色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

 最近、絶縁監視装置などで、アイゼロアール(I0r)とアイゼロシー(I0c)をよく聞くようになりました。漏れ電流全体から、安全な容量分の漏れ電流(I0c)をキャンセルして、危険な抵抗分の漏れ電流(I0r)を取り出す物、との認識ですが、そもそもI0cはなぜ「安全」と言えるのでしょう。なぜI0rは危険なのでしょう。
 ご存じの方、教えてください。

gooドクター

A 回答 (2件)

電源は交流(60HZ又は50HZ)ですから、配線や器具の静電容量で、微小の充電電流(対地間)が発生します。



アイゼロシー(I0c)は、充電電流です。要するに、配線のコンデンサー(c)分と高調波対応のフィルター分で、一か所より多くの充電電流が発生しているわけではなく、分散した微小な電流が合成した分ですから、火災等が発生しません。

アイゼロアール(I0r)は、r分ですから絶縁不良があれば、その所から漏洩電流が流れますので、漏電火災や、アース未取り付け等で感電事故の可能性があります。

故に、アイゼロアール(I0r)を検出すれば良い事になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そっか、なるほど。交流故の、ってことですね。
しかも微小な電流の合成値、ですか。なるほどー。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/18 23:27

I0rは漏電そのものです。

漏電は火災になったり感電したりすることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そうゆうものなんですね。なるほど。

お礼日時:2011/05/18 23:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング