人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

桐箱への箱書きについてお聞きします。
墨汁を使って書いているのですが、どうしても文字が滲んでしまいます。
良質な桐箱ではないからなのでしょうか?
あまり良質な桐箱は使えないので、何か文字が滲まずに書ける方法はありませんか?

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

木肌に呉汁(ごじる)を塗り充分乾くと白い地肌になります。

その上に墨書します。
墨書した看板や額の類で木地の肌が白いものがありますが、あれがそうです。
呉汁処理をすると木目に抵抗されず、筆の運びも均一になります。

呉汁は墨書の滲み止め、和服地の染料の色止めにも使います。

【呉汁】一晩水に浸した大豆をミキサーにかけ袋で濾したもの。
    ミキサーのない時代は摺り鉢でした。

墨画や書では、にじみ止めには明礬+膠で和紙の処理をするようですが、木肌にはどうなのでしょうか。

*書家の知人、表札屋の職人さん、東京ならば鳩居堂、などに詳細をお尋ねになったらいかがでしょうか。卒塔婆を書くお寺さんや葬儀社でもよいかも、ただ最近都会ではパソコンと専用プリンターで卒塔婆の印刷をするそうなので、いかがなものか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に教えて頂き有難うございました。色々と試してみたいと思います。

お礼日時:2011/05/23 13:34

墨汁が膠入りのものならそれほど滲むことはないはずです。

筆を水で洗って濡れたまま墨汁をつけると、水で墨が薄まって滲むかもしれないので、乾いた筆をおすすめします。また最近出回っている洗濯で落ちる墨は膠が入っていません。筆に着ける量も紙に書く場合より少なめにしましょう。たっぷり墨をつけると滲みやすいと思います。さらに桐箱の表面に砥粉が塗ってあるかどうかも関係します。表面は砥粉が塗ってあるのに、内側には塗っていないのが普通なので、蓋裏の署名の際は、滲みやすいです。そういう場合は墨汁を皿に少し出して、数時間放置して水分を自然蒸発させ、濃度を濃くすれば、滲みにくくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧に説明して下さり有難うございました。色々と試してみようと思います。

お礼日時:2011/05/23 13:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q茶道具など木箱に箱書きをする場所は

骨董品や陶芸品の木箱に作者の箱書きをする場合、蓋の表や裏そして胴の前面とか決まりがあるのでしょうか。
またどこかの流派の家元や有名な寺院の館長の箱書きはどこに書くのが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

>流派の家元や有名な寺院の館長の箱書きはどこに書くのが正しいのでしょうか

これは基本的に箱の蓋裏(内側)に書くのが普通と思われます。
また箱の材質は桐が好ましいと思います。


>作者の箱書きをする場合、蓋の表や裏そして胴の前面とか決まりがあるのでしょうか

作者の場合は色々なパターンがあります。

1.箱の蓋の甲
2.甲に作品の名称を書いて蓋裏に作家名
3.甲に作品の名称を書いて箱の身の底に作家名
4.箱の身の側面(前面)

などが主なパターンと思います。
基本的に蓋裏はお家元などが書かれるので控える方が多いと思います。
(3.の書き方も蓋の甲も控える意味で作家名を底に書くんだと思います。)
これは決まりがないので作家さんによって様々です。

Q板に書くには?

木の板に毛筆で字を書くことになりました。
よく神社にかかっている寄進者名簿みたいなものです。

板はホームセンターで買ってきた木の板(一枚いたではないもの)です。
毛筆でなければさまにならないとのことなので、筆ペンで書こうと思っていましたが、板に筆ペンでは字がにじみます。

にじまない墨汁や下塗り剤など、
にじまずに書ける方法をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

板の表面にチョークを塗ります。
文字を書く時のように立てるのではなく、横に倒して塗り付けるみたいにしていました。
近くで見れば多少にじんでいますが、寄進札のようにある程度離れてみるなら問題ないと思います。
墨は市販の墨汁を使っています。