ガマズミの実は赤い小さな実で今ちょうど実っていますが、その中に混じって、時にはほとんどの実が通常より大きく毛が生えた緑色の球状になっています。虫こぶかという人もいましたが中は脂肪のかたまりのようです。
これは何でしょうか。お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ガマズミミケフシタマバエの虫こぶのようです。



下記URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/zukan/jumo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/06 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Q配線から緑色の液体が????

かなり古い配電盤なのですが、各ブレーカーにつながれているコードから緑色の液体が滴ります。拭いてもいつの間にかまたついています。
電機保安協会の人に聞いても良く分かりません。
これはいったい何なのでしょうか?
また、あんまり出てくると感電とかしそうで怖いので防止する方法が知りたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この液体は、劣化した可塑剤と思われます。
電気ケーブルには、その被覆材に柔軟性を与えるために可塑剤が
使われます。
この可塑剤自体は絶縁性もあるのですが、経年により劣化し
液状化、流失する(漏れ出す)ケースがあるようです。

30年以上経過したケーブルから液体が出ているようならば
劣化した可塑剤と考えてもいいかと思われます。

対処方法ですが、仮に可塑剤とした場合、被覆材の柔軟性が
損なわれている可能性が高いので、機会を見てケーブルの
引きなおしを推奨します。可塑剤自体は絶縁物質なので、
即座に感電事故になるとは思えませんが、液体が配電盤を
汚したりするのは好ましくありません。

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Qまつぼっくりの裏に付いてる白いかたまりは何?

教えてください(>_<) まつぼっくりの裏側とかによく付いている、白いかたまりは何なんでしょうか? カビ??!  

Aベストアンサー

 松ヤニだと思いますよ。
 ストローブマツなどは、松ヤニでまつかさの先が真っ白になります。これが乾燥したのとほこり等がついて白くなったものです。ただ、マツの種類によって、出方は異なるようです。

 ところで、この松ぼっくりを煮ると松ヤニが融け出します。この松ぼっくりを乾燥させると、松ヤニが再度付着しまるでニスを塗ったようになり、手工芸用に重宝します。
 

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Qアース線は緑色、ではないのですか?

機械屋です。
最近異動してきた基盤屋さんに、試験装置の機械配線を頼んだら、青や黄色の線でアース線を引き回したのでがっかり。
しかし、あるセンサーの線は、緑が信号線で青がシールドアース。
ある三相ヒーターなどは、白・黒・緑の「単相用でしょ?」という三芯ケーブルを使って三相用。(正確には微妙な若草色)
一般的に、アース=緑色というわけではないのですか?

Aベストアンサー

No.3で回答した者です。
社内の人だったのですね。
配置転換があったり、仕事が変ったときは、
労働安全衛生法では、教育をすることになっています。
仕事の技術的な内容ではなく、安全や衛生に関して、作業者に
危険が及ばないようにするためです。
法とは別に、その人のスキルを正しく把握しないと、今回のようなことが起きるのだと思います。内線規程は建屋の工事を想定した規程ですが、内容は機器、装置、盤などの配線作業にも指針となる条文やデータが記載されています。例にあったヒータの配線太さなどは、内線規程から選定できます。人命や装置を電気事故から守るには、最低限の知識が
ないと非常に危険です。本来は電気工事士程度のスキルと知識がないとやってはいけない作業だったとおもいます。
それと、社内設備の試験装置といえども通電された分電盤、制御盤などは取扱いに、法規制があります。労働安全衛生法の「低圧電気の取扱い」の教育を受けていないと、
違法行為になります。この件も是非、教育のに一環として受講させてください。何か起きてからでは遅いですよ・・。

Q皇帝ダリアの育て方

家で育てている皇帝ダリアが弱ってきました。
育て方、株の増やしかたを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私も育てており、冬越しの準備は既に終了しました。私がここで説明するよりも、多くの方がネットで開示されていますので、「皇帝ダリア」「育て方」で検索してみてください。霜にあてるとダメージが大きいので、早い処置が必要ですよ

Q皇居のお堀の水はなぜ緑色なのでしょうか?

 皇居の近くをいつもとおっていて思うのですが、お堀の水は緑色がまるで抹茶でも流したようにまだらになっています。お堀の水は何か人工的な色水を流しているのでしょうか?そうでなければなぜあんなにまだらに緑色の水が絵の具を流したようになっているのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

 皇居のお濠の水が青いのは、植物性プランクトンのアオコ(藍藻類クロオコックス目の微小な淡水藻)の仕業です。
 では、なぜ、アオコが発生するのかというと、水の中に植物(プランクトン)が育つための栄養(窒素、リン等)がたっぷり含まれているからです。
皇居のお濠には、かつて最も水位の高い半蔵堀・千鳥が淵に玉川上水が流れ込み、各濠の水門を下りながら、最後には日比谷濠から流出し、きれいな水だったと思われます。しかし、明治34年に玉川上水が廃止され、周囲の河川も徐々に埋め立てられて、お濠が閉鎖水域になってしまいました。さらに周囲の都市化に伴い、雑排水が流入するようになり、また底泥から養分が溶出し、栄養塩類がどんどんと蓄積されるようになりました。
 もう一つの原因は、生態系バランスの崩壊です。昭和30年頃までは各お濠に水草が繁茂し、毎年の水草刈りがが風物詩だったそうです。水草が成長する際に、窒素やリンなどの富栄養塩類を消費し、水草を刈り取り系外搬出することで、お濠が浄化されていました。また、ヒシやハスが水中を暗くし、植物性プランクトンの増殖を押さえる働きがあります。ところが、水草を食べる草魚が放流され、皇居のお濠から水草が消えてしまいました。
いま、お濠にはプランクトンの死骸等がヘドロ状につもっています。日比谷濠では先の台風の後に、緑の粉を撒いたようになっていましたが、台風の影響で底泥が攪拌されて浮き上がってきたのではないでしょうか?
 お濠(外堀)を管理している環境省(皇居外苑管理事務所)では、お濠の浄化に取り組んでいるそうです。
 

 皇居のお濠の水が青いのは、植物性プランクトンのアオコ(藍藻類クロオコックス目の微小な淡水藻)の仕業です。
 では、なぜ、アオコが発生するのかというと、水の中に植物(プランクトン)が育つための栄養(窒素、リン等)がたっぷり含まれているからです。
皇居のお濠には、かつて最も水位の高い半蔵堀・千鳥が淵に玉川上水が流れ込み、各濠の水門を下りながら、最後には日比谷濠から流出し、きれいな水だったと思われます。しかし、明治34年に玉川上水が廃止され、周囲の河川も徐々に埋め立てられて、...続きを読む

Qハーブの育て方教えてください(兼業農家です)

母に「ハーブの育て方聞いてよ」と言われ、過去の質問を検索したところ、七件ヒットしましたが、どうもこちらが知りたい情報ではない為、質問しています。

googleで検索して見つかったページを母に見せたところ、
「これは素人の仕事だ」
と間違いを散々指摘し、却下されました。我が家は兼業農家です。
しかし、ハーブなど作ったことがありませんので結構悩んでいるようです。

ハーブの育て方に絶大なる自信をお持ちの方、是非母が納得するようなハーブの育て方を教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そもそもハーブとは何でしょう?

しそ科の一部の香草だけがハーブだと考えられがちですが、そうではないですよね?
日本にもショウガやミョウガなどなど・・・さまざまなハーブが有ります。
極端な例にとられるかもしれませんが、ハーブの形というものは実にさまざまです。

ですから、「これ一つ」を教えればすべてに共通するといったものはありません。
本などを読んで勉強をするのが一番ではないでしょうか。
インターネットという手段も実にすばらしく有効です。調べたい種類があったら検索してみると、お探しの情報が見つかるでしょう。

Q自動車のガソリンは通常光熱費に

入れてませんよね。そのうち自動車は家庭の電気から充電する時代になると思います。充電代だけを家庭の光熱費から別会計にするのはむつかしそうですね。ガソリンを家庭の光熱費としておくべきでしょうか。

Aベストアンサー

個人事業者の方なら、もともと家庭の電気代は按分して経費にしていますね。その按分率を少々高めることになります。
もし、家庭が事業所とは離れていて全く経費にしていないなら、電気自動車を購入した時点で、家庭の電気代を按分という形で計上します。

もちろん、子メーターになりますが、充電器だけを正確に測ることはできます。しかし、もともと家事関連費は、メーター類で測ってまで正確な数字を出す必要はありません。使用時間とか床面積とかなど、適当な方法で按分するだけでよいのです。

現時点で、ガソリンを家庭の光熱費とするのは無理がありまし、その必要もありません。


人気Q&Aランキング