私の中学生の頃、お昼の放送といえばポール・モーリアでした。
映画「20世紀少年・最終章』を見ていたら、
主人公の中学校でもお昼の定番はポール・モーリアだったみたいです。
私は映画「20世紀少年」の主人公と同世代です。

中学生の頃の主人公は、その日常(イージー。リスニング)を打ち壊したくて、
20世紀少年(ロック)を校内放送で流し、ロックへのめりこんでいったみたいです。

思えば70年代前期といえばキャロルの時代、そしてクールスへといった、
「ロックンロールバンド=不良=リーゼント」といった時代でした。

70年代前期、中期というのはアンチ・ロック(不良)対策のひとつとして
国策(文部省の通達)により、
中学校のお昼の放送で
積極的にポール・モーリア(イージー・リスニング)を流す風潮があったのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

東京タワーが出来た年の生まれです。



中学は大阪万博の年に入学、放送部じゃないですが、出入りしていました。
昼休みに掛ける曲って、基本は学校が揃えているライブラリにある曲でした。で、ほとんどが音楽室にあるクラシック、後は、ポール・モーリア、レーモン・ルフェーブル、フランシス・レイといったイージーリスニングや映画音楽のサントラ(これは放送部の予算で購入)位でした。
結局、予算で購入できるのと言うと教師と校長の許可がいるのでまり冒険的なLPは買えなかったようです。

ただ、3年の時の校長はものわかりのいい方で、持ち込んだロックなどを掛けることが出来ました。それでも、ビートルズやシカゴあたりが中心でしたね(ストーンズは掛けたけど、T-REXは記憶にない)。ただ、歌謡曲やフォークは割と許されました。これは、どうせ家ではテレビやラジオ(深夜放送全盛期ですから)で聞いているんだから禁止してもしょうがないという理由もあったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

学校のライブラリー以外は曲を流さなかったと考えれば、
いつも同じ曲が流れていたことに納得がいきます。
当時はカセットテープで曲を持ち寄るとかいう発想がなかったのかもしれないですね。

お礼日時:2011/05/27 06:58

1961年製です。



中学時代といえば、まさに70年代中期。

でも、私の中学校では全く そういう音楽は流れてませんでした。
ロックもイージーリスニングな音楽も。音楽自体流されず、
「無音」でしたね~。 
ど田舎なので、昼休みに 音楽を流す風習がなかったのかも。
または、「はやり歌なぞをかけることは 教育上よろしくない」
と考え、イージーリスニングな曲さえかけなかった?

’77からは高校でしたが、そこでは生徒のリクエスト曲がかけられてました。
その年代になると、「ロックはダメ!」みたいなシバリはしなかったのか、
永ちゃんやアリス、ニューミュージック系がガンガン流されてました。
でもポール・モーリアなどは全く・・・

その時期、中学だと どうなんでしょうね?

まあ、学校ごとの方針ではなかったのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学校によって様々だっということなのですね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/27 06:54

1956年生まれです。


中学で視聴覚委員をしていました。
特に昼休みの音楽に規定はありませんでした。

女子の方が音楽に興味がある生徒が多かったと記憶しています。
昼休みの音楽はBGMですから
イージー・リスニング、映画音楽、フォークなどが多かった記憶しています。

私は聞き始めたJAZZを流したこともありましたが反応した友人は少数でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お昼や掃除の時間も流れていたかもしれません。
特に規定はなかったのですか。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/05/22 13:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20世紀少年のフクベエについて

さっき映画「20世紀少年第1章」を見て思ったことなんですがフクベエは、小学時代はケンヂやオッチョなどと同様に秘密基地の仲間だと私は思っていたんですが、
そうではなくて、小学生時代は秘密基地の仲間じゃなく逆にケンヂを憎んでいたんですか?
秘密基地メンバーも9人といわれてますがその9人はフクベエを入れた9人ではなくてコンチという人を入れた9人なんですか?
もしそうなのであれば映画バージョンの中でも秘密基地メンバーはフクベエではなくコンチになってますか?

漫画も十数巻までみたんですが数年前なので全然覚えていなくて・・・
漫画でも秘密基地メンバーはフクベエではなくコンチ、でしたっけ?

気になるので回答お願いします。

Aベストアンサー

9人というのは恐らく、フクベエは含まれておらず、コンチのことでしょうね。
漫画でも、秘密基地のメンバーは、コンチです。
(ケンヂ、オッチョ、ユキジ、マルオ、ヨシツネ、モンちゃん、ケロヨン、ドンキー、コンチ)

フクベエ、サダキヨは、ケンヂ達がいないときにコッソリ秘密基地に入って
よげんの書を読んでいたので、メンバーではないです。
ので、フクベエは、ケンヂ達の仲間になったフリをしているだけです。

Q映画20世紀少年について

最終章見た方にお聞きしたいのですが…
ケンジが作った歌の歌詞が、現代の時点でも ともだちがつけた歌詞になってるのは何でですか?
ともだちが歌詞をつけたのは あくまでもバーチャルの世界での話だと思うのですが… どう思いましたか?

Aベストアンサー

ともだちランドのバーチャル世界に入り込んだのはケンヂです。
あれはバーチャル世界観なのですが、
ケンヂの意識も願いもそこにあったわけでして。

あのときにごめんなさいと謝っていればよかった、
あのときにともだちの背中を押してあげればよかった、
学校に20th century boy が流れた日に友人になっておけばよかったという
50歳過ぎたケンヂが思っているだけです。

タイムマシンでも無いので、
別の世界が存在するわけでもなく、
ああいうともだちを作ってしまったという自責の念をバーチャル世界でやっているだけでしょう。

ともだちが歌詞をつけたのも 
ケンヂの願望の一つということでしょうか。

Q20世紀少年のキャスト

20世紀少年の映画が公開されるようですがキャストはどの俳優さんがやるのでしょうか。この前テレビで紹介してたのですが見過ごしてしまいわかりません。主人公は唐沢さんってことはわかるのですが。発表されている主な俳優さんだけでいいので教えてください。

Aベストアンサー

公式サイトに載っていますよ。
http://www.20thboys.com/cast.html

Q20世紀少年 飛行船型オーロラビジョン

映画「20世紀少年 第2章」で、オーロラビジョンが、ビルだけでなく飛行船からも映し出されている描写があります。

どこかで見たシーンだと思ったら、ULTRASEVEN X(ウルトラセブンX)の都市描写とそっくりだということに気づきました。
これだけ酷似しているからには、何か共通点があると思うのですが、手がかりが見つかりません。

私自身は、美術的にルーツとなる作品があって、それぞれ、オマージュとしてマネしたのではないかと勝手に想像しているのですが。

Aベストアンサー

>しかし、本当に「ブレードランナー」がルーツだと断定できますか?

そう云う厳密な答えを求めておられるのなら、関係者に直接聞くしかないでしょうが、あのデザインをした本人が、「ブレラン」をパクりましたと正直に言うでしょうか?

>業界では、あの世界観を作った人は、今でも神扱いされているということなんでしょうか?

神扱いされているかどうかは知りませんが、某有名漫画家が、アシスタントへの背景の指定に「ブレラン風に」などと但し書きをしていた資料を何かで見た記憶もありますし、SF好きなら、たいてい誰もが知っている「有名なイメージ」なので、関係者間の意思伝達する際に都合が良い「共通認識イメージ」の一つと云う事でしょう。

例えば、「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号みたいなシルエットを、ちょっとアレンジして…とか、「SW」のライトセーバーみたいなイメージの武器で…とか、SF映画ファン同士だと伝わりやすいですが、これが、マニアですら知らないような超マイナーな作品では、そう云う訳にはいかなくなるでしょう?

大きな広告画面が出て来ると云うだけなら、例えば、東映動画の「空飛ぶゆうれい船」(1969)などにも、「ボアジュース」の宣伝が流れるシーンが何度も登場しますし、未来都市のイメージ自体は、「メトロポリス」(1926)の時代から、実写でもアニメでも良く登場しますが、飛行船+巨大画面となると「ブレラン」の「ブリンプ(広告飛行船)」以外に思いつきません。

http://www.st.rim.or.jp/~kimu/br/blimp.html

そもそも、平面的なスクリーン映像が空中を動いている様を表現するには、アニメであろうと実写であろうと難しいので、着想自体はあったとしても、昔の技術ではなかなか実現出来なかったからだと思います。

また、それを表現するには、それなりの予算が必要ですから、未知の低予算映画に登場していた…と云う事も考え難い。

ひょっとすると、古いTVアニメ辺りに原点がある可能性はありますが、SF映画には昔から世界中にマニアがいますから、「ブレラン」でスクリーン付き飛行船が登場して来た時、それに前例があるのなら、誰かが指摘して、その噂は他のSFファンにも伝わっていたはずですし,今、ネットで検索すれば、その答えが簡単に見つかるはずです。

「ブレラン」では確か、CM畑出身だったリドリー・スコット監督が、「未来都市には、巨大広告があふれているに違いない」と着想したものを、SFXを担当したダグラス・トランブルがビジュアル化したもので、スクリーンのイメージは、当時普及し始めた「光学繊維」を使用して、それに映像を透過させていたと思います。(タイレル・ピラミッドビルのミニチュアの小さな窓は、銅板をエッチングの要領で腐食させて開けたもの)

>しかし、本当に「ブレードランナー」がルーツだと断定できますか?

そう云う厳密な答えを求めておられるのなら、関係者に直接聞くしかないでしょうが、あのデザインをした本人が、「ブレラン」をパクりましたと正直に言うでしょうか?

>業界では、あの世界観を作った人は、今でも神扱いされているということなんでしょうか?

神扱いされているかどうかは知りませんが、某有名漫画家が、アシスタントへの背景の指定に「ブレラン風に」などと但し書きをしていた資料を何かで見た記憶もありますし、SF好...続きを読む

Q映画「20世紀少年」についてちょっと…

「20世紀少年」の映画を見た方に質問です。
私も見ましたが、面白かったですよね。それはさておき、やはりケンヂは死んでしまったのでしょうか?推測や意見でもいいのでお願いします。

Aベストアンサー

ケンヂの生死を確認されると言うことは・・・
原作を読まずに観たと言うことですね?
面白かったそうで何よりですが・・・

カレーライスの唄は如何でしたか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報