どこで質問すればいいのかわからないのでここで尋ねますが、ジェット機が着陸した際に行う逆噴射は、昔はエンジンを逆に回して、後ろから空気を取り入れ、前へ吐き出すものだと思っていました。実際には通常通り前から空気を取り入れ、出口にパイパスを作ってまた前に吐き出す構造のようですが、そこでわからないのは、前から吸った空気をまた前に吐き出すことによって、推進力やブレーキの力が果たして生まれるのでしょうか?物理的には前にも後ろにも行く力が生じないような気がするのですが、ご存知の方教えてください。

A 回答 (3件)

ジェットエンジンの場合、吸い込む力と吐き出す力では、吐き出す方が圧倒的に多くなります。


それは、吸い込んだ空気にジェット燃料を混ぜて燃焼させることによって、一気に膨張したガスを吐き出すためです。
従って、前方から吸い込んでも、逆噴射する量の方が凄く大きくなるので、効果はあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうか。吸い込む力よりも吐き出す力が大きいため、ブレーキの効果があるのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/06 23:20

飛行機に乗っても、どのような構造になっているのか難しいですね。


 飛行機について調べるのは JAL のHPの「航空実用辞典」が便利ですよ。やはり航空業界ですね。
その中に「逆推力装置(thrust reverser)」が説明してあります。

原文のまま表示すると
 航空機が着陸する際,着陸滑走距離を減らすためプロペラ機ではプロペラを逆ピッチにし,ジェット機では噴出空気または燃焼ガスを逆方向に噴射し,制動をかける装置で,着陸滑走距離の長い大型機あるいは高速機に使われ,車輪のブレーキやスポイラーのブレーキ機構と併用される。タービン・エンジンの場合の逆推力の値は,一般的に,前進離陸推力の30~50%となっている。
 逆推力装置にはいろいろな種類があるが,いずれも原理的には後方への噴流をせき止め,その流れの方向を斜め前向きにするようになっている。操作は,パワーレバーに結合したリバースレバーにより行われ,パワーレバーがアイドル位置にあるときにのみ作動が開始できるようになっている。

ここには航空機に関するほとんどの事がかかれてあるので参考にされてはどうでしょ。
 バーチャルクルージングもあり非常に分かりやすいですよ。
 
 ちなみに、私はグライダーを操縦していたのですが、そのグライダーに付いているブレーキ(エアーブレーキ)は主翼の中から上下方向に定規のような板が飛び出し、揚力を無くして失速させる装置です。
 ただし、使用するのはちじょう1mぐらいで、確実に地面に着地させるため(横風等により浮き上がるのを防ぐ)に使用します。
 みなさんはジェット機の着陸後に、ドスンと音がしたらこのパイロットは「ヘタ!!」とお思いでしょうが。本当はみなさんの安全のためには、浮力を無くし確実に着陸させるのが本当の安全な着陸だと思ってください。 

参考URL:http://www.jal.co.jp/jiten/contents/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても面白いHPを紹介してくださり、ありがとうございます。グライダーの操縦ですか?いいですね。時間とお金があったら、ぜひ挑戦してみたいもののひとつです。

お礼日時:2003/10/06 23:34

基本的には、ジェット機は何の原理で動くのでしょうか? それはジェットのガスを噴出することによる反動、すなわち作用反作用の法則により力を受けます。

ですから、空気の取り入れ口よりも、最終的にはどこからどういう方向へジェット噴流が流れるかによって運動が左右されます。したがって、この場合は前方へ向けてジェットが噴出されますので、その反対方向、すなわち後方への力が働き、ブレーキの役目をします。

もっとも空気の吸い込み口がどこでも良いといっても、通常は空気の圧力をうけて空気が圧縮されやすい前方に吸い込み口があるのが通例です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私がイメージしたジェット機の逆噴射とは、舟の上に大きなコップを、口が前を向くように置いて、そのコップの入り口に強力な扇風機を置いてコップの中に向けて風を送るようなものだったのです。私の想像では風を吸い込む力が1、前に風を出す力も1ですから相殺されて、結局なんの推進力も出ないのではないかと考えたのですが、ジェット機ではプロペラ機と違い、吸い込む力よりも吐き出す力の方が強いそうなので、後ろ向きに進む力が生まれることがわかりました。

お礼日時:2003/10/06 23:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛行機の逆噴射

飛行機の動画を見ていて疑問に思ったので質問します。
着陸した後にのゴーと音がしますが、これが逆噴射というものですか?
逆噴射とういうものは、着陸した後の滑走を弱めるためにするものですか?
着陸してプロペラを覆っているものがスライドしているのを見たことがあるのですが、ここから前方に排気ガスを噴射して滑走速度を弱めているのですか?
添付している動画のように一部が開くタイプもあるようですが、これも排気ガスを噴射しているのですか?

以前から気になっていたので質問しました。
飛行機に詳しい方ご回答お願いします。

http://www.youtube.com/watch?v=ViNjzYYXETQ

Aベストアンサー

今の旅客機の主流はこれ。
http://www14.atwiki.jp/yokkun/pages/29.html

>これも排気ガスを噴射しているのですか?

排気ガスを逆噴射しているのは「大昔のジェット機」ですよ。今の主流は「バイパス流」を逆噴射しています。

バイパス流は低温(常温)なので、簡単で安価な部品で逆噴射装置が作れます。

排気ガスは高温なので、排気ガスを逆噴射するには、高温に耐える複雑で高価な部品が必要になってしまいます。

Q自動車はなぜジェットエンジンにしないの?

 航空機ではプロペラ機やヘリコプターもジェットエンジン(ターボプロップ及びターボシャフト)が主流ですが、自動車にジェットエンジンを利用しないのは何故なのでしょうか?(試作車ならあるのかもしれませんが、市販車は無いですよね)

 航空機部門のある三菱やスバルあたりが作ってもよさそうに思うのですが、大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

『大きさ』は、ジェットエンジン全般にガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンよりは小型軽量だと思います。
ヘリコプター用のターボシャフトエンジン(約550馬力)で重量わずか94kgというものもあり(フランス・チュルボメカ社TM3191M)、レシプロエンジンに比べ、小型・軽量・大出力のターボシャフトエンジンが実用化されたことで、ヘリコプターが民間でも使われるようになったわけですから。(それ以前は、ほとんどがレシプロエンジンを搭載した軍用ヘリ)

『騒音』も、ターボプロップやターボシャフトの構造から見て、直接燃焼ガスを後方に噴射して飛行するターボジェットやターボファンに比べれば、低減化は容易だと思います。若干の出力の低下を我慢すれば、所謂マフラーのような物を付けることも可能でしょう。(この点に関しては、ANo.#4の方以外は、ターボジェット・ターボファンとターボプロップ・ターボシャフトの構造の区別がついていないようです。)

やはり、一番の理由は『燃費』でしょう。

航空機用ターボプロップ/ターボシャフトエンジンの燃料消費量(50~100μg/J。一般的にターボシャフトの方が多い)から、大雑把に計算して、ターボプロップやターボシャフトを搭載した自動車の燃費は、良くても1km/リットルくらいになるのではないかと思います。
(1J=2.68452×10^6HPh、ジェット燃料の比重を0.8として、100馬力の出力で1時間走行すると、約20~40リットルを消費するという計算になります。)

ちなみに、一般的な自動車ではありませんが、アメリカ陸軍のM1A1戦車には、アブコライカミングAGT-1500C(1,500HP/3,000rpm、重量約1.1t)ターボシャフトエンジンが使われていますし、戦車のトランスミッションは普通乗用車以上に複雑ですから、作る気さえあれば作れるだけの技術は既にあるわけです。(軍用車両だから、燃費が悪くても(路上走行時250m/リットル)、許されるわけで、市販車で1km以下/リットルなんて到底許されない数字でしょう。)

>大きさや、騒音などで技術的に難しいのでしょうか?

『大きさ』は、ジェットエンジン全般にガソリンや軽油を燃料とするレシプロエンジンよりは小型軽量だと思います。
ヘリコプター用のターボシャフトエンジン(約550馬力)で重量わずか94kgというものもあり(フランス・チュルボメカ社TM3191M)、レシプロエンジンに比べ、小型・軽量・大出力のターボシャフトエンジンが実用化されたことで、ヘリコプターが民間でも使われるようになったわけですから。(それ以前は、ほとんどがレシプロエンジンを搭載した軍...続きを読む

Qバイパス型ジェットエンジンの逆噴射の不思議

バイパス型ジェットエンジン搭載の旅客機は逆噴射の時、バイパス部を通った空気を斜め前方に噴射して機体を減速させるのですが、吸い込んだ空気を前方に放出するという事は逆噴射で減速の効果は得られないと思うのですが、実際には逆噴射で減速しています。これはどういう事なのでしょうか?私は吸い込んだ空気を真ん前に噴射しても、減速にプラスマイナスゼロだと思うのですが。更に燃焼室を通った排気は後ろに放射されるので、逆噴射は意味無いどころか加速に荷担するように思うのですが、このからくりが判る方、ご回答を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

再びお邪魔します。

申し訳ない。質問の趣旨を間違って解釈していたようですねェ。
質問者様の言いたいことは、前方から吸い込む空気の量と、前側に向かって噴出される空気の量は同じだから、逆の推力が発生するのか?。
と言うことだったんですね。
そう気が付いて質問を読み返すと、なかなか鋭い目の持ち主だと思います。(いまさら何を・・・と言う感じでしょうが・・・)

ヒコーキの整備工場などに行って逆噴射の説明を受けても、ほとんどの人は聞き流してしまうでしょうが、よく考えると確かに不思議な感じを受けますねェ。

ちょっと経験に基づいた思考実験をしましょうか。
水撒きなどに使う水道のホースを蛇口に付けます。
そして蛇口を開けて水撒きをします。
水を遠くまで飛ばしたいときはどうしますか?。ホースの先端を指で潰して出口を小さくすることで、水は遠くまで飛ぶことを経験的に理解できると思います。
じゃあそのときホースを持つ手は、水が飛び出す方向と反対の方向に大きな力を感じませんか?。つまり水の反動です。

ホース先端から出てくる水の量を、ジェットエンジンの吸い込み側の空気の量と考えてください。
そして水を遠くまで飛ばそうと先端を潰したときを、逆噴射のときと考えてください。
どちらもホース先端から出てくる水の量はほとんど同じです。(実際は、先端を潰して抵抗になった分だけ流量は減っていますが、流量が減っても、ホースから受ける反動は大きいことがわかります。)

吸い込み側と吐き出し側の空気の総量は同じでも、出口を狭めることでより大きな反動を受けます。
この原理を使って、ヒコーキは逆噴射で減速しています。
ホースの例では先端を潰しましたが、潰すことで何が変わったかのかはわかると思いますが、「速度」が変わります。
物体が受ける力(反動)は、相対速度と質量を掛けたものです。
入る空気と出る空気の量は同じでも、出すときに速度を上げてやれば反動は大きくなります。
実際には「ノズル理論」と言う複雑なしくみがありますが、言葉で説明するには、ホースを例にした方が分かり易いでしょう。

実は私は以前ヒコーキに乗っていた者なんですが、今はなくなりましたが、「コンコルド」などの音速を超えて飛行するエンジンが不思議でした。
たとえば音速の2倍で飛んでいるということは、ジェットエンジンから噴射されるジェットは、音速の2倍以上の速度がなければ出せませんよね。でもエンジンの中ではこう言った機械的なファンやタービンが回転しているわけで、そうなるとファンやタービンの先端は明らかに音速を超えているわけですが、音速を超えると機能しないのでそんなバカなことがあるはずはない。じゃあどうやっているのか、暫く疑問でした。
結局ホースと同じ原理で、エンジンのタービンの出口までは同じで、大気へ噴射するまでのノズルに秘密があったわけです。

ロケットエンジンも同じです。燃焼室内の高い圧力は、ノズルを通ることで速度のエネルギーに変換されていたわけです。

余談ですが、逆噴射はヒコーキが接地した瞬間から数秒間しか動作させません。逆噴射の空気の流れが確実に後方に流れ去るまでです。
でないと、ジェットの排気がまたエンジンの中に入ることになり、ストールを起こすからです。
車で言うと、排気ガスをそのままエンジンの吸気側に戻すことと同じになり、うまく機能しなくなります。
湿度の高い梅雨の時期、空港でヒコーキを見ていると、逆噴射したエンジンから炎を吹き上げる状態が見られることがありますが、ジェットエンジンのサイクルがうまくいかなくなった状態の表れです。
長時間続けるとエンジンにダメージを与えかねないので、それを防ぐためにも、ほんの数秒間だけしか使いません。
そのためもあって、逆噴射は前方ではなく、斜め前に噴出すようになっているわけです。

これを踏まえて、みなさんが書かれたように、推力の大半はファンが作っていることを理解すれば、よくわかると思います。

再びお邪魔します。

申し訳ない。質問の趣旨を間違って解釈していたようですねェ。
質問者様の言いたいことは、前方から吸い込む空気の量と、前側に向かって噴出される空気の量は同じだから、逆の推力が発生するのか?。
と言うことだったんですね。
そう気が付いて質問を読み返すと、なかなか鋭い目の持ち主だと思います。(いまさら何を・・・と言う感じでしょうが・・・)

ヒコーキの整備工場などに行って逆噴射の説明を受けても、ほとんどの人は聞き流してしまうでしょうが、よく考えると確かに不思...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q空母のカタパルトは、米国でしか造れない?

ここしかないのでお訊きします。だいぶ前なので、現在は状況が違うかもしれないですが何度か空母のカタパルトについて、イギリスやフランス・ロシア等が開発しようとしたけど無理で米国だけだと本で見たような。これ自体は軍事や戦略等から見ると大した話ではないでしょうが、事実ですか?単に、米国以外は大型のジェット戦闘機を空母から飛ばそうとしなかったり目的・戦略が違っただけとか。それに何年か前に、フランスの今までの原・水爆実験で得た情報と米国の情報を交換するとニュースで見たり、エシュロンという世界規模の盗聴網で米・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの白人クラブがあるとEUの議会で取り上げられたのを見るとカタパルトの技術くらい教えそうですが。
それに現在は、先進国間で留学等の知の交流があるし物質工学や工作機械や設計・加工技術等の差がそんなにあるのか疑問ですが。

Aベストアンサー

シャルル・ドゴールのカタパルトはアメリカ製のようですね。

というか、アメリカ以外の最近の空母でカタパルトで離艦するのってってシャルル・ドゴールだけじゃないでしょうか。
なお、フランスの旧艦ですが、クレマンソー級の蒸気カタパルトはイギリス製のようですから、アメリカでしか作れないと言うことではないようです。

ただ、現在、イギリスやロシアの空母はカタパルトではなく、スキージャンプを使った離艦です、おそらく、今後のアメリカ以外の空母はSTOL能力の高い機材で運用というのが世界的な流れでしょう。アメリカにしても、強襲揚陸艦などにはSTOL+スキージャンプというのが登場するかもしれません。

アメリカ以外で蒸気カタパルトを作らないのは、空母の思想が変わってアメリカ以外での需要がないからだと思いますよ。外国で作ったとしても売れなきゃどうしようもないですから。

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

QCR機に設定はあるんですか?

連日お世話になっています。
CR機は、店サイドでの設定の変更はできないと聞いていましたが、この質問の一つ前の質問への回答(パチンコ屋の店員さんから)に、「確かに台の設定とかは従業員でも極一部の人にしか教えない」という記述があり、?と思ってしまいました。
実は今日大海を打ち惨敗して帰って来たのですが、11時から3時の間に、魚群が7回も現れ、そのすべてが外れました。
確率上、そのような外れはあり得るとは分かっていても、負けたくやしさから、魚群が当たりにならないように店が設定を仕組んでいるのではないかと、つい勘ぐってしまいます。
常連のおばさんにそのことをぼやきましたら、「私にも4回来て、4回とも外したわよ」と言っていました。
さて、魚群の件はあり得ないこととして、店員さんのおっしゃる「設定の変更」とはどういうことを指すのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

パチンコに設定はあります。
パチンコに設定があることはほとんどの客が気づいていることです。
そのため今の時代釘を見て立ち回っている人も
ほとんど見かけなくなりました。

しかし、具体的にどのような設定がされているか具体的に知っている人は意外にもほとんどいないようです。
そのためネット上ではパチンコに設定はあるのか?ないのか?
などと議論されることが珍しくありません。

詳しい仕組みまで解説すると書ききれないので簡潔に解説します。
パチンコの設定装置は二つあります。
ホールコンピュータ(通称ホルコン)と裏ハーネスです。
ホルコンとは
ホルコンとはシマごとに出玉管理を行う機器です。
シマごとに還元率が設定できます。
4~5台のグループ単位で大当たり抽選を行い、
大当たり信号を受信した台は大当たりが発生します。

裏ハーネスとは何回転目で大当たりし、何連チャンするかと
いったことを事前に全て設定できたり、大当たり確率や確変突入率を変更できます。
また、ガセの熱い予告を仕込んだり、どのプレミアを出すかというのも設定できます。

あなたが経験された魚群7回連続外しというのも仕組まれたものである可能性はあります。
この裏ハーネスのおかげで「見せ台」や「回収台」を設定できます。
例えば朝一で1000回転以上はまっている台というのは回収台の可能性が高く果てしなくはまるので
打たないほうがいいということになります。

全国のパチンコ店の約90%がホルコンや裏ハーネスを導入しており、
残りの10%が釘だけの調整で店を経営しています。
そのため釘を見てよく回る台に座ると方法で勝っていくことは難しいです。

ちなみにこのホルコンと裏ハーネスが違法じゃないか?
と思われるかもしれませんが違法ではありません。
回転前に還元率や出玉パターンを設定するのは違法ではないのです。

しかし、営業中に個人を狙った遠隔操作を行うのは故意にその客からお金を盗んでいることになるため違法です。

遠隔操作で摘発される例は全国でザラにあります。
しかもそれは氷山の一角あり、客がつかずに経営に苦しんでいるような
店は遠隔操作も最終手段として取り入れているでしょう。
以下が事例です。

【動画】遠隔操作パチンコ店逮捕NEWSを日テレが報道
http://www.youtube.com/watch?v=ocQf0l8MPlM

山口県内の経営者ら遠隔操作容疑で逮捕
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2004/9/3/news1109.htm

『新海』を遠隔操作、店長ら逮捕
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2004/7/23/news1066.htm

ネットで出玉を調整 店長ら逮捕
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2004/7/22/news1062.htm

遠隔操作でパチンコ店経営者らを逮捕(茨城)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2003/3/4/news552.htm

遠隔制御!経営者ら3人逮捕(千葉県)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2001/9/10/news165.htm

パチンコ出玉玉も遠隔操作の疑い?店長再逮捕(愛知県)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2001/7/6/news147.htm

出玉遠隔操作、猶予付き有罪判決(高知県)
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/2001/5/11/news97.htm

ホール遠隔操作、摘発
http://ime.st/www.p-world.co.jp/news2/1999/5/12/news1.htm

パチンコに設定はあります。
パチンコに設定があることはほとんどの客が気づいていることです。
そのため今の時代釘を見て立ち回っている人も
ほとんど見かけなくなりました。

しかし、具体的にどのような設定がされているか具体的に知っている人は意外にもほとんどいないようです。
そのためネット上ではパチンコに設定はあるのか?ないのか?
などと議論されることが珍しくありません。

詳しい仕組みまで解説すると書ききれないので簡潔に解説します。
パチンコの設定装置は二つあります。
ホール...続きを読む

Q台風の進路はなぜ日本の方へ曲がるのか。

 ヒリピン沖で生まれた台風が、沖縄に侵入後、なぜ大陸に向かわずに、九州へ曲がるのか、教えてください。類似質問が2007年ごろなされているが、良い」答えに付された図などは、もはや閲覧できなくなっているので、ここでまた質問した次第です。当方高齢なので、小学高学年以下の子供にわかるようにお教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

地球の自転方向は東方向に向かっています、
太陽が東から昇るのでご存知と思います。

この自転のせいで、
北極を上にして見た場合、北半球では右方向に、南半球では左方向に曲がります。
この曲がる力の事を、コリオリの力などと言います(コリオリ力、転向力等)
回転座標上では、移動方向と垂直な方向に移動したときに、
移動速度に比例した大きさで受ける慣性力の事です。

この力によって、台風は出来たての時には垂直方向に(出来た場所からそのまま北半球では北極方向にまっすぐ進みます)動き、すぐにこの力によって右方向(北半球の場合)に曲げられ、そのまま日本列島の方にやってきます。
ただし、他に色々な要因(周囲の気圧や気温、風等)で台風の進路は変更します。

ちなみに赤道上では渦は巻きません。
渦を巻かずに流れていきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報