私の妻は軽度のアトピーです。
ところで巷ではよくステロイドやタクロリスム(免疫抑制剤)が治療の中心であると聞きます。
本人が外用薬依存になりたくないので、かゆみを軽減する栄養剤(ビタミンの類)や食品に関して知識のある肩がいらっ社たらご助言いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

花粉症と同じですが、


あ、かゆい・・と思った時に、
即効性があるのが、メントールです。
おそらく神経系かホルモン系に作用するのでしょう。
ミント、シソ、アロエなどの成分もその1種。
ちなみにステロイドホルモンとも分子構造が似ています。
ミント、シソ、アロエ、ニンニク、その他ハーブ類、
香辛料類はそのような薬効成分があるので、
大量に食べると良くないです。
特に、妊婦は流産を引き起こす可能性があるので、要注意。
詳しくはハーブの専門書を参照してみて下さい。

私のアトピー経験では、かゆい、かきたい、と思った瞬間に、ロッテグリーンガムを口に入れると、
あの猛烈なかゆみが少しは軽減されるので、かかずに我慢できました。

ステロイドは正しく使えば大丈夫です。

あと、奥様のためにということなので、プラセーボ効果はいかがでしょう?
「これが実はすごくいいみたいだよ」と、だんな様が得意な料理(簡単で、何度も作れるもの)をしてみせる。
アトピーのかゆみは精神的な部分が大きいので、期待できそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん紹介していただいてありがとうございました。やっぱりハーブ系は良さそうですね。大量に取る点については大量に調理することもないので心配ないでしょう。毎日ちょっとした付け合わせにすればよいのですよね。
ミント系は花粉症でも効果ありますね。おそらく同じことなんでしょうね。
ちょっと注釈ですが、メントールはステロイド骨格を持っていませんね。
プラセーボも期待したいところですが…。先入観がいろいろあるようなので気長に頑張りたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/11 17:57

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「『アレルギー疾患』総合リンク集」
このリンク集の中で、
http://www.kabinet.or.jp/kabinet/users/revolut1/ …
(食餌治療について)

ご参考まで。

参考URL:http://www.ktx.or.jp/~kenkou/allergy/allergy.html
    • good
    • 0

#1の補足です。



シソは青でも赤でも効果は同じようです。
ただ、しそジュースはしその葉とレモンを使って作るので赤のほうが
きれいな色にできます。

ジュースのレシピも見つけました。
参考URLをご参考にどうぞ。

参考URL:http://www1.plala.or.jp/monument/akasiso.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も回答どうもありがとうございました。参考にしておいしいジュースを作ってみたいと思います。

お礼日時:2001/05/11 17:58

きのこはβ-Dグルカンがガンを抑制し、アトピー性皮膚炎を軽減します。


きのこは、免疫機能の衰えと過剰の状態を正常化してくれます。
後は、レアレルギーや自己免疫疾患を軽減させる食べ物に「シソ」のポリフエノールや青魚に含まれるEPAがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ところでβグルカンは免疫系を活性化するとよく言いますが(確か静岡大の水野博士の研究)、IgE系の免疫も活性化することにならないのでしょうか?かなり専門的な質問ですが、何かご存知のことがあれば教えてください。

お礼日時:2001/04/24 11:56

食品ではないのですが、ルイボスティーがアトピーにいいと聞きました。


冬はホットでコーヒー代わりに、夏は冷して麦茶のように飲むだけなので簡単ですし、特別な調理法もないです。
味も癖がなく飲みやすいです。
ぜひ試してみてください。

この回答への補足

回答ありがとうございました。ところでルイボスティーティーなんでしょうか?入手方法などを含めてご教授いただければ幸いです。

補足日時:2001/04/24 11:53
    • good
    • 0

病院で一度、アレルギー検査をされてみては


いかがですか?
アレルゲンが何か特定し、それらを食べないように
注意すると言う具合です。
アレルゲンにもいろいろありまして、室内のダニ、カビから
イネ科植物、雑草花粉、樹木花粉、食物類です。
また、血液内のIgEというものが基準値より異常に高い人に
アトピー性皮膚炎が多いそうです。

最近ではいろいろな民間療法が飛び交っています。
また、それを商売として、なんでもアトピーと結びつけて
売っているものもありますので、注意が必要です。
かえって、悪化したということも聞きますので。

漢方薬なども有名で、これで他の人が改善されたと言う話もよく
耳にしますが、それで自分もなおるとは限りません。
アトピーは改善されることはあっても、なおるわけではありませんから。

ただ、漢方は体質を改善するための手助けになるかもしれませんね。

どのような状態なのかわからないのですが、
悪化させないためには補助的にでも外用薬は必要だと思います。
かゆみが辛いときは塗布し、治まったら、塗るのをひかえる。
という具合でしょうか。

やはり、一度専門的見てもらった方が一番かと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございました。ただ、アレルギーテストをはじめ、すでに専門医での診察は長年にわたって済ましております。もちろん民間医療のようなものに手を出すつもりもありませんし、私も生物化学を研究して飯を食べているので、そのような手にはまるわけはありません。
本人が外用薬を使いたくないといっている以上、使いたくは無いので、どうせ食事をするなら何をよりとってらいいかを検討してみたかったのです。おいしくて、多少なり症状が軽減できるものがあれば幸いです。

補足日時:2001/04/24 11:49
    • good
    • 0

アレルギー体質の改善に効くとされる食べ物に、「シソ」があります。



これからの季節、冷やっこやつめたい麺類の薬味に使うのはもちろん、
5~6月頃には赤シソの葉が八百屋さんに束になって売られます。
(梅干の色漬けに使うものですが)
それを使ってシソジュースを手作りなさるのも良いですね。
(レシピを忘れてしまったので、くわしいことは検索なさるかご質問なさって下さい)
また、健康食品で「シソの実油」というカプセルに入ったものもあります。
このようなものをご利用になってみるのはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
紫蘇は赤ジソのほうが良いのでしょうか?普通の紫蘇は今ベランダで買っているところです。紫蘇であれば食べ過ぎもないでしょうから、毎日こつこつと食しようと思います。

お礼日時:2001/04/24 11:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皮膚科の外用剤について。。。

今、目の下の乾燥やニキビに悩み、
皮膚科へ通院し始めました。

アレルギーが原因なこともあり、
乾燥を防ぐ保湿目的から『ヒルドイドソフト』
目の下のしわに『ビタミンA・レチノール配合』
を処方して頂きました。


2週間が経過し、始めはニキビが悪化したように感じましたが、
今は落ち着き、古い角質のざらつきもなくなりとても良くなったのですが。。。

レチノールはあまり長期の使用は良くないと、
何かで読んだ事もあり、副作用について不安です。
アメリカでは、外用剤として使う分には吸収率から
さほど、副作用の心配は無いとされているようですが。
日本では、妊娠中の方などは奇形など副作用から
控えた方が良いとされている様です。

ヒルドイドソフトは保湿効果や坑炎症作用などから、
アトピーの方なども処方されている場合もあるようですが、
こちらは、長期の使用でも
さほど副作用の心配は無いようなのですが、
アトピーの方がHPでヒルドイドソフトの脱離に挑戦
しているのを見かけました。

やはり、長期使用は控えたほうが良いのでしょうか?
免疫を高めていければ良いのですが、お薬に頼りすぎも
よくないのでしょうか?

副作用などについて、お詳しい方いらっしゃいましたら
教えて下さい☆

今、目の下の乾燥やニキビに悩み、
皮膚科へ通院し始めました。

アレルギーが原因なこともあり、
乾燥を防ぐ保湿目的から『ヒルドイドソフト』
目の下のしわに『ビタミンA・レチノール配合』
を処方して頂きました。


2週間が経過し、始めはニキビが悪化したように感じましたが、
今は落ち着き、古い角質のざらつきもなくなりとても良くなったのですが。。。

レチノールはあまり長期の使用は良くないと、
何かで読んだ事もあり、副作用について不安です。
アメリカでは、外用剤として使う分には...続きを読む

Aベストアンサー

ヒルドイドソフト、レチノールともに、顕著な副作用はありません。レチノールは、ビタミンAの一種です。妊娠中のビタミンAの過剰摂取は、奇形を誘発すると言われています。ですから、妊娠中のレチノールの飲用には、注意する必要がありますが、皮膚に塗ることについては、それほど気にする必要はないと思います。

レチノール
http://www.me-beauty.com/terhel/bitamin_a/

妊娠で注意する薬
http://home.highway.ne.jp/geki/homepage/memo14.html

ヒルドイドソフト
http://www1.neweb.ne.jp/wa/opharm/PharmAssist/534.htm

参考URL:http://www.me-beauty.com/terhel/bitamin_a/,http://www1.neweb.ne.jp/wa/opharm/PharmAssist/534.htm,http://home.highway.ne.

Qビタミン剤について

にきびがひどくて今ビタミン剤をのんでいます。
そこでビタミン剤は、どのタイミングでのむのがいいのですか?
教えてください!!

Aベストアンサー

食後がいいと聞いたことがあります。
↓のサイトに詳しく載ってるので参考になれば。。。

参考URL:http://www.selfdoctor.net/nurse/2001_11/nurse09.html

Qステロイド剤について

尋常性天ぼうそうという特定疾患にもなっている病気にかかっています。ただいま入院中です。セロドニン60ミリから二週間単位で10~5ミリずつ減らしていくとのことです。最低二ヶ月の入院ということで、今現在約一ヶ月経過しました。膠原病なども同じような薬剤の投与など、非常に似たような治療法だと聞いています。この薬の副作用について、又、ステロイドから脱することができて完治できたような方いらっしゃいましたら、ご意見是非ください。お願いします。

Aベストアンサー

#2です。
自分の場合、東洋医学等、全く何もしませんでした。
脱ステ・脱保湿(通称ガビガビ療法)です。
自然治癒力にまかせました。
掻き傷など、赤みがあるとこには、包帯を巻きました。(包帯を巻いたトコは、治りがはやかった)
あと、内服として、
ビオチン散
パンカル(ビタミン剤)
ミヤBM(整腸剤)
と乳酸菌をとりました。
水ににがりをいれ、ミネラルを摂るようにしました。
あと、食事療法として、
塩分・脂肪分を減らし、和食のみにしました。
間食も一切せず、糖分もたらないようにしました。
アレルゲンの除去も努力しました。
僕の場合アトピーですので、参考までになさってください。
お大事に。。。

Qビタミン剤について

肌荒れ、にきびなどに効くビタミン剤ってありますよね?ハイチオールCとチョコラBBって違いはなんですか??チョコラBBを飲んでいる人にハイチオールCを飲んでも同じような効果は得られますか?

Aベストアンサー

こんにちは、
両方ともビタミンCが含まれていたり、どちらも体の代謝を促進させるという意味では似ていますが、成分的には全く違うものです。パッケージの横に記載されている成分表を見てください。

チョコラBBは主にビタミンB2、B6を主体としたもの。これらは肌や粘膜を作るときに必要で有効な成分なんです。
http://www.rakuten.co.jp/earthpure/100258/408104/

それに対しハイチオールCはL-システインが主成分。これはもともと肝臓の働きを良くするのに有効な成分なんですが、臨床検査の途中でシミ(メラニンを出来にくく白くする働き)にも効果があることがわかり、今では美肌サプリとしてのほうが有名になっています。
肝臓の働きをよくすれば代謝も良くなり、結果肌のターンオーバーを助け肌に良いという理屈ですね。
http://www.ssp.co.jp/hc/data/effect.html

というか、最近では両方の成分が配合されたサプリメントもありますよね。

http://www.takeda-kenko.jp/products/vitamin/hic_bmat.html#youhou

どちらか一つということであれば、シミが気になる、お酒を良く飲まれたり飲んだあとだとハイチオールC のほうがよいでしょう。
逆に、口内炎ができやすかったり、食生活が乱れ気味ならチョコラがいいでしょうね。

ただ、私もサプリメントオタクで両方とも飲んだことありますが、効果のほど、違いはあんまりわかりませんでした^^;)まあ、飲まないよりは効いているかなくらいの気持ちで飲んでいます。

参考URL:http://www.eisai.co.jp/products/chocolabbp.html

こんにちは、
両方ともビタミンCが含まれていたり、どちらも体の代謝を促進させるという意味では似ていますが、成分的には全く違うものです。パッケージの横に記載されている成分表を見てください。

チョコラBBは主にビタミンB2、B6を主体としたもの。これらは肌や粘膜を作るときに必要で有効な成分なんです。
http://www.rakuten.co.jp/earthpure/100258/408104/

それに対しハイチオールCはL-システインが主成分。これはもともと肝臓の働きを良くするのに有効な成分なんですが、臨床検査の途中でシミ(メ...続きを読む

Qビタミン剤で教えて下さい!

†10代・♀です†
頬全体にポツポツできてたニキビが無くなってニキビ跡の赤み(色素沈着)を治したいです!とりあえずビタミン剤を継続して摂取しようと思ってるんですが効果があるのがどれかわかりますせん!
候補はチョコラBBプラス、ハイシーBメイト2、ハイチオールCの3つです!
「新しいニキビが出るのを抑えつつニキビ跡の赤みの色素沈着を治していく・ターンオーバーを促す」みたいなのは↑の3つのどれに当てはまりますか!?それともほかにあたったら教えて欲しいです!

Aベストアンサー

ニキビって、本当に辛いですよね。
私も吹き出物が出来やすいので、ビタミン剤は欠かせません。
皮膚科に行くと、ニキビ治療としては「B2・B6・C」、
色素沈着の治療としては「C・E」を処方されます。
皮膚科での処方はありませんが、「L-システイン」がターンオーバーを促し、
シミ(色素沈着)を薄くする効果があります。CMでもよく言ってますね?

・チョコラBBプラスには、C・L-システインが全く入っていません。
・ハイチオールCには、B2・B6が全く入っていません。
したがって、ハイシーBメイト2が、一番適していると思いますよ♪
<ハイシーBメイト2の成分>
・ビタミンB2・・・ 30mg
・ビタミンB6・・・100mg
・ビタミンC・・・・150mg
・L-システイン・・60mg
・ニコチン酸アミド・60mg
・ビオチン・・・75μg

私は、ゼファーマ(元藤沢薬品)の「新エバユースB26」を飲んでます。
これは、B2・B6・C・L-システインに加えて「ヨクイニンエキス」が入っています。
ヨクイニン(ハトムギ)は、漢方薬の一種で、皮膚の新陳代謝を良くして、
老廃物を排泄する働きや排膿作用があり、
ニキビを始め、肌荒れ、シミなどに効果があります。
CMなどしていないようで、知名度が低いんですが、
値段も、他の商品に比べて安めなのでオススメですよ。

参考URL:http://www.zepharma.com/products/pro086.html

ニキビって、本当に辛いですよね。
私も吹き出物が出来やすいので、ビタミン剤は欠かせません。
皮膚科に行くと、ニキビ治療としては「B2・B6・C」、
色素沈着の治療としては「C・E」を処方されます。
皮膚科での処方はありませんが、「L-システイン」がターンオーバーを促し、
シミ(色素沈着)を薄くする効果があります。CMでもよく言ってますね?

・チョコラBBプラスには、C・L-システインが全く入っていません。
・ハイチオールCには、B2・B6が全く入っていません。
したがって、ハ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報