はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

私、40代前半の男性です。
先日、会社の健康診断で身長170cm体重62.5kgと言う結果が出ました。
標準体重中でも標準くらいの体重ですが、胴回りが84.5cmとメタボぎりぎりでした。
見た目は骨格が細いので痩せて見えるのですが、お腹だけは、かなりぽっこりといった感じです。
完璧に内臓脂肪方(中性脂肪300程あります)であると思いますが、お腹が引き締まる効果的な
運動などをご存じの方、ご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして、似たような身長体重ですが胴回りは-10cmです。



内臓脂肪でしたら、頑張れば意外と早く落ちます。

まず、極端なカロリー制限は必要いと思います。現行の食事量はやや減らす程度で、但し、脂肪や油を控え、炭水化物の量を減らして下さい。(炭水化物を減らすのが内臓脂肪を燃焼させるポイントです。)

その上で心拍数(分)が110~140位になるような有酸素運動(ウォーキング)を週に4回、各40分以上すれば、3ヶ月で十分効果が出ると思いますよ。もちろん、毎日60分以上やった方が効果あります。

頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

胴回り-10cmですか。
参考にさせてもらって、頑張ってみます。

お礼日時:2011/05/21 10:09

ウエストを締めるのならゴルフスイングが一番いいと思います。


素振りができる環境ならそれでもいいですが、練習場などで実際にボールを打てば1週間くらいでベルトが緩んでくるはずです。

腹筋を捻転させる運動なら何でもいいです。

野球のバットの素振りでも効果はあります。

ただし、体重が減るというのでなくウエストだけが締まった感じになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
体重はそのままでウエストだけが締まるのが理想なので一度試して見ようと思います。

お礼日時:2011/05/20 06:30

 BMIが21.7なので結構いい体格(体型)指数だと思うのですが、実は身長と体重だけで健康的な体かどうかは判断できません。

体脂肪率も問題でして、歳をとるにつれて体重が変わらなくても老化で筋肉が衰え、その分だけ体脂肪が付いてくるという状態になりやすいんですよ。貴方の場合は隠れ肥満の一歩手前ですね。

 これを治すのには、食生活を改善し摂取カロリーを控えめにするとともに運動を増やすことですね。脚に自分の体重をかけて、なるべく長い時間汗を流す運動がよくて、単純なのはウォーキングですが、お勧めはジョギングです。時速10キロで毎日1時間やれば1年くらいでお腹が凹む効果が出てきます。腹筋してもお腹は引っ込みませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。20代の時と比べると同じ体重でも6センチくらいウエストが大きくなっています。
やっぱり、食事と運動は大事ですよね。

お礼日時:2011/05/20 06:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q標準体重以下で腹が出ることもありますか?

よくダイエットで筋トレが必要だって言いますよね。
運動なしでも痩せるけど、それなりの体型にしかならないと聞きました。

「それなりの体型」ってどんなのですか?
太ってる時は腹が出てますが、標準体重以下になっても腹が出たままとかなんでしょうか?
筋肉って生活強度以下には落ちないんだから、脂肪だけ残って標準体重以下なんてことはあり得ないような気もしますが違うんでしょうか?

Aベストアンサー

痩せていてお腹が出てる人の多くは胃下垂です。

栄養失調で腸が炎症で張れお腹が出ることがありますが、日本ではそういうお腹をした人はほぼいないような気がします。。

運動なしで痩せてと言っても、生活強度というのは日常の運動レベルのことで運動に当てはまりますので運動レベル相応の筋肉が維持されるということでは、生活強度が限りなく低い寝たきり状態の事を言いたいのかもしれません。(言った人でないと真意は分かりませんので、私の予想です)
言われる通り脂肪だけ残ってということは絶対にないでしょう。痩せる時に運動なしでも筋肉より脂肪のほうが多く減ります。

Q体脂肪率12%、でもお腹がプニプニ・・

こんにちは。168cm/ 55kg/ 28歳の男です。

先日、病院の体重計で測ったらば、体脂肪率が12%だったのですが、お腹周り、特にヘソ周辺には取って付けたような柔らかい肉がプニプニとかなり余っています。考えてみると、どんなに痩せた時(53kg)でも、今よりも全然引き締まっていた時期でも、この肉だけは、しっかりとくっついていたように思います。こんなに分厚い皮ははありえないので、確実に脂肪だと思うのですが、これは落とすことができるのでしょうか?ちなみに腹筋がはっきりと割れたことはありません。隆々とした筋肉の上にプニプニの脂肪がこびり付いている感じでした。

どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなります。

また、お腹というのは普段あまり動かしませんし、内臓保護のためにも脂肪がついていたほうが望ましい部位です。

ゆえにそのため体脂肪率が1桁になったあたりからは、週5~6回・1回平均で2時間程度の運動(有酸素運動+ウエイトトレーニング)とある程度の食事制限がほぼ必須になりますから、当然体には相当な負担がかかります。

しかも体脂肪が1桁というのは医学的には伝染病などの罹患率の急上昇や精神の不安定、ショック死などのリスクが急激に高まるため、非常に危険な状態とされます。
5~6%になれば完全なレッドゾーンで健康にいいとは言いがたいです。
ですから、ボディビルダーやアスリートの人でも普段はこんな体脂肪を維持しません。

健康のためには、お腹にある程度脂肪がついて、うっすら腹筋が割れているくらいのがわかるくらいの状態が一番だと言うことです。

適度な有酸素運動や筋トレを習慣化して、適切な食事と睡眠をとる生活を長く続けていけば、自然と綺麗な体つきになります。
お腹にはある程度脂肪がついているのが普通、くらいの感覚でのんびり落としていくようにして、ほどほどのところで維持するようにしたほうがいいでしょう。

腹筋が割れて見えるくらいだと10%。この状態だと、ほんの少し脂肪がお腹やわき腹についた状態です。さらに、筋肉の上に皮一枚となれば最低5~6%まで落とす必要があります。

そして、それができるかできないかで言えば、時間はかかりますが、できます。

ただし、脂肪というのは、非常事態に備えたエネルギーですし、免疫機能やホルモン分泌にも関係してくるので、減りすぎると体が危険を感じて脂肪を落とさないようにします。
ですから、体脂肪というのは少なくなるにつれて、どんどん落ちにくくなりま...続きを読む

Q体重は落ちましたが、お腹の脂肪が落ちません。

168cm42kg 20代の男です。
四肢は痩せているのですがお腹の脂肪が落ちなくて悩んでいます。
理想は肉がつまめない位にしたいですがやっぱり腹筋とかするのがいいんでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウェイトトレーニング、あるいはそれと同等の無酸素運動、ちゃんとした筋トレ。
ミット打ち、坂ダッシュなども効果的。負荷が高く激しい運動を30分~週3程度やってみましょう。もし運動習慣が無いようなら、ダッシュは少し走る練習してからじゃないとちょっと危ないかな。ウェイトトレが安全。

腹筋も筋トレのひとつだが、鍛えた所の脂肪が落ちるわけでは無いし、1種目ではそれほど代謝は上がらないし、筋トレの中ではあまり優先順位が高い種目では無いです。恐らく体脂肪率を下げるための効果は殆どありません。

ウェイトトレーニングなら、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトなど、中でも最も負荷が高くかつ大きな筋肉を鍛えられる種目が有効。これらをやってない人の場合でも、短距離走やダッシュなどで下肢に爆発的な負荷をかける運動をしている人らは、すぐ腹筋が割れます。

しかし不思議なのは、なぜかその対策としてまたウォーキングなどの有酸素運動をしましょうって回答ばかり出そろう事。有酸素運動などばかりやっているから腹の脂肪が残るのに。

マラソンなど軽い長時間の運動ばかりやってると筋肉がどんどん落ちてしまい体脂肪率が下がらないため、よほどガリガリにならないと腹の肉が残る。スポーツ選手を観察すればわかるだろうけど、短距離走や格闘技などの選手は標準より10kgぐらい重いのに皮下脂肪が薄くて腹筋が割れているでしょう?

質問者さんはもっと重かったのに減量して42kgまで落としたのでしょうか?
168cmだと丁寧にウェイト挙げながらやせていたら体重60kgでも腹筋割れてて、脂肪がつかめない体になりますよ。激しい運動には安静時の脂質代謝を上げる効果があって、その特性を利用しなければ効果的に体脂肪率を減らすことなどできません。

食事制限ばかりやって痩せたり、一般に人気のゆったりした有酸素運動ばかりやってたら、あと5kg落としても、ガリで腹の肉はつまめる状態のままです。

ウェイトトレーニング、あるいはそれと同等の無酸素運動、ちゃんとした筋トレ。
ミット打ち、坂ダッシュなども効果的。負荷が高く激しい運動を30分~週3程度やってみましょう。もし運動習慣が無いようなら、ダッシュは少し走る練習してからじゃないとちょっと危ないかな。ウェイトトレが安全。

腹筋も筋トレのひとつだが、鍛えた所の脂肪が落ちるわけでは無いし、1種目ではそれほど代謝は上がらないし、筋トレの中ではあまり優先順位が高い種目では無いです。恐らく体脂肪率を下げるための効果は殆どありません。...続きを読む

Q標準体重だけど二段腹

私は158cmで53kgなのですがおなかが二段腹と情けない体型です。
体脂肪がやや高く27%あります。
普通に立っている状態だと二段腹も分からないのですが
椅子に座ったりしちゃうとボヨ~ンとお肉が。。。
これは隠れ肥満というものですか?
便秘症で1週間くらいでないと下腹がぽっこりでてさらに情けない体型に。。

それでダイエットを始めたのですが体重は標準体重だし別に落とす必要ないような気がするんですが、
50kgを目標にしたらおなかもスッキリ綺麗になるものなんでしょうか?
腹筋鍛えたら二段腹もなくなりますか?
あと猫背なのもいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

減食ダイエットでは便を作るだけの食物カスができないのでコロコロ便となってますます便秘はひどくなります。減食でなく食事は1日3回ご飯や麺類などの栄養バランス、摂取カロリー、便を形成するのに十分な食事量の日本食を中心としプレーンヨーグルトも食べるようにします。間食はできるだけ我慢します。どうしてもひもじいときはキャンディーなどの甘いものを1~2個なめて血糖値を上げて次の食事まで待ちましょう。西洋食、コンビニ食、軽食は隠れ脂肪が料理に多く含まれているのであくまで古典的日本食を守りましょう。
便秘薬は生体の排便反射機能を低下させますので止めることです。便秘薬を使用しないで食べたものは毎日スッキリ出すことです。これは大腸の腸筋肉力の鍛錬になります(腹筋ではありません)。お通じが毎日でれば大腸の下垂部位やくびれにたまった老廃物も移動して排泄されますのでお腹ポッコリの予防にはなります。運動は血液や体液の流れを良くし大腸内に滞留している老廃物の移動を助ける為に上下動の入った運動を1日15~20分位はしましょう。例えば、縄跳びや軽いジョギングです。後は腹筋を鍛えることです。便秘とお腹ポッコリを同時に治しましょう。

減食ダイエットでは便を作るだけの食物カスができないのでコロコロ便となってますます便秘はひどくなります。減食でなく食事は1日3回ご飯や麺類などの栄養バランス、摂取カロリー、便を形成するのに十分な食事量の日本食を中心としプレーンヨーグルトも食べるようにします。間食はできるだけ我慢します。どうしてもひもじいときはキャンディーなどの甘いものを1~2個なめて血糖値を上げて次の食事まで待ちましょう。西洋食、コンビニ食、軽食は隠れ脂肪が料理に多く含まれているのであくまで古典的日本食を守...続きを読む

Q体重を変えずに体脂肪率だけ下げるトレーニング

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオーバーカロリーにした上で「太る」必要があると書かれています。

また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

それで質問なのですが、
体重70kg、体脂肪率20%→体重70kg、体脂肪率12%
にするには、

1. 食事制限無しで体重を変化されることなく、ジョギングと筋トレをそれなりの過度で行い、
体脂肪率の減少のみを追求するトレーニング

2. まず、食事制限を行い、有酸素運動中心のトレーニングを行い、体重を65kg程度にまで落とす、
それから食事をオーバーカロリーにした上で、筋トレ中心のトレーニングを行い体重を70kgまで上げる。
それから有酸素運動でまた65kgに落とす、というトレーニングを繰り返す。

のではどちらの方が効率的に体脂肪率を下げることができるのでしょうか?

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオー...続きを読む

Aベストアンサー

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解りやすく言えばこのように理解してください。

>また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

これは別に目的次第です。非効率というのは、単に有酸素運動をおこなうと、筋肉が付きにくくなるというだけです。


ウェイトトレーニング、短距離走、格闘技などの、強度が高い運動をしていれば、その中身の濃さに従って皮下脂肪は限りなく薄くなり、かつ筋肉量は食事量の範囲において最大限に維持できます。運動内容が軽ければ軽いほど、即ち無酸素運動ではなく有酸素運動で、有酸素運動の中でも負荷の軽いもの、たとえばジョギング、ウォーキングなどに行くに従い、体脂肪率は下げられなくなります。
有酸素運動≒持久トレーニングの代表であるマラソンでさえ、だいたい時速18~20kmで走る。なかなか強度の高い運動なんですが、それでもやはり運動内容が軽すぎて体脂肪率は見た目以上に高い。細くガリガリなのは体脂肪率が低いのではなく、運動量が多いから筋肉・脂肪共に限界まで減っているからです。


選択肢は2つです。

1.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にする。食事量は体重が増減しない程度に食べる。

これは普通に運動している人がやってる方法であって、劇的な変化はありません。2年、3年かかると思います。でも、これだけでも方法少しずつ体脂肪率は下がり、体つきはシャープに変わって行きます。


2.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にするというのは同じ。食事をコントロールして増量・減量する。例えばまず500Kcal程度オーバーカロリーになるように食べ、筋肉を付ける。5~8kgぐらい太って、これ以上太るのが嫌だなと思ったらまた食事量を戻す。そうすると体重は70kgまですぐに戻る。運動内容のおかげで、太る時は筋肉が優位につき、痩せる時も筋肉が減らずに皮下脂肪だけを優位に減らすことができます。これで、前回の70kg時点より体脂肪率の低い70kgになります。だいたい1の方法で2年かかるぐらいの肉体改造が、3ヶ月~半年で終わります。これを2~数回繰り返せば、比較的早く12%前後の体脂肪率を目指せます。もちろん、筋トレの内容がどれだけガッツリ出来ているか次第で効率は変わります。


有酸素運動、ジョギングなどは、別にやってダメということはありませんし、必ずしもマイナスになるとは限りません。趣味ならやっても良いと思います。ただ、食事制限の補助として体重を下げるためには有効だが、体脂肪率を下げるには効率的でないし、有酸素運動を中心に行うつもりなら、体脂肪率はある程度高いままです。体脂肪率が低いと、持久的な有酸素運動はできないですしね。

有酸素運動は脂肪を中心に使う運動なのだから、それを習慣にすれば逆に脂肪を減らさずにため込む体質にならなければならない。体はその運動習慣に適応するため、体脂肪率の高い体を維持しようとします。

また、反対に筋肉のほうは長時間のジョギングなどの有酸素運動では必要ではなく、むしろ重くて邪魔な存在であるため、からだはこれを分解して減らそうとします。筋肉量は強い力を出すために必要になるものであって、軽い運動には必要ないからです。
むしろ持久的な運動になるほど、重くてしかも無駄にエネルギーを消費する筋肉というのは無邪魔になります。

運動強度が高く、あまり長時間運動しないことが、筋肉量が多く皮下脂肪の少ない体、即ち体脂肪率の低い体型になる秘訣。

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング