お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減ってしまうという事なのでしょうか?何処かで 自賠責基準<任意基準<弁護士基準見たいなのを見た気がするのですが気のせいでしょうか?

(2)自賠責の120万円は慰謝料よりも治療費に充てられたという考え方で良いですか?

(3)だとすると自賠責の120万を超えないようにしなくてはいけないという事ですよね?
 自由診療だと1点当たりの値段が医者によってバラバラだそうですがそれでは何を基準にして
 治療費を見極めればよいのでしょうか?例えば医者に直接治療費を聞いたりしたら教えてくれる
 ものでしょうか?逆に保険会社に問い合わせたら教えてくれますか?

(4)難しい質問だと思いますが腰を痛めて数回のレントゲン、痛み止めやシップ、リハビリ等の治療を
 行い40回程、通院した場合、慰謝料等含めて120万円超えてしまうと思いますか?自転車の弁償は自賠責関係ないですよね??

御指導宜しくお願い致します。

参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。

120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日)単位で慰謝料の日額単価は逓減していきます。
ご質問のケースで、実治療日数118日であれば治療費・通院交通費など他の損害額が226,000円以内に収まらないと、保険会社は任意保険基準で慰謝料を算定します。治療費は、健康保険を使用した場合でも、本人負担分だけでなく、健保負担分も合わせた額ですから、まともな治療をしていたなら収まるはずがありません。
ちなみに、ご質問のケースで、任意保険が642,000円であれば、弁護士基準でも970,000円程度になるはずです。

(2)違います。そもそも慰謝料の算定基準が違うだけで、治療費・有職者の休業損害など実損害額の算定基準は、任意保険・自賠責保険・弁護士基準でも同じです。
ただ、健保の使用で治療費を抑制することは、自賠責限度額を有効に使う上で必要なことです。

(3)治療費の累計額を把握している医師は少なくないですか。個人医でも、医療事務スタッフが健保・損保への請求をしているはずですから。対人一括払いの場合、病院は毎月、診断書と診療報酬明細書(レセプト)を、月末締めで翌月中・下旬に損保に送付します。レセプトに毎月の治療費の総額が記載されていますから、それで確認できます。また、レセプトの送付時期に病院の会計窓口の人に尋ねると、教えてもらえると思います。

(4)健保使用であれば、治療費+慰謝料では越えません。休業損害があれば別ですが。自転車の賠償は物損ですから、自賠責は無関係です。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

回答有難うございます。

とても勉強になりました。

まだ、そんなに通院していないので

今からでも保険を使う事を検討したいと思います。

有難うございました。

お礼日時:2011/05/21 15:15

>(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減ってしまうという事なのでしょうか?何処かで 自賠責基準<任意基準<弁護士基準見たいなのを見た気がするのですが気のせいでしょうか?



自賠責は有利なんですよ。慰謝料に提言もありませんし、大きな過失がなければ過失相殺もされません。
また、通常の通院などであれば、任意保険よりはるかに多くなったりもします。


>(2)自賠責の120万円は慰謝料よりも治療費に充てられたという考え方で良いですか?

自賠責保険は治療費に充てられ、休業損害や通院交通費などに充てられ、治療が終わった後に余った分の中から慰謝料に充てられます。
自賠責を超えると自賠責で支払い済みの治療費なども含めて一気に過失割合が掛けられます。

>3)だとすると自賠責の120万を超えないようにしなくてはいけないという事ですよね?

そうなります。
一番良いのは、最初から健康保険での治療をしていればよかったとなります。
治療費は、治療の内容と投薬により、保険点数と言う物で計算されます。
その基本になる保険点数は健康保険の物を利用して計算します。
これに、病院が健康保険を使用しないと言った場合、健康保険であれば1点10円ですが健康保険を使用しない治療に関しては、1点20円~30円程度を掛けて請求します。
これを規制させる法律はありません。
また、自由診療の一番怖い所は、その治療内容も自由と言う事になります。
健康保険では治療効果が無いと言う事で認めない治療内容であっても(良くあるのはビタミンC点滴)自由に行えるのです。
自由診療の患者の点滴はビタミンCにより黄色いですが、健康保険治療の患者の点滴は党名が多いです。
これ以外でも医師の考えで好き勝手に高額な治療が行えるのが自由診療です。
なので、健康保険での治療にするのが一番治療費を抑えられる話になります。

すでに慰謝料を計算して居ると言う事は、自由診療だったのでしょうね。
出てきたステーキを食べた後に、私は納豆定食で良かったんだから、納豆定食の料金にしろ!といっても無理なのと同じ話ですので、既に行われた自由診療の治療費はもう、健康保険の治療費に置き換えてもらう事は不可能となります。
遅かった・・・となるだけになります。


>自転車の弁償は自賠責関係ないですよね??

自転車の損害は物損ですので、自賠責保険は対象になりません。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

回答有難うございます。

とても勉強になりました。

まだ、そんなに通院していないので

今からでも保険を使う事を検討したいと思います。

有難うございました。

お礼日時:2011/05/21 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故慰謝料と弁護士の関係をおしえてください

交通事故に弁護士を入れたら、慰謝料2~3倍!というサイトを良く見ます。

何故、弁護士が入ると2~3倍になるのか?理屈がわかりません。
保険会社は、弁護士が出てくるまで安く慰謝料を提示して、弁護士を立てられたら高くだすのでしょうか?

何故、はじめから保険会社は、高い慰謝料を提示しないのでしょうか?ずるいです。

この理屈だと、弁護士を雇う余裕のあるお金持ちは、高い交通事故慰謝料をもらえて、貧乏人の私みたいな人が交通事故にあっても、安い交通事故慰謝料しかもらえない。つまり、貧乏人の慰謝料は安くしておけっていうことなんでしょうか?保険会社は、所得で交通事故被害者を差別しているように感じたので質問いたしました。どなたか、わかりやすく、弁護士が入ると保険会社が提示する交通事故慰謝料が変動する、この不公平な制度を解説してくださると助かります。

Aベストアンサー

保険会社は被害にあった人より、保険会社が好きだからですよ!保険会社は慰謝料の金を牛耳る手先だったのです!もうびっくりですよ!わたしもやられました!
http://xn--3kq2bx53h4sgtw3bx1h.jp/isharyo

Q交通事故の自賠責範囲 120万超えたときの慰謝料

交通事故の自賠責で120万超えてしまったときのことでお聞きします。

私は去年の10月におかまをほられまして、それから接骨院に通っているのですが、(免責は0です)

保険会社からも6ヶ月目に一度電話があっただけで、
それからなんの音沙汰もありませんので、
そのまま通わせていただいております。

治療も十分受け、調子もよくなってきたので
そろそろ終わりにしようと思っているのですが、
治療代金、交通費、慰謝料合わせても、とうに120万超えていると思われます。
ちなみに自由診療というやつです。健康保険は使っていません。
通院は1ヶ月で20日くらい平均で通っています。

ここで慰謝料の計算でお聞きしたいのですが、
みなさんの質問や回答を見てみると、
120万を超えた場合は任意保険会社の計算でということになっています。

各保険会社で計算は違うでしょうけど、おおよその1日の参考単価などはないのでしょうか?
たとえば半年とか1年間通ったときの平均慰謝料とかが分かればありがたいです。

おそらく自賠責の4200円よりは安くなるんだろうなとは思っていますが、
大体の概算でも分かれば参考にしたいなと思いまして質問しました。

どなたか経験された方でもいらっしゃいましたら、
そのときの様子を教えて頂けませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

交通事故の自賠責で120万超えてしまったときのことでお聞きします。

私は去年の10月におかまをほられまして、それから接骨院に通っているのですが、(免責は0です)

保険会社からも6ヶ月目に一度電話があっただけで、
それからなんの音沙汰もありませんので、
そのまま通わせていただいております。

治療も十分受け、調子もよくなってきたので
そろそろ終わりにしようと思っているのですが、
治療代金、交通費、慰謝料合わせても、とうに120万超えていると思われます。
ちなみに自由診療と...続きを読む

Aベストアンサー

総治療日数が240日と言う例が出ていますので、240日として回答します。
240日は8ヶ月ですから76万9000円です。
77万4900円という会社も有ります。
凡そ77万円前後と考えてください。
任意保険では通院日数が月平均1~4日の場合1/3~1/2、
月平均5~9日の場合1/2~2/3に減額されます。
増額は骨折・骨折同程度で1割、重傷事案で2割の増額です。
慰謝料の日額は3ヶ月までは1日4200円、以後6ヶ月までは4200円の75%、
9ヶ月までは45%等低減します。
従って平均慰謝料はと言う質問には回答が難しいとお考え下さい。

通院(入院)実日数が10日、治療期間が60日だった場合
 4,200円×10日分×2=84,000円
 通院(入院)実日数が10日、治療期間が15日だった場合
 4,200円×15日分=63,500円
この説明は任意保険ではなく自賠責の説明です。

Q交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料は、通院に対する手当て(日当)の他に精神的な慰謝料のようなものは出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

出ますが
事故それぞれに違う為に、一概にいくらとは言えません
後過失割合などもかかってくるために、一概に言えません
相手の保険会社と、良く話し合ってください
又怪我の状況によっては、ほとんど出ない事も有りますが、
保険会社の方から、支払いの明細が送られてきますので、そちらを参考にして、
納得行かない場合には、示談をせずに話し合ってください
示談書を交わした後ですと、よほどひどい示談でなければ、裁判でも覆りません
保険会社の方も、判例を参考にして査定して居ますので

Q交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を

交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を超えたので、任意保険から出すが、休業補償は出ないと、保険屋から言われました。これは正しいですか?

Aベストアンサー

ずっと以前は主婦=無職という考えで審査していましたので
無収入の主婦に休業損害なんてありませんでした。

でも、最高裁が主婦(正確には「家事従事者」)と言えども
それを職業と見なすという判決を出し、保険もそれに
従わざるを得なくなりました。

そこで、自賠責では最高裁の判例に従い、5700円/日を
実治療日数分出すようになったのです。

でも、任意保険では最高裁の判例では算出基準までは
出されていないので、通院日数=休業損とはみなしません。
それは丸1日病院に居て、主婦業ができないなんてありえない
という事で、2日で5700とか3日で5700円とかの計算に
しています。

また主婦業が本当にできないのかも問題にしますので
自賠責を超えたものは払わないというケースもあるのです。

Q交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院

交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院しました。後遺障害などの認定はありません。100対0の私が被害者です。保険会社のほうから慰謝料額の提示があったのですが、自賠責基準で計算されています。私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。そこでなのですが、私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが、結構時間がかかったりするのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相談・助言を行います。
このとき、次回以降の手続き・相談日の打ち合わせも行われますが、事案によっては弁護士会等を照会し、相談のみで終了する場合もあります。

利用者が、和解の斡旋を要請した場合で、弁護士も和解の斡旋が必要と判断した場合(要は、利用者が歩み寄りを見せ、中立の立場で和解による解決が図れる可能性が高いと判断されるケース)は、センターから相手方へ和解の斡旋に応じるかどうかの打診を行います。
相手が保険会社の場合は、和解の斡旋に応じることになっていますので、和解の斡旋手続きに入ります。
和解の斡旋は、1回あたり1時間程度で、人身事故の場合は3回程度で和解が成立することが多いようです。原則として、利用者本人とその親族、相手保険会社または代理人弁護士が出席できます。

和解の斡旋が不調に終わった場合は、審査会による審査を申し立てることができます。
審査が受理されると、審査会の日時が通知されます。審査は審査員が争点や事故の内容について当事者それぞれに説明を求め、双方の意見を聞く場であって、相手方と交渉する場ではありません。よって、原則として当事者(利用者と相手保険会社または代理人弁護士)だけが出席できます。

審査会で審査の結果出された裁定について、利用者はその告知から14日以内に同意・不同意の回答を行います。(期限内に回答がない場合は、不同意とされる)
利用者は、裁定に拘束されません(不同意と回答してもOK)ですが、保険会社は利用者が同意した場合には裁定に従うことになっていますので、和解が成立することになります。

利用者が不同意とした場合は、訴訟を提起するなど別の手段に移行せざるを得ません。

>結構時間がかかったりするのでしょうか?

前記のような流れになりますので、事案によって必要な日数はまちまちです。

極端な場合、初回の相談で終了してしまうこともあります。(相談担当弁護士が、双方の主張が激しくかい離して和解が困難と判断したケースなど)

「私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。」という考えであれば、司法手続きの説明を受けたり、弁護士会を紹介されて、終了となる可能性が高いです。
センターは、中立の立場から利用者に助言を行ったうえで、双方の歩み寄りによる和解を斡旋するもので、利用者の味方ではないし、相談担当弁護士も利用者の代理人ではありません。

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相...続きを読む

Q交通事故で慰謝料が自賠責を超えた場合

3月に交通事故に遭い足のスネ部分にひびが入り、
ギプスとシーネで48日間固定、松葉杖の生活を余儀なくさせれれました。
総治療日数は120日で、実際に病院にかかったのは10回くらいですが
固定期間中は通院とみなされるそうなので通院回数は53日です。
後遺症もなく先日無事完治いたしました。

休業損害は3月、4月分で¥585,000ほどもらっていますが
残りの5、6月分は¥315,000は今からです。
自賠責で慰謝料の計算をすると53日×2×¥4,200=¥445,200
治療費を入れないでも合計が¥1,345,200となり自賠責の限度額120万をこえてしまいます。

今日保険会社から電話があり「5,6月分の休業損害は近日中に支払う」とのこと。
慰謝料について質問すると、基準がどうのこうのと言葉を濁して来週また電話すると言われました。

加害者は任意保険にも入っているので、自賠責を超えた分はそちらから出ると思っていたのですが
何か査定基準が違うのでしょうか?
事故は進行方向に歩行中、後ろからバックしてきた車にひかれたもので
こちらの過失は一切ありません。

膝上までのギプスで本当に不自由な生活で、家族にも迷惑と負担をたくさんかけました。
加害者の不誠実な態度や休業補償をめぐる保険会社とのやり取り等で
精神的にも大変嫌な思いをし、ほぼうつ病のような状態の毎日だったので
慰謝料はちゃんともらいたいのです。
交渉などのアドバイスよろしくお願いいたします。

3月に交通事故に遭い足のスネ部分にひびが入り、
ギプスとシーネで48日間固定、松葉杖の生活を余儀なくさせれれました。
総治療日数は120日で、実際に病院にかかったのは10回くらいですが
固定期間中は通院とみなされるそうなので通院回数は53日です。
後遺症もなく先日無事完治いたしました。

休業損害は3月、4月分で¥585,000ほどもらっていますが
残りの5、6月分は¥315,000は今からです。
自賠責で慰謝料の計算をすると53日×2×¥4,200=¥445,200
治療費を入れないで...続きを読む

Aベストアンサー

慰謝料の計算はこちら
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2consocalj.html

任意基準は保険会社の規定であり、法的な根拠(規定)はありません。
※任意基準は地裁基準に比べて、低い(少ない)です。

上記で算出した弁護士基準と相手保険会社が提示してくる金額を比較すれば、任意基準がいかに低い(少ない)か、分かると思います。


地裁(弁護士)基準を基に増額の交渉をするか、又は「紛セン」(交通事故紛争処理センター)を利用するという方法もあります。

概ね弁護士基準の~8割、の慰謝料を提示される。
※弁護士基準の8割の慰謝料を確約するものではありません。

Q至急です。交通事故による慰謝料について

お世話になります。
交通事故の慰謝料についての質問です。
9月8日に交通事故に遭いました。
私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
それから毎日整形外科でリハビリ通院しています。
そこで慰謝料の支払われる期間ですが、
事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。
このサイトで以前、3ヶ月以上になると
1日4200円の慰謝料が減額されるというのを
見たことがある様な気がします?
実際はどのくらいまでOKなのでしょうか。
ご教授ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照していただければわかると思いますが、

自賠責のみなら、6ヶ月までは1日当り一律4200円で、
それを超えると2100円で計算されます。
しかし、全ての補償額の合計が120万円までと制限があります。
(相手が1台の場合)
また、自身の過失が70%未満の場合は減額されません。
(過失割合分の相殺はないと考えて下さい。)


任意保険の場合、それぞれの会社の規定がありそれに沿って損害額が算定されます。
たとえば、
・慰謝料の全体に対して過失割合分の相殺をする。
・3ヶ月目から、1日当りの慰謝料を減額(2100円等)する。
任意保険の担当者は自賠責より少ない金額で示談を行なうことが成績となるのです。

担当者と交渉して、補償額を多少上げてもらうことは可能ですが
自賠責よりも多く貰うことは余程の専門知識と交渉力がなければまず無理です。

また、治療費の合計が120万円を超えた時点で、慰謝料の過失相殺は絶対に行なわれます。

現在、治療を続けておりまだ治癒する見込みがないのなら、
「第三者行為の届出」を出し健康保険扱いで治療をすると
治療費が約半分に下がり、慰謝料としてもらえる枠が大きくなります。
(健康保険は1点当り10円、自由診療は一点当り最高20円)
任意保険の担当者と示談交渉するときも補償額アップの要因となります。)


また、社会保険が負担した70%の治療費は最終的には自賠責から
回収されるのですが、治療が全て終わってからの請求(被害者の優先)となり、
120万円を超えた部分は事故の加害者に請求され、
20%の過失分は貴方の健康保険が負担してくれることになります。


また、治療の終わるときに貰う診断書に
『治癒』と書かれてあればその日までが治療期間となり
『中止』と書かれてあれば7日加算される
という点についても注意してください。

あとは、平均して半分以上(2週間あたり、7日以上など)
通院していれば、紹介した基準表どうりの額を貰えます。

2割の過失分を引かれない為には、常に
治療費がいくらかかっているか気を配っておく必要があります。

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照してい...続きを読む

Q自賠責,慰謝料限度額を超えそうな場合

保険について,無知なのでよろしくお願い致します.
H19.3に交通事故に遭いました.
私が自転車で,相手が車で,交差路での衝突です.
一時停止があったため,責任割合が発生し,物損で4(当方):6(相手)です.

物損の支払は完了しており,あとは治療費や慰謝料といった怪我の費用の申請が残っています.
保険は全て自賠責の範囲で行うことになっています.
当方は民間の保険には加入しておらず,
通院費は,健康保険を利用し,支払っています.
ちなみに,相手は怪我はなく,私は頭に怪我で,
縫合と,その後頚椎捻挫で整形外科と整体にリハビリで通院中です.

怪我についてですが,事故当初よりも改善されているものの
約10ヶ月経った今もまだ治りません.
整体の先生に言わせると,
「事故後に,首の上から3番目の骨が後ろに飛び出してきている」のが原因だそうです.
事故当初のレントゲンでは特に異常はなく
(よく見たらあったのかもしれませんが,ひびや骨折はなく),
その後,目立ってきたようです.
骨がずれていることで,周囲の筋肉が凝り,
ひどいときは,どんなにほぐしても凝りがとれず痛みが続く状態でした.

事故前には確かになかった現象なのですが,
今レントゲンを撮ったからといって,写りこむものなのでしょうか?
また,今後も当分通院を続ける予定なのですが,
慰謝料の範疇(120万円)を超えそうです.
こうした場合,後遺障害を申請するのでしょうか??
たとえレントゲンに写ったとしても事故との関連が証明されるのか,
しかも世間からすると軽い部類の怪我なので,
後遺障害が適用される確率は少ないかなとも思います.
ただ,健康保険と自賠責で支払っている分,
何かよい方法はないかと思案中です.
長文で分かりにくい内容であり,申し訳ありません.
一部分でも回答いただける箇所があればよろしくお願い致します.

保険について,無知なのでよろしくお願い致します.
H19.3に交通事故に遭いました.
私が自転車で,相手が車で,交差路での衝突です.
一時停止があったため,責任割合が発生し,物損で4(当方):6(相手)です.

物損の支払は完了しており,あとは治療費や慰謝料といった怪我の費用の申請が残っています.
保険は全て自賠責の範囲で行うことになっています.
当方は民間の保険には加入しておらず,
通院費は,健康保険を利用し,支払っています.
ちなみに,相手は怪我はなく,私は頭に怪我で,
縫合と...続きを読む

Aベストアンサー

#3、5です。

ちょっとお聞きしたいのですが、警察へは今回の事故は報告されましたか?
もし報告を怠っていたのであれば、報告義務違反となります。


> それでも治療費を請求できるのでしょうか.

請求は可能です。
相手方の過失が6割を占めているので、
質問者さんの過失までは問われないのが自賠責保険の考え方です。
仮に、質問者さんに7割を超えるような重大な過失があったと
すれば、そのときは減額を食らいます。


> また,120万円の慰謝料限度額以上の治療費についても
> 払ってもらえるのでしょうか???

「慰謝料限度額」というのは間違っています。
120 万円以内で、治療費、休業損害、慰謝料が支払われる、
という自賠責保険の考え方です。
先にもお話しましたが、相手方が任意保険に加入しているのだから、
120万円を超えて支払われることはできます。

領収書が保管されていたとの事で、安心しました。
原本は手元に残すようにして、写しを加害者本人へ送付してください。
このとき、内容証明郵便の形式で請求すると良いでしょう。
書店に行けば、参考となる書籍がありますよ。

あと、質問者さんが社会人ならお仕事を、学生さんなら学校を休まれた場合、
これらについて休業損害金が支払われます。
会社または学校が証明しますが、殆ど保険会社には定型書式が存在します。
請求は殆ど通りますから、請求してください。


保険について注意しなければならないのが、請求の時効です。
一般的には2年が限度です。
しかし、法律的には交通事故が発生した日から3年以内であれば、
保険からは支払われませんが、加害者本人への請求ができます。

今後、相手があまりに誠意がないなど、対応が遅れそうな場合は、
是非、面倒でも訴訟といった方法なども是非検討ください。
調停や訴訟といった法的手段は、上記の時効を中断します。
本人でも十分に戦えますし、交通事故証明書や、
治療費の領収書、医師の診断書、休業損害証明書など、
これら証拠があると思うので、まず負けることはないと思います。

#3、5です。

ちょっとお聞きしたいのですが、警察へは今回の事故は報告されましたか?
もし報告を怠っていたのであれば、報告義務違反となります。


> それでも治療費を請求できるのでしょうか.

請求は可能です。
相手方の過失が6割を占めているので、
質問者さんの過失までは問われないのが自賠責保険の考え方です。
仮に、質問者さんに7割を超えるような重大な過失があったと
すれば、そのときは減額を食らいます。


> また,120万円の慰謝料限度額以上の治療費についても
> 払っ...続きを読む

Q交通事故の慰謝料の控除

交通事故の慰謝料の控除について
昨年末 交通事故にあい1ヶ月 休業補償を受け
職場復帰しましたが その後 体調不良により
パートになり現在 主人の扶養に入っています
保険会社と示談は成立しました
交通事故による慰謝料 通院費 休業補償など
個人年収に入るのでしょうか?
また 相手の保険会社からの口座への振込通知など
今後 必要になってくるのでしょうか?
よろしく お願いいたします

Aベストアンサー

慰謝料は、原則として収入の枠外ですから、所得税の対象となりません。
ただし、その慰謝料の根拠となる、発生原因により、課税される場合もあります。
休業補償についても原則課税対象外です。
医療費なども非課税となります。立て替えた交通費も医療控除競れますが、自家用車でお出でになった交通費は認められません。
領収書は全て保管してください。

不審点は、URLから検索してみましょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

Q自賠責の120万を超えたらどうなる?

事故にあい、足の怪我をしたのでタクシーで通勤しています。
タクシー代は自分で立て替え、後日保険会社に請求するという形です。
ただ、勤務先が遠く、1日1万2千円の交通費がかかっています。
他にも病院の通院でタクシーを使用しているので、別に一日2400円くらいかかります。

その状態で1ヶ月たちました。
このままいくとタクシー代は20万円以上になると思われます。

治療ですが、整形外科と整骨院を併用しています。
健康保険は使っていません。
(なぜ使わないの?という回答はご遠慮ください。使えることは知っていましたが必要ないと思ったからです。)

以前事故に遭い、健康保険を使わず自賠責に請求したときは、整骨院18日で13万ほどでした。
そう考えてみると、他にも整形外科や薬局等で結構な額が出ているようなので、あっという間に120万を超えることになると気づきました。

超えた分は任意から出ると知っていたのでそれでいいと思っていましたが、慰謝料の額が減ることを知り驚いています。

これから弁護士をつけようと考えていますが、
一刻も早く診療を健康保険に切り替えるべきでしょうか?
それとも気にせずこのまま自由診療のままでよいでしょうか?

切り替えた際、今までの治療費も保険適用になるのでしょうか?

事故割合はもめていますが、基本割合は1:9だそうです。(こちらが1)

仕事の休みがなく、なかなか相談にいけないのでこちらで質問いたしました。
どうぞよろしくお願いします。

事故にあい、足の怪我をしたのでタクシーで通勤しています。
タクシー代は自分で立て替え、後日保険会社に請求するという形です。
ただ、勤務先が遠く、1日1万2千円の交通費がかかっています。
他にも病院の通院でタクシーを使用しているので、別に一日2400円くらいかかります。

その状態で1ヶ月たちました。
このままいくとタクシー代は20万円以上になると思われます。

治療ですが、整形外科と整骨院を併用しています。
健康保険は使っていません。
(なぜ使わないの?という回答はご遠慮くだ...続きを読む

Aベストアンサー

>相手の方にかいてもらう書類などもあり、驚きました。
>簡単に一人では出来ないのですね。

相手の方に書いて頂く書類は念書(確約書)ですね。
保証人の欄などもあり人によってはお願いしても
協力して(書いて)くれない場合があります。
その場合は、加害者に依頼・お願いしたが拒絶されたなど
用紙の余白などに事実を書いて提出すればよいです。

>保険会社の方に聞いた方がいいのでしょうか。

分からない事は、保険会社・社会保険事務所(社会保険事務局)
に何でも問い合わせたほうが良いです。

>保険会社に事故証明をお願いしていますが、まだ来ていません。

事故証明書をまだ保険会社が発送していないのなら保険会社から
直接、社会保険事務所(社会保険事務局)の担当者の方宛に
郵送してもらうという方法もあります。
電話して直接保険会社に取りに行くとその場でくれますが・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報