初めての店舗開業を成功させよう>>

新築分譲マンション購入予定ですが、ディベロッパーと周辺住民との間でトラブルがあるようで購入後のことが心配です。

マンションは来年完成予定で、購入を予定しています(契約済み)。

トラブルの内容は、工事の騒音、完成後の日照問題、風害等に関してのようです。

マンションの口コミサイトがいくつかありますが、そこに書かれている内容が気になっております。
私が見た中で最も書き込みの多いのは以下の掲示板です。
http://community.myhome.nifty.com/bbs/thread/157 …

現在、複数の口コミ掲示板が立ち上がってますが、上記の掲示板の「周辺住民」さんは、全く同様の書き込みを、他の掲示板にも書き込み、独自のHPまで作成しています(URLは書きませんが)。

先日、工事中のマンションのまわりを散策してみましたが、マンション建設予定地の北側の複数(4、5軒)の家の周りに黄色い目立つのぼりが立っていました。
そこには正確には覚えていませんが
「販売会社は日照、風害問題の補償を・・・購入者にも補償を求めます・・・」といった内容のことが書いてありました。

具体的に一番気になる点は、
・実際に引渡し後、訴訟に発展しマンション購入者自身(管理組合?)が損害賠償金を支払う事態に発展する可能性はどのくらいあるのかです。

ほかに細かくなりますが
・購入後予測されるトラブル。
・購入後の地域の自治会等との関係はどうなると予想されるか。
・購入後、万が一嫌がらせを受けた場合の対策、補償等の話を販売会社に聞いておくべきか。
などが気になっております。

ディベロッパーには、週末に担当者に会う予定ですので、この件に関して質問するつもりです。
ですがその前に少しでも知識をつけておきたいので、ご教授の程よろしくお願いします。
そのときに質問、確認するべき点などもありましたら教えていただきたいです。

マンション名、販売会社名は風評、検索サイト等のことも気になるので記入を控えさせていただきました。ご了承下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

業者です。


業者の立場からの回答なので、若干偏りがありますが、ご理解を。

住宅地に建つ中高層のマンションで、周辺住民とデベロッパー間でトラブルの無いマンションなど殆どありません。少なくとも、デベロッパーは法規違反をしてまで建築を強行する事はありませんので、多分、間違いなく合法な建物を建てようとしています。

周辺住民から見れば、その土地にマンションが建つなど寝耳に水なわけで、どんなに説明会を開いても、強硬に反対してくる住民はいるわけで、デベロッパーは、そうした住民感情を無視してでも、合法を盾に建築を進めるのが当たり前になっています。

>・実際に引渡し後、訴訟に発展しマンション購入者自身(管理組合?)が損害賠償金を支払う事態に発展する可能性はどのくらいあるのかです。

支払う事態になる事は限りなく0%です。そのマンションが違法な建築であり、かつそれを知っていて購入したのならばともかく、合法な建築物であれば、デベロッパーでさえ損害賠償金を支払おうとはしないでしょう。

>・購入後予測されるトラブル。

大概、住人が住み始めると騒ぎは収まりますが、中には強硬に反対していた住人が嫌がらせに文句を言う、チラシを配る事があり、終いには不売運動まで起こす人がいるようです。ただ、どの行為も違法です。

>・購入後の地域の自治会等との関係はどうなると予想されるか。

自治会の主要メンバーに強硬反対派がいれば、様々な嫌がらせはあるかもしれません。例えばゴミ出し等に関するクレーム等…。

>・購入後、万が一嫌がらせを受けた場合の対策、補償等の話を販売会社に聞いておくべきか。

嫌がらせに関しては、販売会社は合法に建築しているのであれば首を突っ込んできません。なので、恐らく管理組合での相談になると思います。
ただ、日照権等の問題は深刻ですので、仮に司法の場になれば、賠償金を支払うのはデベロッパーですし、戦うのもデベロッパーです。マンションの住人では無いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
業者側の方でもご返答いただけて良かったです。
貴重な情報、ご意見頂き感謝いたします。

お礼日時:2011/05/19 20:54

設計過程でも近隣住人の動向には注意し、それなりな幾多の手を打ちます


更に強硬なのは、又それなりな不服分子が存在するのでしょう
住民運動が正義だという風潮を作り出した政治集団もいました
住民運動に託けて資金得たり勢力拡張する陰に隠れた集団もあり

一方自治会の役員の立場から
マンションデベロッパーさんの対応に雲泥の差があります
会費を約しても売り逃げし後は知らない者もあります
街灯や交通安全又回覧板等の役所からの通知を配るのも役員
理解を求める様にイベントへの案内等遣っていますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
賃貸とは違い今回は購入ですので、周辺住民の方との良好な関係が持てるのが一番良いと思っております。

お礼日時:2011/05/19 21:27

購入後(入居後)のトラブルをもっとも懸念されているようですが、その必要はありません。


周辺の方々は売主(事業主=分譲会社)を相手にしているのであって、それが購入者(将来の区分所有)や管理組合に及ぶことはありません。
マンション開発は事前の自治体との協議の段階で近隣対策を含めた懸念事項はクリアされています(されたことになっています)。その後に出てきたものは個別の問題であり、裁判ででも解決してもらわなければならない性格のものです。この当事者は当然事業主と周辺住民です。
一方、購入者はすでに決められている条件で契約しますから、特約でも付かない限りその後に出てきたものを引き継ぐ義務はありません。それらはすべて売主が責任を持って対処すべきものです(そのように主張して排除できます)。
そのような引き渡し前のトラブルが入居後も尾を引いたというお話は聞いたことがありません。分譲が完了して売主(事業主)の姿が見えなくなると、そのような動きは自然と収まってくるようです。
このような運動が周辺自治会会員の総意として展開されることは稀なことで、それであっても管理組合と周辺自治会とが反目しあうということも聞いたことがありません。所詮は一部のとんがった人たちの振る舞いと見られているようです。
既存のマンション住人が隣のマンション計画に反対するという身勝手な事例も散見します。ご時世を象徴する事件の一つという程度の認識で構わないと思います。

それよりも、そのように近隣の反対運動を「炎上」させた売主の不手際が心配です。近隣対策も分譲開発事業の大きな柱ですから、設計や施工の方も同じことになっていないかと思ってしまいます。
問題はそちらではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
重要事項説明で妙な特約的な話は無かったので問題ないと思いますが、
次回、再度確認しておきます。
後半のご指摘ありがたく頂戴いたします。
今後の売主との打ち合わせ、回答等も書面に残せる形で進めていこうと思います。

お礼日時:2011/05/19 21:17

 住宅街に建設されるマンションだと、必ず起きる問題です。

うちの近所だと、あるマンションAが周辺住民に反対され、建った後、沈静化。そのマンションAの隣に新しいマンションが建つと決まったらAの住民も反対してました。結局、反対しても完成するのだから、そうしたら沈静化しました。
 周辺住民の反対運動を気にされるのならマンションなんか買わずに一戸建ての方がいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
マンション建設現場周辺に、問題提起するのぼりが立っているのは、他でも見かけたことがあります。
もう契約金支払い済みなので、簡単には戻れないので悩んでます。

お礼日時:2011/05/19 21:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣にマンション建設されるときの業者への念書

このたび、自宅の真南にマンションが建設されることとなり、業者へ念書を提示したいのですが、念書の内容について(工事中に発生した、もしくはマンション建設後の自宅への損害保障など)どのような事柄を
記載するべきか、アドバイスいただきたく、よろしくお願いいたします。

情報のあるH.P.のURLなどもご存知でしたら、あわせてお願いいたします。

Aベストアンサー

回答No.#2です。2度目。

・日照権については「Nami250」さんが回答頂きました。自分は司法に疎いので心強いです。参考に。
(2度目の回答の前には「日照権」の判例はどうだっけ?とあやふやでした。)

追加としては、(日照権を含め)近隣の方と「団体で交渉する方が有利かつスムーズに」話し合いが取れるケースが多く、有利(イニシアティヴを取れる)」という事。

では建築サイドはどうか?というと
・大抵は「施工主」「元請業者(大会社)」「下請け(地元の中小業者)」が大雑把な構成。
よく「建築作業中に現場の人に苦情を言っても無駄!」というのは「下請け作業」の人だからです。
(元請・施工主等の詳細は自治体に届出した「標示」があるでしょう?)
念書の記載事項ですが
・『元請業者は専門家で、かつ、裏の裏まで知っています』
これに対抗して『後で、泣き寝入り(念書に無いと!)』のトラブル回避のためにも「大勢のグループ」の方が「甘く見られず、泣き寝入りのケース回避」となるという事。

やはり心配でしたら「建築紛争担当セクション」に相談して「3者での念書作成」が
【一番無難かつ安全との結論】

P.S.エアコンの事は何気なく書きましたが、「水平に同じ高さ(3階とあなたの家の同じ高さの部屋等)なら、距離が常識的に“数十m離れてるから大丈夫”とは行かない」という事。
MIYABIさんの念書内容を大雑把に区分すると;
(1) 建築中の環境被害(所謂公害の騒音・振動等)
(2) 建築後の環境被害(建築後の日影含めた、公害カテゴリーの)
(3) 建築中以降の物的被害(他の回答者のご指摘通りの家屋損傷等)
(4) その他の建築行為による物的&心的被害の全て(今回の念書等での精神面での心労被害などまで)
上記を漏れ無く、「後での後悔無し」での「文書作成」が
MIYABIさんの満足いくものでしょう。

結論としては
・【念書の内容に記載無しと、後で泣き寝入りしないように地元・近所の方と「○○マンション建築反対グループ」のように可能な限り多数派として交渉する事。】

・【元請が建築費用に、「対地元住民向け」に予算を見積もってると書きました。でも1人の苦情では「ご挨拶」で済まされるケース多し!(説明に建築会社員が、個別にお茶菓子持参等。)キチンと建築中&建築後の「想定被害項目」に漏れがないように、第3者立会いでの「話合い・念書(協定書が普通か?)作成」の事。】

・【その為にも「自治体の建築紛争セクション」が無理なら費用かかるが「弁護士」等に第三者役依頼もあるが「費用がかかる事と建築専門の弁護士等」でないと効果無し、というか無意味です。(元請には、建築専門の司法社員がウヨウヨいるから)】

・【回答No.#3の方のように、最近よく「欠陥住宅検証」とかでTV等メディアに登場する「専門家で被害者救済の信用出来るグループ」の方が、司法(弁護士等)より効率が良く、失敗の可能性が薄い!という事】

・【キリが無いが、建築予定のマンションの詳細な情報を含め“建築完成前の今のうち”に手を打つ事。(予想しだすと“1Fにテナント店入る予定(カラオケ騒音)”“駐車場スペースの有無とそこからの被害”“駐車場関連から児童等への安全面(通学ゾーンと重なってないか?)”などなど、幾らでも書けるが…】

○やはり、「現場を担当してる自治体の建築紛争セクションに。(ありませんか?)上記の“安全面”などは、自治体内に情報があるので、網羅してくれる」

最後に「団体」といっても「ご近所付き合い」が無ければ「町内会等の団体名簿」が自治体にあります。
こういう時の為にも「町内会名簿」は活用します(朝のラジオ体操がうるさい等のケースとかに)

また長文かつ悪文で要点がボケてますが、下っ端(自分)の職員はキチンと対応してくれます(例外あるが)
【(過去の経験から)民間会社は、役所からの電話と個人の電話では全然受取り方が違う!(だから責任持って会社に電話等せよ!と建築職に人に怒られて初めて再認識した事)本当に元受が跳んで来るように反応する!!!】

MIYABIさんの住所不明、ホンの参考までに
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/const/funcho/funchomain.htm
上記のフローチャートを参考に。(建築紛争の雛形として)
BUT、実際に「紛争中央委員会」レベルまでに拗れる事態&ここに依頼する事は「勧めません!」(し、又稀)

何故なら「裁判と同様に時間がかかりすぎるので」

上記フローチャート通りに「お住まいの建築セクション内に、建築紛争担当部署が必ずあるハズ!」
取りあえずは「相談してみて」(頼り無ければ、対応者の氏名確認とか、マル秘の裏ワザもあるが…)

まだまだ「書き足りないが(元請がマンション販売に携っているか?等)」取りあえずここまで。

では~!!!

回答No.#2です。2度目。

・日照権については「Nami250」さんが回答頂きました。自分は司法に疎いので心強いです。参考に。
(2度目の回答の前には「日照権」の判例はどうだっけ?とあやふやでした。)

追加としては、(日照権を含め)近隣の方と「団体で交渉する方が有利かつスムーズに」話し合いが取れるケースが多く、有利(イニシアティヴを取れる)」という事。

では建築サイドはどうか?というと
・大抵は「施工主」「元請業者(大会社)」「下請け(地元の中小業者)」が大雑把な構成。
よ...続きを読む

Q迷惑料の相場についてです。裏側にあった建物が取り壊されマンションが建設

迷惑料の相場についてです。裏側にあった建物が取り壊されマンションが建設されます。解体・建設時の埃や振動、プライバシー保護などの迷惑料の金額は一般的にどれくらいになるのでしょうか。

Aベストアンサー

実際に被害があったならともかく、被害が発生するまえに迷惑料などの名目で施主や工事会社から金銭が支払われることはありません。

つまりそのような金銭を払って近隣の承諾を得なければならないような慣習は現在はありません。


例えば相手が「10万円、迷惑料を払います」などと言ってきており、その金額が妥当かどうかを確認したい為の質問でしょうか?


もし相手から払うなど言ってるのであれば「極めて酷い騒音や振動、粉塵被害があらかじめ予測されている。」からでは推測します。

そうならば「今は金銭は要りません、実際に工事が始まって我慢出来ない状況であれば、その時に相談しますし、もし折り合いが着かなければ法的に訴えて白黒付けるつもりです」と言ってみては如何ですか。

最初に金銭を受け取ってしまえば、実害(落下物などでの被害)以外の騒音や振動、粉塵くらいでは文句は言えませんよ。

どの程度のマンションか判りませんが、工事は最低半年から一年以上は続くと思います。その辺も勘案されて対応を考えられては如何ですか。

Qマンション建設反対運動の方法

近隣の土地にいきなりマンションが建設されることになり、付近の住民が反対運動を起こそうとしています。
私としてもかなりの部分を改善して貰わなければ・・・と
考えているのですが、この種の運動を効果的に展開して行くのに何かポイントやアドバイスがあれば教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご苦労さまです。
私も反対運動をしましたので、その経験から感じたことを二、三。
業者はマンション用地を仕入れた以上は転売は考えません。建築許可を取って建てることに専念します。建築・営業は別部門が仕入れた土地の買値が確定しているので、狭くしろとか低くしろとか注文されても採算面から変更が出来ないようです。問題は土地の購入時点なのです。本気で反対するならマンション建設の可能性のある土地の所有者に、マンション業者に売らぬように依頼することから始めないと…と、反省したものです。
地方自治体は駄目です。固定資産税が増えるは、住民税が入るは、ですから表面は住民の意見を聴くとの姿勢は示しますが、あくまでジェスチャーです。
それでも抗議すれば、建設を止めることは出来ないまでも、日照とか視界とか駐車場の騒音とか諸点で要求が叶えられます。周辺住民が知り合い、纏まる機会でもありますので頑張って下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報