ちょっと変わったマニアな作品が集結

ここのカテゴリで良いか悩むところではありますが…。
外国もののミステリが好きで良く読むのですが、
2つのシリーズに「ヘレン」という名前の女性が
出てきました。どちらのヘレンさんも強くしぶとく
たくましい。もしかしてこの名前には「強い」
イメージでもあるのだろうか、とふと思ったわけですが、どうなのでしょう?
まったくの偶然ならばすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

化粧品 名前」に関するQ&A: この化粧品の名前

A 回答 (12件中1~10件)

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



完全な主観的な回答になります.

まず、今どきヘレンと言う名前をつける人は非常に少ないと思います. 20才のヘレンという名前の人を紹介されたら、古い名前だな、とまず感じます. Lucy, Mae, Ruth等もそう感じます.

「強い」ですか. それは、その物語で、偶然そうだったと言う事ではないでしょうか. もしくは、前に何らかの経験があったからではないでしょうか. ヘレン・ケラーのイメージは日本では強いと思います. ヘレン・カーペンターを思い出すのであれば、「強い」と言うイメージはないですね.

ヘレンという名前の人を数人知っていますが、みんな、「お年寄りに近い」人たちなんですね. だからこそ、私には古い、と感じるのでしょう.

私には、名前からは、「強い」と言うフィーリングは感じられません. 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございます。大変参考になりました。今では「古い名前」なのですね。質問の件は偶然らしいですが、2作品続いて読んだもので気になっていたのです。ちなみに片方のヘレンさんは1940年代中心に書かれたシリーズ、トラブルメーカーだが憎めない大金持ちのお嬢様。もう一人は1980年代のシリーズ、40半ばまで独身で来たけれどユーモアは忘れていない職業婦人、でした。

お礼日時:2003/10/11 23:48

私も誰の事か分かりませんでした。


カーペンターズのカレン・カーペンターはヘレンではないので。

ヘレンと聞いて連想するのはHelen of Troyです。
絶世の美女と名高い、トロイのヘレナの事。

但し、名前は単なる名前ですから、連想することがあっても、名前と性格がつながっているとは考えにくいのでは?

全くの偶然だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。質問の件は偶然らしいですが、2作品続いたので気になっていたのです。

お礼日時:2003/10/11 23:54

Gです。



ごめんなさい、私は、Helen Curtis(化粧品メーカー)の方を思い出していました. 歌手のキャーレン・カーペンターズも強いイメージはないですね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ざんねんながらそのメーカーは聞いたことがありませんでした。有名なところなのでしょうか?

お礼日時:2003/10/11 23:52

名前は外国のでも日本のでも、やはり既に知っている人を結び付けてしまうのでそれぞれイメージが違うと思います。

reg428jpさんの中では「ヘレン」という名前の女性が強いというイメージで、私にとってはヘレンという名前の知り合いのイメージ(優しい、しとやかな女性)しかありません。作者にとってもヘレンという名前は「強い女性」というイメージがあったのかもしれませんね。

ちなみに#5さん、#9さんが仰っているのが歌手の「カーペンターズ」の女性だとしたら、彼女の名前は「カレン」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。質問の件は偶然らしいですが、2作品続いたもので気になっていたのです。

お礼日時:2003/10/11 23:49

西欧の場合、名前は元々キリスト教の聖人の名前から


由来しているものが多いんですよね。
ですからその聖人、聖女のエピソードから受ける
イメージが名前について来る、という事が
今でもあるのかもしれません。

ヘレンだと聖ヘレナ皇太后が有名です。
貧しい家に生まれ苦労しながら息子をローマ皇帝にし
(コンスタンティヌス大帝)
自らはその後もずっと質素な暮らしを続け、
貧しい人を助け教会を寄進した生涯が
強くたくましいイメージに繋がるのでしょうかね。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros/pan/p_hj/helen.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ローマ時代の聖女の名前が由来とは初めて知りました。質問の件は偶然らしいですが、2作品続いたもので気になっていたのです。

お礼日時:2003/10/11 23:41

ヘレンはギリシャ神話に出てくる美女の名前です。

この名前は欧米語にHelen, Helena, Helene,Elenaなどと綴りを変えて使われています。

ギリシャ神話ではヘレンは人妻でありながら若い青年と駆け落ちをします。それが原因であの有名なトロイヤ戦争が起こりました。ギリシャ時代の美女が強くてしぶといかどうか分かりませんが、神なので人間よりは強いでしょうね。

現在のヘレンは神話の女性を意識して命名しているわけではないと思うので、小説のヘレンは女性の名前としてたまたま選ばれただけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。偶然みたいですけど、たまたま2作品続いて読んだため、気になっていたのです。
神話のお話、参考になりました。

お礼日時:2003/10/11 23:38

「かわいそうな少女」というイメージです。



Helen was loved by her Dad,who was put in a jail.
Why?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。しかし、あげられた英文が訳せない!辞書を引っ張り出さねばなりません。

お礼日時:2003/10/11 23:36

みなさん回答されているようですが



なんで、ヘレン・カーペンターが
出てこないのでしょう。

偶然だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。カーペンターさんは、なんかはかないイメージですね。

お礼日時:2003/10/11 23:34

「強くしぶとくたくましい」というイメージには同感です。

私の場合はそれに加え「自分より立場の弱い人間には高慢に振る舞う」というイメージがあります。
なぜ?と聞かれても答えようがないのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。う~ん、なぜでしょうねえ。

お礼日時:2003/10/11 23:33

西川ヘレンさん。


西川きよしさんの奥さんは関係ないでしょうか?

んー。やっぱヘレン・ケラーさんでしょうね(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ヘレン、と言う名前で「強くたくましく…、」と刷り込まれてしまったのでしょうか?

お礼日時:2003/10/11 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリア語で光というのは・・・

イタリア語で「光」「透明な光」「柔らかい光」「魂」「静かなる心」という言葉を教えてください。
もしよければそのような系統の言葉でなにかこころに響くようなよい言葉があれば教えてください。

Aベストアンサー

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。音の響きのよう方を選ばれることです。luce がやはりいいと思います。
 
  「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません):
 
  la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ)
  il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ)
 
  la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ)
  il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ)
 
  「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。光の「感じ」で選ぶことができます。mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。
 
  以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。好きな形容詞で、言葉を造ってください。
 
  la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ)
  il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ)
   ……
 
  「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。
 
  「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。
 
  「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo(a) という形容詞になります。calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。「落ち着いた」というような意味です。
 
  il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ)
  

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし...続きを読む

Q男の子の名前が、漢字ではなく、「ひらがな」だと変でしょうか。

男の子の名前が「ひらがな」だと変でしょうか。

もう直ぐ子供が生まれます。女の子を期待して、ひらがなの名前を考えていたのですが、検診で男だと判明しました。
読みとしては、どちらでも通用するような名前で、夫婦そろって気に入っているのですが、そのまま付けるかどうか悩んでいます。
無理に漢字をあてるのも変なので、別の名前(漢字の)を考えた方が良いものかどうか・・・。

男でひらがな名だと、学校などでいじめられたりするものでしょうか。

Aベストアンサー

男性の本名がひらがなというかたはあまり見かけませんよね(苦笑)。

ひらがなに対してこだわりがあり、誰に名前の由来を聞かれても、
自信を持って答えられるのであればそれで良いのではないか、と
いうのが私の回答です。
実際保育園などでも「ひらがな男児」が年々増える傾向にあるようです。

いじめられる確率がゼロというわけではありませんが、あまり
気にせず命名してよいのでは?(むしろ当て字などで読み方が
難しくなるほうが問題かも)
もちろんご両親が納得されているのが前提でしょう。

参考までに過去ログも差し上げましょうか?

◆http://okwave.jp/qa1766437.html◆
◆http://okwave.jp/qa1916132.html◆


人気Q&Aランキング