【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

財務3級で、「長期借入金の返済原資の額」を算出する算式について質問があります!
解説に、
長期借入金の返済原資=保留利益+減価償却費+増資払込金ー既存長期借入金返済額
とあります。

ここで、減価償却費が加算されていますが、費用である減価償却費がなぜ返済の原資になるのでしょうか?

わかる方いらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 不動産賃貸業を営んでおります。



 減価償却費というのは、費用ではありません。費用とは、ふつうは、収入を得るために出て行くお金のことを言います。

 しかし、日本の税制というのは、国民の側の、国民のための、制度ではなく、国すなわち税務署側から見て作られた、税務署のための制度なのです。したがって、用語も、当然、税務署側の都合にあわせて作られています。

 さて、 課税対象となる「所得」を算出するとき、「費用」を「収入」から引きます、よね?

 その時、「減価償却される額」も「収入」から引くのです。収入から引くから、費用も、「減価償却される額」も、それが大きいほど所得は減り、それゆえに、課税額も減ります。

 つまり、税務署からみると、「減価償却される額」は「費用」と同じ働きをする(所得税を減らす)悪いヤツなので、「減価償却 費」と呼びますが、実際は、国民の財布からは出てきません(費用は出ていく)。「収入を得た人の財布に残るお金」なのです。だから、返済の原資になります。

 減価償却費の計算方法は面倒なので、省略しますが、例えば、100万円の収入を得た人の減価償却費が100万円だったとすると、100-100=0 なので、所得はゼロ。所得税もゼロになります。が、その人の財布には100万円残ります。だから、この人は100万円を返済に充てることができます。

 減価償却費とは、そういうものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/14 21:54

減価償却費はキャッシュの出ない費用だからです。



100万円利益が出て、50万円減価償却してて、借入返済が30万あるなら
あと120万返済を増やしてもお金が減ることは無いよってこと。
    • good
    • 0

 1番の補足です。

ひょっとして、減価償却という仕組みそのものが分かっていらっしゃらないのかもしれない、と思い、舞い戻ってきました。1番から読んでください。
----------
 では、減価償却とはなにか。

 建物など「償却資産」とよばれる物の価値は、年々古くなって、価値が下がります。国もそれは否定できない。それで、この下がる分を償却(納税者に返して)あげましょうという制度が、減価償却制度です。

 例えば、ある年、マンションの家賃として1000万円の収入があったとします。他方、その年にマンションの価値が200万円減ったなら、この人のその年の、本当の利益は800万円ですよね?1000万円儲かっても、200万円損しているんですから。

 それでまず、価値が減った分の補償として、なにはさておき200万円を手元に残し、1000万円から200万円引いて、「所得は800万円でした」と言って申告することを認めます。この場合の200万円が「減価償却費」です。

    ※手元に残るから、返済資金にできる。

 前回書いたように、「減価償却・費」というのは税務署目線の名称で、納税者側からいうと、減価相当額、とか、減価補完額とでも呼べばいいものです。計算上  建築費(最初の価値) = 減価償却費の積み立て総額 + 建物の残存価値 になります。


 いくらが減価償却費になるかというと、減価償却年数が法律で決まっています。例えば鉄筋コンクリート製建物の場合は49年だったと思います。

 今年の税制だと違うカモ知れませんが、10年前なら、建築費の95%を49年かけてゼロにするように計算します。何億年たっても、どんなにボロボロになっても、風が吹くと倒壊しそうなほど危険になっても、建築費の5%の価値は残って、固定資産税や相続税などに加算され続ける仕組みになっていました。

 その計算方はまた定率法と定額法がありますが、まあ、このあたりになると最初の質問から遠くなりますので省略。

 減価償却・費 が手元に残って、返済資金に充てられるわけ、ご理解頂けましたか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

理解できました。減価償却費の仕組みをわかっていませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/14 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形割引限度枠の算出

「手形割引限度枠(財務3級)」について質問があります!

問題集の解説に、
当行の手形割引限度枠:受取手形の平均残高ー他行の手形割引限度枠
とありますが、

なぜ他行の手形割引限度枠を控除するのですか?
他行の手形割引限度枠が当行のものにどう関係するのですか?

わかる方、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一千万円しか返済能力のない相手が他から九百万円借金していたら、あなたは一千万円貸しますか?
手形割引というのは将来決済される手形を担保に金を借りるということです(現在の会計理論では割引そのものは「有価証券の譲渡」となっていますが、不渡りが発生すれば結局債務を負うので、借金の性格があるのは間違いありません)。
「枠」というのは銀行がいくらまで貸せるかということですから、与信枠全体から他行の枠(他行から借りるであろう金額)を差し引いた分が当行の与信枠になるということです。

QP/Lにおける長期借入金の返済について

P/Lにおける長期借入金の返済について

ある会社のB/Sに固定負債として、長期借入金があった場合、その返済金額はP/L上のどこに反映されるものなのでしょうか?私の認識では営業外費用として計上されるとの認識なのですが、この認識で問題ないのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ないですが、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

よくある質問ですが、結論からいうと、借入金元本の返済は費用になりません。
ゆえに損益計算書にはでてきません。
損益計算書にでてくるのは、支払利息部分だけです。


なぜ借入金の返済は、お金を支払っているのに費用にはならないのでしょうか?
それは、最初の借入実行時に、お金が入ってきても収益にはならないからです。

銀行からお金を借りて入金した時には、収益として課税されることはありませんね。
したがってその反対に、借入金の返済によりお金が出ていったとしても、それは費用にはなりませんし、税金を安くすることはできないのです。

借入金とは、入金時に収益にはならず、出金時に費用にもならないのです。
つまり、借入金元本の増減(入金・出金)により損得は生じないのです。

お金を借りたことによる「支払利息」部分だけが営業外費用になるのです。



参考になれば幸いです。

Q短期借入金と長期借入金の違いについて

経理初心者です。短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい
のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが
(理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。)
今のところ返済している様子がありません。
私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。
あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが
どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか?
『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。
『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると
ありがたいのですが...。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが

短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが
借入には返済が伴うし、利息も伴います。返済どころか利息も取っていない
と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。
現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって
自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。
あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務
上の問題を聞いています。税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

Q割引手形の仕訳を教えて下さい!

(1)受取手形が割引手形になり、
(2)決済され、
(3)その決済の仕訳が未処理の場合の、決算時に必要な仕訳

の流れが、良くわかっていないので、
どなたか、教えて下さい!!
(もしくは、考え方から、間違ってますか??)

他の方の質問や回答を見ても、さっぱりで・・・・

Aベストアンサー

>(1)受取手形が割引手形になり・・・
 ▼
 既に、ご存知だと思いますが、
 『割引手形』という名称の手形が、存在するわけではありません。
 振り出された約束手形には、【支払期日】が記載されています。
 その支払期日を待って、銀行などの金融機関に、手形を呈示すれば、
 手形呈示先の金融機関は、
 手形振出人の金融機関から、自分名義の金融機関へと、
 約束手形の額面金額を、資金移動させる作業を行なってくれます。

 この約束手形を、いち早く現金化したい場合、
 金融機関を代理人とし、手形振出人に、交渉できます。
 手形振出人が、金額の支払いを承諾すれば、
 期日を待たずに、※手形を換金できます。(※‘手形の取立’)
 
 その場合、支払期日までの計上利息分は、
 金融機関に、支払わないといけません。
 (利息計算を行なうのは、金融機関です。
 支払う割引料の利率は、振出人の信用などにより異なります。)

 ・・・結果として、約束手形の金額から、利息分だけ割り引かれるため、
 この手形取立までの流れは、“手形の割引”と呼ばれるのです。

 (例)
割引手形 300,000 / 受取手形 300,000

**************************************************************

>(2)決済され・・・
 ▼
 額面金額300,000の手形を、利息20,000を金融機関に支払う形で現金化。
 (例)
 当座預金 280,000 / 割引手形 300,000
 手形割引料 20,000

**************************************************************


>(3)その決済の仕訳が未処理の場合の、決算時に必要な仕訳・・・

 (1)・(2)の仕訳処理が出来ていない場合の決算整理仕訳。
 ▼
(例)
 当座預金 280,000 / 受取手形 300,000
 手形売却損 20,000

 (2)のみ処理が出来ていない場合の決算整理仕訳は、(2)の仕訳。
 ▼
(例)
 当座預金 280,000 / 割引手形 300,000
 手形売却損 20,000

ご注意:「手形売却損」は「支払割引料」等、表記される場合もあります。

>(1)受取手形が割引手形になり・・・
 ▼
 既に、ご存知だと思いますが、
 『割引手形』という名称の手形が、存在するわけではありません。
 振り出された約束手形には、【支払期日】が記載されています。
 その支払期日を待って、銀行などの金融機関に、手形を呈示すれば、
 手形呈示先の金融機関は、
 手形振出人の金融機関から、自分名義の金融機関へと、
 約束手形の額面金額を、資金移動させる作業を行なってくれます。

 この約束手形を、いち早く現金化したい場合、
 金融機関を代理...続きを読む

Q払込金の仕訳は?

増資の払込金の仕訳について教えてください

払込みを受けてから増資の効力発生までの間は、小口現金や他の預金とは区別して
別段預金にしておく。使えるようになったらその口座(普通預金)に振り替える。
ということでいいのでしょうか。

借方科目 金額 貸方科目 金額
4/1払込金 10,000,000 資本金 10,000,000
4/1別段預金 10,000,000  払込金 10,000,000

4/2普通預金 10,000,000 別段預金 10,000,000

Aベストアンサー

えっとですね、

株式の払込金は通常は資本科目の一部として捉えられています。

従って、一般的には以下のように仕訳するものと思います。

(金額:千円)
4/1 別段預金 10,000/払込金  10,000

払い込みが完了すると、
4/2 払込金  10,000/資本金  10,000
4/2 普通預金 10,000/別段預金 10,000

小規模の会社では、銀行の方で特に別段預金口座を開設しなくても、払い込みは普通口座へ→銀行内で普通預金→別段預金→普通預金への振替を行ってくれる場合があります。

会社によっては最初の仕訳が、
4/1 別段預金 10,000/申込証拠金  10,000
である場合があります。この場合、
4/1 申込証拠金 10,000/払込金  10,000
を経て、
4/2 払込金  10,000/資本金  10,000
4/2 普通預金 10,000/別段預金 10,000
となる場合もあります。

また、増資の決議で申込金の半額は資本に組み入れないという例もあります。
 
4/2 払込金  5,000/資本金  5,000
4/2 払込金  5,000/資本準備金  5,000

えっとですね、

株式の払込金は通常は資本科目の一部として捉えられています。

従って、一般的には以下のように仕訳するものと思います。

(金額:千円)
4/1 別段預金 10,000/払込金  10,000

払い込みが完了すると、
4/2 払込金  10,000/資本金  10,000
4/2 普通預金 10,000/別段預金 10,000

小規模の会社では、銀行の方で特に別段預金口座を開設しなくても、払い込みは普通口座へ→銀行内で普通預金→別段預金→普通預金への振替を行ってくれる場合があります。

会社によって...続きを読む

Qキャッシュフローと退職給付引当金の関係について

有価証券報告書を読んでいてピンと来なかったのですが、営業活動によるキャッシュ・フローと退職給付引当金の増減の関係をわかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

退職給付会計が導入されてから、退職金は引当金から直接支払われるので「、退職金」及び「退職給付引当金取崩益」の計上はありません。これは退職金の経費算入時期が引当金繰入時とされたからです。
しかし退職金が「資金」である流動性の現金預金から支払われるのは確かですから、#2の訂正回答となります。
仮に引当金繰入れを80(仕訳は退職給付引当金繰入額80/退職給付引当金80)、退職金の実支払額を100とした場合、退職金は全額が引当金の取崩しとして計上されます(退職給付引当金100/現金預金100)。引当金繰入額は資金に影響しないのに経費となっていますからプラス80、退職金の支払いについては資金が減少していますのでマイナス100で、差し引き20のキャッシュフローの減少となります。
引当金の増減額自体は、実はキャッシュフローとは関係がないのですが、その裏が資金や利益を反映しているので、引当金の増減額でキャッシュフローを修正するという考えなんでしょう。
ついでに触れておくと、引当金繰入れ時にはを定期性預金を設定し、退職金支払い時にはこれを解約することもあると思いますが、これは財務活動によるキャッシュフローの増減原因(預金設定が減、預金解約が増)となります。

退職給付会計が導入されてから、退職金は引当金から直接支払われるので「、退職金」及び「退職給付引当金取崩益」の計上はありません。これは退職金の経費算入時期が引当金繰入時とされたからです。
しかし退職金が「資金」である流動性の現金預金から支払われるのは確かですから、#2の訂正回答となります。
仮に引当金繰入れを80(仕訳は退職給付引当金繰入額80/退職給付引当金80)、退職金の実支払額を100とした場合、退職金は全額が引当金の取崩しとして計上されます(退職給付引当金100/現金預金100)。...続きを読む

Q手持受取手形の額について

こんにちわ。私は、今度会計の試験を受けるものです。

さっそく質問なのですが
手持受取手形の額に、「割引手形」や「裏書譲渡手形」が
含まれないのはどうしてなんでしょうか?

解説を読んでも理解できないので
よろしければお答えいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

割引手形は借金の担保として預託しているということです。従って期日になって振出人かもしくは引受人が支払い不能になれば自分が弁済しなければならなくなるからです。
裏書譲渡した手形も同じ理由で支払責任が生じるのでこれらは債務とみなされるからです。
まあ、割引手形は完全な債務です。裏書手形は債務性は少し薄く偶発債務ということになります。
もう少し言うと、割引手形は有利子負債になります。しかし、期日が来て振出人が支払えば返済は終了となります。
裏書手形は自分の持つ債務を弁済するために手形債権を用いるので裏書譲渡した時点で自分の債権ではなくなります。

Q変動費、固定費の算出法を教えて下さい。

初心者です。申し訳ありませんが、教えて下さい。


売上高   100,000
売上原価   6,000
売上純利益  4,000
人件費    16,000
水道光熱費  3,500
賃貸料    10,000
減価償却費  3,000
広告宣伝費  3,500
その他経費  7,000
経費計    43,000

営業利益   -3,000

・売上原価、広告宣伝費は売上に合わせて一定の率で変動する物とする。
・他の経費は全て固定費とする。


(1) この場合の、変動費は

(2) 固定費は

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか


頂いたお知恵は決して無駄には致しません。
何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上高の公式が参考書に書いてあるはずです。売上高と変動費と固定費がわかっていますから、それを公式に代入して計算するだけです。

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

売上げが10%アップすると変動費も10%アップしますから、その数字を使って営業利益を計算しましょう。

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これは、売上高がそのままで売上原価が今より5%減ったら営業利益がいくらになるのかを計算するだけです。

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これも(5)と同じで、売上高がそのままで固定費だけが10%ダウンしたときの営業利益を計算します。

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか

参考書の損益分岐点売上高の章の終わりのほうに、利益計画の公式が書いてあるはずです。その公式に目標利益額と変動費、固定費、売上高を代入すると計算できます。

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上...続きを読む

Q長期借入金 利息の計算方法

ご覧いただき有難うございます。


利息の計算についてわからなくなりご質問致します。


借入金:2000万円(元利均等法式利率) 利率 2.7% 返済期間5年


上記の場合、総額の利息の計算方法を教えていただけないでしょうか・・・。


毎月は、前月の借入残高×2.7%÷365日×日数だと思うのですが、
総額計算式がわからず困っています・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。

計算方法・計算式は、
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/JTSL/Loan.html
5返済方法の計算式 をご覧ください。(1)のア→イと進めば求める金額が出せます。

ただ、アの部分の計算は結構面倒ですし、間違いも発生しがちです。この部分の計算は、
http://www.benricho.org/loan_calc/
こういったところで計算してもらって、
返済総額-借入額
で利息総額を求めることが出来ます。

お書きになった条件(毎月返済ですよね)で計算すると、
毎月の返済額は、356,714円となり、

利息総額は、
356,714×60(ヶ月)-20,000,000=1,402,823円
となります。

Q「繰延資産」は「固定資産」ですか?「流動資産」ですか?

「繰延資産」は「固定資産」ですか?「流動資産」ですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 質問の件ですが、普通はあまり出てこないので疑問に思って当然です。内容が込み入るので勘違いしないように理解してください。

 (1)(資産の部)中に「流動資産」と「固定資産」と「繰延資産」があります。

 (2)ここからがややこしい><;理解してください。
「固定資産」の中に[有形固定資産]と[無形固定資産]があります。更に[投資等]があります。

 (3)(2)の無形固定資産と同じように形が無いし、目に見えない繰延べ資産があります。

 商法に上げている繰延資産(創業費・建設利息・開業費・試験研究費・開発費・社債発行費等)があります。

 (4)理解して><;例えば・・・・

 A.共同施設費・・・・商店街アーケードの灯りの負担分。

 B.建物の権利金・・・・ビルの一室を借りた。

 C.看板費用・・・・看板・ネオンサイン。

 だから、繰延資産は、固定資産でも流動資産でもないのです。(^・^)  


人気Q&Aランキング