サイパンについて、私は今研究をし始めています。サイパンといったら、リゾートばかり思う人が多いと思うのですが、私は最近、第2次世界大戦でも大きくかかわっていることを知りました。歴史について、詳しいことをご存じの方は、ぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サイパンが日本の委任統治領であったこと、バンザイクリフで多くの日本人が自決したこと、などある程度の年以上の人には常識です。

詳しくは、毎日新聞社から発行されている「別冊一億人の昭和史・日本植民地史 3台湾編」に書かれています。
 政府は大本営発表(昭和19年7月18日17時)として
 一、「サイパン」島の我部隊は7月7日早暁より全力を挙げて最後の攻撃を敢行。所在の敵を蹂躙しその一部は「タポーチョ」山付近まで突進し、勇戦力闘、敵に多大の損害を与え16日迄に全員壮烈なる戦死を遂げたるものと認む。同島の陸軍部隊指揮官は陸軍中将斎藤義次、海軍部隊指揮官は海軍少将辻村武久にして同方面の最高指揮官海軍中将南雲忠一また同島において戦地せり。
 ニ、「サイパン」島の在留邦人は終始軍に協力し、およそ戦い得るものは敢然戦闘に参加し、概ね将兵と運命を共にせるものの如し。
 と、臨時ニュースを流し、7月24日夜から連日の間、ラジオからは「サイパン殉国の歌」を流し、その一節には
「哭け、怒れ、讃えよ、ほめよ、皇軍(みいくさ)に力あわせて、同胞(はらから)はよくぞ起ちたり、勇ましや老いも若きも、義に燃えて国に殉じぬーー武器とりて起ち得るものは武器とりてみな戦えリ、後には大和撫子、くれないに咲きて匂えぬ」と国民に戦意を高揚させました。
 私は、終戦時の3大悲劇として、「サイパン島のバンザイ岬」「沖縄のひめゆり部隊」「樺太真岡郵便局の電話交換手9名全員自決」を挙げたいと思います。
    • good
    • 0

 サイパン島は第一次大戦後、国際連盟より南洋群島としてドイツから日本に委任統治されることになりました。

カロリンからの移住者を中心に西海岸にガラパンの町がつくられ、ドイツ・日本時代ともに支庁が置かれ、マリアナ諸島の中心であり、日本時代には多数の日本人が移住し精糖など働いていました。1930年当時,日本人人口は現地の人の合計人口の3倍以上もありました。第2次大戦の1944年6月15日,アメリカ軍が上陸し、日本軍は島の北側に追いつめられ玉砕しました。このとき民間人が海に飛び降りて自殺した北岬は今もバンザイ・クリフの名で知られています。戦後はアメリカによる国連信託統治領を経て自治領北マリアナ諸島の政治的中心となっています。

参考URL:http://www.ytnet.or.jp/us/izumicli/hp05c.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 もしよろしければ、もっともっと詳しいことを教えて下さい。本や、資料などもありましたら、参考にしたいので、著書など教えて下さい。戦争のことは、若い私たちは体験してはいないけれど、これからも、ずっと忘れてはならない事実だということを、認識するためにも、大切なことだと思うからです。

お礼日時:2001/04/24 15:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ