【5/28更新】回答が連続投稿される不具合について

受験で使うのはIAなんですが

・4STEP
・ニュースタンダード受験編
・ベーシックスタイル受験編をもってます。
後チャートも買おうかなと思ってます。
今持ってる3つをやりこんで過去問したら大丈夫ですかね?
チャートは一応しといたほうがいいですか?
チャートは買うとしたら基礎からのってやつで青色のを買うと思います

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

4stepで大丈夫だと思いますよ。


その3冊を5回繰り返して
さらに自信をつけたいならチャートをやっても良いと思います。

チャートはあまりお勧めしないのですが、
青は基礎から応用まで豊富に問題がありますので、
余裕があって基礎が固まった状態を確信しているなら
青チャートは良いですね。

あくまでも分からない問題を反復するための問題集として使ってください。
全部やることは時間の無駄ですので。
問題の難易度なら4stepでも十分だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
安心しました。
4STEP頑張ります。
青チャートブックオフで105円だったんで買うだけ買ってみますw

お礼日時:2011/05/18 19:18

中学までがほぼできていればIAはそんなに難しくありません。

なのでチャート(青は難しいほうです)はやる必要はないでしょう。今ある教材をしっかり反復してください。

ただし経済学部に進む可能性があるなら、数学はIIBまでは(簿記を使うので受験には使わないにしても)やっておくべきでしょう。広大、岡大法学部なら数学に手間をかけ過ぎるのは得策ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
第一志望は法学部なので できるだけ数学を短縮していきます!

お礼日時:2011/05/18 19:12

マラソンのトップアスリートなら毎日何十キロも走るのは普通かも知れませんが、草野球をやるのにそれほど走る必要はありません。


青チャートは「理系難関大学の」基礎の教材でしょうが、広大岡大のセンターなら著しいオーバースペックでしょう。
というより、そういう大学にしか行けない連中というのは、基礎がぐっちゃぐちゃなまま本番を迎えているはずです。
そうならないように、基礎、教科書レベル、公式の使い方や基礎的な解法の使い方、までをまず全範囲完璧に身につけることです。
青チャートでも黄色チャートでも、おそらく目が覚めるようなことが書いてあるわけではないでしょう。
また、簡単なことができないうちに難しいことはできないし、色々な教材を手を変え品を変えしても意味がありません。
基礎の教材であれこれ悩むならまだしも。
センター数学で絶対満点を取る、取らなければ拙い、というのであれば止めませんが。
それでも、取らなければ拙い状態にしている苦手科目をどうにかする方が手っ取り早いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
具体例を交えてくれたので分かりやすかったです。
でも苦手科目が数学なんですよね。。。苦

お礼日時:2011/05/18 19:14

たくさんやりすぎではないでしょうか>?



英語でしょ。あなたの課題は。
なら一冊でいいでしょ。

いい例かどうかは分かりませんが、「決める!センター数学IAIIB (学研)」みたいな何周も出来るような本がいいのでは?

もう1度言う。英語やりな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラジャ(^^ゞ
英語頑張ります!

お礼日時:2011/05/18 19:15

こんにちは。



センター試験対策でしょうか?

たぶん、ご質問文に書かれている書籍を全部勉強したら、ほかの教科の勉強がおろそかになります。
1冊を3回やればよいです。
1冊マスターし、解く速さがある程度あり、ケアレスミスがなければ、満点を取れます。
そして、飛ばしてよいと思うところがあったら、飛ばします。

もしも現在2年生か3年生だったら、過去問は、いの一番にやるべきです。
どういう出題のされ方がするかを研究してから、その後の勉強の方針を立てます。

この回答への補足

受験生でセンター対策です 言葉足らずすいません

補足日時:2011/05/17 22:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、できるだけ早く過去問を一回やってみて
方針立てて重点的に頑張ります!

お礼日時:2011/05/18 19:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報