先日テレビで相撲の土俵に埋まっているものを放送していましてが何が埋まってるか覚えている方、ご存知の方教えてください。またその意味もおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

土俵の中心には、鎮物(しずめもの)として


「勝ち栗、洗米、昆布、するめ、塩、カヤの実」
の6品が埋められているそうです。

http://www.chunichi.co.jp/kodomo/report/20000717 …

参考URL:http://www.chunichi.co.jp/kodomo/report/20000717 …
    • good
    • 0

土俵の中に埋める物は「縁起物鎮め」と呼ばれています。



御神酒を注ぎ入れ、昆布、スルメ、洗米、カヤの実、勝栗(かちぐり)が埋めてあります。

場所中にケガや事故、災難に遭遇することなく終わるように祈願する土俵祭りというものを本場所前に行い、このときに埋めます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相撲の土俵について

土俵には直径4.55mの円形に俵が埋めてあり、その外側にも土俵の縁に沿うように四角形(正確には八角形)に俵が埋めてありますが、この外側の俵は何のためにあるのか、意味を教えてください。相撲協会に電話で聞いたところ、特に意味はないとのことでしたが、納得できません。
私の考えでは、かつて土俵は2重の円でできていたので、その名残では・・・?
という気もするのですが。
勝手なお願いですが、答えてくださる方はその答えの根拠(『~』という本でみた、等)も教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

小学館の百科事典には「土俵」という項目があります。そこには「土止めのため」と書いてあります。平凡社の百科事典でも同じようなことが書いてあります。

ところで、昔土俵は確かに二重の円でしたが、それは現在土俵の外側に砂がおいてあるところにありました。この砂のことを「蛇の目の砂」といいますが、これは二重円のことを蛇の目という言い方があることからきています。このときでも、土俵の四囲には俵がありましたから、直接関係は無いと思います。

なお、相撲全般についての簡単な知識は日本相撲協会のページの「相撲博物館」というリンクに記されています。

参考URL:http://www.sumo.or.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報