子供のころ漫画として楽しんだのは
手塚治虫氏の「鉄腕アトム」・「リボンの騎士」くらいで
あとはたまに手に入ったとき馬場のぼる氏の「日吉丸」(題名が違うかも)

その後「ベルばら」・「エースをねらえ」くらいのもので
漫画がブームになったのをどちらかと言えば苦々しく眺めていたものでした。

いまや日本のサブカルチャーとして世界を席巻しているとか。

となると、改めて気になりだしたのが、タイトルに書いたように
「漫画」と「劇画」の相違。

友人の説では、ストーリーのあるのが「劇画」
1コマとか3コマ、あるいは4コマのような短いものが「漫画」だというのですが…

ほとんど触れることのない世界ですので
どなたか端的に分かりやすい解説をして下さいませんか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

漫画というのはさまざまな種類の笑いを引き出すために描かれた絵物語と言うところでしょう。

それは何も数コマのものに限らず、たとえば昔のノラクロなどはかなり長いですがマンガに属するものだと思います。鳥羽僧正の鳥獣戯画もマンガとよぶべきかも知れませんね。これに対して各種の絵巻物は劇画と呼ぶべきで、劇画というのはいわゆる絵草紙のように話の筋を絵で表わしたものでしょう。その意味で手塚治虫のマンガはすべて劇画と呼ぶべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Willytさま

せっかくご回答下さいましたのに
締め切ってしまってました、ごめんなさい。
なにせ、えどっ子なものでせっかちがこんなことに…。

新しいというか、きちんとした歴史を紐解く方法で
漫画と劇画の違いをご説明頂き
あらたな知識として、記憶することに致します。

お説にある「鳥獣戯画」は
たしかに漫画と言えるのかも知れませんね。

興味深いお話しでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/16 20:39

劇画も、漫画の一部だが、



端的にいうと、ストーリーあり劇的な展開でも、
手塚治虫先生一門のような可愛らしさある画風は、
劇画でない漫画。

劇画は、ゴルゴ13 の さいとうたかお先生のような
一見冷たい細部にまで書き込むストーリー漫画、が劇画

白土三平(『カムイ伝』など)小島剛夕(『子連れ狼』など)川崎のぼる(『巨人の星』など)
平田弘史(『座頭市』『薩摩義士伝』など寺沢武一(『コブラ』など)
長谷川法世(『博多っ子純情』など)
が劇画の代表作であるといえば、理解してもらえるかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kusirosiさま

そうとう漫画、劇画の世界に精通されておられるんですね!!

さいとうたかをの名を
#1でご回答下さったのを見たときに
「ゴルゴ13」の作品名が浮かびました。

そしてあなたさまの解説の中にある
白土三平(『カムイ伝』など)小島剛夕(『子連れ狼』など)川崎のぼる(『巨人の星』
は、さすがにわたくしも名前だけは知っておりました。

その他の方は
作者の名前も作品名も寡聞故わかりませんが
ご説明は理解できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/16 20:13

劇画はさいとうたかおさんの造語らしいですよ。



つまり、さいとうたかお作品は劇画。

それ以外で作者本人が「劇画」だと言わないものは「漫画」と言っていいのではないかと思います。

詳しくはさいとうたかおさんに聞かないとわかりませんが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

noname9046さま

ビックリするくらい早いご回答ですこと^^

そうなんですか。
劇画という単語が「さいとうたかお」さんの造語だというんですね。

すごいことですね、
ある一人の作者が作りだした言葉が
このカルチャーに浸透し
かつ、わたしのような門外漢というか
無関心派でもその「劇画」という単語を知っているんですもの!!

とても興味深い解説でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/16 20:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作者名も掲載雑誌名も不明な下記4コマ漫画家について情報を頂けないでしょ

作者名も掲載雑誌名も不明な下記4コマ漫画家について情報を頂けないでしょうか。
某大型掲示板の「4コマ漫画って全然意味分からないのあるよね?」というスレにて、
画像が貼られていたとある4コマ漫画家の情報を御存知の方は、いらっしゃいませんか。

下記4コマ漫画です。(下ネタが苦手な方はお控え下さい。)
ttp://2chmeme.net/image/3abcc78271853abd10e9fb59a6092b87

作者名または雑誌名を知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

作者名だけ、なものの多分・・・「うのせけんいち」・・・だと思う・・
このような「みもふたもない」作風の漫画家だと理解してます
持ってない(そのつもりは生涯的にないし)けどタイトル名に「ウギャー」とかいう雄たけびが入った
単行本を出してたような・・・
(こんな絵でこんな内容でも出せるなんて、呆れかえらざるを得ないような、頑張れば俺でも・・・と希望を持てるようでもあるような・・・・・)

グーグル画検の最初にリンクのが出てましたよ、やはり「うのせけんいち」でした
おれ自身はこの漫画家のファンでもなんでもない、「見かけたことはあるんで、そうした者がいるとは知っている」程度ですのでこれ以上は・・・

Q漫画家 松本零士氏

松本零士と言えば ”宇宙戦艦ヤマト”を思い浮かべるのですが先日著作権争いで敗訴したのを見てびっくりしました。
ソフトとかHPなどでよく見かけるCopyrightとか(C)など著作権を意味する表記も無理にする必要もなくまた特許と違って登録申請をする必要がないため自動的に原作者に権利があるものと思っていました。
”人形を作ったのは漫画家で命を吹き込んだのはプロデューサーだ、だからプロデューサーに権利がある”と言われてもピンとこないのですが皆さんはどう思われますか?
たしかにストーリー創作はプロデューサーが行ったそうですが・・・

Aベストアンサー

 ご質問と、皆様のご回答とを拝読する限り、皆様は、裁判では「宇宙戦艦ヤマトの著作権は松本氏あるいは西崎氏のどちらに帰属するかが争われた」とご認識のようですが、それは誤解です。
 判決文を参照すれば明らかですが、争われたのは、「アニメ版ヤマトの著作者(注・「著作権者」ではありません)は松本氏あるいは西崎氏のどちらか?」です。松本氏も西崎氏も、「著作権者は自分である」とは一切主張しておりません。

 そして、裁判所は、松本氏と西崎氏の双方から提出された証拠資料に基づき、「松本氏は、西崎氏の細かい指示に沿って一部のキャラクターとヤマトの図案を起こしたにすぎないし、また、ストーリー自体は、西崎氏が創作したものと認められる。したがって、アニメ版ヤマトの著作者は西崎氏である」と判断しています。

 ここで、松本氏が本当に西崎氏より先にストーリーを考えてマンガを公表しており、西崎氏が「このマンガは素晴らしいから、ぜひアニメ化したい」と持ちかけたとしても(実際にはそのような話でなかったことは、双方が認めています)、原作を映像にする際、松本氏が映像の全体的形成に創作的に寄与していなければ、松本氏は、マンガの著作権者ではあるものの、映像の著作者とはなり得ません。なぜなら、著作権法16条には、「映画の著作物の著作者は、・・・制作、監督、演出、撮影、美術等を相当してその映画の著作物の全体的形成に創作的に寄与した者とする。」と規定されているからです。

 これが実話であるならば、映像は、マンガの「二次著作物」となりますが、二次著作物の著作者はその二次著作物を作成した者であり、原著作者はその二次著作物を使用することについて許可を与える権限があるにすぎません。

 実際には、裁判で松本氏が「本件著作物1(パート1のテレビ版)のように,原作漫画が存在せず,全く新たなオリジナルのアニメ作品を製作する場合には,」と明言しているように、松本氏が先にマンガを執筆したわけではないようです。


 なお、「アニメ版ヤマトの著作者は西崎氏」と認められはしたものの、このことは「アニメ版ヤマトの著作権は西崎氏に帰属する」という意味ではありません。なぜなら、著作権法29条1項に「映画の著作物・・・の著作権は、その著作者が映画製作者に対し当該映画の著作物の製作に参加することを約束しているときは、当該映画製作者に帰属する。」との規定があるからです。

 著作権法でいう「映画制作者」とは、「映画の著作物の製作に発意と責任を有する者」(2条1項10号)のことですが、一般的には映画製作会社のことをいいます。アニメ版ヤマトの製作にまずどこの会社が携わり、その後、どのような変遷を経ているのかは存じませんが、現時点では、著作権は東北新社が有していたはずと記憶しています。
 ちなみに、テレビ用であっても劇場用であっても、映画は映画です。

 それから、蛇足ですが、著作権法は、「船が宇宙を飛ぶ」「機関車が宇宙を飛ぶ」というアイデアそのものを保護するものではなく、「そのアイデアに個性が加えられ、かたちのあるものとして外部表現されたもの」を保護するものです。それに、「機関車が宇宙を飛ぶ」という設定は、宮沢賢治氏の「銀河鉄道の夜」にヒントを得たものであり、松本氏の発案ではありません。

 以上、西崎氏を擁護するものではありませんが、判決文と著作権法の条文とから、客観的に説明致しました。理解し難い点がございましたら、補足願います。

 ご質問と、皆様のご回答とを拝読する限り、皆様は、裁判では「宇宙戦艦ヤマトの著作権は松本氏あるいは西崎氏のどちらに帰属するかが争われた」とご認識のようですが、それは誤解です。
 判決文を参照すれば明らかですが、争われたのは、「アニメ版ヤマトの著作者(注・「著作権者」ではありません)は松本氏あるいは西崎氏のどちらか?」です。松本氏も西崎氏も、「著作権者は自分である」とは一切主張しておりません。

 そして、裁判所は、松本氏と西崎氏の双方から提出された証拠資料に基づき、「松本...続きを読む

Qぽよよん・ろっく氏と渡辺明夫氏

って、同一人物なのでしょうか??
絵の感じはとても似ていますよね。
って、違う人物ならすごく失礼なこと書いてますね。。。
かわいやらしい絵柄で結構好きなのですが・・・^^;

Aベストアンサー

チョットお調べしてみたのですが…、
コレを読むと同一人物の様な感じがしますね~。

http://www1.vecceed.ne.jp/~kou/poyo.html
http://optin.e-camo.net/entry/18/0290/0000026-1072.html
http://www.ctt.ne.jp/~tatsu/profile.htm

自信のナイ回答になっちゃってスミマセン。

参考URL:http://poyo.chu.jp/

Qよく泥棒劇画とかで、他人に変装するための顔面にかぶるマスクがしばしば出

よく泥棒劇画とかで、他人に変装するための顔面にかぶるマスクがしばしば出てきますが
(EX:有名どころでは『ルパン三世』とか『キャッツアイ』)、
現代の現実世界で、これくらい精度の高いマスク
(少なくとも素人を容易く欺けるほどの精度を持つもの)
は技術的に可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

 んーー、随分前に「世界まるみえ」で
ハリウッド俳優さんが特殊メイク変装して、一般人を
驚かせるアメリカの番組を紹介していました。

その時は・・・エディ・マーフィーさんが
見事なまでに白人に変装していましたよ(笑)

その後、国内でも芸能人が同じく特殊メイクで
町に出る企画がいくつかありましたね・・・

まぁ、可能には違いないでせう。

Q漫画好きな方、この条件に該当する漫画を教えて下さい!

主人公が、おっさんばかりの団体の中で活躍する若者(少年または青年)の漫画を教えて下さい。
鋼の錬金術師や、ヴィンランド・サガのような。
少し重めの話だったりすると嬉しいです。
お願いします。

Aベストアンサー

「終戦のローレライ」虎哉孝征/福井晴敏
「烏丸響子の事件簿」コザキユースケ/広井王子
「JINGI」立原あゆみ
「BLACK LAGOON」広江礼威
「銀と金」福本伸行


人気Q&Aランキング

おすすめ情報