人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

微分 級数 C^n級

C^1級やC^2級の具体例が知りたくて質問させて頂きました。
因みに、多項式はC^∞級でありC^1級でもあることは理解しています。

C^2級の例:y=|x|^3
y'=-3x^2 (x<0), 3x^2 (x>0) これは連続
y''=-6x (x<0), 6x (x>0) これは連続
しかし,y'''は原点で定義されないので,y'''は連続ではない
したがって,y=|x|^3 はC^2だがC^3ではない.

C^1級の例:y=|x|^2
上と同じ。

因みに、C^0級なるものを聞いた事がないのですが、
上の例に従うとy=|x|はC^0級となると思います。
この考えは間違っているでしょうか?

以前、別の質問でご回答頂いたのですが、
C^1⊂C^2 ⊂ C^3 ⊂ C^4 ⊂ …
となることは理解しています。
C^0級は、集合としてC^1級よりも大きいのでしょうか?
C^0⊂C^1となるのでしょうか?

以上、ご回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

また、山程の量の追加質問ですね。


一応回答しておきますが、
どうせ今回も、一部しか読まないのでしょう?


> 右極限:lim[x→+0]y´=0
> 左極限:lim[x→-0]y´=0
> よって左右の極限が等しいので
> y=|x|^2は、x=0で微分可能。

y が x=0 で微分可能かどうか調べたいなら、
lim[x→+0]y´= lim[x→-0]y´ か否かではなく、
lim[x→+0](y(x) - y(0))/(x-0) = lim[x→-0](y(x) - y(0))/(x-0)
か否かを確認しなくては。
lim[x→+0]y´= lim[x→-0]y´だが x=0 で微分区可能な y
の実例を、A No.6 に挙げておきましたよ?


> 右極限:lim[x→+0]y´=1
> 左極限:lim[x→-0]y´=-1
> よって、左右の極限が異なるので
> y=|x|は、x=0で微分可能でない。

lim[x→+0]y´≠ lim[x→-0]y´ によって示されるのは、
y が x=0 で微分不可能なことではなく、
y´ が x=0 で連続でないこと(だけ)です。
y が x=0 で D^1 級である可能性は、まだ否定できていません。


> C^0級は単に連続関数を表すのでしょうか?
> 一回も微分可能でない関数を示すのでしょうか?

そういう習慣です。


> 例えば、y=|x|^3はC^2級であるとは、
> 原点に対してC^2級ですよね。
> その他の点ではC^∞級だと思います。

定義域の全域で C^n 級であることを、関数が C^n 級だと言います。
定義域を明示しなければ、話にならないのは当然ですが。

例えば、全実数 x で定義された |x|^3 は、x=0 で C^2 級であり、
x≠0 でも( C^∞ 級なので、同時に) C^2 級でもあります。
よって、定義域全域で C^2 級です。
x=0 で C^2 級ですから、定義域全域で C^∞ 級にはなりません。
C^n 級の包含関係は、こんどこそ理解できたのでしょうね?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
全て読ませて頂きました。

x=0で微分可能であるかに関しての私の認識は、
1.f(x)において、f(0)が定義されている事
2.lim[h→±0]f(a+h)=f(a±0)より連続である事
3.lim[h→±0]f(a+h)-f(a)/h=f´(a±0)より左右の極限が一致する事
だと考えております。

>lim[x→+0]y´≠ lim[x→-0]y´ によって示されるのは、
>y が x=0 で微分不可能なことではなく、
>y´ が x=0 で連続でないこと(だけ)です。
lim[h→±0]f(a+h)=f(a±0)が連続であるかどうかを示すと考えて
いるのですが間違いですか?


lim[x→+0](y(x) - y(0))/(x-0) = lim[x→-0](y(x) - y(0))/(x-0)
の式が理解出来ませんでした。
私が、理解している微分可能の定義は
http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/bibun …
です。


関数の連続と微分可能性
http://homepage3.nifty.com/rikei-index01/biseki/ …


> C^0級は単に連続関数を表すのでしょうか?
> 一回も微分可能でない関数を示すのでしょうか?
>そういう習慣です。
連続であり一回も微分可能でない関数を表すということですか?
C^0級は、集合としてC^1級よりも大きいのでしょうか?


>定義域の全域で C^n 級であることを、関数が C^n 級だと言います。
>定義域を明示しなければ、話にならないのは当然ですが。
この点に関しては理解出来ました。

>例えば、全実数 x で定義された |x|^3 は、x=0 で C^2 級であり、
>x≠0 でも( C^∞ 級なので、同時に) C^2 級でもあります。
>よって、定義域全域で C^2 級です。
なぜ、上の表現で「x=0 で「C3 でないから」、C∞ ではない」と
表現し直したのでしょうか?元の表現で問題ないように思うのですが。



>x=0 で C^2 級ですから、定義域全域で C^∞ 級にはなりません。
>C^n 級の包含関係は、こんどこそ理解できたのでしょうね?
C^1⊃C^2⊃・・・⊃C^∞です。
理解できました。


以上、また追加質問ですがご回答何卒よろしくお願い致します。

補足日時:2011/05/17 15:25
    • good
    • 0

C^0級は「連続」というだけです. 微分可能性にはまったく触れていません.



余談だけど, あなたの書いた「x=0で微分可能であるかに関しての認識」のうち 2 と 3 は意味不明. 「f(a±0)」とか「f´(a±0)」とかって, 定義されてないよね.
    • good
    • 1

ああ…末尾の処、書き方が悪かった。


x=0 で「C3 でないから」、C∞ ではない
…と書かないとね。
これ、ついやってしまうな。
    • good
    • 3

> 微分係数の定義に従い、左右極限を調べて微分可能であるか


> どうかを調べるのでしょうか?

そのとおりです。

> y´ = 2x (x<0), y´ = 2x (x>0)
> x < 0 と x > 0 の微分の結果が同じだから
> y´ = 2x となり、y´´ = 2となるという事でしょうか?

では、ダメです。

y´ = 2x (x<0), y´ = 2x (x>0) とは別に
y´ = 0 (x=0) であることが判れば、
y´ が x = 0 で連続であることは解りますが、
y´ = 2x (x<0), y´ = 2x (x>0) から
y´ = 0 (x=0) は導けません。

例えば
x ≠ 0 のとき y = x^2
x = 0 のとき y = 100
という関数を考えてみましょう。
y´ = 2x (x<0), y´ = 2x (x>0) ですが、
y´ (x=0) は存在しません。

> |x|^3 の場合は、x < 0 と x > 0 の微分の結果が異なる
> ためですか?

「微分の結果が異なる」が何を言っているのかが謎ですが…

lim[x→ +0] y´ ≠ lim[x→ +0] y´ であることを指しているなら、
確かに、y´ が x = 0 で連続にはならないことが結論できます。

x < 0 と x > 0 で y´ を表す式が異なることを指しているのなら、
それではダメです。

例えば
x ≧ 0 のとき y = x^2
x < 0 のとき y = x^3
という関数を考えてみましょう。
ちゃんと x = 0 で微分できて、
しかも y´ は x = 0 で連続です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

y=|x|^2について、
y=|x|^2は、
y=x^2|x>0,y=x^2|x<0
より、y=|x|^2=x^2である。
x=0において
右極限:lim[x→+0]y´=0
左極限:lim[x→-0]y´=0
よって左右の極限が等しいので
y=|x|^2は、x=0で微分可能。

よってy=x^2は、C^∞である。

y=|x|について、
x=0において
右極限:lim[x→+0]y´=1
左極限:lim[x→-0]y´=-1
よって、左右の極限が異なるので
y=|x|は、x=0で微分可能でない。
y=|x|はC^0級と表現してOKでしょうか?
C^0級は単に連続関数を表すのでしょうか?
一回も微分可能でない関数を示すのでしょうか?

また、y=|x|はx=1においては、
右極限:lim[x→+0]y´=1
左極限:lim[x→-0]y´=1
よって左右の極限が等しいので
y=|x|は、x=1で微分可能。
y=x|x>0より、y=|x|はx=1に
おいてC^∞級である。

ある関数のクラスを言う場合は、
どの範囲で議論されるのでしょうか?
例えば、y=|x|^3はC^2級であるとは、
原点に対してC^2級ですよね。
その他の点ではC^∞級だと思います。

絶対値付きの微分に関しては新しく質問
させて頂きます。

補足日時:2011/05/13 12:01
    • good
    • 0

>|x|^2は実関数としてx^2と同じであることはグラフを描かず



・・・・絶対値って分かってますか・・・・
絶対に分かってないと思うので
高校の教科書を見直しましょう.

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
絶対値に関しての認識ですが、
|f(x)|について、
|f(x)|=f(x)|x≧0
|f(x)|=-f(x)|x<0
また、
|f(x)|=√(f(x)^2)
程度の認識です。

補足日時:2011/05/13 12:07
    • good
    • 0

C^n 級の包含関係については、


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6694795.html の No.6 で
> 理解できました。
とのことだったので、理解できたのかと思っていました。

|x|^2 が何級かについても、
前スレの No.5 に書いておいたんですがね。
無視するから、同問再投することになるんですよ。

|x|^3 は、C^2 だが C^3 でなない…で ok です。
|x|^m は、m の遇奇で違いますね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
無視したつもりはありませんm(_ _)m

No5に頂いたご回答を確認させて頂きました。
グラフを作成してみると|x|^2はx^2とグラフが同じでした。
|x|^3はx^3とグラフが異なりました。
なので、|x|^2はC^1級でもありC^∞級でもあると
理解しました。

|x|^2は実関数としてx^2と同じであることはグラフを描かず
とも分かるのでしょうか?

私が間違えていた点は、y=|x|^2の微分です。
y´=2x(x<0),y´=2x(x>0)
x<0とx>0の微分の結果が同じだから
y´=2xとなり、y´´=2となるという事でしょうか?
|x|^3の場合は、x<0とx>0の微分の結果が異なる
ためですか?


ここで、改めて質問なのですが、絶対値が付いた
場合の微分はどのように行えばよいのでしょうか?
例えば、|sinx|や|logx|などです。
|sinx|はグラフを描くとx=0で微分不可のように思います。
|logx|はグラフを描くとx=1で微分不可のように思います。

微分係数の定義に従い、左右極限を調べて微分可能であるか
どうかを調べるのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します。

補足日時:2011/05/12 17:55
    • good
    • 0

C^0級は連続であることの別表記なのが一般的.



y=|x|^2はC^∞(だからC^1でもあるが・・・)

>C^1⊂C^2 ⊂ C^3 ⊂ C^4 ⊂ …
>となることは理解しています

理解してないです.
包含関係が逆です.
C^nのnが大きくなればなるほど条件が厳しくなるのだから
徐々に小さくなるのです.

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
C^1 ⊃ C^2 ⊃ C^3 ⊃ …
でした。記号の向きを間違えました。申し訳ありません。
意味は理解しております。

C^0級はC^1級のように1階微分可能で・・・
と言う事は表さず、単に連続関数を表すということでしょうか?

y=|x|は左右の極限が異なるので、x=0で微分不可能ですよね。
なので、y=|x|をC^0級と考えた次第です。

また、y=|x|^3はC^2だがC^3ではない。という考えは間違いでしょうか?

申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願い致しますm(_ _)m

補足日時:2011/05/12 13:54
    • good
    • 1

C^n級について忘れてしまったので間違っているかもしれませんが


C^n級がn階微分可能でその導関数が連続という意味なら
C^0級はその関数そのものが連続と定義するのが自然です
でも定義の仕方なので、単なる連続関数をクラス分けする必要はないとすれば
そんなクラスはなかろうと思います。教科書の定義をもう一度ご確認ください
ちなみにy=|x|^2=x^2はC^∞級と思います
    • good
    • 0

「C^1⊂C^2 ⊂ C^3 ⊂ C^4 ⊂ …」ってどういう意味?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC1級関数って何ですか?

級数の勉強をしていると、
” C1級数関数 ”
(※ 1はCの右上の小さい文字。表記できませんでした。)
という用語が出てきたのですが、どういう意味なのかわかりません。
どういう関数なのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは.Esnaです.

C1級は,1回微分可能な関数のことです.
Cn級や,C∞級(e^x,sin x など)など微分可能回数によって関数を分類したものです.

QC∞級とは何ですか?

複素関数論で出てくるC∞級とは、無限回微分可能である関数
というように定義されると思うのですが、
そのような関数で思い当たりがあるのはsin, cos , expくらいなのですが、
他にC∞級の関数は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

> x^nや、1/xも同様にx=0で傾きが発散してしまうと思うのですが

x^n (n は自然数) の n 階導関数は、定数関数です。
発散しませんよ?

f(x) = 1/x は、f(0) で定義されていませんし、
{ |x|^(4+1/3) } / x のように f(0) の値を追加して x=0 で連続に
拡張することもできません。
よって、lim[h→0] { f(0+h) - f(0) } / h の収束性以前に、
{ f(0+h) - f(0) } / h が考えられないのです。

No.1 の人が 1/x を C^∞ 級と言っているのは、
1/x は x≠0 で定義された関数であり、その全域で C^∞ 級
という意味です。(たぶん)

No.2 で話題にしているのは、実数全域で C^n 級か
ということです。(No.4 も参照)

Qリプシッツ連続と一様連続

リプシッツ連続と一様連続が(定義は分かるのですが)違いが良く分かりません。

リプシッツ連続ならば一様連続と本に書いてあったのですが、一様連続んらばリプシッツ連続、は成立しないのでしょうか。

Aベストアンサー

リプシッツ連続はx≠yとして|f(x)-f(y)|/|x-y|≦Lと変形てきます。
y→xのとき、これが何を意味しているかを#1さんの例の原点で考えれば違いが解るのではないでしょうか。

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/

Qe^(-x^2)の積分

e^(-x^2)の積分はどうやったらよいのでしょうか?
どなたか分かる方、よろしくお願いします。

eは自然対数の底でe^(-x^2)=exp{-x^2}

Aベストアンサー

ガウス分布に使いますね。
やりかたですね。一般的なものを参考程度までに、

xy座標の第一象限で原点を通る一辺aの正方形
と正方形に接する半径aの(1/4)円とr半径√2aを考えるんですね。
正方形の領域□でe^-x^2 をx方向に積分すると、
∫[0→a]e^-x^2dx
正方形の領域だからe^-y^2 をy方向に積分しても
同じ値になりますね。だから
∫[0→a]e^-x^2dx=∫[0→a]e^-y^2dy
ということは、x,yは独立に考えられるので、
∫[0→a]e^-(x^2+y^2)dxdy
={∫[0→a]e^-x^2dx}^2
という関係が出ますね。
だから、e^-(x^2)を積分する代わりにe^-(x^2+y^2)を積分してその√を取れば解が得られるという論法を利用するんですね。
四角形の領域で
I=∫[x,y:0→a]e^-(x^2+y^2)dxdy
を積分するにはちょっとなんで、四角形に接する大小の円で挟み撃ちを考えるんですね。
半径aの(1/4)円では、
極座標変換して、(x^2+y^2)=r^2, dxdy=rdrdθ
=∫[0→a]e^-(r^2)dr∫[0→π/2]dθ
=(1/2)(1-e^-a^2)(π/2)=(π/4)(1-e^-a^2)
同様に、半径√2aの(1/4)円では、
=(π/4){1-e^-(2a^2)}
だから、
x:0→a
√{(π/4)(1-e^-a^2)}<∫[0→a]e^-(x^2)dx
<√{(π/4){1-e^-(2a^2)}}
が回答ですね。これ以上は数値表を参照ですね。
a→∞ であれば、
∫[0→∞]e^-(x^2)dx=(√π)/2
が回答になりますね。
広域積分でも検索すれば参考になるかも。

ガウス分布に使いますね。
やりかたですね。一般的なものを参考程度までに、

xy座標の第一象限で原点を通る一辺aの正方形
と正方形に接する半径aの(1/4)円とr半径√2aを考えるんですね。
正方形の領域□でe^-x^2 をx方向に積分すると、
∫[0→a]e^-x^2dx
正方形の領域だからe^-y^2 をy方向に積分しても
同じ値になりますね。だから
∫[0→a]e^-x^2dx=∫[0→a]e^-y^2dy
ということは、x,yは独立に考えられるので、
∫[0→a]e^-(x^2+y^2)dxdy
={∫[0→a]e^-x^2dx}^2
という関係が出ますね。
...続きを読む

Q剛体振り子の周期

剛体振り子の運動方程式 I(θの2回微分)=-Mghθ
から、普通に
周期T=2π√(I/Mgh)
と教科書に書いてあるのですけど、この周期Tはどうやって求めたのでしょう?計算の仕方がわからないので教えてください☆お願いします!
T=2π/ωと、ω=(θの微分)を用いるのはわかるんですけど・・・。

Aベストアンサー

これはθに関する微分方程式を解かなければいけません。
すなわち
dθ^2/dt^2 = -Aθ
(A=Mgh/I)
これは、よく教科書に書いてある形の微分方程式なのですが、解き方をここに書くのは、ちょっと面倒なのでご勘弁ください。

代わりに、方程式から周期を求める簡易な方法を紹介します。

θはtの三角関数になることは、わかっているものとします。

そうすると
θ = a・sin(ωt+c)
tで一回微分すると
dθ/dt = ab・cos(ωt+c)
もう1回tで微分すると
I = dθ^2/dt^2 = -a・ω^2・sin(ωt+c)

これらを当初の方程式に代入すれば
-a・ω^2・sin(ωt+c) = -A・a・sin(ωt+c)
よって
ω=√A=√(Mgh/I)
T=2π/ω=2π√(I/Mgh)

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。

Q「区分的に連続」と「区分的に滑らか」の概念について

フーリエ級数について勉強しているのですが、
「区分的に連続」と「区分的に滑らか」の理解が非常に曖昧です。

(1)
「区分的に連続」な関数の私のイメージは
周期の変わり目で不連続であってもいいけど、その不連続点の前後で発散していない関数、
なのですが、どこか不十分でしょうか?

(2)
「区分的に滑らか」な関数とは、
「その関数が区分的に連続、かつ1階導関数が区分的に連続」な関数とテキストでは説明されているため、
「区分的に滑らか」ならば「区分的に連続」である、と理解しているのですが、
これは正しいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「区分的に連続」の定義に、文献ごとのブレはないのか?
が少々不安な気はします。私の知っている定義は、
http://next1.cc.it-hiroshima.ac.jp/MULTIMEDIA/linearalg02/node4.html
のようなモノです。

「その不連続点の前後で発散していない関数」とは、
リンク先の 条件2 のことを言わんとしているようです。
この流儀では、ただ有限個の除外点以外で連続なだけではない
のです。フーリエ級数を扱うときには、この意味での
「区分的に連続」な関数が登場しますね。


(2) 「区分的に滑らか」の方は、その説明ではマズイ
ような気もします。「滑らか」も、文脈ごとにブレのある用語ですが、
概ね「任意階微分可能であること」を指すようです。
複素関数なら、1階微分可能と任意階微分可能は同じことですが、
「区分的に滑らか」と言うときには、実関数を考えていることが
多いように思います。実関数の意味では、1階微分可能な関数が
任意階微分可能とは限りません。

ただし、フーリエ級数を扱うときには、
「区分的に連続、かつ1階導関数が区分的に連続」な関数が
登場するので、ソレを「区分的に滑らか」と呼んでしまうような
流儀があるのかも知れません。

どうなんでしょうね。

(1) 「区分的に連続」の定義に、文献ごとのブレはないのか?
が少々不安な気はします。私の知っている定義は、
http://next1.cc.it-hiroshima.ac.jp/MULTIMEDIA/linearalg02/node4.html
のようなモノです。

「その不連続点の前後で発散していない関数」とは、
リンク先の 条件2 のことを言わんとしているようです。
この流儀では、ただ有限個の除外点以外で連続なだけではない
のです。フーリエ級数を扱うときには、この意味での
「区分的に連続」な関数が登場しますね。


(2) 「区分的に滑らか」...続きを読む

Q上極限、下極限が理解できません

大学で習っているのですが、limsupやliminfなどが定義を見ても、どういう意味なのか理解できません。

上界、下界、上限、下限については例があったので、なんとか理解することができました。


X={1,2,3}⊆Zのとき、下界の1つとして0がとれる。

こんな感じで、簡単な例つきで説明して下さると、理解できると思うのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

上極限

sin(n)で考えましょう。nは自然数です。
sin(n)は振動しているので極限はないけど、
「nが大きい時(というか初めからだけど)1を超えることはない」
「1付近の値を何回も(無限回)とる」
から1が上極限です。
ことばでいえば、
「ずっと先のほうでは、上極限の値より大きくならない」
(極限の意味でです。∀ε>0に対し上極限+εより大きくならないってことです)



この例では下極限はー1ですね。

(sin(n)-1)*n の場合だと、
上極限は0で、下極限は「なし」(-∞)となりますね。


人気Q&Aランキング