ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

7月購入の新車に乗っています。
或る人から「長時間駐車する時はハンドル(前輪)を真っすぐ
にしておかないとオイル漏れが始まる」と言われました。
「外車、特にベンツなどは一発でだめになる」とも言っていました。  本当でしょうか。
ちなみに、私のは国産トヨタ車です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

パワステフルード(ATF)もオートマ用の(ATF)も同じモノを使うカーメーカーはありますよね。



カーメーカーのいろんな取扱説明書をみると、エンジンかけて駐車中などにハンドルをフルロック状態にし続けないで下さいと書いてあります。
なので、ハンドルを切り続けている状態はエンジンをかけているときにはやめましょう。パワステポンプ&フルードに負担がかかります。

ちょっと機構的なことを付け加えますと、駐車の場合ですが、エンジンを切ると圧力は自然と抜けるようになると思います。
パワステは普通はフルードが、ポンプ>>ラックアンド&ピニオンギア>リザーバタンク>またポンプと循環しています。
ハンドルを切ると圧力が高くなります。エンジンを切ると
その圧力はぬけます。弁が閉じているわけではないからですね。そのあたりは機械的になっています。

しかしある条件で、弁を閉じて圧力を保つようになります。その場合でもエンジンを切ると違う側の弁がたぶん戻るので圧力は抜けると思います。

今回の友人の発言はあながち間違ってないんですよ。
ハンドル切ってれば、今度エンジンをかけたときいきなり
高圧がホースにかかります。冷えたホースにいきなり高圧をかけるのはあまりいことではありません。
パワステ機構やホースにも暖気運転って必要だと思いませんか?(直進状態は圧力が低いです。といっても0でないです。)

これで問題が起こるのは長期間でなくて、回数ですね。
一日何回か車を動かして毎回毎回ハンドルを目一杯切ったままでエンジンの始動を繰り返せばいとも簡単に壊れそうな気がします。(といっても切り方にもよりますよ)
1カ月止め放しは回数としては1回ですから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

エンジンかかった状態の方がいけないのですね。
わかりやすい御解説、感謝いたします。 納得です。
下のcoba 999さんもおっしゃっていましたが、
あまりよいことではないのですね。
高い買い物だったので出来るだけ大事に乗りたいと思いまして。
皆さんにご心配いただき恐縮しております。

お礼日時:2003/10/06 19:51

据え切り(エンジンをかけた状態で停車したまま止め切り)しない


いっぱいまで切らない
前に乗った10年もののソアラはパワステが壊れました。
中古で買った(これも10年物)のベンツもパワステからオイルが漏れました。
いきなり壊れることは無いでしょうが、徐々にストレスがたまりいつかは故障します。
長く乗るなら気をつけた方が無難です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

友人の話はあながち嘘でもなったようですが
やはり誇張し過ぎですね。
皆さんにお聞きして良かったです。
このようなこと、なかなかメカの知識として頭に入りませんか
ら。  ようやく整理され、スッキリしました。

お礼日時:2003/10/07 20:33

古い輸入車のパワーステアリングには、


「据え切り(ロックするまでハンドルを切る)状態でエンジンを止める」を繰り返すと、
高い圧力に負けてパワステ駆動用ポンプが壊れるという話があります。
一発で壊れるというのは大げさですが、
ストレスがたまっていって壊れます。

国産車はそういう事象を想定して、
耐久性を異常に高くして生産しています。
でないとクレームの嵐ですから。

駐車したら、必ずハンドルを戻してからエンジンを止めるようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「ロックする」とはハンドルがこれ以上回らない状態のことでしょうか? やはりあまり良いことではないのですね。
ところで、止まっている車(エンジンはかかっている)の
ハンドルは回しても良いですか。タイヤの磨耗は何となく解るのですが、機械周りがかわいそうで、あまりやらないようにしていましたが...... ,実はこのへんになるとさっぱり解らないのです。

お礼日時:2003/10/06 19:37

私は駐車中はハンドルを真っすぐにしとくのが理想だと思います。


ただ、それはオイルが漏れるからという理由ではなく、ハンドルを切った状態だと車体からタイヤがはみだして狭い駐車場とかでは歩行者などの邪魔になるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

マナーとして大切なことだと感じました。

お礼日時:2003/10/06 19:18

パワステの初期(創成期の頃)のお話です。


それもロックまで切ったところで、
エンジンの回っている時の話。

今は大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうでしょうね~!。人間の英知でどんなことでも解決して来たのですから。技術の発達はすごいと思います。

お礼日時:2003/10/05 23:22

長時間って、30年間とかでしょうか?


自分自身、あなたの友人がバカにするような車を一ヶ月とか停めっぱなしにもしますが不具合を生じた事はありません。

くだらない噂は一人歩きしてしまう事もあります。
ぜひ、先ずは常識で考えてみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私の友達、ちょっと知ったかぶりするような所ありまして
何処から仕入れた知識なのか?。それを信じる私もちょっと
脳天気。これで狭い駐車場にも一回で入れられます。
いままで何回も切り返して前輪が真っすぐになるようにして
バック駐車していました。

お礼日時:2003/10/05 18:17

それは、油圧がかかりっぱなしだからという理由ですか?ハンドルを切った状態で止めているだけでオイル漏れなどするはずがないでしょう!そ

れに、もしそうだとしたら、普通にほとんどの人がそれを知っているはずですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なんてばかばかしい質問したのかと自分で自分を笑ってしまいました。(皆さんの御回答を読んだから)

今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/05 17:16

まずパワーハンドルオイル・・・


一般的にはパワーステアリングフルード・・略してパワステフルードと言います。
これはATFとはまったく別モノですので。
ATFはオートマチック(AT)のフルード(オイルのような物)です。
まずはこの違いをご理解ください。

で 本題の駐車時にハンドルをまっすぐにしないと・・・とゆう事ですが
まったく問題ありません。
国産・・しかもトヨタの車がそんな事で壊れる事はありません。
今のベンツでだってそれくらいの事でフルードが漏れるような事はありません。
これだけ技術が進んでる世の中・・・
そんな不具合をメーカーが対処しないはずないですから。

と ゆう事で駐車時のハンドルの切れ角でフルードが漏れるような事はありません。
まったく問題なしです。

この回答への補足

ごめんなさい。お礼文の間違え訂正です。

「最後に左に大きく切って」は「右に大きく切って」
と読み替えて下さい。(謝)

補足日時:2003/10/05 18:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

車のメカニズムには全くの素人でして、解説感謝いいたしいます。 私ん家の駐車場狭くてバックで入れて最後は左に大きく
ハンドルを切らないと車から降りることが出来ません。
これで安心しました。

お礼日時:2003/10/05 17:09

今の車はそんなにヤワには出来ていません。


素人のまったく車というものを知らない人を対象に作ってありますから、絶対にそんなことはありません。
その人のいうことが本当なら、毎日日本全国で何万台もの車が壊れているでしょう・・・・・
マートリビアでしょう。
まったく必要の無い知識です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
御回答をみて私も笑いがこみあげてきました。
どうもすいません。

お礼日時:2003/10/05 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2サイクルエンジンオイルについて

2サイクルエンジンオイルについて:バイクなどでよく使われる分離タイプと
草刈り機械などで使われる混合タイプがあります。
この2つのオイル、どう違うのでしょうか?
また、分離タイプのオイルを使う機械に混合タイプのオイルを使ったら
どうなるのでしょうか?
その逆はいかがなものですか?

Aベストアンサー

 一応クルマやバイクの研究で食ってる者ですが、ケミ屋(オイルやプラスチックなどを扱う化学者)では無いので『経験者』とさせて頂きました。

 実は、分離/混合で、オイルに決定的な差はありません。実際、最近の2スト・オイルの缶をよく御覧下さい。『分離・混合両用』と書いてあるのが普通です。

※分離用オイルでは、特に瞬間混合性(要するに燃料への溶け易さ)が問題となるので強力な希釈剤(正体は灯油系)が入っています。古い混合用では希釈剤の添加が十分でないモノもあった様ですが(あらかじめガソリンと混ぜておくので、瞬間的にガソリンに溶ける必要は無いから)、今日では特に『混合用限定』と謳っていなければ、希釈剤が入っていない2ストオイルは無いでしょう。

※混合用オイルは長持ちしない、と言う話はよく聞きますが、実際には分離用でも酸化防止剤は入っていません。(分離・混合に限らず、2ストオイルの要求性能には酸化安定性はありません。)
 これは恐らく、混合が一般的だった時代の2ストオイルに植物油(ヒマシ油)が多く使われていたので、4ストの鉱物油に比べ腐り易いという事だと思われます。(ヒマシ油は金属表面への吸着性が鉱物油より高く、植物なので生産性も良好という、潤滑油としては理想的なモノでした。勿論現在では2ストオイルでも鉱物系や化学合成系が一般的なので、安易に腐敗することは無いでしょう。)
 尚、全くの余談ですが・・・オイルメーカCastrolの社名は、ヒマの実=castorから来ています。現在でもR30という植物油が、レース用として売られています。

※もっとも、希釈剤は(灯油なので)気化し易く、密閉が不十分なまま放置しておくと瞬間混合性が低下し、分離用として使うにはちょっと怖いオイルに変化してしまう可能性は十分あります。

 一応クルマやバイクの研究で食ってる者ですが、ケミ屋(オイルやプラスチックなどを扱う化学者)では無いので『経験者』とさせて頂きました。

 実は、分離/混合で、オイルに決定的な差はありません。実際、最近の2スト・オイルの缶をよく御覧下さい。『分離・混合両用』と書いてあるのが普通です。

※分離用オイルでは、特に瞬間混合性(要するに燃料への溶け易さ)が問題となるので強力な希釈剤(正体は灯油系)が入っています。古い混合用では希釈剤の添加が十分でないモノもあった様ですが(あらかじ...続きを読む

Qパワーステアリングのオイル漏れ

パワーステアリングギアボックスから、オイルが漏れています。ギアボックスの両端にあるブーツからもれており、おそらく中のオイルシールが割れているのではないかと思います。
修理屋さんに行きましたが、ギアボックス交換と言う修理になるようです。ホンダのバーチャルピットでみると、オイルシールキットなどのショートパーツがあるのですが、やはりギアボックス交換と言う事になるのでしょうか?
特に修理業の方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

ギアボックス交換と簡単に言ってのける
修理やにはアタマが下がります(笑)

エンドパッキンの磨耗によりシール性が落ち
漏れてきた事が推測されますが
ワタシがメカニックだった頃は
当たり前のようにOHしてました
特殊工具が必要とありますが
確かに特殊工具はあります
しかしアノ程度の特殊工具など
他のもので代用が出来るものです
他のお店で見てもらったらいかがでしょうか?

Qオイル添加剤でお薦めは?

ホンダ・ステップワゴンのH15で走行約70000kmです。

オイル交換のついでに添加剤を入れてみようと思うのですがお薦めはありませんか?


オートバッ◯スやイエロー◯ット、ホームセンターではシュアラスターのROOPという
オイル添加剤がお薦めのように置いてあります。
それで問題ないと思いますが皆さんのお薦めも聞いてみたく質問させてもらいます。

金額は1500~3000円程度でお願いします。

Aベストアンサー

>オイル交換のついでに添加剤を入れてみようと思うのですがお薦めはありませんか?

販売しているオイル添加剤は、毒にも薬にもならない商品が大半です。
気分転換で添加剤を入れたい!のであれば、どんな商品でも大丈夫ですよ。
添加剤メーカーも、各エンジンに悪影響を与えないことを優先して開発・販売しています。
但し、例外があります。
アメリカ本国では「販売禁止」となっている添加剤が、国内では堂々と販売しています。
テフロン系添加剤なのですが、GMグループでは「この添加剤を利用した事が明らかになれば、メーカー保証打ち切り」です。
テフロン商標を管理しているデュポン社も「内燃機関用に開発していない」と、公表していますからね。
質問者さまの場合、HONDAですよね。
HONDA車は、色々と独自の仕様を持っていますから注意が必要です。
ユーザーに優しいメーカーだと、「この添加剤は、BMW・ホンダ車には使用出来ません」との注意書きがあります。

>シュアラスターのROOPというオイル添加剤がお薦めのように置いてあります。

私が乗っていた国産車には、悪影響が出ましたね。
オイル交換と同時に入れたのですが、アイドリングが不安定になりました。
赤信号停止では、エンジンが止まるのでは?と戦々恐々でしたね。
一週間後には、エンジンオイルを再度交換しました。
もちろん、正常に戻りました。
シュアラスターの名誉の為に書くと、アイドリング不安定の原因は不明です。

>皆さんのお薦めも聞いてみたく質問させてもらいます。

回答になっていませんが、何も入れない事が一番です。
例え添加剤の効果があっても、最近の自動車は電子制御ですから「効果の有無は、専用機器で測定」しないと分かりません。
たぶん、感覚的には添加剤の効果は分かりません。
各エンジンオイル精製メーカーが、色んな実験結果を元に添加剤を加えています。
三ツ星レストランの料理に、持参したソースをかける必要はないと思いますね。
信用出来るメーカーのエンジンオイルは、販売価格と性能は比例しません。
既に7万キロ走行との事ですから、エンジン内部の洗浄を兼ねて「若干短期間でエンジンオイル交換」を行った方が良いですよ。

>オイル交換のついでに添加剤を入れてみようと思うのですがお薦めはありませんか?

販売しているオイル添加剤は、毒にも薬にもならない商品が大半です。
気分転換で添加剤を入れたい!のであれば、どんな商品でも大丈夫ですよ。
添加剤メーカーも、各エンジンに悪影響を与えないことを優先して開発・販売しています。
但し、例外があります。
アメリカ本国では「販売禁止」となっている添加剤が、国内では堂々と販売しています。
テフロン系添加剤なのですが、GMグループでは「この添加剤を利用した事が明らか...続きを読む

Qアトレー23年式 S321Gに乗っています ショックのオイル漏れで異音がしています 社外品でショック

アトレー23年式 S321Gに乗っています
ショックのオイル漏れで異音がしています
社外品でショックを探しましたが何処からも出して無いようです他社のショックとか何か方法を知っている方教えてください

Aベストアンサー

http://kakaku.com/car_goods/ss_0008_0005/0044/S321G/search_itemlist.aspx?ssi_kw=S321G&lid=ksearch_category_leftmenu_2

幾らでもありますよ

Qエンジンオイルにガソリン混入

YZF-R1 06年です。
本日エンジンオイル交換後直ぐに40km程走行後点検窓を覗くと明らかにオイル量が増えています。
走行中は得に問題無くむしろ好調でした。
この状態で(比較的好調)40km程の走行で明らかに量が増える程クランク室にガソリンが混入する事はあり得るのでしょうか?
色々整備(プラグ交換、インジェクション簡単に清掃、他)した最後にオイル交換したのですが・・・
タンクを上げたりしたのでどこかにガソリンが溜まっていたのかな?とかも考えています。
オイルはガソリン臭いような気もします。
とりあえずもう一度オイル交換、走行して確認しようとは思うのですが。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.5です。

お礼と経過報告読みました。
早急に対処が必要とは感じませんでしたし、FZR250エンジン交換や
NSRセンターシール、クランク交換等できる方に
エンジンに関して申し上げることはもう殆どないです。
たまたま譲り受けたYZF-R1のオイル管理が酷かっただけでしょう。
四輪の可変バルタイは、オイル管理が酷いとスラッジでオイル通路が
詰まり、可変にならなくなることはあるようですが、二輪は
車種によるので、今後もしばらく乗りながら定期的にチェックし
異変に早く気付けば、多走行でも問題は少ないでしょう。
R1ではないですが、隼でのシビアコンディションでのサービスデータ
http://falcon.iinaa.net/HayabusaMaintenance.html

当方もパーツリスト、サービスマニュアルはほぼ所有した台数分
ありますがFI所有の経験がないし、恐らくユーザーで
車検も通すでしょうから。
ご存知のようにほぼすべてアナログのキャブ車と違いFIの特徴は
以下の通りでユーザーができるのはスロットルボディ洗浄以外
ほぼアッシー交換のみです。
・エラーログが残り、診断には専用機器が必要
・クランク角や排気・温度センサー他のセンサー、バッテリー頼り

ただ、前オーナーのオイル交換が酷かったので現在が絶好調なのかの
判断がしにくいと思うので、2~3年に1回程度、ショップで専用機器に
つないで診断してもらってはいかがですか?
そうすれば大きな問題は起きないでしょうし、大きな問題があれば
そもそもエンジン掛からないかまともに走れないでしょうけど。

教えてgooが初めてということで、簡単なアドバイス。
ここは広く浅い一般的な情報収集には役立ちますが
車種・機種固有の深い情報集めには価格.com等が向いています。
確か2月に本家OKWaveから独立したので、回答者も大半が別れました。
なので、本家で新たに質問するのもいいでしょう。
その際は、重複を防ぐ目的でリンクを貼ってくださいね。
末永く大切にお乗りください。

No.5です。

お礼と経過報告読みました。
早急に対処が必要とは感じませんでしたし、FZR250エンジン交換や
NSRセンターシール、クランク交換等できる方に
エンジンに関して申し上げることはもう殆どないです。
たまたま譲り受けたYZF-R1のオイル管理が酷かっただけでしょう。
四輪の可変バルタイは、オイル管理が酷いとスラッジでオイル通路が
詰まり、可変にならなくなることはあるようですが、二輪は
車種によるので、今後もしばらく乗りながら定期的にチェックし
異変に早く気付けば、多走行でも問題...続きを読む

Q320iのエンジンオイルとATF

 BMW320i(’02年式)を新車で購入してから5,000Kmになります。気になる点が2つあるのでどなたか教えて下さい。

1 エンジンオイルが減ったのでディーラーへ行ったら,1リットルだけ足してくれました。(もちろん料金はかかりました)定期的に減るので足して下さいということなのですが,そんなものなのですか。?新車のうちだけでしょうか。?

2 ATFのキャップ(ギザギザした形)に1カ所穴があいてますよね。そこからATFが少しずつ漏れるのですが大丈夫なんでしょうか。?

Aベストアンサー

こんにちは。

1 そんなもんです(笑)
個体差はあり、オイルの減りが少ない車もありますし多い車もあります。5000kmで1リットルと言うのは多いほうだと思いますが、一応正常範囲に入りますので故障ではないです。

1万km位を越えると、減りは多少少なくなると思いますがあまり変わらないと思いますよ。(BMW、VW、Audiのエンジンはオイルの消費が多いです、対してMBは少ないです)

これは、設計思想の違いで、日本車の場合高速などではガソリンを濃くしてエンジンを冷却しますが(高速で燃費が悪くなる)、ヨーロッパ車はオイルによって冷却するので高速走行が多いほどオイルを消費します。(そのため高速でも燃費は悪化しません)

ディーラーでオイル交換をすると高いので、オイル交換時に4リットルを2缶買うと2リットル位余ると思うので、自分でチェックしながら継ぎ足して、無くなる頃にフィルター+オイル交換をすれば1.5~2万km周期で交換できるのでいいかと思います。

2 本当なら異常です。
本当にATFのキャップですか? オイル、冷却水は間違えないと思いますが、ブレーキフルード、パワステフルードのキャップではないですか?

確かに、小さな穴は開いており、それは熱による膨張等の際に空気が出入りするためですが、ATF自体はエンジン後部のトルコン部分に入っており、キャップから漏れる事は無いと思います。

実物を見ないと判りませんが、ディーラーのサービスで確認してみた方がいいと思います。

こんにちは。

1 そんなもんです(笑)
個体差はあり、オイルの減りが少ない車もありますし多い車もあります。5000kmで1リットルと言うのは多いほうだと思いますが、一応正常範囲に入りますので故障ではないです。

1万km位を越えると、減りは多少少なくなると思いますがあまり変わらないと思いますよ。(BMW、VW、Audiのエンジンはオイルの消費が多いです、対してMBは少ないです)

これは、設計思想の違いで、日本車の場合高速などではガソリンを濃くしてエンジンを冷却しますが(高速...続きを読む

Q粘度の単位換算について

今、シリコーンオイルの動粘度が25℃で1000(cSt)なのですが、ここからなんとか粘度の単位(cP)に単位換算したいのです。オイルの密度(比重)が0.971なので、そのまま動粘度と比重をかけてあげれば粘度は求められるでしょうか。単位はそのまま(cSt)から(cP)にしてしまっていいのでしょうか。
基本的な問題であるとは思うのですが、(cSt)から(mm2/s)とかいろいろ計算しているうちにわからなくなってしまいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここでも読んでみてください.下の方.
http://www.tech-jam.com/tech/nendo/

QATFオイルについて

先日、カソリンスタンドで点検をしてもらったら「ATFオイルが汚れているので、交換をお勧めします」と言われました。
オイルの色は新品だと透明らしく、私のは赤ワイン色でした。
車はヴィッツ、走行距離6千キロしか走ってません。
交換をした方がいいのでしょうか?
また、ATFオイルとはそんなにすぐに汚れてしまうものなのでしょうか?
詳しい方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ガソリンスタンド(すべてとは言いませんが)は困りものです。
当地でもよく従業員募集広告を見ますが、あからさまに「油脂類
売上手当高額あり」なんて出ています。つまりオイル類を売ると
自分の手当が増えるということです。ですからみんな熱心に勧め
てきます。
私も以前ATFが汚れていると言われたことがあります。
車検の時にディーラーで交換したばかりのときです。
勝手にボンネットを開け、ATF量点検口から注射器のようなも
のでオイルを吸上げてきました。
その注射器のようなものは、半分にきれいな赤ワインのような液
が比較用に入っており、もう半分は実際に吸上げたオイルが入り、
その色の違いで「汚れ」を説得するようになっています。
私はついこの間交換したばかりだと告げると、「あっそうですか」
といって引き上げていきました。その時見てしまいました!!
実際に車から吸上げたオイルが入るところは、なっなっなんと薄く
スモークがかっていました。
これじゃ、だれが見たって汚れているように見えます。まさに詐欺
行為!そのスタンドには2度と行っていません。赤い顔マークの看
板を掲げた大型スタンドでした。
smomoさんの場合とは違うと思いますが、こんなケースもありえる
ため、ガソリンスタンドでの話は気をつけて下さい。(バッテリー
が弱っていますと言われることもよくあります)
まあ、点検は断わった方が無難ですね。どうしても必要な場合は、
購入のディーラー等のほうが無難です。
ちょっとズレてしまいましたが、特別な要因がある場合を除いては、
通常まだ交換時期には早すぎます。
少し前までは、ATFは無交換でした。(通常使用環境では)
最近は燃費や加速、変速ショックを新車時に戻すため、数万キロで
交換する人も増えてきています。
ちなみに私も約4万キロで交換しました。

こんにちは。
ガソリンスタンド(すべてとは言いませんが)は困りものです。
当地でもよく従業員募集広告を見ますが、あからさまに「油脂類
売上手当高額あり」なんて出ています。つまりオイル類を売ると
自分の手当が増えるということです。ですからみんな熱心に勧め
てきます。
私も以前ATFが汚れていると言われたことがあります。
車検の時にディーラーで交換したばかりのときです。
勝手にボンネットを開け、ATF量点検口から注射器のようなも
のでオイルを吸上げてきました。
その注射器のよ...続きを読む

Q美容オイルもイオン導入出来る・・・?

化粧水や美容液だけでなく、美容オイルもイオン導入できるのでしょうか。
オイルは無理ですか?
私が使いたい美容オイルは、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルという(油溶性ビタミンC誘導体の)美容オイルです。

Aベストアンサー

イオン導入で使用できるのは、水溶性の美容液です。
油性のオイルはイオン化しないので導入できません。

あと、防腐剤や香料などの添加物が入っている美容液も、導入時に一緒に肌に導入され肌トラブルの元になりますので使用しないほうがよろしいでしょう。

QATF トルコンオイルの交換作業について

本日自分でオイル交換中に誤ってATFのドレーンを外してしまいました.
車種はH5三菱ミラージュ1.5DOHC
赤い油がどぼどぼと出てきたので,やばいと思ってすぐにドレーンを戻そうとしたのですが,熱くて戻せず、その上ボルトを廃油受けに落としてしまって結局全量が抜けるのを見守るだけでした. (結構最悪)
とりあえずATFは買ってきたのですが,ATFの交換は素人はやらない方が無難とのコメントも多くここからどうしようかと思っています。
詳しい方がおられましたら,ご指導いただければと思います。

(1)ドレーンしたATFの量について
スペックにはATF7Lと示されているにも関わらず、廃油の量から推定して3.5L程度しか抜けませんでした。どうせなら全量交換をしたいので,
ドレーンを開けたままエンジンを始動してアイドリング状態で,シフトをP-R-N-D-2-1などと切り替えてATを作動させ,中の油をなるべる全量抜き取りたいと思いますが、機構的には問題は無いでしょうか? 又はやらないほうが良いでしょうか?

(2)駆動輪の回転について
上記(1)の時に、駆動輪をジャッキアップして空転させたほうが良いでしょうか?
それとも回さない方が良いでしょうか?

(3)補充の手順について
気をつけなければならないことがあったら教えてください。

(4)エア抜きなど
は必要なのでしょうか? やるとしたら方法を教えてください。

(5)ATF量確認について
補充後、アイドリング状態,Nレンジで温間確認でよいでしょうか?

(6)その他
こうやるとATを壊してしまうというような事項があったら教えてください。

以上よろしくお願いします。

本日自分でオイル交換中に誤ってATFのドレーンを外してしまいました.
車種はH5三菱ミラージュ1.5DOHC
赤い油がどぼどぼと出てきたので,やばいと思ってすぐにドレーンを戻そうとしたのですが,熱くて戻せず、その上ボルトを廃油受けに落としてしまって結局全量が抜けるのを見守るだけでした. (結構最悪)
とりあえずATFは買ってきたのですが,ATFの交換は素人はやらない方が無難とのコメントも多くここからどうしようかと思っています。
詳しい方がおられましたら,ご指導いただければと思います。

(1)ドレー...続きを読む

Aベストアンサー

それは、お疲れ様でした。

まず、トルコンオイルを抜いたまま、エンジンを掛けて、ギヤを動かすなんて、
絶対に止めてください !! 間違いなく壊れます。
トルクコンバータ (オイルポンプ!? みたいな奴ですね)に、
全量の30~40%は、溜まってしまうので、
全量交換は、オーバーホールでないと、まず無理です。
残念ですが、あきらめてください。

え~ 交換手順です。

>ドレーンボルトを外し、オイルを抜きます。(失礼しました。抜いてたんですね)
>ドレーンボルトを戻して、レベルゲージを抜き、じょうごなど使って、
そこからオイルを入れます。 (抜いた量の80%くらい)
>これで、エンジンを掛けます。 (パーキングのまま)
>レベルゲージを戻して、量をチェックしてください。(エンジンは、
掛けたままです)
>この状態で、フルレベルならば、ブレーキを踏みながら、ドライブに入れたり、
抜いたりして、2~3回繰り返してください。
*注 「走らないで、下さい !!」
>パーキングに戻し、オイルの量を見てください。
>ホントは、駆動輪を、カーリフトなどで浮かし、ドライブに入れ、
タイヤを回しながら!? 量を測るのですが・・・。
>危険ですので、見込みで、少し多めに入れるテにしましょう。
フルレベルより、10~15ミリ上にあれば、OKです。

以上です。 オイルを、レベルゲージの所から入れるのは、
結構忍耐が、要ります。 気長にやってください。
では、失礼します。

それは、お疲れ様でした。

まず、トルコンオイルを抜いたまま、エンジンを掛けて、ギヤを動かすなんて、
絶対に止めてください !! 間違いなく壊れます。
トルクコンバータ (オイルポンプ!? みたいな奴ですね)に、
全量の30~40%は、溜まってしまうので、
全量交換は、オーバーホールでないと、まず無理です。
残念ですが、あきらめてください。

え~ 交換手順です。

>ドレーンボルトを外し、オイルを抜きます。(失礼しました。抜いてたんですね)
>ドレーンボルトを戻して、レベルゲージを抜...続きを読む


人気Q&Aランキング