こんにちは。清掃の本で以下の薬品が掃除に使える、と書いてありました。が、それぞれの成分の違いがわかりません。簡単にで結構ですので教えてください。

エタノール
アンモニア水
オキシドール
の3品です。

A 回答 (5件)

エタノールは昔エチルアルコールと呼ばれていたアルコールの一種です。

お酒に入っているアルコールと思ってください。
アンモニア水は水酸化アンモニウムの水溶液です。
オキシドールは過酸化水素の水溶液です。
いずれも傷口の消毒に使われたりします。
全部殺菌消毒に使えると言う事ですね。
エタノールは有機溶剤としても使えるので、有機系インクを落とすのにも役立ちます。油汚れなども落としますが、引火性が強いので、くれぐれも火のそばでは使わないでください。
オキシドールは漂白作用があります。
アンモニア水は強めのアルカリ性です。酸性汚れには強い見方ですが、独特のにおいがあります。使い終わったら酢などで中和させたほうがいいかも。アルカリが強いので、買ってきたものをそのまま素手で使うのはやめましょう。
下記サイトの石鹸ライフのパートナーたちというところ参照になさってください。

参考URL:http://www.live-science.com/index.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2003/10/11 09:48

こんにちは。



成分の違いという事はわかりませんが、大まかに私が知っている事を書きます。

エタノールは、台所用品の殺菌にも、医療にも利用できますが、オキシドール台所用には利用できません。

アンモニア水は虫さされに良いらしいです。
参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 09:46

エタノール  : アルコール(消毒、可燃性)


 http://www.kaneichiyk.co.jp/data/otoku.htm
アンモニア水 :アンモニア(アルカリ性溶液)
 http://www.live-science.com/honkan/partner/ammon …
オキシドール :過酸化水素水(消毒、漂白)
 http://www.wonderful-world.jp/soda/book/main01.h …

それぞれ全く異なるもので、使用目的が異なります。

参考URL:http://www.live-science.com/honkan/partner/ammon …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 09:45

エタノール:エチルアルコール(C2H5OH)のことです。

中性。
アンモニア水:アンモニア(NH4)の水溶液。薬局で売られているものは10%水溶液が多いようです。アルカリ性。
オキシドール:過酸化水素水。過酸化水素(H2O2)の水溶液です。3%ほどのものが多いようです。酸性。


こんなことにも使えるようです。参考になるでしょうか。
http://www.pupule.co.jp/news/knowledge/wash.html

参考URL:http://www.pupule.co.jp/news/knowledge/wash.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 09:44

エタノール


酒です。
薄めて飲めます。
消毒に使えます。
水より蒸発しやすい。
注射の前に腕を拭くやつです。

アンモニア
無色で、刺激臭のある気体です。
空気よりも軽く、水に溶けやすい。
アルカリ性です。
また、塩化水素と反応して、白い煙を出します。
塩化アンモニウムと水酸化カルシウムをまぜて、加熱すると、アンモニアが発生します。
液体のアンモニアは、気体になるときに、まわりから、熱を大量にうばいます。
ですから、冷蔵庫などの冷却などに利用されています。
また、化学肥料をつくるときの、原料になります。

オキシドール
過酸化水素。
水はH2Oで、オキシドールはH2O2。
酸性で消毒に使います。
ケガをしたときに塗るとバイキンを酸で殺します。
弱い塩酸みたいなもの。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 09:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオキシドールの消毒とアルコールの消毒

オキシドールの消毒液と、アルコールの消毒液の一般的な使い分けをご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

どこかで聞いた話なので、違っているかもしれませんが。

オキシドール(過酸化水素水)は、血液の中にあるある酵素により、水と活性酸素に分解され、その活性酸素が、細菌やウイルスを死滅させます。
つまり、過酸化水素水を分解する酵素が無いところでは、極端に効率が落ちるのです。
アルコールの場合は、化学反応によるものなので、どんな状況でも一定の効力を発揮します。

つまり、血の出ている場所、体液の出ている場合は、オキシドールが効率的に働くのに対し、それらが無い所では、オキシドールの効果が極端に低下するため、そのような場所では、アルコールのほうが効果的になるとの事です。

Q消毒用エタノールとマキロンの違い

消毒用エタノールとマキロンの成分は違うのでしょうか?
怪我をして傷付いて場合、
どちらを付けて消毒をしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1の方が書かれているように、マキロンなどの消毒薬の主成分は
塩化ベンゼトニウムまたは塩化ベンザルコニウムというものです。
セッケンが陰イオンの界面活性剤であることに対し、これらは陽イオンの
界面活性剤であるので逆性セッケンとも言われ、殺菌作用があります。

時代劇などによくありますが、刀で切られたときなどは焼酎を吹きかけて
消毒しています。焼酎はエタノール濃度が20~50%くらいなのですが、
殺菌効果があります。消毒用エタノールは殺菌効果が最も高い80%に
調整して売られています。

消毒ためにはどちらを使ってもかまいません。
消毒用アルコールにより強い消毒・殺菌効果があります。
しかし、エタノールやオキシドールの消毒には激しい痛みがともなうので、
新しい消毒薬としてマキロンが生まれたのです。

ということで、根性があればエタノール、根性がなけれなマキロンを使ってください。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Qオキシドールをかけて泡が出るのはなぜ?

 傷を消毒しようとすると発泡するときとしない時があります。
そもそも、なぜ泡が出るのでしょうか?泡がでない時は菌がいなかった
のでしょうか??傷でもないものにかけて発泡することもありますが、
そこには何がいたのでしょうか?!

 レベルの低い質問で恐縮です。何気なく常備してあるオキシドールが
不思議でたまりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。

ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。

そこで,動物細胞には過酸化水素を分解して無毒の酸素と水に分解する酵素があります(これが hero1000 さんがお書きのカタラ-ゼです)。

さて問題の泡(これが酸素であるのは皆さんがお書きの通りです)が出る出ないですが,次の様になります。


細菌や血液中の金属イオン等と Fenton 反応を起こした場合:上記の様に酸素が出来ませんので泡は出ません。

カタラ-ゼによって分解された場合:上記の様に酸素の生成による泡が出ます。

単に過酸化水素が分解した場合:inorganicchemist さんがお書きの反応によって酸素が発生し泡が出ます。


以上のようになりますので,むしろ泡が出ない時の方が殺菌作用を示しているといえます。

過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。

ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。

そこで,動物細胞には過酸化水素を分解し...続きを読む

Qオキシドールで掃除

エタノールで冷蔵庫内の除菌を仕様と思ったのですが・・・
間違ってオキシドールを買ってきてしまいました。
オキシドールでも除菌や拭き掃除などできますか?
冷蔵庫につかっても変色しないでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

食器や容器包装,食品製造用機械の消毒にも使います.

普通は,創傷・潰瘍の殺菌、消毒
 外耳・中耳の炎症、鼻炎、粘膜の炎症部位の殺菌
 歯の清浄、口内炎の洗口  等に使うものです.

  http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/prdt/01_01.html

Qエタノールとオキシドール

最近消毒用エタノールとオキシドール(オキシドールF)を購入しました。
高校まで化学をとっていたのですがそれ以降勉強していないのでほとんど忘れているので質問します。

どちらも消毒には効果あるのでしょうか?
また、OA用品(キーボードやマウスから携帯、電子パーツ)などに吹きかけて、指紋などの脂分の汚れをどちらも落とせますか?

さらに、オキシドールとエタノールを1:1で混ぜたところ気体が発生しているのですが、これは酸素でしょうか?
また、混合するとアルコール分は消えてしまいますか?

最後に、オキシドールとエタノールに重層やクエン酸を入れると
汚れを落とす効果や消毒の効果はどうなりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらにも消毒効果はあります。

油脂の汚れは、消毒用エタノールが適していますが、
材質そのものが侵される場合がありますので、(特にアクリル系)
問題のない部分で確認した方がいいです。

気体が発生している件は、
エタノールと水溶液が混ざったので、溶存ガスが発生しているものと思われます。

混合するとアルコール分は消えてしまいますか
消えません。

最後に、オキシドールとエタノールに重層やクエン酸を入れると
汚れを落とす効果や消毒の効果はどうなりますか?

主にpHの変化となりますが、
オキシドールに重曹を入れた場合は、オキシドールが分解します。
その他の組合せは、効力にあまり変化がないと思われますが、
実際効力試験をしてみないとわかりません。

Qフローリングとオキシドール

フローリングのカビ取りのため、一面をオキシドールで拭きました。

後でネット検索してみると、オキシドールでフローリングが白く変色してしまうとありました。

現在6時間くらい経過しており、今のところ変色はみられませんが、これから時間が経つにつれて変色する可能性はありますでしょうか?

宜しくお願いいたいます。

Aベストアンサー

オキシドールの有効成分は過酸化水素でこれが分解し生成する発生期の酸素(O)が殺菌力及び漂白力を持ちます。分解しなかった過酸化水素は揮発せず残ります。ただし布などで拭けば減少し問題無くなります。変色が心配なら水で濡らした雑巾で拭いてください。

カビの防止は食品で汚さないこと(掃除)と乾燥です。薬品で抑えるのは効果が一時的であったり、薬品による被害がでることがあります。

Qカビ菌に対して殺菌力が強いのはどれでしょうか?

次の3つの中でカビ菌に対して殺菌効果の高い順に教えて下さい。1.消毒用エタノール、2.逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3.酸素系漂白(ワイドハイターなど)

北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。(http://www.kabikyo.gr.jp/04_seihin/b_seihin03.html )

漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウムは使えません。

カビ菌は真菌で糸状菌というのをあるページで見かけたのですが、逆性石鹸でも効果はあるのでしょうか?

安全性も高いらしいので塩化ベンザルコニウムを50倍くらいに希釈して使用できれば安価に殺菌できてベストなんですが、既にカビ菌で真っ黒な状態のじゅうたんに効果はあるのでしょうか?(カビで真っ黒なじゅうたんは有機物汚染されてる状態なのでしょうか?)。
このような状態でも塩化ベンザルコニウム10%溶液を原液でつかうなど濃度を高くして使用すれば殺菌効果はアップするのでしょうか?

又、消毒用エタノールは真っ黒の状態のじゅうたんにもある程度の効果はあるのでしょうか?

どれを使用してじゅうたんの殺菌をするか迷っています。どうかアドバイスをお願い致しますm(_ _)m

次の3つの中でカビ菌に対して殺菌効果の高い順に教えて下さい。1.消毒用エタノール、2.逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3.酸素系漂白(ワイドハイターなど)

北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。(http://www.kabikyo.gr.jp/04_seihin/b_seihin03.html )

漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウム...続きを読む

Aベストアンサー

カビに対しては、殺菌消毒するということにおいては、高度消毒剤の
グルタルアルデヒド、フタラール等しか効果は期待できません。

黒くなっているらしいですが、黒かびは、紫外線に対しても、
強力な耐性を持っていますので、日光でも期待薄です。

根本対策には、クリーニングに出すか、買い替えが良いとおもわれます。

Qステンレスの磨き方どれがベスト?

ステンレスシンクや蛇口の磨き方、艶の出し方などいろいろ紹介されていますが、それぞれの特徴とお勧めの方法を教えて下さい。賃貸住宅のシンクなどですので、できるだけ曇りも取り、新品のようにしあげ、手間のかからない方法が希望です。
下記以外に良いものがあれば紹介して下さい。

(1)重曹で磨く
(2)お酢で磨く
(3)重曹磨きの後お酢で磨く
(4)クリームクレンザーで磨く。
(5)ピカールで磨く
(6)ステンレス用コンパウンドで磨く

Aベストアンサー

白い曇りはNo2さんの回答にあるようにサンポールがお勧めです。
ステンレスって色々あるんですが台所のシンクなどに使用される場合、合金としてニッケルも付加されてますので塩酸でも大丈夫です。(ただ長時間の接触は好ましくないです)

新品同様にするのが間違いだという意見もあるようですね、確かにミラーのような状態を維持するのは難しいですね。

ただ磨くのは間違いではありませんよ!

もちろんただ研磨剤で荒く磨いてしまうと不動態酸化被膜がはがれてしまうため錆の原因になり得ます。

ただクロム合金(ステンレス)の特徴として被膜は再生します。ステンレス用のコンパウンドはその辺の事情も加味してあるんです。

でも素人には綺麗に仕上げるのが大変なんです。しばらく水を流せないですしね。要は表面が通常の酸化(錆)をしてしまう前に不動態酸化被膜という安定した被膜を作らせる必要があり。これはプロにお任せした方が確実ということです。

まぁ失敗してももう一回表面研磨すればいいんですけど(笑)

手軽さといえば、私もサンポールに1票ですかね。あれ強力ですよ。ピカピカになります。ただ通常使用で細かい傷が無数についてしまうので、新品同様かどうかは感じ方次第ですね。

その後の日頃の水垢予防などのお手入れにはお酢やクエン酸でも十分でしょう。

白い曇りはNo2さんの回答にあるようにサンポールがお勧めです。
ステンレスって色々あるんですが台所のシンクなどに使用される場合、合金としてニッケルも付加されてますので塩酸でも大丈夫です。(ただ長時間の接触は好ましくないです)

新品同様にするのが間違いだという意見もあるようですね、確かにミラーのような状態を維持するのは難しいですね。

ただ磨くのは間違いではありませんよ!

もちろんただ研磨剤で荒く磨いてしまうと不動態酸化被膜がはがれてしまうため錆の原因になり得ます。

ただクロム合金(...続きを読む

Qほう砂の使い道について

子どもがスライムを作るのに「ほう砂」を購入しました。

しかし、スライムに使う量はそう多くなくて一箱
500g入りのほう砂は 少しも減りません。

箱には「結膜嚢の洗浄・消毒」と書いていますので
ホウ酸と同じように目を洗うのに使えるのでしょうか?
それから、これを薬局で購入した際、
「お風呂に入れるの?」と聞かれました。
入浴剤のようにお風呂に入れることはできるのですか?

スライムだけでは減らないので何か使い道はないかと思っています。

何か利用法がありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ホウ砂じゃなくてホウ酸だったら、ホウ酸団子という使い道は有名ですね。
ホウ酸からホウ酸だんごを作るのは比較的簡単なようです。
Googleで「ホウ酸だんご」をキーワードにして検索すると、いくつか見つかりました。

一例:
http://www.city.chiba.jp/hokenjo/kankyou/5p22/5p22h/5p22h002/5p22h002.html
http://www.page.sannet.ne.jp/katuya/housan.html

他の原料はすべて一般家庭にあるものでしょう。

ホウ砂とホウ酸の違いは、下記サイトをご参照下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://wchem.iwa.hokkyodai.ac.jp/~u5095/suraimu/index2.html

ホウ砂をホウ酸にする方法は、化学者だったら思いつくし実行できるんでしょうけど、一般家庭では難しいかも知れません。でも、毒性自体は大きく変わらないでしょうからホウ砂をそのまま使っても同様の効果があるのではないかと思いますよ。(ど素人・自信全くなし(ぉぃ))

毒性に関してはこちらをご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://wchem.iwa.hokkyodai.ac.jp/~u5095/suraimu/index6.html

でも、猫や犬などのペットを飼ってると、ホウ酸だんごは間違って食べちゃったりしたら大変です。幼児でもかなり少量で致死量になっちゃいます。(^_^;)

そこで、ホウ酸でもホウ砂でもかまわないと書かれている使い道を1つ紹介させていただきます。それは、へちま化粧水の作り方というものです。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.yorii.or.jp/~yapo/zatsugaku/benrinote.htm

もし、へちま水を入手可能でしたら、そちらを試してみるのもよろしいかも知れません。(^_^)

その他にも、「ホウ砂 使い道」で検索するといくつかヒットしましたので、ご紹介しますね。

◆ホウ砂の効能
http://www.cleanplanet.info/oldforum/81.html
◆ホウ砂の使い道
http://www.mitomo.com/baklog/b11/ps11188.html
◆掃除の基本
http://enrich.cool.ne.jp/cleaning/cleaning2.htm
◆掃除の基本
http://loftyliving.cool.ne.jp/cleaning/cleaning2.htm

写真の現像液にも使えるようですけど、これはちょっと一般の方には用がないかも知れませんね。(^_^;)
http://www11.plala.or.jp/monoanthology/Darkroom/DarkroomPage.html

しかし、いずれにしても毒性物質であることに代わりはありませんので、くれぐれも使用にはご注意下さい。

むしろ、rei00さんが仰ってるように全部スライムに使った方がいいのではないかというのが、無難な回答になると思います。

ちっともお役に立てそうもない回答で、申し訳ありません。m(_ _)m

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/katuya/housan.html, http://www.mitomo.com/baklog/b11/ps11188.html

ホウ砂じゃなくてホウ酸だったら、ホウ酸団子という使い道は有名ですね。
ホウ酸からホウ酸だんごを作るのは比較的簡単なようです。
Googleで「ホウ酸だんご」をキーワードにして検索すると、いくつか見つかりました。

一例:
http://www.city.chiba.jp/hokenjo/kankyou/5p22/5p22h/5p22h002/5p22h002.html
http://www.page.sannet.ne.jp/katuya/housan.html

他の原料はすべて一般家庭にあるものでしょう。

ホウ砂とホウ酸の違いは、下記サイトをご参照下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://wchem.iwa....続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報