中小企業の働き方改革をサポート>>

A 回答 (4件)

家相には基本的に風水と気学とがあります。

しかしいずれも応用であって古くからあったわけではありません。
もともと両者ともに都市建設のための学問です。日本では明治になって、中国などでは何時頃でしょうか?少なくとも近年でしょうし、文化大革命の際には殆どの書物が焼かれてしまっています。
それでも基本的に平屋であって、二階以上の建物はごく稀だったはずです。
結局二階建てが普及してから考え出されたものですから歴史的にも浅いと考えてください。つまりそれだけ実績が無い。
それに日本で家のトイレが母屋の中に入ったのだってつい最近です。よくい中ではトイレが外にあったという話を聴くでしょ。つまり、トイレの位置がうるさく言われ始めたのはそれからの事なんです。
これらを統計学だという人も居ますが、結局それだけのデータも無いのです。

だからと言ってデタラメとは言いませんが、家相はその中心の出し方から鑑定に至るまで千差万別ですから、「階段下にトイレがあるのは家相が悪い」というだけでは何を以って鑑定したのか、どのような理屈でそう見るのかの根拠がわかりません。
それに階段の扱い方だけでも様々な解釈が存在しますから、それプラス便所ではさらに多くの解釈があると思われます。

少なくとも私の勉強したものでは、さほど影響を考えません。あくまでも方位です。

気になるなら、常に清潔に保っている事。それが一番です。
    • good
    • 0

改築不能であれば、私は使用本意で考えます。


臭気の停留・掃除の便・内部の小物配置や使い勝手・そこへ行くまでの照明具合など
今一度点検ください。
    • good
    • 0

私の家は階段の下にトイレがあります。

築30年ですが特に災いとか起きていません。
人は自分の都合でしか物を言いませんので、#1さんの言われるとおり気にしないことです。
    • good
    • 0

事情が全く判りません


失礼ながら一事又些事
全体からの見立ては如何
余り他人の言に左右されない=真の方位行動
例えば、鬼門に玄関作らざるをえない時
欠き込みが避けられないプラン
仏壇や神棚が制限に即さない時
神と対話して折り合いつけるのです
弱味に付け込まれないように
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング