色彩検定2級の魅力はプロへのスキルアップ >>

私も原発の危険性は解かりますが、日本中の原発を停止や廃止をしても、危険がなくならないと思っているものです。

反対派の人たちの、原発の停止や廃止で安全になるという根拠がわかりません、安全の理由を知りたいのですよろしくお願いします。


私の原発が停止しても危険がなくならない理由を書きます。

浜岡原発に停止で話をさせていただきますが、原発が停止をしましたが燃料棒がそのままありますから、危険度は下がるのは前の私の質問で教えていただきましたが、危険度は変わらないことも解かりました。
燃料棒がなくなれば危険度が下がるのも解かりますが、燃料棒が移動できるまでの温度に下がるのに4~5年ぐらい掛かるのもわかりますが、その間は浜岡周囲の危険度はあまり変わらないで安全設備は今でもしなければならないはずです、その経費は反対派の皆さんはどう考えていますか、電力会社が負担と考えている方が多いと思いますが、収入がないは経費は同じにかかります、そうなれば電気量や税金になると思いますが、そこのところはどう考えますか。



日本中の原子力は廃止して燃料棒が移動できたらどこに保管すると思いますか、青森県六ヶ所に集めると思います。
世界中にある原子力関係のものや日本中の燃料棒を青森に集めたらどうなるかな、福島原発の事故で影響は3~4県で影響が出ています。
青森にすべての原子力関係のものを集めて、事故になったら日本の半分以上が壊滅的だと思いますが、そのてんをどのように考えますか。

私は、原子力の推進派ではないですが、皆さんのように廃止や停止で安全が確保されるとは思わないと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

それで、原発運転を続けて使用済み核燃料を増やし続けて危険度は変わらない?


先送りで、核燃料を溜め込んでどうするつもり?
事故が起これば、世界が壊滅的?

今が良ければそれで良いの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

質問の内容をしっかり把握してもらえますか、私は原発の推進派ではないですよ。

お礼日時:2011/05/19 07:50

本気で原発反対の活動している人達は、「自分自身の地域」の原発建設に反対したり、「自分自身の地域」の原発の運転を止めようとしている人達を言うんですよ。


宗教や教条や理念で原発反対運動をしている人達を、それを左翼やキチガイと言って、本来の原発反対派とは若干異なる。

今、反対熱が高まっているのは主として後者の人たちが増加したからで、この理由は原発事故の範囲が異常に拡大して直接被害を受ける人数が拡大したから。

本来の原発反対派と言うのは、
「自分のところの核燃料」→「青森県六ヶ所村」
は、大賛成。

本来の原発反対派は、
「自分のところで原発建設中止」→「ずっと遠いところで原発建設」
は、大賛成。
最も良いのは、自分の近くの原発建設計画が没って、同じ電力会社が管内で遠い遠いところで原発を大建設し、大量の電力を安価に大供給。← 超大賛成。

さて。。。
こういうのが本来の原発反対派であるので、質問者さんの問いかけは彼らには何も通用せんよ。
彼らにとっては生きるか死ぬかの問題を、質問者さんは理念や教条の次元で論じようとしている。
話にならんの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

反対派は自分がよければそれでいいわけですね。

お礼日時:2011/05/18 18:57

原発において、最も危惧されるのは、燃料棒の臨界による放射能の拡散にあります。

すなわち、運転中の燃料棒が制御できなくなり、その臨界状態で放射能が周辺に拡散されるケースです。

この場合は、使用済みの燃料棒の放射能とはレベルの違う大量の放射性物質が拡散します。

原発を停止すれば、この最大の懸念事項がなくります。

続いて、質問者の方は「収入がないは経費は同じにかかります、そうなれば電気量や税金になると思いますが」についてですが、安全性と対費用効果を論ずることは、安全かどうかという質問とはかけ離れているものと思います。

あえて回答すれば、電力会社は原発関連によって膨大は利益を得ています。蓄財だけでなく、給料も高いです。原発関連での収入は途絶えることになりますが、蓄財を吐き出せば済むことです。事故における対策費用を積んでいない電力会社などありません。

また、今回のように事故が起きれば、その被害額た国民の受けたダメージは申告であり、それに比べれば、「4~5年ぐらい掛かるのもわかります」に比べれば微々たるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうすれば原子炉が崩壊して高レベル放射能が拡散してもいいように感じましたが気のせいでしょうか。

安全対策と費用は切っても切れない要素ですよ、安全対策が進むと安全性が高まりますが、費用を削ると安全性に下げることは明白です。

原子力関係施設の維持管理は、燃料棒がいなくても無限にしなければならないですよ。
チェルノブイリ原発の保護用の建物が老朽化で今から対策するそうです。

原発が廃止しても維持管理はそんなに違わないと思います、これから新たな電力開発の経費や損害賠償で、蓄財にも限界があるように感じます。

立場によって基準にする場所が違うのも解かりましたありがとうございます。

お礼日時:2011/05/18 14:22

反対派の人たちの、根拠と理由



根拠と理由は原発反対という宗教の教義に元ずくものですから
この原発反対教を知らない人には説明できないし、また理解もできません。
宗教は理解するものではなく、信じるものです。

この原発反対教の教えは“原発が無くなれば安全になる”と言う教えなので、
それ以上の根拠や理由の説明はできません

付記
 
私は山本七平、井沢元彦の愛読者で
“日本人は論理的に危険や安全を説明されても
信じないし、行動を起こさない“教 これも宗教です、この宗教を信じます
    • good
    • 0

はじめまして、よろしくお願い致します。



この問題は、日本だけの問題ではない点が鍵です。

世界の世論で、日本は地震国なのに・・・安全対策がなってないことです。

あなたの考え方は、正しい?と思うところもありますが・・・

地球全体の問題なので、しかたがないのです。

ここで、何の対策もしないと世界から攻められます。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

* 何の対策もしないと世界から攻められます。

これが原因なのです日本人気質です、安全をアピールするために、エリートが安全対策を押し付けます、現場を知っている人たちが言っていることが上に届いていないのです、安全対策ではなく安全対策意思のアピールだけになっている現状です。
原発が危険ではなく、それを管理している人が危険だと私は思っています。

お礼日時:2011/05/18 13:45

安全とは・・・・



世界の遠くで何があっても自分に害が及ばない状態である。


ということで、残存した核燃料棒をモンゴルやらどこやらで処理する
プランも出ているようですね。

http://mainichi.jp/select/world/europe/news/2011 …

六ヶ所村で事故が起きても日本のかなりの部分に影響があるであろうことは
すでに確認されましたが、

はるか彼方の事故であればさほど影響は深刻ではないということです。

自分さえよければいいのか。。。という問いは当然あるでしょう。

yes です。

もっとも、中国沿岸部の原発施設で同様の事故が起きても、それなりに日本への
影響は捨てきれませんので、

最終的には、全世界規模の原発廃止の動きと処理が
必要であることは否定しませんし、そうすべきではないかと思われます。

夢物語といえばそれまでですが、人間のやることに絶対無理という
こともないとは言えます。実現可能性として言えば、今のところ低いとはいえるでしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正直な回答ありがとうございます。
しかし一旦は山奥でしょうが、六ヶ所も中央から見て山奥でしたが今は町になっています。
海外に出したところまた騒がれて、六ヶ所に持ってくるようになる気がします。
東北に住んでいれば、原子力関係のゴミを青森に集められるほうが、停止されるより怖いのが本音です。

お礼日時:2011/05/18 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング