のものでしょうかね~。図書館にあったのでこの前借りてきたんですが、読むに堪えませんでした。とくに絵がもう驚くばかりに下手でどうにもなりません。


恋愛よりファンタジー、長篇より短篇となると、以上あげた名前の中では坂田靖子と奈知未佐子ですかね。あと一人この系統では、圧倒的な画力の持ち主で「さべあのま」という変な名前の人がいます。もともと寡作でしたが、今はもう本のカバー絵を描くくらいなのかな。おっとあと一人、忘れてはならない人がいた。

楳図かずお

ひぃぃぃぃぃ。

超一流、いま読んでも十二分に面白いもの、絵も気持ちよく、ときには驚きをもって眺められるもの、というと

岩館真理子
大島弓子
坂田靖子
山岸涼子
萩尾望都
三原順
高野文子
くらもちふさこ
紡木たく
伊藤理佐

といった人たちのものでしょう。

今となっては読み返したいとは思わない(当時すでに読みにくいどころか読んでられなかったりもした)けれども個性的な絵によって忘れがたい名前としては

森脇真末味
よしまさこ
奈知未佐子
倉多江美
沖倉利津子
太刀掛秀子
松苗あけみ
星...続きを読む


人気Q&Aランキング