1ヶ月先の天気予報がわかるサイトなどがあれば、教えてください。
週間天気のサイトはあったのですが、今は1ヶ月先の天気が知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>具体的に5月20日の天気を予報するのは難しいのでしょうか。


現時点(4月24日)ではちょっと無理でしょう。
天気予報は,時間が先に行けばいくほど誤差が大きくなっていきます。
特に,「今日・明日の予報」で出ているような,○○県ではどの時間帯に晴れて曇って雨が降るのか,というスタイルの予報ですと,その時の気象条件にももちろんよりますが,3~4日後あたりから当たる率が下がってきて,7日後を過ぎるとさらに下がるという感じです。
低気圧がどの程度発達するのか,低気圧のルートはどこなのか,上空の寒気の強さと流入のタイミングは,南からの湿った空気はいつごろどのへんにどの程度入るのか,などあらゆる要素がどんどん不確実になっていきますので,そういった誤差を含んだ予測から出された天気予報も,雨の降るタイミングが半日とか1日ずれたり,曇で済むはずが大雨になったりします。
ただ,週間予報の範囲を拡げる研究はすすめられていて,現在の7日後をとりあえず10日後程度に延ばすのでしたら,かなり実用に近づいているようです。
それでも10日後を過ぎると非常に誤差が大きくなり,予報として使うのは難しそうです。

そんなわけで,1ヶ月予報では,「今日・明日」スタイルの予報はできないので,今後の1ヶ月間を1週間単位で区切り,予報内容はそれぞれの期間の気温や降水量を3段階で示すに留まり,地域区分も北日本・東日本などと大まかになっています。
誤差をなるべく小さく抑えつつ,予測できるところは予測しようという工夫ですね。
当日の予測はやはり1週間前まで待つのがよいかと思います。
    • good
    • 0

1ヶ月先の天気は「傾向」については言うことができますが、「その日」については当たる確率(信頼性)もかなり下がってきますので、発表しません。

週間天気についても週の先の方についてはかなりあやふやだと思って見る方が良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。確かに傾向だけしかわからないですね。具体的に5月20日の天気を予報するのは難しいのでしょうか。
遊びに行く予定なので、ちょっと天気が気になったもので質問しました。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/23 19:11

Weather Eye(参考URL)に



1ヶ月予報
http://weather.crc.co.jp/monthly/index.html

3ヶ月予報
http://weather.crc.co.jp/3month/index.html

があります。

参考URL:http://weather.crc.co.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/23 19:09

参考URLに1ケ月と3ケ月の長期予報が有ります。



参考URL:http://weather.crc.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/23 19:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDiscourse and meaning

またまた、質問させていただきます。来週にプレゼンを控え用意をしている所なんです。私のトピックはコミュニケーションでフーコーのdiscourseにフォーカスを当てていくつもりです。そこでまず、コミュニケーションについてG. Kressが言うにはコミュニケーションは単なる情報の交換ではなくそれじたいmeaning(日本語のうまい語が見つからないので英語のままにします--- 意味)だと言うのです。そこでです、フーコーのdisourseとmeaningの関係について考察したいと思っているのです。まずフーコーの言うdisourseの定義についてS, Hallがこのように述べています。(英語ですみません)

discourse とは歴史的瞬間における特定のトピックについての知識を表す特定の方法、または話すための言葉を規定する命題の集まりと述べてた後

... Discourse is about the production of knowledge through language. But... since all social practices entail meaning, and meanings shap and influence what we do --- our conduct --- all practices have a discursive aspect. (Hall, 1992 p.291).

discourse は言葉を通した知識の生産(物)。....社会の全ての慣行/習慣はmeaning(意味を)含意し(持ち)、また私たちの行動はmeaningsによって影響を受け形どられる。それは全ての慣行/習慣がdiscourseのs側面を持っているからにほかならない。

discourseとmeaningの関係について、discourseとは言葉を生成する知識の集まりであり、その知識で定義された言葉の意味によって私たち従う慣習/慣行は成り立っている.... という解釈で合っているでしょうか?またdiscourseとmeaningについてわかる事があればお教え下さい。それとdiscursive formationについて教えていただけませんか? 長い文章で申し訳ありません。

またまた、質問させていただきます。来週にプレゼンを控え用意をしている所なんです。私のトピックはコミュニケーションでフーコーのdiscourseにフォーカスを当てていくつもりです。そこでまず、コミュニケーションについてG. Kressが言うにはコミュニケーションは単なる情報の交換ではなくそれじたいmeaning(日本語のうまい語が見つからないので英語のままにします--- 意味)だと言うのです。そこでです、フーコーのdisourseとmeaningの関係について考察したいと思っているのです。まずフーコーの言うdisourseの...続きを読む

Aベストアンサー

そうです、シニフィアンっていうのは signifier、シニフィエっていうのは signified です。英語の方が「意味するもの」「意味されるもの」という係り具合が鮮明かもしれない。日本語だと「能記」「所記」ですもんねぇ…。
少し角度を変えましょう。

確かにこれを言い出したのはソシュールなんですが、 signifier と signified というのは記号論でもあるけれど、現代思想全般で頻出します。『言葉と物』でもすごく重要な概念です。

ごく簡単なおさらいをしておくと、ソシュールは記号をふたつに分割した。
単語、フレーズ、イメージ、音、姿としてのシニフィアン(signifier)と、その意味シニフィエ(signified)。このふたつが合わさって「記号」になっているわけです。

さらに、記号には二種類ある。
オーストラリアの道路標識にカンガルーの絵が描いてあるのがありますよね。
これは「カンガルーの飛び出しに注意」ということだ。
ここではカンガルーの絵がシニフィアン、「カンガルーの飛び出し注意」がシニフィエ。この標識は見ただけでわかる。つまり、ここでのシニフィアンとシニフィエは必然的に結びついています。

一方、言語というのは記号のなかでも特殊なものとソシュールは指摘します。
「犬」というシニフィエが一緒でも、「イヌ」「dog」「chien」「Hund」などのようにシニフィアンはまるでちがう。「あの生き物」を「イヌ」と呼ぶのは、単に約束事に過ぎないのです。だから、言語にあってはシニフィアンとシニフィエの関係は恣意的である。

さらに「意味」とは何か。
意味というのは世界を指し示すものでも、ある思考、思い描かれたものを指し示すものでもない。事物や概念が言語の外側にあらかじめ存在していて、それに言葉が名前をつけているわけではないのです。「上」という意味は、どこかにある絶対的に揺らぎのない「上」という真理を指すのではなく、下ではない、右でも左でもない、という差異にもとづいている。

ソシュールの指摘が重要なのは、シニフィアンとシニフィエというのは確定的な結びつきではないし、さらにその向こうに、たったひとつの真の意味があるわけではない、ということです。
だから、ソシュールによって現代思想が始まった、ともいえる。

さて、『言葉と物』での「記号」は、表象と同義です。表象は記号ばかりではないけれど、記号は表象の一種です。

ルネッサンス期において記号は物といまだ結びついていた。
ところが古典主義時代において、〈表〉が登場します。これは物の世界とまったく結びつきを持たない、完全に自律的な表象空間です。

昨日はこの〈表〉についてもっと詳しく書こうと思ってたんですが、あまり必要ではないようなので、サクッといきましょう。

ポイントは
・すべての物の意味が、現実の事物との関係のうちにではなく、「記号の完全な表のうちに与えられる」ということ(言葉を換えれば、意味が現実と一切の関わりをもたず、それ自体として成立すること)

そうしてもう一点。
・人間の位置
人間は〈表〉を作成します。世界の中に秩序を見出すことができるのは、人間が表象し、語るからです。ところが〈表〉のなかには人間はいない。

『言葉と物』の第一章で、フーコーはベラスケスの「侍女たち」を分析しますね。そこで王の姿は見えない。だからこの絵を「古典主義時代における表象関係の表象」とするのです。

やがてこの〈表〉は崩れ始めます。表象も自律性を失います。
それはなぜか。近代に入って新しく〈人間〉という概念が登場したからです。この〈人間〉は「語る主体」「労働する主体」「生きる主体」として現れる。ベラスケスの見えない王の位置に実際の人間が入ってくるのです。

まあそこらへんはまた読んでもらうとして、古典主義時代のディスクールというのは〈表〉をつくることにあった。だからこの時代のディスクールというのは、「無色の網目を形成する」ということです。

> 表象なんですけど、これは幾つかの表(リスト)であり、上記の通り”他の物(質)との関係の系統/体系”を成立させる役割があるのだと思います。

だから、これは古典主義時代の〈表〉ということになる。
表象そのものに

> ”他の物(質)との関係の系統/体系”を成立させる役割

があるわけではありません。
この時代の表象とは「物を名ざし、裁断し、組みあわせ、結びつけてはほどく、言語の力」だった。このときの言語とは、透明なものです。こういうディスクールは、古典主義時代の終焉とともに消えてしまう。

そういうものとして理解しておいてください。

さて、"Representation: Cultural Representations and Signifying Practices" は読んでみようかなあ、とも思うのですが、ペーパーバックで43ドルは高いなあ。
とりあえずはホールの概説書の翻訳が出てるみたいなので、そこから読んでみます。

確かにオーストラリアの歴史には、両義性がありますよね。
イギリスに対しては植民地であった反面、先住民や非イギリス系植民者に対しては、支配と統治の対象として見なしていたわけでしょ。
そういう歴史を持ったオーストラリアがポスト・コロニアリズムをどう考えていくかというのは、切実な問題であるように思います。
日本にはオーストラリアの学問的成果みたいなものはあまり入ってこないんですが、頑張ってゆくゆくは日豪の架け橋となっていってください。

そうです、シニフィアンっていうのは signifier、シニフィエっていうのは signified です。英語の方が「意味するもの」「意味されるもの」という係り具合が鮮明かもしれない。日本語だと「能記」「所記」ですもんねぇ…。
少し角度を変えましょう。

確かにこれを言い出したのはソシュールなんですが、 signifier と signified というのは記号論でもあるけれど、現代思想全般で頻出します。『言葉と物』でもすごく重要な概念です。

ごく簡単なおさらいをしておくと、ソシュールは記号をふたつに分割した。
...続きを読む

Q10日~2週間先の天気予報について

気象庁のtenki.jpというサイトでは10日間予報というものがあり、海外の気象サイトでは2週間先というものがありますが、これはどの位あたるものなのでしょうか?
というのも、広島で6月に式を予定しているのですが、その日が雨(下記URLの)海外サイトで)となっておりとても心配です。
6月初旬のため梅雨入り前なのでザーザー降りでは無いのかなとも思いましたが、気象について詳しくないために不安でしかたありません。goo天気などで過去の天気をみましたが、一度も雨が降った事がない日ですし、気象予報もほぼ例年通りとの事なのに、雨予報なのでかなりビックリしています。
気象について詳しい方、長期予報はどれくらい当たるのか、なぜ雨になりそうなのか教えて頂ければと思います。また、梅雨前に降る雨はどんな雨なのか気になります。どうぞよろしくお願いします。

ttp://www.accuweather.com/ja/jp/japan-weather

Aベストアンサー

添付しました図は気象庁による週間天気予報の1992年からの雨が降るか降らないかに関する的中率です。
図にもあるように徐々に高くなってはきていますが、的中率はだいたい65パーセント前後です。

これが前日の17時発表のものですと最近は素晴らしく、約85%の確率で当たるようになっています。

質問者様がご心配なのは6月の予報なので10日以上先の予報です。
世界でもトップレベルの気象庁であっても予報精度はこれは5割を少し超える程度、つまり当たることと当たらない確率が半々なので、予報としてはまだちゃんと機能していません。よって、ここは悩むべき場所ではありません。

現在悩むべきなのは以下の二点です。

1、小雨のプランと大雨であっても大丈夫なプラン構成を考える。
2、雨の際と雨でない際、大雨の際、小雨の際の動き方を式場と相談し指示しておく。

以上をちゃんとやっておけば雨でもそうでなくても対応できます。
厳しい言い方になるかもしれませんが、雨だったらどうしようと質問者様が悩まれるのは対策をしっかりしていないからではないですか?

以上参考になれば幸いです。

添付しました図は気象庁による週間天気予報の1992年からの雨が降るか降らないかに関する的中率です。
図にもあるように徐々に高くなってはきていますが、的中率はだいたい65パーセント前後です。

これが前日の17時発表のものですと最近は素晴らしく、約85%の確率で当たるようになっています。

質問者様がご心配なのは6月の予報なので10日以上先の予報です。
世界でもトップレベルの気象庁であっても予報精度はこれは5割を少し超える程度、つまり当たることと当たらない確率が半々なので、予報としてはまだちゃ...続きを読む

Q「mean」と「meaning」の使い分け

自分で辞書なりネット等で調べたのですが、
「mean」と「meaning」のどちらの方がナチュラルなのかが分かりません。

例えば、「君の涙の理由(意味)がわからない」という文では、
I have no idea what your tear means.
なのか
I have no idea what your tears meaning.
(序文の方は単純にI don't knowでもいいのだと思いますが。。。

Aベストアンサー

>基本的にはtear には s を入れなければならない。という事は
"your tears mean"ですね?
その通りです。tears が単数扱いとは辞書にはかいてありません。
しかし、その事とは別にtear を単数で使うケースは辞書にも載っています。
例えば、
1. She shed a tear. 彼女はほろりと涙を流した。
2. A tear rolled down her cheek.
上の二つの文でも分かるように、単数にする場合は「一粒の涙」という事が前提にあります。そして、その事を強調して単数にする場合は定冠詞 a を付けなければなりません。
2 の文のcheekが単数になっている事からも、たった一粒の涙である事が分かります。
しかし、実際にはこのように片目だけから一粒の涙が出る事が可能かどうかは、私たちの感知するところではなく,英語の文法がそのようになっているという事であり、またこのような言い方はある意味その状況を誇張した比喩的言い方なのかも知れません。
実際にネイティブではない我々が使う英語ではそのような微妙な情感が入る事は少ないと思いますので、「普通はtearには s をつける」と申し上げました。
また、そのように添削させていただきました。

>基本的にはtear には s を入れなければならない。という事は
"your tears mean"ですね?
その通りです。tears が単数扱いとは辞書にはかいてありません。
しかし、その事とは別にtear を単数で使うケースは辞書にも載っています。
例えば、
1. She shed a tear. 彼女はほろりと涙を流した。
2. A tear rolled down her cheek.
上の二つの文でも分かるように、単数にする場合は「一粒の涙」という事が前提にあります。そして、その事を強調して単数にする場合は定冠詞 a を付けなければなりません。
2 ...続きを読む

Q週間天気予報について

よくテレビで週間天気予報を見ていると
「期間の中ごろはおおむね晴れるでしょう」とか
「期間の終わりには、ぐずつく天気となるでしょう」
というようなコメントを聞くのですが、この「期間」
というのがいつのことを差すのか、曖昧なので
教えて下さい。

私の中で期間の終わりというのは、週末(土日)のことかと思っていましたが
違うのでしょうか?それで、期間の中ごろというのが、水木辺りだと思っていました。

[「期間」という漢字が間違っていたらすみません]

Aベストアンサー

 週間天気予報ですから、翌日からの7日間を意味します。(URL)
 もしもhimawaraisumireさんの考え方で土曜日に週間天気予報を出されると、明日の天気予報の意味がなくなってしまいます。
 天気予報で「~ごろ」ってよく使いますよね。でもそれは天気予報は難しいという意味でもあるので、あいまいになるのも仕方がないでしょうね。特に週間天気予報の後半の期間は、難しいのですが、ピタリと当たったらすごいなと思いますよね。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/tenkizu/yohouyougo/yohouyougoshu/kisoyougo/yohoumei.html#anchor1431285

Q和訳お願い致します(social meaning...のところ)

 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane's recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned In a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn't actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn't remember the details accurately, even though he thought he did, but he did remember what had happened. It was the meaning of the events which he actually remembered, and his knowledge of what it all meant influenced his recall of the details.
 (Nicky Hayes, Psychologyより)
上記の英文中の"social meaning"の訳を高校生でも分かるように教えていただけますか?(実は、以前、別のサイトでもうかがったのですが、残念ながら自分の理解力のなさで、諦めました。)ある人に聞いたら、「実質的意味合い」だとおっしゃっていました。前後関係で、この文の言いたいこと(細かいことは間違っていたけれど、本質的なところはあっていた)は分かるのですが、social meaning→「実質的意味合い」というふうになるのが、高校生にどう説明していいか分かりません。それとも別のいい訳がありますか。

 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane's recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned In a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn't actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn't remember the details accurately, even though he thought he did, but he di...続きを読む

Aベストアンサー

すんません、これ、「社会的意味」以上でも以下でもないです。ここで問題になっているのは、「出来事の詳細」と「出来事の本質」の対比ではありません。

被験者が記憶の錯誤を起こした理由を考えてみましょう。引用文によると、その事件がもたらす社会への影響があまりにも大きく、事件の詳細に関する記憶が影響を受けてしまうほどでした。『事件そのものに関する記憶ではなく、もっぱら事件の持つ社会的意味合いの方に被験者の注意が向いて、記憶が歪められてしまったよ』『だから彼の言う事件の詳細は間違ってたんだよ。その事件の社会的意味についての彼の考えは正確かも知れないけどね』_こういうことです。

Q正確な天気予報サイトはありませんか?

正確な天気予報サイトはありませんでしょうか?
Yahooなどで天気予報はピンポイントでありますが、
「大気が不安定で午後から雷雨の可能性がある」等、
TVの天気予報で警告していたことが一切載っていません。
予報した情報が古いせい?

ご存知でしたら宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

となるとここにいくしかないでしょう
 気象庁
 http://www.jma.go.jp/jma/index.html

しかしながら、どのサイト、どの情報でもあくまでも「天気予報」と予報でしかないので、正確ではないです。
的中率が向上してきているとはいえ、100%じゃないのは未来のことは誰にもわからないというところでしょうか。

Q215 meaningとyouがつながってるのにどうやってやくすのですか?主格ですか?

215 meaningとyouがつながってるのにどうやってやくすのですか?
主格ですか?

Aベストアンサー

所有格 whose は
... friend whose father is a doctor / whose name is Ken
こういうパターンしか最初に習わないから
まるで whose 名詞で主語、その後に動詞と決まっているようで、そうではありません。

所有格というのは後との名詞の関係が所有というだけで
所有格+名詞自体は主語にも目的語にもなります。

terms + You don't understand their meanings ...
であれば their meanings → whose meanings となって
位置としてはそのまま前に出て
... terms whose meanings you don't understand となります。

この前に出る発想を目的格パターンと錯覚するのです。

疑問詞 whose で
Whose father did you meet yesterday?
こういうのをやらないからわからなくなるのです。

Q市町村別の天気予報サイト

テレビなどで天気予報を見るのが面倒なので、サイトでその日や次の日の天気をよくチェックします。マピオンというサイトで市町村別に天気をチェックするのですが、例えば20日の天気を19日の夜にチェックしても実際20日当日にもう一度チェックしてみると予報が変わっていたりします。そしてそんなことが頻繁にあります。
これは仕方のないことなのでしょうか?それともそのサイトの予報がいい加減なだけでしょうか?
そして全国の市町村別に天気予報を見ることができ、尚且つ信頼性の高いサイトを知っている方がいましたら、教えてほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信頼性があるかはともかく、私が毎日利用しているのはここです。
ハズレはあんまりないんで、私は信頼してます。
下記URLは参考までに東京のページですが、ページ下の「ピンポイント天気」の市区町村のテキストリンクをクリックするとそれぞれの地域の天気がわかります。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410.html
その他の地方はTOPページの「各地の天気」から探してください。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/

あと質問とはあんまり関係ないですが、これからの季節夕立とか多いんで、ここも頻繁に利用してます。
雨量や落雷、雷雲の位置とかが3分~6分間隔の更新でわかるんでオススメです。
http://thunder.tepco.co.jp/index.html

Qthe social meaning of what had gone on was perfectly correct.とは何か?

Memory is an active mental process rather than a simple tape-recording of what has happened. In many ways, this is quite a hard concept to grasp, because we always feel as though we are remembering exactly what happened. But it’s true, nonetheless.
(中略)
One of the important witnesses in these trials was John Deane, a man who was considered by many to have an astoundingly accurate memory. During the trials, he related a number of very specific conversations which had taken place between the President and other people in the White House. Deane was convinced that he had recounted them accurately. However, later on in the trials, a number of tape-recordings of the same conversations were discovered.
 The results were fascinating. In almost every conversation, John Deane’s recollection of what had actually been said was wrong. Different words were used, topics were mentioned in a different order, and sometimes particularly memorable phrases hadn’t actually been said at all. And yet, even though the details were all wrong, the social meaning of what had gone on was perfectly correct. Deane didn’t remember the details accurately, even though he thought he did, but he did remember what had happened. It was the meaning of the events which he actually remembered, and his knowledge of what it all meant influenced his recall of the details.
 

Nicky Hayes氏の Psychologyという本からの引用ですが、the social meaning of what had gone on was perfectly correct.という部分がよく分かりません。具体的に説明していただけますでしょうか?

Memory is an active mental process rather than a simple tape-recording of what has happened. In many ways, this is quite a hard concept to grasp, because we always feel as though we are remembering exactly what happened. But it’s true, nonetheless.
(中略)
One of the important witnesses in these trials was John Deane, a man who was considered by many to have an astoundingly accurate memory. During the trials, he related a number of very specific conversations which ha...続きを読む

Aベストアンサー

#2にも書きましたが,
“social meaning”を「実質的意味あい」と訳したのは私なりの意訳です。
“social”自体に「実質的」という意味があるわけではなく,
むしろ“meaning”の持つ「趣旨」とか「底意」といった含意を汲んだつもりです。

英語話者の感覚はわかりませんが,
“social”を他の単語で置き換えた場合ニュアンスは変わってくるでしょう。
“social context”が記憶に及ぼす効果がこの文章の主旨だとすれば,
やはり“social”の一語が必要だったのかもしれません。

質問者さんが英語で勉強なさっているのなら
訳語にこだわる必要はないと思います。
もし翻訳が目的であるのなら
正確さを優先して直訳調にするもよし,
日本語としての自然さを重視して意訳するもよし。
より適切な訳語を工夫してみてください。

Q天気予報のサイト

九州北部に住んでいます。先日、除湿機を購入しましたが、雨が降らず使う機会がありません(^^ゞ。今年は空梅雨なのでしょうか?1週間の天気予報を教えてくれるサイトは知っているのですが、もっと詳しい情報を知りたいのです。たとえばどういう状況で雨が降らないとか。そういうサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は「教えて!goo」から回答していますが、gooトップにある「天気」のコンテンツで週間天気予報が地域別に見られますよ。「雨予報」では雨雲の動きが見られますよ。

参考URL:http://weather.goo.ne.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報