デスクトップパソコンとワークステーションの違いは、なにがどのように違うんですか。
どなたか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いろいろな意見があるようですが、どれも間違えではないような感じがします。


基本的には、メーカーがどう呼ぶかということになると思いますが、私個人の意見としては、ネットワークにアクセスすることが標準機能になっているものをワークステーションと呼ぶのではないかなと思います。
PCは、もともとネットワークに接続することが標準にはなっていません。
ただ、現在は、ネットワークに接続することが前提のものもありますので、それをメーカーがワークステーションと読んでいるのではないかと思います。
少なくともスタンドアロン使用のものをワークステーションと呼ぶべきではないと思います。
ステーションですからね。
    • good
    • 0

昔は、Sun,HPなどのUNIXマシンをワークステーションと呼んでいましたね。


(そのころは386マシン、Windowsなんて無し)

最近は、所謂DOS/Vマシンでも、ワークステーションと呼んだり、サーバと呼んだり
デスクトップと呼んだりしてるようです。

これらの呼称に厳密な定義は無いと思いますが、感覚としては、
電源が2重になっていたり、大型ファンが数個ついていたり、CPUが
4枚くらい乗っかるマザーが搭載されていたりするとサーバと呼ばれていたりするみたいです。

メーカの営業戦略による部分が多いと思います
(サーバと書いておくと、ユーザは高品質高性能マシンと勘違いする)
    • good
    • 0

両方とも一人で利用することが前提のコンピュータですから広義のパーソナルコンピュータです。


ただ、狭義のパーソナルコンピュータ(いわゆるパソコン)が低機能だった頃に“高機能スーパーパソコン”といった意味合いでワークステーション(当時はエンジニアリングワークステーション)と呼ばれました。
ちょうどパソコンの主流が16ビットだった時期だったため32ビットであればワークステーションと名乗っていたものもあります。
また、パソコンの主流が(Macを例外とすれば)MS-DOSであった為UNIXを搭載しているだけでワークステーションと呼ばれる事もありました。
総合的には「パソコンより処理能力が高くUNIXを搭載した個人利用向けコンピュータ」をワークステーションと呼ぶようです。
ただ、“急激な機能アップを続けるパソコン”と“安定性が求められるが故に商品サイクルの長いワークステーション”を機能で区分けする事は不可能です。
また、OSの選択肢が増えている現状ではOSによる区分けも意味を持ちません。

現在では「メーカーの商品ラインアップの都合上の区分けで処理速度、安定性が高く高額な価格設定をされるもの=ワークステーション」と言うのが一般的ではないでしょうか。
    • good
    • 0

ワークステーションの特徴は、


・OSには主にUNIXを採用し
・ネットワーク機能を備えており
・マルチユーザー、マルチタスクを前提としたシステムで
・CADや学術計算など、CPUパワーを要求される用途に使われる
・処理速度、メモリ/ディスク容量等においてPCよりワンランク上
…だったのですが、最近ではPCでLinuxを走らす人も多いし、LANを組むのは当たり前、WinNT/2000系でPCをマルチユーザー使用するのも普通になってきて、さらに最近のハイエンドPCでは高速CPUを生かしてCADもさくさく、といった現状を考えると、PCとWSの境界はなくなりつつある、というのが解答のようです。
    • good
    • 0

基本的には同じものだと思ってください。



コンシューマ向けに販売されている製品をデスクトップ
企業向けに販売されている製品をワークステーションと
呼んでいるようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報