「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

父(69歳)がステージ3の食道がんと診断され、
昨年の11月末に手術を行いました。(病院は都内の国立病院です)
結果は、癌が思った以上に進行しているため切除不可で
それから放射線と抗がん剤の治療に切り替わりました。

その後、放射線の効果で癌も小さくなってきているとのことですが
術後から、水のようなものしか食べられなくなってしまい
173cmある父が、今では43kgまで痩せてしまいました。
ステント治療なども行いましたが、食べられるようにはなりませんでした。

ここ数ヶ月では、微熱~高熱も続き、体力が落ちまともに歩けないため
ほとんど寝たきりの状態になっています。
しかし病院側としては、血液検査でも異常はなく、熱の原因も不明(癌の影響)、
体力が落ちているため抗がん剤治療も見合わせで、自宅療養という状態です。
次回外来は一ヶ月先で、それまで点滴もせず
何も食べられない父が自宅で寝ているだけなんて、普通の状態なのでしょうか。

母は先生があまり深刻でなかったり、信頼できる国立病院ということもあって
不安ではあるものの、治ると思っているようなのですが
私はもう、余命宣告をされてもおかしくないのではと思ってしまいます。

末期なら末期で、そういった覚悟を持って残った時間を一緒に過ごしたいのです。
病院は、治る見込みを持って今のような診断をされているのでしょうか。
今どういう状態なのかも、先のことも何もわからず、本当に不安です。

・深刻な病状を病院側が報告しない可能性などはありますか?
・今の状態から体力が回復して、食べられるようになることはあるでしょうか
・治る見込みがあるなら、セカンドオピニオンなども考えた方がよいのでしょうか
・また、自宅では主にグルセルナで栄養を取っているのですが
もっと効率よく栄養補給できる方法があればお教え頂きたいです。

食道癌、消化器内科の方、ご家族で同じような経験をされた方
アドバイス頂ければ幸いです。
助けてください、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

転移はまだしていないので


深刻な病状を病院側が報告しない可能性はありません
問題は放射線と抗がん剤の副作用で食べられなくなっていることです
難しいことは栄養ですが栄養点滴をすると癌にも活力を与えてしまいます
やがて転移という結果が待ち受けます
しかし、このままでは栄養失調で死亡します
それをわかってて点滴をするしかないでしょう
そのように判断してください
体重が下がるのは40キロが限界と思います、癌は小さくなっているので点滴を申し出てください
その病院で点滴を拒否されればセカンドオピニオンをするしかないと思います
病院側としては副作用が治まる自然に任せる判断をしていると思います
しかし高熱はは肺炎を引き起こす危険もありますので下げたいと思います
癌は小さくなっていますから、副作用が治まることがポイントと思います
転移、肺炎を引き起こさない限り副作用が収まれば体力の回復の可能性はあります
熱を下げることだけでも食べることができる可能性もあります本人が行かなくても
セカンドオピニオンは受けられますのでご家族の方で他の病院で受けてください
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
現在は自宅療養に切り替わり、訪問医の下、24時間点滴をしています。
高熱が続いているので肺炎は心配していますが
特に打つ手がないようで、見守っている状態です…。
座薬など解熱剤だけでも効果はあるのでしょうか、先生にも相談してみたいと思います。
体力さえ回復してくれればと思いますが、低下する一方です。
アドバイス頂いたようにセカンドオピニオンなども検討したいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/06/20 00:31

こんばんは。


食道がんではありませんが、
治療により一時期固形物がまったく食べられなかったがん患者です。
食道がんの治療に関してはわからないのですが、
栄養補給に対する経験だけ、参考になればと思い回答します。

私はグルセルナという高カロリー流動食は使用していなかったので
実際のところはわからないのですが……
不味くないですか?
もし質問者様が飲んだことがなければ、一度味見してみてください。

私の場合は、鼻からのチューブで別の高カロリー流動食を飲んでいましたが
チューブを除去してもすぐに固形物を食べる許可が出たわけではなく、
嚥下リハビリをしている間はチューブのときと同じ流動食を
口から飲みました。

…油っぽくてまいりました。
お父様も味が原因で飲めない、ということはありませんか?

たかだか200ccくらいの量で
1食分のカロリーを補おうというのですから
相当の油です。

とてつもなく濃い高脂肪乳のようなものなのですから
濃い目のコーヒーと等量に混ぜて飲むと
なんちゃってカフェオレのようで(それでも相当に油っぽかったですが)
まだましでした。

お父様がむせたりせず水分を飲むことができるのでしたら、
そのまま飲むのではなく
コーヒー等と混ぜて薄くすれば少しは飲みやすいかもしれません。
あくまで、グルセルナという流動食が
ミルク系の味であるならば、ですが。


今グルセルナを検索しました。
糖質制限流動食なのですね。
グルセルナにもいろいろ種類があるのかもしれませんが
1本250キロカロリー、1日3本(商品説明ではそう書いてありました)では
750キロカロリーしかないので、そもそも成人男性には足りません。

実際にお父様には栄養士の指示が1日何本になっているのかが問題ですが
味が苦手で指示されている本数を飲めないのならば、
まずは上記したように薄めるとかして飲むこと。
それでも無理ならご本人に負担ですけど;鼻チューブを入れるか、
胃ろう(おなかから直接胃へつなぐチューブ)を入れるかして
指示された本数をまずは飲まないと、カロリー不足でやせていきます。

そもそもの指示本数が1600~1800キロカロリーに満たないのなら
ご家族ががんばって
糖質の少ない、でもカロリーを補えるメニューを作って
ミキサーで流動食にして飲んでもらう…しかないと思います。


蛇足ですが
鼻チューブとかの流動食をしていると
周りの方によく勘違いされたのが
「口から食べることができない」=「味がわからない」と思われていたこと。
味はわかるんです。
特に放射線治療とか化学療法とかされているときには
味覚は良かれ悪しかれ鋭敏です。
もし自家製流動食を作られる場合、
すごくすごく大変なのですが
おかずなんでも全部ぶち込んで一緒くた、などろどろ産物にはなさらないようお願いいたします。
質問者様ご自身が食べて美味しい流動食、にしてあげてください。


市販流動食で、糖質制限が可能で
1日の必要摂取カロリーが確保できる商品が他にあれば一番いいですね。
市販流動食のみでカロリー確保できれば、口から飲み込むのがつらくても
胃ろうでカロリーを確保できます。
体力が今以上に落ちないようにするには、どうかカロリー確保を。

少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
ご経験されたお話、とても参考になりました。
現在はグルセルナに加え、点滴で栄養をまかなっており
ほとんど食べないにも関わらず、母が毎食何かしら工夫したり
市販流動食を買ってみたりしているようです。
やはり、味は大切なのですね。気をつけたいと思います。
自分で食べられるようになれば、一番良いのですが…
様子をみつつ、まだ頑張ってみたいと思います。
アドバイス頂きまして、本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/06/20 00:24

こんにちは。

お察しします・・・

漢方薬の天仙液やゲルソン療法は如何ですか? 検索してみて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。アドバイスありがとうございます。
お教え頂いたものに加え、他にも色々な療法を調べた結果
現在は自宅で、主治医の下「丸山ワクチン」の投与を始めています。
もちろん保証されたものではありませんので、気休めかもしれませんが
何もしないよりは良いかと思っています。
今後も出来る限りのことはしていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/20 00:11

同じような思いを経験しました。


大変お辛いでしょうが、私が思うのは未来の事は誰にも分からないということです。

私の場合も、やはり先の事が分からず不安に思いましたので、看護士を通じて主治医の先生にお時間をとっていただき、疑問に思った事などをお尋ねしました。

先生は、丁寧に現状を説明をし、こちらからの疑問にも解かり易くお答えくださいました。
また、今後の予定と見込みをお話してくださいました。
その際に、逆に先生から考え得る状況に対する親族の判断も予めお伺いくださいましたが、それらの事を考えるのは本当に大変厳しい事でした。

ただ、病状の変化等で、想定内の最悪の結果や、見込みどおりには行かないことも多々ありました。
その度に先生は、新たな状況についての説明をしてくださり、アドバイスとともに、更に今後想定されることについて、私に心積もりすることや検討しておく事を仰ってくださいました。

結果、主治医が考える今後の見込みが分かったからといって、何かが解決するわけではありませんでした。
先生との信頼関係、病状や経過への理解や納得は出来ました。
一方で新たな不安や課題が生じることも多々ありました。

勿論、一番辛いのは患者ご本人です。
付き添いの私は、後悔しないように行動しようと思いましたが、出来ることは僅かな事だけだったと思います。

お答えになるかどうか分かりませんが、病状は個人によって異なります。
いろいろなご意見を伺うより、先ずは、ご質問にお書きになられた数々の疑問について、主治医の先生に時間を割いていただいて、全てをご相談されてはどうでしょうか。



主治医にご相談されたうえでのご質問、或いは、その他お気に触られました部分がございましたら、申し訳ございません。平にご容赦くださいますようお願いいたします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
病状は変わりませんが、現在は自宅療養に切り替わりまして
訪問看護士が週3回、訪問医が月2回来てくれています。
母も、大きな病院で少し遠い存在の医師より
今のほうが心強いと言っているので良かったかもしれません。
ご回答頂いたように、相談もしやすくなりました。
今度どうなるかは分かりませんが、出来る限りのことはしたいと思います。
同じ経験をされた方のお話が聞けて心強いです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/06/20 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食道癌の余命

知り合いの方が食道癌で入院しています。
3ヶ月ほど前に余命1ヶ月と宣告されましたが未だご健在です。
ただ、先日肺炎を併発して病院へ運ばれましたがある病院では手に負えないと拒否され現在違う病院へ入院されています。
鎖骨の裏の方に転移し、胃も切除しているので物も食べれずに朝晩モルヒネを打っているそうです。
このぐらいの病状しかわからないのですが、この方はあとどのくらいの余命なのでしょうか。
医者からは治療をしないと年内、しても半年ほどでしょうとまた先日言われたそうです。

Aベストアンサー

ちなみに、その患者さんの年令はおいくつぐらいなのでしょうか?一般的には若いほどに進行は早いですね。鎖骨の裏の方と言うのは骨転移をしているという事なのでしょうか?質問の内容だけではよく解らないですが、あまり長くはない感じはしますね。ご本人の元々の生命力や精神力で、余命というのは変わってきますよ。

Q父が食道癌です。教えて下さい。

父が食道癌みたいです。昨日母に聞きました。父は51歳です。
昔から父親らしい事はしてもらった事はなく、嫌いな父です。
暴力・お酒を一日中飲む・働かない、母が昔からとても可愛そうでした。
私も妹ももう結婚していて、父の顔を見るのも年に一回か二回。
顔を合わしても、話すのも年にあるかないか・・
いつも母に離婚を進めてきましたが、借金の関係で離婚できないと言います。
余談でしたが、そんな父が癌になった様です。
食道 声帯、下咽頭の所の癌だそうです。リンパ球にも転移があるそうです。
7月中旬辺りから入院してるそうですが、誰にも言ってなかったみたいで昨日聞いたところです。
医者からは、レベル4?ステージ4だと言われているみたいですが、ここが意味わからないのですが、
妹が言うには保険の関係で余命や生存確率?みたいな事を聞くと、保険がおりないとかで聞いていないそうです。
私も母にまだ会っていなく、詳しく面と向かって聞いていないので余りわからないんですが、食べ物は食べれないみたいです。
鼻から吸引しながら、液体?を入れないといけない状態です。

ここまでで、父はどんな状態なんでしょうか?
本当に最低な人なので、冷たいようですが癌と聞いても余り何も思いませんが、
もしこの先長くないんだったら、一度くらい顔を見に行こうかと思っています。

宜しくお願いします。

父が食道癌みたいです。昨日母に聞きました。父は51歳です。
昔から父親らしい事はしてもらった事はなく、嫌いな父です。
暴力・お酒を一日中飲む・働かない、母が昔からとても可愛そうでした。
私も妹ももう結婚していて、父の顔を見るのも年に一回か二回。
顔を合わしても、話すのも年にあるかないか・・
いつも母に離婚を進めてきましたが、借金の関係で離婚できないと言います。
余談でしたが、そんな父が癌になった様です。
食道 声帯、下咽頭の所の癌だそうです。リンパ球にも転移があるそうです。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の父も食道がんでしたれべる4は末期を意味します。食道がんでリンパにも転移している状態だとそう長くはもたないと思っていいと思います。
食道がほとんど腫れてる状態をイメージしてもらえればよくわかると思いますが、そんな状態なので食べ物が食道を通過できないんです。だから栄養剤として鼻から栄養をとっているんだと思います。レベル4だから多分放射線や抗がん剤で一応治療するかもしれませんが期待は薄いでしょう。
食道がんの誘発の原因の一番は飲酒です。私の父も飲酒、タバコが誘発原因だったと思います。
私も父の事はあまり好きではなかったけど、日々やつれていく父を目のあたりにしたら思いは変わりましたよ。住んでいる場所が違ったので臨終間際に東京から京都まで電話がかかってきて急いでいきました。一応間に合ったけど、何も話す事も出来ない状態でした。あなたにとって、お父さんはどうでもいい存在かもしれませんが、死を目前にしてる人なので、出来るだけ、話せるのなら話をしたり、顔を見るだけでもいいし、ぜひ会ってあげてください。

Q食道癌について専門家の方詳しい方助けてください

母(65歳)が食道癌ステージ4です。
本人は3だと信じています。
某大学病院で手術が最適と言われ近いうちに入院予定です。手術後に抗がん剤使用との事です。
ネット等で調べてみると3、4では手術は無理(無意味)だと思われます。
詳しい方にもアドバイスいただきましたが、手術すると
最悪の結果になると教えてもらいました。

千葉の国立東病院に食道癌治療日本一と言われる医師
がおられるようですが千葉で治療するのは本人が嫌がります。(札幌市在住)3なのでいちかばちか医師のすすめる手術にかけよう決めています。親戚もすっかり医師を信じています。
癌の位置は調度、食道と胃の境目に出来ており、リンパへの転移もありそうとのこと、腺癌だとは聞いていません。担当医(助教授)といつ話せるか未定なのですが、
決まったらそのへんは説明してもらいます。

癌の位置からすると最良の治療はステージ4でも手術
なのでしょうか?
胃がんの手術のような簡単な手術だと医師は言います。放射線も効きにくいといいます。

癌と診断されてすでに1ヶ月以上経過しているのに未だ
入院の日すらはっきりしません。
心配でなりません。

私自身は千葉で治療して欲しいのですが無理なら別の病院(地元の国立病院)でと考えておりますが、ステージ
4で手術は無理だと言うわけにもいかず困っています。

消化器内科の方、放射線科の方、食道癌にお詳しい方、
助けてください。
よろしくお願いいたします。

母(65歳)が食道癌ステージ4です。
本人は3だと信じています。
某大学病院で手術が最適と言われ近いうちに入院予定です。手術後に抗がん剤使用との事です。
ネット等で調べてみると3、4では手術は無理(無意味)だと思われます。
詳しい方にもアドバイスいただきましたが、手術すると
最悪の結果になると教えてもらいました。

千葉の国立東病院に食道癌治療日本一と言われる医師
がおられるようですが千葉で治療するのは本人が嫌がります。(札幌市在住)3なのでいちかばちか医師のすすめる手術に...続きを読む

Aベストアンサー

お返事になっているか分かりませんが、したためさせていただきます。
16日に予定通り手術をしていれば、このような状態にはならなかったのか?に関してですが、これはなんともいえませんね。しかし、手術は体にとってかなりのストレスになりますから、手術を行っていたら手術の直後にこのような事態に陥っていた可能性もあると思います。つまり、がんそのものからの熱だとしたら、16日に手術をすれば一見悪いところを取るからよいように思いますが、手術の際、血液の中をがんの細胞が広がりますから、逆に高熱を出した可能性はあります。ですから、結果的には、手術をのばしていて正解だったかもしれませんね。(手術の危険を冒さずにすんだと考えられます。)
病期についてですが、これはまさに、なんともいえないと思います。今回の症状が進行によるものかというと、一概にそうとは言い切れないからです。たとえは変ですが、コップに水をそうっと入れたとき、表面張力でなかなか水はこぼれませんよね。ある点から急にこぼれます。しかし、一旦こぼれると、また当分こぼれにくくなります。そんな感じに似ていますね。たとえが悪くて申し訳ありません。ですから、今回の症状イコール急激な進行と捉える必要はないと思います。たまたま、このタイミングで熱が出てしまったがゆえに、少しびっくりするような症状が出てしまったのだと思います。
加えて、私が今心配していますのは、お母様のお気持ちです。今回のことでかなり落胆されているのではないかと思います。よくお話を聴いて今、望まれることをいっぱいいっぱいしてさし上げたり、させてさし上げるとよいですね。
今回の病は、お母様のものかもしれませんが、これはお母様一人だけのものでもなく、watabousitamarin様含め周りの人々だけのものでもない、皆さんで共有すべきものと思います。お医者さん、看護婦さんたちも含めてみんなでお母様を支えて上げられたらよいですね。

お返事になっているか分かりませんが、したためさせていただきます。
16日に予定通り手術をしていれば、このような状態にはならなかったのか?に関してですが、これはなんともいえませんね。しかし、手術は体にとってかなりのストレスになりますから、手術を行っていたら手術の直後にこのような事態に陥っていた可能性もあると思います。つまり、がんそのものからの熱だとしたら、16日に手術をすれば一見悪いところを取るからよいように思いますが、手術の際、血液の中をがんの細胞が広がりますから、逆に高熱を...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q食道がん、再発?

父は去年、食道がんのステージ(3)と診断され、
放射線治療と抗がん剤の化学療法で、ガンが消失しました。

しかし、昨日、定期検診に行ったとき、肺にガンが
あるようなことをいわれたそうです。
それは、去年からあった小さな影だそうですが、
明らかに大きくなってるそうです。
(父は過去の結核の痕だと思ってたようです)
明日は全身も転移していないか検査に行くようです。

食道がんは、再発すると余命は1年以内だとか…。
原発性だという可能性もあるんでしょうか。
また、再発だとしても治る可能性はあるんでしょうか?

よく分かっていない段階でお聞きするのもとも
思うんですが、なんだか不安で。
すいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結果がはっきりしないうちはお辛いものがあるでしょうね。

ガン専門病院の食道外科に勤めていました。
かなり厳しい現実になりますが、食道ガンはガンの中では予後はよい方ではありません。なので、再発の場合は厳しいものがあるのが現実です。ですが、転移であっても、治療できないというわけではありません。
同じ食道ガンであっても予後は本当に人それぞれですので、まり思い詰められませんように。

肺の方は調べてみないとわかりませんが、はっきりガンであるかどうかは腫瘍マーカーをするか、生検(細胞を一部とって調べる)をしなければ確定はできません。
肺生検はリスクを伴う検査なので、まずは全身に転移があるかどうか検査してその結果から、肺生検の必要があるかどうかを判断すると思います。
肺の陰が、ガンの疑いで調べてみたら実際は血液の塊だったり、古い結核のあとだったりする事はとても多いのですが、陰自体が短期間に大きくなっいると言うことはガンである可能性は否定できません。
仮に肺の陰がガンであった場合、それが食道からの転移ではなく、肺ガン自体も原発の可能性があるかと言うことですが、それはあります。
実際に、2つのガンが見つかり転移かと思ったら、どっちも違うタイプのガンであるという場合も何件か有りました(私たちはダブルキャンサーと言ってます)。

結果がはっきりしないうちはお辛いものがあるでしょうね。

ガン専門病院の食道外科に勤めていました。
かなり厳しい現実になりますが、食道ガンはガンの中では予後はよい方ではありません。なので、再発の場合は厳しいものがあるのが現実です。ですが、転移であっても、治療できないというわけではありません。
同じ食道ガンであっても予後は本当に人それぞれですので、まり思い詰められませんように。

肺の方は調べてみないとわかりませんが、はっきりガンであるかどうかは腫瘍マーカーをするか、生検(...続きを読む

Q食道ガン。術後治療なしの場合は?

食道ガン。転移が検査や自覚症状が出るのはどの位からですか? 質問よろしくお願いします。
親族が食道ガンの手術をしました。
ステージは3~4。リンパ転移ありで抗がん剤治療後に摘出しましたが、声帯までガンが進行しており今後の生活を考え声帯は残しました。
現在は目に見えるガンはなく、術後の治療(抗がん剤等)はせず、月一回の経過観察のみなのですが、
この状態で何年も過ごせる可能性はありますか?
ガンは検査や自覚症状に出るのは何年も掛かると聞きますが、細胞レベルでも急に大きくなるのでしょうか?
術後に抗がん剤や放射線治療をするのかと思ってましたが、月一回の経過観察はこのような場合一般的なのでしょうか?
一般論でも構わないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ある程度ご高齢になるとガンの成長は遅くなるようです。
最近は、少量の抗がん剤を使ったり(私も80%の量にしています)
2週間のサイクルを3週間や4週間にしたりして
体に負担をかけない抗がん剤治療もあるようです。

抗がん剤を使って身体中のガンを全て無くするという考え方から
体に負担をかけない程度でガンと共存するという考え方も増えているようです。
体を壊してしまったら元も子もありませんからね。
おだいじに。

Q末期がんの父が退院を迫られています。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがですか?」と病院から匙を投げられ、自宅近くの総合病院に転院、あと1ヶ月なら自宅で過ごさせてあげたいという家族の思いから自宅介護が始まりました。

退院後は病院にいるときよりも体調は良さそうでしたが、痛みを取るための麻薬が多いため、常に意味の分からないことを話し、幻覚もみていましたが、訪問介護の方がとても良くしてくださって、時々とんでもない大騒ぎを起こすことはありましたが、とりわけ穏やかに過ごすことができました。

そして余命一ヶ月と言われ、あれから1年が過ぎようとしていた今年7月。呼吸困難、血圧低下、意識不明となり救急搬送、そのまま入院となりました。
そのときの内科の担当医から重度の肺炎を起こしており、あと1週間もてば…と言われました。
いつも側で見てきた私たちも「今回は本当にヤバい」と思い、家族4人交代で常に父の側にいました。

入院中は飲食は全くできず、意識は朦朧しており、せん妄がかなり強く出ており、1日1日弱っていく父をみんなで手を握りながら穏やかに過ごせるように努力をしてきました。

そして本日、早朝から担当医から急遽呼び出しを受け、入院のきっかけになった肺炎(肺に膿が溜まりそれに膜が張っている状態)でしたが、継続的に抗生物質を投与したことにより、肺炎がおさまって来たので、今日明日中に退院してくださいと言われました。

しかし父は2ヶ月近く一切の飲食を行っていないため身体は骨と皮のみ。自力で立ち上がることも自分で歯を磨くことも顔を洗うこともできません。
意識は朦朧としていることはありますが、1週間ほど前から母や子供である私達に涙を流しながら「今まで面倒を見てくれてありがとう」「夕べ親父と兄貴がきて(どちらも昨年亡くなっています)俺たちと一緒に暮らそうって言ってくれたんだ」と言ったりして、顔は今までの苦しみから解放されたかのような穏やかな表情をしておりました。

しかし本日は一転。今まで見たことないような鬼のような形相をしており、血圧計や心電図などを外していました。言葉は怒鳴って話しますが何を言っているか意味が分かりません。
飲食は本日よりリハビリの一環で口内洗浄用のスポンジに水を湿らせて口の中に水分を与えるということは始まりましたが、リハビリ師に「嚥下ができないため固形物を飲み食いできる状態ではない」と言われました。
鼻から酸素投与をしておりますが、本日より外す方向で投与量を少なくしているとのことでしたが、とても呼吸が苦しそうで、時々肩で呼吸をしています。
また尿について、尿道に管を通し直接尿を出していますが、ここ1週間ほどは尿パックには血液のみというくらい真っ赤な尿がたまっています。(麻薬投与により本人は痛みなどはありません)また尿量も入院時の半分以下になっています。
血圧は高い日もありますが平均60/40前後です。(あがっても70くらい)

また本日内科の担当医から聞いた話ですが、「泌尿器科の〇〇先生のお話では父の前立腺がんの進行はあと1年は大丈夫であろうという見立てです」と言われました。(〇〇先生は父の担当医ではありません)

根本的な話ですが入院時一切の延命措置はしない、命を長らえるための治療は行わない。
ただ痛みだけは取ってあげてください。という話をしたため、それ以降血液検査やレントゲンなどの検査を1ヶ月以上全くしていません。
本日の担当医も「レントゲンや血液検査などはしていませんが、熱が下がっているので肺炎は収まっている」と言っていました。泌尿器科の先生は1年前の転院時に行った検査資料でお話をされていると思います。

父と話がしたいし、生きていてくれることはとてもうれしく思います。
でもこんな状態で父はまだ生きていけるのでしょうか?
私たち家族はどのような選択をしていけば良いのでしょうか?
退院/転院させることで、父を苦しめることになるのではないか?と思えて仕方がないのです。

頭の中が混乱しており、状況説明がうまくできていないと思いますが、どなたか教えてください。宜しくお願い致します。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがです...続きを読む

Aベストアンサー

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰って一晩泊まった次の朝、
1日のほどんどを眠り続ける母に、モルヒネを少し少なくしてもらったらどうか?
つらければすぐ追加が可能だそうだからと、提案すると母は聞いてくれました。
ですが、その後苦しみ始め、すぐモルヒネを頼みましたが、その前に呼吸が停止したのです。
すぐ、送還して呼吸は取り戻しましたが、まもなく亡くなりました。

私は乳がんの手術後4年で再発し、抗がん剤治療が始まりました。
胸のリンパ節への再発で、手術もできない場所です。
いろいろ自分で調べたところ97%の確率で死に至ることを理解しました。

それから4年が過ぎました。放射線と抗がん剤治療の後、私のがんは消滅し(寛解 
ないとは言えないが、見えない状態)お医者さんも首をひねっています。
もちろん、治療は続きます。今後また姿を現す可能性は高いでしょう。
実際近所のママ友は2000年初発2008年再発で、先頃亡くなりました。
私はというと、今は元気に生活し、仕事もしています。

長々書きましたが、何が言いたいかというと、がん患者の場合どのような早さで病状が進むのか、
人によってものすごく差があるということです。

お父さまにしても、いつ頃まで生きられそうだという、たとえ医者の言葉でも
当てにはならないと思います。私の周辺で、医者の予測が当たった人など、少ないくらいです。
確かに厳しい状態ですが、今できる、いいと思うことをやられたらいいのでは と思います。
他の回答者の答えにもありましたが、あなた自身もよい選択をしておられるように思います。

ただ気になるのは、そんなに弱ったお父さまを『今日明日にも』退院させようとすることが
理解できません。病状が静かに安定しているならまだしも、怒鳴ったり、呼吸が苦しそうなど
目が離せない状態で、今動かすことがいいとは思えません。
同じ病院にホスピスなどがあり。速やかに動かせるならいいかもしれませんが。
こんな状態で動かすのはおかしいということを、主治医に話してみてはどうでしょうか。
移転先を探すのもなかなか大変なことですし。
なぜ、急に退院させようとするのか真意を聞けるといいかもしれません。
難しいかもしれませんが...。
認知症による徘徊など、病気ではないものに対して退院を迫るということは聞きますが
お父さまは、医学的な治療(痛みをとるだけでも)が必要な患者ですから
退院を強制することはできないはずだと思います。

お役に立てたかどうかわかりません
看護もたいへんでしょうが、合間には体を休めて下さいね。
ご自分の健康も大切ですから。
お父さまが少しでも楽になられるよう祈っています。

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰っ...続きを読む

Qガン治療後なのにお酒がやめられない

夫が咽頭ガンと食道がんで手術、抗ガン剤、放射線治療をし、もうすぐ退院予定です。
元々お酒は好きで、入院前は休肝日ももうけ気をつけていたつもりでした。
本当に大変な闘病生活だったし、お酒は禁酒を勧める、と病院からは言われたのに、本人は、たまに少しならいいだろうと、禁酒は出来ない、と聞きません。
子供もまだ小さく、呆れますが、本人はたまに少量なら大丈夫だろう、の考えです。
何か良い説得方法はないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>本人はたまに少量なら大丈夫だろう、の考えです。

休肝日を設けて気をつけていてもがんになったのですから再発してもおかしくないと思います。
医師にお願いして、検診の際に『やめないと死ぬよ』くらい言ってもらってはどうでしょう?

酒も少しなら体にいいといいますが、
咽頭がんや食道がんはその部分へのアルコールの刺激自体がよくないと言われています。
実際咽頭がんや食道がんになる原因の一つに飲酒があがっています。

とはいえ、胃がんの手術直後にコーヒー飲んで奥さんから大目玉くらっていた人とか
どうしてもタバコがやめられず、いざやめようと思い立ったら医師から『もう歳だから
好きにした方がストレスが無くていいよ』と言われたおじいさんとか
いろいろいらっしゃいました。

言っても聞かないようなら、
お葬式の準備とその後の生活の計画でも立てますかねぇ。
葬儀計画書とかダンナ用のエンディングノートとか母子家庭向けのパンフとか
揃えておくといいかもしれません。
妙案無しですみません。
でも無理にやめず、いらぬストレスをためない方がいいのかもしれませんね。

Q再発食道がんの治療方法

60歳の父ですが食事がのどにつかえるようになり、1年5ヶ月前に食道がんステージ3~4と診断されました。CTでは転移は見当たりませんでしたが手術は不可能と言う事で、放射線+抗がん剤(シスプラチン+TS-1)で治療しました。約3ヶ月後にはがんが見えなくなりとても喜んでおりました。しかし、3ヶ月前から又のどがつかえると言うようになり、調べた結果、同じ場所に再発しているとの事でした。今はシスプラチン+イリノテカンで治療していますが状態は良くも悪くもならずという感じなので効いているとは考えられません。再発食道がんは手術は出来ないのでしょうか?また他に有効な治療法を知っている方教えて下さい!せめて普通に食事だけでも出来るようにさせてあげたいです。

Aベストアンサー

父上様の大変厳しい病態とあなたのご心痛をお察しいたします。

さて、放射線化学併用療法※(ステージ1ないし2の症例では外科的摘出術と同等の治療成績を示します)が一時的に奏功しましたが、残念ながら同所再発した症例では、再度の放射線照射(放射線化学併用療法も)は絶対禁忌となります。ところで、食道癌に最多の組織型である扁平上皮癌は、放射線に対しては感受性が高く=良く効きますが、抗癌剤に対しては感受性が低く=効き難い性質を有しております。但し、放射線化学併用療法の場合は、抗癌剤が放射線の感受性をさらに高める増感剤の役割をしています。

ですので、残された治療としては……、

(1)再発部位を外科的に摘出すると伴に食道を再建する。さらに術後に抗癌剤治療を再開する。

(2)あくまでも姑息的な治療となりますが、普通に食事が出来るように、食道が狭窄や閉塞を引き起こさないうちにステント留置術を施行する。さらに術後に抗癌剤治療を再開する。

以上ですが、(1)も(2)もその適応の可否を主治医またはセカンドオピニオンにてお尋ねください。以下に、食道癌に対する標準治療サイトのURLを記します。

参考URL:http://www.gsic.jp/cancer/cc_10/hc/index.html

父上様の大変厳しい病態とあなたのご心痛をお察しいたします。

さて、放射線化学併用療法※(ステージ1ないし2の症例では外科的摘出術と同等の治療成績を示します)が一時的に奏功しましたが、残念ながら同所再発した症例では、再度の放射線照射(放射線化学併用療法も)は絶対禁忌となります。ところで、食道癌に最多の組織型である扁平上皮癌は、放射線に対しては感受性が高く=良く効きますが、抗癌剤に対しては感受性が低く=効き難い性質を有しております。但し、放射線化学併用療法の場合は、抗癌剤が放...続きを読む

Q食道癌手術後。合併症。

昨日の質問の続きです。

父の食道癌手術後、1週間たった今、やはり合併症が起こりました。
父は、若干の心臓の衰えはあったそうですが、かなりの健康体で、
医師らからも、合併症はかなり少ないだろうとされていたのに。
それで、父は、縫合不全により膿胸からくる敗血症だと診断された。
また、呼吸不全により今は100%酸素による人工呼吸。
血圧も70台と、循環動態の悪化があるといわれました。

生命維持はかなり厳しいらしく、2、3日でよくならなければと言われました…。

縫合不全というのは、医師のミスからくるものではないのですか?また、3日前の発熱のときに気づいて処理していれば、もっとよかった可能性ありますか?ただ、これは、胸に針を刺すのは危ないというので、少し待ったといわれましたが、それで間違いですか?以上が出た時点でやってほしいものだと、素人は思います。

今の時点では、やはり、呼吸不全と循環動態の悪化から本人たよりをしかないですか?この時点では、ほかによい処置の方法とはありますか?

正直、かなりやばい状態というのはわかりますが、奇跡を信じたいと思います。

前回URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=118788

昨日の質問の続きです。

父の食道癌手術後、1週間たった今、やはり合併症が起こりました。
父は、若干の心臓の衰えはあったそうですが、かなりの健康体で、
医師らからも、合併症はかなり少ないだろうとされていたのに。
それで、父は、縫合不全により膿胸からくる敗血症だと診断された。
また、呼吸不全により今は100%酸素による人工呼吸。
血圧も70台と、循環動態の悪化があるといわれました。

生命維持はかなり厳しいらしく、2、3日でよくならなければと言われました…。

縫合不全というのは、...続きを読む

Aベストアンサー

手術後の管理はその方の状態を把握して、その都度対処していくのでこの書き込みだけで判断は出来ませんが、手術後発熱をすることはよくあることなので、まだ観察すべき期間と判断されたのだと思います
ただ、食道の手術自体が、かなり体に与える影響の大きい手術なので、対応も難しくなるでしょう
病巣の場所や大きさ、手術の方法などによっても対応が変わってきますし・・

現在の状態は確かに難しい状態だと思いますが、お父様の体力を信じて、あとは医師からよく状況を聞き、今後の対応について話し合っていくことが大切だと思います
縫合不全はそのかたの体質などもありますし、単に医師のミスということでまとめることは出来ないのではないかと思いますよ
医療的な処置が正しくなされる事と、これは経験からですが、ご家族が声をかけることなどで本人の治療に対する意識が上がることで、状態が改善する場合もありますので、励まし、信じつづけて接していただけるといいと思います
正直言って本当に難しい問題なのでこのくらいしかお答えできずに申訳ありません
よくなられることをお祈りしています


人気Q&Aランキング