色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

四国の方言について・・・
四国の方って、どうして関西弁の方が多いのでしょうか??

中国・四国地方なのですから、
広島弁や岡山弁を話すのなら、わかるのですが、
四国の方って関西好きが多いのでしょうか??

A 回答 (5件)

四国の方言(アクセント)はとても複雑で各種いりみだれているとか。

中でいちばん盛んなのは京阪式アクセント。今治・松山、徳島東部・南部、高知中部・海岸部もそれに近いとか。
いや、そのようにものの本に書いてあるんです。ただ、ちょっと古い本なので、今日の状況とは違ってきているところはあるんでしょうけどね。

で、なぜか、ですね。
方言の違いは、つまり区分は、なかなか確実な論理的根拠がない、ということです。
それでも、ひとつには文化的交流という理由はあるらしいです。四国、特に徳島は昔「阿波」の国でした。関西の文化が淡路つまり「阿波路」を通って向こうに行った、ということはあるのでしょう。
兵庫と岡山はあまり文化的な交流はなかったのでしょうかね。

とりあえずご参考まで。
    • good
    • 1

ちょっと横槍を入れさせて頂きます。




自分が言ったのは「関西弁に似ていない」のではなく、まず「‘四国の方言’とひとくくりには出来ない」という話です。


それから(関西弁の影響を強く受けた人・地域は別として、)四国の諸地域の本来の方言は、「関西式アクセント」ではないですよ。

例えば愛媛の本来の方言(これも地域によって結構違いがありますが)は、イントネーションそのものは標準に近いものです。関西弁の方が敬語をしゃべってもやはり関西のイントネーションで関西人だとはっきり解りますが、愛媛言葉の人が敬語を喋ると、関東の人なんかは殆どわからないようです。(ただ、タメ口で喋るとまるっきり「愛媛言葉」ですが。)これは身をもって経験したので間違いないです。長く関東にいる今、愛媛なんかの方言を客観的に見ても、やはりそう感じますね。

愛媛の言葉は、関西弁のアクセントには程遠く、むしろ九州の(大分なんか?)の言葉・イントネーションに近いというのは感じますね。(ただ、四国には「・・・やん。」「・・さい。」「しとるんよ。」といった関西や広島なんか共通の言葉遣いがあることも、否定はしませんが。)


>「行ってやんなはいや」
そうですね、言いますね。これも関西弁が伺えるとも言えるのかもしれません。ただ関西弁と大きく違うのは、愛媛ではこう言う場合「標準(あるいはそれに近い)アクセント」で言うのです。フと思いましたが、関東の「行ってあげなさいよ」(丁度うまいこと音数も同じですね)とかなり近いイントネーションと思っていいです。
    • good
    • 3

 #1さんも、#2さんも、似ていないとおっしゃる。

質問者様は「四国の方って、どうして関西弁の方が多いのでしょうか」とおっしゃる。

 で僕なりの解釈をしますと、下記の地図でご覧になるとお分かりのように、近畿地方と四国地方は、同じ「関西式アクセント」だからではないか、と思います。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …
 四国は、お向かいの岡山や広島とはアクセントが違い、斜め東の京都や大阪と同じです。

 回答者の方々は「語彙」で否定説、質問者の方は「アクセント」で肯定説を唱えていらっしゃるのではないでしょうか。

 僕は、四国出身の祖母に育てられ、学生時代に四国出身の親友がいましたので、語彙は独自(例えば、柔らかい命令の「行ってやんなはいや」など)だが、節回しは京阪的だ、という印象を持っています。
    • good
    • 0

小生、関西在住ですが、四国の方、特に高知県や愛媛県の方が「関西弁」を話しているとは全く感じられません。


香川県・徳島県は、多少「関西弁」ぽいですが、それでも「関西弁」だとは思いません。

質問者さんがどちらの方か分かりませんが、「関西」在住で、生粋の「関西弁」話者ならば、そのへんの区別はつくと思います。
生粋の「関西弁」話者でなければ、同じに聞こえるのかもしれませんが……。

香川・徳島に関しては、地理的に関西に近いことが「関西弁」に近い理由として挙げられます。
特に徳島は、何百年も前から和歌山あたりとの交易が盛んで、「関西弁」が入り交じっています。さらに現在では、関西のテレビ番組が視聴できるようなので、「関西弁」に近い言葉を話しているようです。
    • good
    • 0

四国にいて関西が好きなんて話聞いたことないです。

例えば関西で(特徴的な特定の県を挙げるならまだしも)「関東が好き」なんて言っている人はいないでしょう。それと同じと考えていいと思います。


四国と言っても、同じ県内でさえも、地域によって言葉はかなり違いますね。
例えば愛媛なんかは南北に長いですが、北へ行くほど関西弁に近い言葉を使う人が出てきます。南の地域では殆ど関西弁を使う習慣は無いので、北部に行くとかなり違和感を感じる程です。
あるいは、愛媛・高知なんかよりも、香川・徳島なんかの言葉の方がさらに関西訛りが強くなります。

で、それらの違いは一言で言うと、「どちらがより関西に近いか」ということが挙げられます。
四国側にとって、関西は進学先やビジネス先としての役割が強く、関西を行き来(ビジネスとか帰省とか)するのに便利な地域であればある程、それだけ関西への人の流れも多くなりますからね。で、ある程度歳をとってUターンなんかすると、関西言葉や関西文化が四国に持ち込まれるのだと思います。(関西弁の伝染力が強いことは、よく知られるところでしょう。)
ところが、四国の太平洋側や西部、内陸部では、関西と関わりを持つのにそれほど便利でもありません。進学や就職先に関東・中国・九州、あるいはそれ以外を選ぶ若者も多いようです。(ちなみに自分もその1人です。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング