マンガでよめる痔のこと・薬のこと

mac book pro15(2011)を買ったのですが、3D動画を見る方法は、あるのでしょうか? (メガネとかディスプレイ等を付け足して)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4です。

3D DVDをもうちょっと調べて見ました。
No.4の実験のときソフトが 3D DVDに関して何も記述されてなかったので。

Blu-Ray 3Dの様にちゃんと規格になっているものではなく、先に上げたアナグリフ方式のほかに、トリオスコピクス方式というのもあって、左右色違いのメガネになってるのは同じですが、色再現性が改善しているようです。この2つの方式なら一般のプレーヤーとディスプレイで表示して、それぞれの方式に有ったメガネでみればOKです。殆んどの3D DVDに付属してくるような安いものでOKなようです。

なので3D DVD ならソフトを買ってくるだけで他にはなにも要りません。

Blu-Ray 3Dだと外付けBDドライブ、BootCamp、Windows Vista/7、再生ソフト、外部3D対応モニター(アナグリフ以外)と大掛かりになってしまいます。 MacBook Proである意味ないですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりましたが、何度も回答ありがとうございました。やはり、macbookproでは、難しそうですね。
ビデオカードがRadeonだからなのかなと、GeForceだったら簡単そうなのに、最後にアナグリフ方式とかトリオスコピクス方式とか聞きなれない言葉でしたが、勉強させてもらいましたありがとうございます。

お礼日時:2011/05/23 14:53

No.2です 気になって調べてみました。



アナグリフの3Dなら見れるのならそれに変換すれば良いのではと。

で、下記製品の体験版で実験。ソースはBlu-Rayのサイドバイサイドの3D(これしか持ってない)
http://jp.cyberlink.com/products/powerdvd/overvi …

結果、ソース形式をサイドバイサイドに、ディスプレイをアナグリフに設定することでそれらしく変換されました。赤青のメガネを持ってないので立体感は不明です。

なので、BootCampなりFusionなりでWinodws環境を作ってやれば可能という結論
ただし上記ソフトで、3DのDVDに関しては言及してなかったですね

ミニディスプレイポート->HDMIポート変換がHDMIの1.4に対応していれば、外部モニターとして偏光式の3Dモニタを接続すれば良いのですが、変換後のHDMIのバージョンに関して確証が得られなかったため、これで可能かは不明でした
    • good
    • 0

質問に対する答えとしては「ほぼ無理」といえます。


StereoSplicerというアプリケーションを使うことで、これが
扱える形式のファイルならばアプリケーション側でアナグリフや
サイド・バイ・サイド方式として映すことができます。
あとは赤青眼鏡や3D写真を見るためのビュワーなどを用意すれば
それっぽいものは観られるかと思います。
http://nandj.jp/Stereo_3D_and_Mac/Application.html

ビュアーは専門のサイトや古地図を扱う古書店などで入手できるほか
自作も可能です。
http://www.stereoeye.jp/shop/index.html
http://rittai.photo-web.cc/viewerjikken.html
    • good
    • 0

アナグリフ方式の動画なら見れます。

赤青のメガネをかけるあれです

http://izaya.sakura.ne.jp/tsumami/tobi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。3D仕様のDVDが見たかったのですが残念です。

お礼日時:2011/05/20 17:52

3D表示のためには 左右の目に別々の画像を見せることが必要です。


方法としては
1.画面に左右の画像を交互に表示させそれを同期したメガネで
  左右片方ずつ見る。
  そのため本体からメガネに同期信号を送る必要がある。
2.ディスプレイ表面に特殊なフィルムを張り付けて、右目と左目の
  方向に進む光を分けておき、対応する画素に別々の画像を
  表示させる
のどちらかになりますが、いずれも 専用のハードウェアが必要ですので
対応していない機器では無理です。
尚、ゲーム等は兎も角、普通の映像は 3Dで視聴すると不自然だったり
余計疲れたりして、少なくとも長時間の視聴は避けた方が無難と言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。3D仕様のDVDが見たかったのですが残念です。

お礼日時:2011/05/20 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3Dを家で見るには、3D対応Blu-ray Discプレーヤーなるもの

3Dを家で見るには、3D対応Blu-ray Discプレーヤーなるものが必要なのでしょうか?

3Dテレビの宣伝はさんざん見かけるけど、プレイヤーの宣伝は余り見かけない気がするので、普通のBlu-rayレコーダーなどを持っていれば、あとは3Dテレビを買えば見れるとおもってました。

でも、ネットで見ていると、「3D対応Blu-ray Discプレーヤー」なる言葉もみかけるので、それも買わなければ3Dテレビだけ買っても意味がないのかと。

3D対応Blu-ray Discプレーヤーと普通のBlu-rayレコーダーは全く別物ですか?

Aベストアンサー

>3D対応Blu-ray Discプレーヤーと普通のBlu-rayレコーダーは全く別物ですか?

はい映像処理と出力を行う部分が全く別物です。
未対応プレイヤーは処理が出来ないので使えません。

ちなみにPS3は BRプレイヤーではなくネットワーク対応型マルチメディアプレイヤーであり
本体の機能はすべて書き換え可能なソフトウエアで処理をしているので、後付で機能を増やせます。
画像処理をしている中枢のCPUが、高性能PC並の能力があるので、ソフトさえ入れれば対応できてしまうのです。

普通に売られているプレイヤーはそんなものを乗せたら値段が跳ね上がりすぎて売れなくなるので
機能が限定されます。

Q3DのDVDは3Dテレビじゃなくても見れますか

3Dで見れるDVDやBDが販売、レンタルされていますが
やはり3Dテレビじゃないと見れないのでしょうか?

再生環境は、フルHD、3D未対応TVにPS3です。
3Dも色々な方式があると聞きいているので、一概には言えないとは思うのですが、
私の再生環境で、メガネを自作、または購入すれば観れる方式があれば、教えてください。

Aベストアンサー

 DVDの場合、昔からあるアナグリフ方式と呼ばれる赤青のフィルムメガネを利用する物だと、普通のテレビでも再生できます。これは赤い映像と青い映像が2重に収録されており、右目と左目に青と赤のセロファンを貼った眼鏡をかけると、左右で別の映像が見えるため、3Dに見えるという物です。もちろん、色眼鏡で見るため色彩はめちゃくちゃになりますけど (^^;)。

 また、サイド・バイ・サイドという、画面を半分に分割して左右の映像を別々に収録した形式や、3Dブルーレイの場合は対応するテレビが必須です。これらの場合、右目用の映像と左目用の映像を高速で交互に表示し、右目用映像の時は左目を、左目用映像の時は右目をメガネでふさぐことによって別々の映像を見せ、それによって3Dを実現しています。
 そのため、どのタイミングでどちらの目をふさぐかをテレビがコントロールしており、赤外線でメガネと通信して作動させています。ですから、メガネだけがあってもテレビ側からのコントロールシステムがないと3Dで見ることは出来ません。
 なお、サイド・バイ・サイドは映像は画面の半分しかない映像を引き延ばして表示するため、垂直解像度が半分になってしまい、画質が劣ります。3Dブルーレイは左右の映像ともフルハイビジョン画質で収録されているため高画質ですが、テレビはもちろん、対応したプレーヤーでないと再生できません。

 DVDの場合、昔からあるアナグリフ方式と呼ばれる赤青のフィルムメガネを利用する物だと、普通のテレビでも再生できます。これは赤い映像と青い映像が2重に収録されており、右目と左目に青と赤のセロファンを貼った眼鏡をかけると、左右で別の映像が見えるため、3Dに見えるという物です。もちろん、色眼鏡で見るため色彩はめちゃくちゃになりますけど (^^;)。

 また、サイド・バイ・サイドという、画面を半分に分割して左右の映像を別々に収録した形式や、3Dブルーレイの場合は対応するテレビが必須です。これ...続きを読む

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む


人気Q&Aランキング