中小企業の働き方改革をサポート>>

M14SOCOM CQBに500mmのインナーバレルを取り付け、アウターバレルからはみ出した部分はサップレッサー等で隠そうと思っています。
ここで質問です。
500mmのインナーバレルを入れた場合、アウターバレルからどれくらいはみ出しますか?
どなたか判る方いらっしゃいませんか。

A 回答 (1件)

老婆心ながらアドイスを。


間違っていたらごめんなさい。
M14SOCOM CQBって加速シリンダーを使っていませんか?
そこにロングバレルを組み込めば、シリンダー容積:インナーバレル容量のバランスが崩れ、遠距離で命中精度に影響が出ますよ。

それに、折角の取り回しの良いショートライフルを、わざわざ長いライフルにしなくても。。。。という話も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御忠告ありがとうございます。

当方有る程度はメカボのカスタムの経験が有りますが、M14socomCQBが加速シリンダーとは知りませんでした。
勉強不足でした…
そうすると、シリンダーも変えなければなりませんね^^

確かにCQBをロングバレルにするのは取り回しが悪くなりますが、
こういった趣味をお持ちの方々なら、自分のこだわりが有ると思います。
M14SOCOMCQBにロングのサップレーッサーを取り付けたフォルムに惚れてしまいました。
ここだけは譲れません。

お礼日時:2011/05/19 21:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルイ ガスガンのパワーアップについて

マルイのガスガンM1911を所持しています。
カスタムについて質問なんですが、各社からカスタムパーツが出ているようですが、種類が多すぎて何がいいのかわかりません。
カスタムと言っても外装から内装までいろんな種類があると思いますが、とりあえず、飛距離やパワーをアップさせるとした場合に組み込むべきパーツを教えて下さい。いろいろ種類があるとは思いますが、まずは基本的なもので、できれば、「どこの何がよい」というように、具体的だと助かります。皆様の主観で結構です。無論規制内で。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

M1911のユーザーで、ゲーマー暦12年でもあります。

手っ取り早く飛距離とパワーアップで必要なパーツは、インナーバレルとガス放出バルブ交換です。
ハンマーSP交換もありますが、効果の高いパーツは以上の2点。
それでも、初速UPは条件が良くて+10m/秒くらいしかありません。
バルブの交換は、多少リコイルが大きくなりますけど、燃費をとても
悪くします。ただでさえガス容量の少ない1911マガジンすしね。

私はバレル交換(KM製)のみに留めてます。
他社のバレルもいろいろ交換してみましたが、それほど性能差は
感じられませんでした。
因みに唯一命中精度が近距離でUPしたのが、バレル内部にライフリングのあるツイストバレル。
ただし初速は-5m/秒ほどダウンします。

マルイのガスブローバックガンは他に6丁ほど所持しています。
バレルだけは、いつも老舗のKMに交換しています。

QTNパーフェクトバレル(インナーバレル)は・・・

ガスガンのカスタムパーツに『TNパーフェクトバレル』というパーツがりますが、直径が6.04Φと、6mmBB弾の為に設計されたバレルを見かけますが、純正品とそれほど違うものなのでしょうか??
取り替えると集弾性が上がるようなので、ちょっとカスタムを考えております。変えて満足するほどの向上があるなら考えますが、そんなに変わらないならBB弾も普通のBB弾ではなく、精密射撃用の精密BB弾(かなり割高(>_<))に変えなければならない様なので、やめます。
既に取り付けておられる方の意見が聞けたら嬉しいです。
ちなみに、使っているのはマルイの新型デザートイーグルです。

Aベストアンサー

まず結論からいうと、ほとんどのカスタムバレルは、交換しても集弾性に変化はありません。ノーマルよりも上がるのは、初速です。これは、内径が狭い事が原因で、通常であれば、BB弾の横から逃げていたエアも発射のエネルギーとなる為に起きる現象です。
より多くのエアがBB弾に当たる事で初速はUPしますが、その反面、無駄な力が掛かり過ぎて、バランスを崩してしまい、命中率に影響を与える場合があります。
状況によっては、希望するような集弾性が得られないという事もあります。
またインナーバレルの内径が狭くなっているので、径の大きなBB弾を使用すると、弾づまりを起こす事もあるので気をつけないといけません。
命中率を上げたいのであれば、高命中率バレルと呼ばれるものを使用するのがベストでしょう。高命中率バレルとして有名なのが、タニオ・コバの「KOBA HOPツイストバレル」です。このバレルは、内径を狭くするのではなく、内側にライフリング加工を施す事で、命中率のUPを可能とした製品です。このバレルを組み込むと、命中率は上がりますが、ライフリングの部分から余分なエアが抜ける為、初速が若干落ちてしまいます。
命中率を上げたい方にはオススメの商品ですよ♪

参考URL:http://www.taniokoba.co.jp/koba_enter.html

まず結論からいうと、ほとんどのカスタムバレルは、交換しても集弾性に変化はありません。ノーマルよりも上がるのは、初速です。これは、内径が狭い事が原因で、通常であれば、BB弾の横から逃げていたエアも発射のエネルギーとなる為に起きる現象です。
より多くのエアがBB弾に当たる事で初速はUPしますが、その反面、無駄な力が掛かり過ぎて、バランスを崩してしまい、命中率に影響を与える場合があります。
状況によっては、希望するような集弾性が得られないという事もあります。
またインナーバレル...続きを読む

QM4A1 セミが2点バーストになります

  
教えてください。

KingArmsのフルメタル電動 M4A1 ですが、
ようやくバッテリーをつないで試射したところ
セミで2点バーストになることが多いです。
オート(これは問題なし)に切り替え後にセミにすると治ることもあれば
safeに入った時と同じようにトリガーが動かなくなることもあります。

バッテリーはニッケル水素9.6V8セルのザップドです。

原因はメカボ内のセミ/オート切り替えスイッチの組み付け不良が濃厚でしょうか。
 

https://www.youtube.com/watch?v=yKxt_vqOtkY

Aベストアンサー

2点バーストになる原因はいろいろありましてね。

1.メタルチャンバーとノズルの相性が悪い。
2.スプリングが強すぎてピストン内でバウンドしている。
3.カットオフレーバーと接点プレートの動きが悪い。

2点バーストは1と2の複合で発生します。
ライラクスのメタルチャンバーに変更することで治る場合もあります。

差し当たり、セーフティーレバーの動きに関連するトリガーの固着が気になりますね。
メカボを分解して接点プレートの裏側のメカボの表面を研磨してスムーズな動きにすることかな。

Q25C、30Cなど、リポバッテリーの違いについて

同じ7.4Vのリポバッテリーでも25C,30C,35Cなどありますが、
具体的にどう違いがあるのでしょうか。

電動ガンでの使用を予定していますが、この数値が高いほど
モーターの回転数が上がると考えて良いのでしょうか?
その場合、どのくらい回転数に変化が出るでしょうか?
詳しい方、回答の程をお願いします。

Aベストアンサー

>25C,30C,35Cなどありますが、具体的にどう違いが
まず、これらのサイトを参照下さい。
http://www.ks-j.net/xo/modules/pico/lipo/houden.html
http://winsafe.jp/rc/setumei/Lipo-choice.htm

始めに「C」の概念について知る必要があります。「そのバッテリー全容量を
1時間で充放電する電流値を 1C」という定義です。放電性能をこの電流値「C」
で表したのが「25C」といった表現です。商品の規格に含まれる場合、この値は
大抵「最大連続放電」を示しています。別な例を挙げます。
http://www.kkhobby.com/SHOP/BT117.html
ここでは「連続で」35C、「瞬間的に」70Cを許容出来ることを「35C-70C」と
商品名に入れています。

この値が大きいほど、リポとしては高性能ということにはなりますが、デメリット
もあります。このページと表を見て下さい。
http://aircraft-japan.com/shopdisplayproducts.asp?id=143&cat=battery+%2D+Li%2DPo+%2D+HYPERION+1050mAh+%7E+2200mAh
http://media.hyperion.hk/dn/g3lipo/G3-Specs-JP.pdf
同じ電圧、同じ容量、例えば3セル2200mAhを見ると、
VX35C ⇒ 105.0mmx34.0mmx24.5mm 190g ¥5080 
EX45C ⇒ 105.0mmx34.0mmx27.0mm 196g ¥5880
となり、高い「C」を流せるリポ程高価で大きく重くなる傾向にあります。

電動ガンについては全く知りませんがラジコン用途では「高いC」を持つリポ
が必ずしもベストでもありません。必要以上に大きく重く高価なものは無駄
ですし、高いCの放電が可能なリポはモーター負荷の要求どおりに供給して
しまい、結果アンプ/ESCを焼く、容量を使い切るまでの時間が短い、といった
ことにもなります。「あえて」低目である25C連続放電等のリポを選択すると
いったことも行われています。

>この数値が高いほどモーターの回転数が上がると考えて良いのでしょうか?
>その場合、どのくらい回転数に変化が出るでしょうか?
モーター負荷が大きく、35Cでも不足だったのであれば45Cに変えることで
回転数は上がる筈です。しかし元々そこまで要求されてない負荷であれば、
向上した実感は全く無い、ということもあります。要は消費電流/負荷と目指す
用途、費用対効果の総合で判断すべきで、「少しでも」モーターを回そうとして
高価で重い方のバッテリーを選ぶならそれもアリではあります。高「C」放電
可能なリポは全般に電流を供給する能力自体が高いのです。

>25C,30C,35Cなどありますが、具体的にどう違いが
まず、これらのサイトを参照下さい。
http://www.ks-j.net/xo/modules/pico/lipo/houden.html
http://winsafe.jp/rc/setumei/Lipo-choice.htm

始めに「C」の概念について知る必要があります。「そのバッテリー全容量を
1時間で充放電する電流値を 1C」という定義です。放電性能をこの電流値「C」
で表したのが「25C」といった表現です。商品の規格に含まれる場合、この値は
大抵「最大連続放電」を示しています。別な例を挙げます。
http://www.kkhobby.com/SH...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報